Suiの超私的N.Y通信

New Yorkでmodel,actressとして活動中のSui Nakashima/雛衣(Sui)のOfficialブログです。

ご訪問ありがとうございます。雛衣(Sui)です。
2008年9月よりNYにてモデル活動を行っています。
NYに住みながら、日々感じる想いを綴っています。
このblogを通じて2013年も皆様に温かいものを届けられるように。

※ 大事なお知らせ ※

Website リニューアル!(1/04/2013~)

こちらで最近の活動ご覧頂けます;)

Sui Nakashima/Model/Actress
http://www.suinakashima.com/


綺麗になりたい全ての女性の皆様へ。
”New York発!J.I.M Model Camp”始動しました!
私達と一緒にニューヨークで憧れの「モデル体験」しませんか?

詳細はこちらへ。
http://jimmodelcamp.com/


テーマ:


こちら、ある日の夕方。うちの近所で帰り道に見えた景色。
冬の空気は澄んでいて、唯一ニューヨークの冬で好きって言えるところが、空の青さかな。群青色というか。自然の織りなす色は最高に美しい。そして完璧である。と思う。そしてその度に、あー、宇宙は完璧なんだと。

 さて、気付いたら12月も半分過ぎてしまった。毎年同じ台詞をこの時期になると言ってるような。月日が過ぎるのは早い!!!!1年はほんっとにあっというま。でも、今年は特にとっても濃い1年だった。ちょっと自分の記録として簡単に起こった事を整理。。。

 1月に念願のVISAがおりて(血と涙の結晶です。5年かかった!)、3月にはペルーに行き大使館で面接、初めてのマチュピチュ、帰ってきて3日目くらいに初めてこちらのテレビドラマの現場(NBC)へ参加したのが4月、そして同じ4月にチョコレート嚢腫発覚(がーん)、6月頭に3年ぶりに日本へ一時帰国し、6月には人生生まれてはじめての手術(汗 8月、9月にはまたハリウッドの有名俳優さん達と同じ現場という経験をさせて頂き、9月あたまからとうとう芝居を再開。そして11月にはこれまた念願だった、アカデミー賞ノミネートが行われる劇場にてレッドカーペットのスクリーニングイベント。生まれて初めてのレッドカーペット体験。(出演はしておりませんが 汗 )でも歩けただけで大興奮!!とっても貴重な体験をさせて頂きました!
 
 こうしてみると。今年はなんだか、初めて経験ばかり。しかも1つ1つがとってもインパクトのあるもの。実はもともと占星術とかそういったものにもとっても興味があったのだけど、最近本格的に占星術を独学してみようかな、なんて思い始めて。好きな占星術家も3人ほどいたりして、彼らが口々に言っていた「2012年から2015年の惑星の動きで世界は変容している」っていうものをなんだか今年は実体験したような感じ。きっと私だけでないんだろうけど、私の周りもなんだか大変革。起きてたりするし。 

 今の家に引っ越して来て1年半が経とうとしている。自他ともに認める引っ越し魔(望んでそうなっていたわけでは決してない 汗)だった私がようやく腰を落ち着ける事ができたのは、親愛なるルームメイト、Yuriちゃんのお陰だ。そして最近自分のドラゴンヘッド(これも占星術を学んでる中で知ったんだけど)を調べると、なるほど。彼女が側にいる理由がわかるというか。腑に落ちた。彼女をみながら学ばせてもらっている。自分に足りない部分。そして4月で発覚した卵巣嚢腫。卵巣ってのは沈黙の臓器と言われているらしく、溜まりに溜まっていたストレスがとうとう表面化。体も心も限界だったんだろう。余計なものを捨てなさい、ということだったんだと、私は認識している。また、女性性と男性性のバランスが完全に崩れていた。そしてその手術を自分の故郷ですると決めた事、その病院で偶然、私を取り出してくれた先生に偶然再会した事。この全てがどれもなるべくしてそうなったんだろうな。人生ってすごい。

 全てはやはりバランスだと思う。男性性、女性性。そして女性の場合、それが崩れると勿論婦人科系の病気として出て来るらしい。嚢腫、子宮癌、卵巣癌、子宮頸癌、etc。6月、熊本に帰った時に訪れたこれまた癒し力抜群のHirokoちゃんが経営するマッサージサロン Ninaで施術を受けた時に言われた言葉。「武士が見える」って(笑。でも言われて不思議でなかった。ニューヨークにいるうちに自然のバランスが崩れるのは不思議じゃない。だって、ずっと闘ってる意識だったから。何と?って感じなんだけど。かなり体に無理をして、鞭を打って走り続けていたから。でもふと気付いた。

 体が悲鳴をあげてて、それでもその声を聞かずに動き続け、いろんなものを犠牲にして得るものって何?って。そんなに果たして価値のアルものなのか? 

地元熊本を離れてずいぶん経った。その後東京で7年、モデルとして名前を出すという事にずっと集中してきた。成功、名声。そういった者にフォーカスして、それが私を幸せにすると信じてきた。そして私はおそらく私でなく、どんどん違う私になっていった。

 ニューヨークではその「東京で身につけた鎧」を脱ぐ作業がはじまった。この鎧は相当固くて、重くて、簡単には脱げなかった。それでも自分なりにいろんな事を試した。自分の信じる道を独自で切り開いて来た。それは私が自分で唯一誇りに思う事かもしれない。自分で試さないと気がすまない。有名とか有名でないとか、そういうものは自分の最も信じる判断材料にはならない。自分で感じて正しいと思う事。それが一番だと、信じている。たまにそこが度が過ぎる事もあるから、それもバランスなんだけど(汗

 そして、今年。卵巣嚢腫を取りさあ、熊本で生まれ育った頃の自分の感覚。自然と共存し、他人と共存している感覚。思いやり、優しさ、人と比べず他人の個性を尊重する、調和。そういったものを久しぶりに故郷熊本で感じる。あー、これが私が大事にしたいものだって。私は本当にいい所で育ったんだって。離れてみないと良さはわからないもので。でも、どこにいても自分のルーツがそこにある事を再確認した地元での大事な時間。
 
 成功は、大事な人達がいるからこそ自分にとっても意味があるものになる。んだと思うし、人は一人では絶対に成功なんてできない。当たり前なんだけど。その当たり前な事に今まで気付けなかった。そもそも、成功するってことはどういう事だ?なんて疑問を抱き始め、私はただシンプルに、「自分のパッションがあるもの=芝居、モデル、表現する事をやりながら経済的にも、肉体的にも制限があまりなくて、自分の得意な事を活かしながら社会に貢献する事、そして勿論、お金は好きなので♪好きな人たちとシェアしながらみんなで満たされた豊かな暮らしをする事?」かなり長い(笑 

 でも、明らかに東京に出た頃の自分、ニューヨークに来たばかりの自分では出てこなかった。そう、でもね中身の伴わない成功とか名声は手にいれても儚いんだ。私はそんなものではなく、実態のあるものを手に入れたい。そして勿論すでにあるものにも感謝をしながら。相変わらず意欲は満々だけどちょっと求める質がそこではないよってところで価値観が大きく変わったのかもしれない。
そう私がいつもお世話になっているキネシオロジストのOsamuさんにも言われた。自分でも思っているけど、結構コントロールしたがるのよね。流れに身を任せるというか、もっと自然にそこに居る、その瞬間を生きるってことができたら。結局、宇宙は完璧なのだから。まあ、そこまでいくのはまだまだ修行が足りませぬ。

 キャリアに対する考え方も大きく変化した。来年の私はもっといろんな事をきっとやっていると思う。パフォーマーであり、新しいビジネスもやるだろう。既存のJ.I.M Model Camp New Yorkは少し方向転換します。そして新しい業界に飛び込んでみようという今その準備も少しずつしている。そして来年からいよいよ、3年ほど前から少しずつ温めている大きなプロジェクトを実現する方向で実際に行動に移していきたい。来年はまたスラッシュが増えそう。
Model/Actress/(←/ スラッシュ)。あと、2つかとりあえず3つくらい付くと思う。(汗 目がまわるほど忙しいのかもだけど、人間楽しかったら忙しくてもエネルギー湧いて来る!だから、好きな事でいそがしくなろう。

 ああ、こんなに長くなってしまった。しばらく溜め込んでいた言葉達が溢れてしまった。というか、書くという作業によって私は自分の考えを改めて整理している。もうすぐそこまできている2015年をどうスタートしようか。来年をどんな1年にしたいか。
11月末から新しい人間関係が広がり始めた。素敵な人達の出会いが沢山。温かい出会い達。来年はもっと人と関わっていきたいね。

この季節は、空気が愛に満ちている感じがして、寒いけどなんとなくあったまる気がする。
なんだかね。という感じで、もう1本くらい今年書けるかなー。皆さま、風邪などひかないように。


 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

[PR]気になるキーワード