Suiの超私的N.Y通信

New Yorkでmodel,actressとして活動中のSui Nakashima/雛衣(Sui)のOfficialブログです。

ご訪問ありがとうございます。雛衣(Sui)です。
2008年9月よりNYにてモデル活動を行っています。
NYに住みながら、日々感じる想いを綴っております。

2016年はところ変わって西海岸よりスタートしております。
そしてアメリカ生活(NY,LA)も8年目突入です♪
今新たなフェーズに突入しつつ。
現役モデル、女優、また新たにパフォーマンスにも挑戦しつつ益々精進していきます♪

またSui Nakashima の活動は、下記のwebsiteまたこちらのブログにでご覧頂けます;)

Sui Nakashima

http://www.suinakashima.com/

テーマ:

 

 

 ほとんど誰にも言ってなかったのだけど、実は先週土曜日は人生で久しぶりに大きなチャレンジをしてきた。NYに住むって決めたのと同じくらい大きな決断だったと思う。本当は結果がわかるまで公表するつもりもなかったのだけど、もうここに書いてしまえ!という感じで(笑 言ってしまうことにした。

 

 NYの地を生まれて初めて踏んだのが13年前。当時お芝居を教わっていた先生に勧められたワークショップがきっかけだった。そのワークショップとは「アクターズスタジオ」のメンバーの方に教えてもらえるというもの。当時全く英語も何もわからなかったので、もちろん通訳の方がいた。彼女もスタジオメンバーの方。2週間まるまる芝居三昧。夢のような初めてのNY体験。

 

 もともともう一つ東京時代に通っていた「イマジネイティブ」というワークショップでこれまたメソード演技を学んでいたので、(このワークショップが芝居との出会いだったのだけど伊藤師匠には東京にいた頃6年ほどお世話になりました。)、とにかく、演じるとはなんぞや、役者になるために大事なこと、などなど基礎となる事をみっちり教わった。しんどい事も結構言われながらでも通い続けた。

一応そういう流れがあっての今回、13年前から密かに憧れていたアクターズスタジオのオーディションを受けてきた。去年、LAからNYに戻り、ビザ更新の準備をしている期間にいろいろと考えた結果、決めた事。芝居とのブランクはあったのだけど、クラスに戻る度に特に2年前にステラアドラースタジオでクラスを受けた時に「身体が覚えてる」という事を実感した。そして何より、私は演じる事が大好きで仕方がないという事にも気づいた。何年も何年も好きなくせに向き合う事をしてこなかったのは自分の弱さだと思う。でも、この2年の間にそんなものが吹っ切れた。他人がどう思うが、どうでもいい。私は自分の好きな事をやろうと。とにかく本気でもう一度やろうと決めたのが去年ビザ申請準備を終えて。さあ、次はなんだろうと考えていた時だった。

 

 初めてこの土地で芝居を学んでから、10年以上長い時間がかかったけれどようやく実際にオーディションに参加できるところまで辿り着いた。実は5年ほど前一度やはりオーディションを受けようとした事がある。その時は多分「時期」ではなかったんだと思う。自分自身も。全てにおいて。

一緒にシーンをやるはずだったパートナーの彼女が足を骨折してできなくなった。しかもその後彼女はすぐに旦那とオクラホマへ引っ越した。時期尚早だったんだと思う。やっぱり物事にはタイミングがあるとつくづく今振り返ると思う。起きる事には意味がある。

 

 モデル業は好きだけれども、芝居はまた別の次元にある。なんだろう。これも中毒みたいなものだけれど、やっぱり人に興味があるんだと思う。人が好きなんだと思う。あと、チームワーク。所詮人は一人では生きられなくてみんな愛されたいし、愛したいし、いろんな形の愛を交換するためにいろんな学びを経験しながら人生を送っているんだと思うから。誰一人例外なく、光と影がある。有名だろうが、お金持ってようが、何人だろうが、関係ない。みんな人間には光と影がある。私はその両方をみたい。そして表現したい。両方そしてその人を受け入れたい。師匠に教わった「役を演じるには殺人者であろうとその役の好きなところを見つける。共感できるところを見つける。」相手を否定する事からは何も生まれない。演じる事でいろんな気づきを得る。そして、正しいとかっていうのがない。正解がないから、またやめられない。とはいえ、人間は複雑な生き物で。まあ、だから愛しくもある。

 

 今回、オーディションを受けるまで本当にトントントンって感じで。今年1月から以前ステラアドラースタジオで出会った先生のクラスに参加し始め、そこで運良く素晴らしいシーンパートナーを見つけ。今回やったのは「Black Bird(ブラックバード)」というプレイ。去年ブロードウェイで上演もされ、また映画化もされている。演じたUnaは複雑な過去を持つ役で、すっかり役に魅了され。そんな感じで3ヶ月みっちりリハーサルを重ね、クラスのみんなにも応援してもらった。イタリアとのスカイプスピーチレッスンも再開。恵まれた。いろんな方のサポートに。感謝。

そうして迎えたオーディション当日。当日は全く実感なく。まさかオーディション受けるなんて思ってもいなかったから。でもああ、私受けるんだ今から!って感じ。少々緊張したけど、思ったより。今の方が緊張してるかも(笑 

 

 あっという間の5分間。でもとても神聖な空気の中で普段通りに彼女を演じれたと思う。終わったあとに突然興奮がきた。あーーーーーーーオーディション受けた!!!!!って。すごく楽しかった。合格もしできたら超ラッキーだと思う。今はあの場所にたどり着けたというだけで、ありがたく。そして応援してくれた仲間達に心から感謝。

 

 いろんな結果を待ちながら、また新しい挑戦を探しつつ。新しい役との出会いを探す毎日。終わりがない。だから楽しい。

という感じ。また結果が来たらこちらで報告します;)

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。