2007-06-03 01:05:52

MAGAZINE CINEDESPRESに書いたレビュー★

テーマ:レビュー

静岡の映画館に映画の小冊子「CINEDESPRES」にレビュー書いた時のものです。

一応載せておいたり♪


日常の中の非日常


もともと親が映画好きで子供のころからよく映画は観てました。

 私の中では映画は区分けがあって、洋画は映画館かビデオで誰かと観る、

 邦画は映画館かビデオで一人で観る、フランス映画はビデオで一人で観るというもです。

 それと、吹き替えよりも字幕スーパーが好き。

 やっぱり本人の声が聴こえた方がいいです。
今まで一番印象に残っているのは、洋画の「グリーンマイル」。

 何故かって、もちろん感動もあるんですが、死刑囚になった男に刑務館が言うんですよ「最後に何が食べたい?」

 男は「(刑務官の奥さんが作った)コーンブレッドが食べたい」って言って、最後の食事で食べるんですが、

 コーンブレッドなんて食べたことなかったんで味が想像できなくて、映画を観ていて、ちょっと悔しかったんですよ。

 最近売ってる店を見つけて嵌まってしまっているので、印象的な映画にあげてみました。

 邦画は、よく演技の勉強を兼ねて観ていました。
私は、映画やVシネマの出演景観があるんですが、やっぱり日本人は日本人の演技を見て勉強だーって

 いきまいてた時期がありまして、こだわって観てました。

 それも割とメジャーから外れたものが好きなので、困ってしまいますよね。

 周りはメジャーな映画が好きな人が多いので話が合わなかったりすると、ちょっと悲しいですね。
メジャーなのかマイナーなのか、よく分からないまま借りて見たものに、

 フランス映画の「パリ空港の人々」がありました。これは本当に面白かった。

 フランス映画ってよく、ストーリーよりも映画の綺麗さや空気を感じるものだって言いますよね。

 でも、この映画に関してはストーリーや会話が起ってると思いました。

 だって考えられたないですよ、空港に寝泊りしている(隠れて)団体さんなんて...

 まだ観てない人には是非観て欲しい作品です。
いろんな映画を観て思うのは、日常の中にある、ありそうな非日常、それにうまく引き込まれる、

 引き込んでくれる作品が私にとっての良い好きな映画になってる気がします。

 それはどんなジャンルも同じで流行りや時代も関係なく、私を引き付けます。
 これからもそんな作品に出会えることを願いつつ・・・。』


e1

e2

e3

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。