2017-05-13 11:30:00

銀座ルパン☆

テーマ:グルメ・カフェ
モデルのすみれこさんとのデートの続きです☆
銀座の豪華なカラオケ館でペッパーくんがお出迎え。来店してたおじいちゃん達に、ペッパーくんも私達も若干絡まれ、最終的にペッパーくんはおじいちゃんから背を向けてました(;^▽^A

すみれこさんとカラオケヽ(*^∇^*)ノ
すみれこさんは天使のような高音が綺麗でした☆
ユニットで歌えて楽しかったので次回はうろ覚え部分を完璧にして 更に楽しみたいです*´ω`)
{F147279B-6559-45A0-A874-4CFF2A479082}

続いて、銀座ルパンへ☆ 
{BAD75D92-0329-477E-B598-950D0363FA58}
まずはルパンの歴史を紹介→

銀座・ルパンは1928年(昭和3)に開店。開店には、里見・泉鏡花・菊池寛・久米正雄の文豪支援が有り、開店当時は「カフエー」という女給のサービスでお酒を飲ませる洋風の酒場スタイル。
現在のヤチダモのカウンター・バーに改装したのは1936年(昭和11)控室だった一階も改装しL形のカウンターを作り、営業開始。
戦時は1941年(昭和16)洋風店名は禁止され「ルパン」は「麺包亭(ぱんてい)」となり…1944年(昭和19)、政令により一斉休業に。
1945年(昭和20)1月に銀座は大空襲に。ルパンは直撃は免れるが向かいのビルに爆弾が落ち、その爆風で入口の扉が飛ばされ一階の手洗所の天井が落ち水道管の漏水等ビル全体に色々な支障が。
戦後は飲食営業緊急措置令で酒類の販売は出来ず1946年(昭和21)1月にコーヒー店として再開、 1949年(昭和24)5月に酒類自由販売になるまで、様々な手立てで酒を仕入れ売るという時代が続き、矢鱈な所で酒を飲むと何を飲まされるか判らないと言う時代でしたが、ルパンなら安心と作家や出版関係の方々など、大勢が来店、
その中に織田作之助・坂口安吾・太宰治など無頼派と言われる作家もあり、同時期に木村伊兵衛・濱谷浩・秋山庄太郎などの写真家の来店し、その中の林忠彦氏が撮影した無頼派三氏の写真は特に有名。
一階には地下とは別のお馴染みが出来、1960年代にはサトウ・サンペイ・ 小松左京・星新一・後藤明生などの方々も来店。
1972年(昭和47)に爆風で傷み老朽化が進んで水漏れやガス漏れの絶えなかった古いビルを壊し新しくなりルパンは今まで通りの店にするため、タモのカウンターを初め総ての内装を丁寧に取り外し保管ビルの躯体が出来た段階で元通りに。
{4F819D63-ACF7-435A-81F9-5260D7BAD488}

1974年(昭和49年)に営業を再開時から一階をやめて地下だけの店に。
ドアを開けると階段があるのも、昔の姿そのままです。
{193A3758-E076-4321-BC1E-C95B83E6DFDD}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

メイド系タレント☆黒澤ひかりさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。