郵便受

テーマ:

マンションの郵便受に投函されるDMやチラシが、最近如実に増えてきた。


内容はピザやカレーなどのデリバリー、近所のクリーニング屋、エステ、マッサージからデリヘルまで様々。
毎日手を変え品を変え、敵もなかなか然る者である。


しかもマンションの構造がこれまた厄介で、自転車の駐輪場からエレベーターに直通できるようになっており、郵便受の前を通らなくても部屋に行けるのだ。
このおかげで帰宅していちいち郵便受の前まで行くのが億劫になり、つい2~3日郵便物を確認するのを放置してしまうこともしばしば。


すると、たまに郵便を取りに行くと、郵便受の中は溢れんばかりのDMやチラシでぎゅうぎゅう詰めになっているのである。


一応郵便受のそばにDM・チラシ用のゴミ箱が備え付けてあるので大抵はそこに捨てるのだが、こうも大量に入っていると、間違えて必要な郵便物まで一緒に捨ててしまうのではないかと毎回気を揉む。
何か良い方法は無いものか。


一つには、郵便受に「DM・チラシお断り」等の張り紙をする手がある。
しかし、他の郵便受にそんな張り紙をしている人はおらず、なんだか自分だけそういうことをするのはちょっと恥ずかしい。


一つには、毎日こまめに郵便受をチェックするという手がある。
しかし、自転車で帰ってきて部屋まで直行できる利便性は捨てがたい。スーパーなどで買い物をしてきたときは尚更だ。


一つには、郵便受のそばのゴミ箱に選別せずに、がっさり家に持ち帰るという手がある。
しかし、福岡市はゴミ袋が一枚30円もするのだ。備え付けのゴミ箱があるのにわざわざ家に持ち帰るのはいかがなものか。


結局決め手が無いまま、今日も大量のDM・チラシを床に広げて選別する…



…というのを知人に話したら、「しばらく溜め込んでリサイクルに出したらどうですか?」と言われた。
仰る通り。これって軽視出来ない環境問題なんですよね。

AD

M2層

テーマ:

さっき気付いたのですが、3/4の「空気清浄機」の記事の下に、「空気清浄機」の広告が!

これって偶然なんでしょうか?それともアメーバブログの機能なんでしょうか?

(この記事をアップしたのでもう消えてると思いますが。果たしてこの記事にも空気清浄機の広告が付くのか?)


さて、そんなこんなで3月も半ばです。

急激に暖かくなってきました。


暖かくなってきて困るのが、エアコンを入れるタイミング。


夜はさすがに冷えるのでエアコンを入れようと思うのですが、真冬と違いエアコンを入れなくても耐えられる室温なので節約のために入れないでおこうか、いやでもやっぱり寒いから入れようか、と、リモコン片手に葛藤を繰り返しておる次第です。


同様に秋口のクーラーというのもあるのですが、何故かコチラは悩まない。「暑けりゃ即クーラー」です。たとえ10月でも11月でも。


・・・はっ!?

体脂肪が悪いのか?体脂肪がそうさせるのか?


そんなこんなで、今年晴れてM2層に昇格します。(M1層:25歳~34歳男性、M2層:35歳~49歳男性)


なんか29歳→30歳になったときよりも鬱です。さようならM1層。

AD

空気清浄機

テーマ:

アメブロにはランキング機能があるんですが、たまに更新した次の日は、キュンとランキングがあがります。

たいしたこと書いていないだけに、更新するたびに申し訳ない気持ちでいっぱいです。


さて。


花粉症の方にはつらい季節がやって参りました。
かく言う私も毎年春には憂鬱な気分になるクチです。


数年前から「どうも花粉症っぽい」と自覚はしていたのですが、認めてしまうのがなんだか悔しくて(?)、「自分はこの季節になるとたまたま目が痒くなってくしゃみが出るんだ」と思うことにしていたのですが、昨年たまたまアレルギー検査を受ける機会がありまして、そこで見事に「花粉症」のお墨付きを頂いた、という次第。


そんなこんなで、自他共に認める花粉症持ちとなったわけですが、空気清浄機があれば多少マシかな、と思って以前このブログで紹介した「キャンペーン生活」という懸賞サイトで空気清浄機のクイズに挑戦したところ、これが見事にゲット!(クジ運だけは昔から異常に強いのです)


ということで、今年の春は多少快適に過ごせるかもしれません。


願わくば、春が終わらないうちに空気清浄機が届かんことを。(いつ届くか分からないんです;)

AD

更新3回

テーマ:

2月ももう終わり。気がつけば2月の更新は今日を入れて3回です。

今年がうるう年でなければ危うく2回になるとこでした。ありがとう、うるう年。


先日、家の郵便受にエイブル(賃貸仲介)の封筒が。


エイブルとはお付き合いが無いし、なんだろうと宛名を見てみると、全然知らない人の名前。どうやら入れ間違えたようです。

(住所は書かれていなかったので、エイブルの人が手投函したもののようです)


さらに詳しく封筒を見ると、はじっこに「契約書在中」と書かれているではありませんか。

これは大事なものに違いない、と思って、翌日エイブルに電話して事情を説明し、会社まで封筒を取りに来てもらうことにしました。


すると、エイブルさんが速攻でやってきて、「大変申し訳ございませんでした!」と、包み紙にくるまれた長細い箱を貰ってしまいました。


家に帰って開けると、中には布に包まれた高級そうなワインが・・・。



封筒がワインに。まるでわらしべ長者のようです。

洗濯

テーマ:

本日は洗濯の話など。


洗濯をしていて毎回悩むことの一つに、ジーパンはどのくらいのサイクルで洗えばいいのか、というのがある。


おそらく、一回や二回程度穿いたくらいでは洗わないのが普通だと思うが、では何回くらい穿いたら洗濯するものなのだろうか?
(そもそもこれが間違っていて、ジーパンでも普通一回穿いたら洗うものなのだろうか?)


まぁ、世間のマジョリティが一回や二回くらいでは洗わない、と仮定して話を進めるが、では何回穿いたら洗うかといわれると、はたと困ってしまう。
5回なのか?10回なのか?その基準は何なのだ。


よしんば独自の基準で「○回穿いたら洗う」と決めたとしても、そもそも何回穿いたかなんていちいち覚えていられない。
表でも作って正の字を書いておけというのか。


では、期間で区切るのか?「そろそろ3ヵ月経つから洗おう」なのか?
しかし、これまた期間などいちいち覚えていられない。前回ジーパンを洗った日を覚えているなんて、そっちのほうがむしろ怖いではないか。


「汚れたら」なんていうのは論外だ。目視できるくらいなら最初から悩んではいない。


「臭くなったら」というのもなんか惨めな感じだ。そんなに臭くなるまで穿くなよ、と思う。


結局決定打がないまま、今日もなんとなくジーパンを洗う。



…というのを知人に話したら、「本当にジーパン好きな人は洗濯しないそうですよ~」と言われた。


…え?洗わないの?