『燕のためいき』東京ヤクルトスワローズファンブログ

スワローズファン歴41年のスワローズ観戦日記。野球って人生の縮図、会社経営の縮図のようで面白いなって感じながら、いろんな角度から勝手に楽しんでいます。

安田猛投手のあの投げっぷりに一目惚れしてから、
スワローズが大好きになり
今年で43年目
今年50歳の男のスワローズ観戦日記です。

野球って人生の縮図、会社経営の縮図のようで、
面白いなって感じながら、いろんな角度からスワローズを勝手に楽しんでいます。
このブログを書き始めてから、スワローズファンのブログを読むのが日課になりました(笑)
よかったらお付き合い下さい♪ 
そして、神宮で見かけたら声かけて下さい目
ボール ボール ボール ボール ボール ボール ボール ボール ボール
★僕がこのブログを始めた理由
こちらからどうぞ
★最近記事タイトル一覧は、こちらをクリック してご覧下さい。

テーマ:
3月30日阪神戦 神宮
この日は昨年座り慣れた席を確保でき、美味しくカレーも食べました
{818D7A77-53D6-4F9E-9CCF-596AB520DE70}

試合は、、、
やっと勝ちました!今季初勝利
{A3BAEAC4-C343-4E95-8396-C5986CB0967E}

ヒーローは、成瀬投手に、鵜久森選手でしたが、この二人のだけでなく、大引選手の先制タイムリーや守備ではファインプレー。坂口選手のマルチなど元パ・リーグ勢が活躍した試合でした。

ヒーローインタビューは大盛り上がりでしたね。

しかし、忘れてはいけないのがムーチョ中村悠平選手のホームランとタイムリー!

ずっとヒットが出ていなかった要の選手にホームランを含むマルチが出たのは、チームにとっても大きいと思います。

そして、シーズン開幕からずっと安定しているのが川端慎吾選手。この日は猛打賞。畠山選手にもしっかり2打点。

打線にもいよいよ火がついて、楽しみになってきました。
いまは順位など気にすることなく、とにかく「普段通りの野球」を続けていれば、きっといい結果がついてくると思います。

昨日は目の前のヤクルトファンが阪神が点をいれるこどに喜び拍手してイラっとしましたが、まぁ、いままでの連敗の不甲斐なさからの言動でしょう。なんだかなぁ。

さぁ、今日はデイビース投手が先発。
応援でチームを後押しして、連勝でカード勝ち越しを目指しましょう!

今日もスワローズはいいぞ!

追伸 

ゴメス!何度もポロリをありがとう

{04FACA5F-9745-4398-867F-4E854BF3E471}

{4EAC89CB-664B-453F-9D64-98611321B070}

{A0CFF1D1-F76C-4AF5-BA84-C8C7F470398D}


{E60EF971-2011-4510-9B2D-A533B616A62F}

{5784208E-914C-4CBD-A3B4-2AF91511A200}
AD
いいね!(35)  |  リブログ(0)

テーマ:
東京ドームでの開幕3連敗から一日空けて満を持して館山投手の先発で始まった本拠地神宮球場での開幕試合は、準完投の藤浪とゴメスにしてやられた試合でした。

燕打線もいいあたりもあったのですが、野手の正面だったりアンラッキー。
しかし、燕打線のアンラッキーも藤浪のコントロールの精度によるもので、ボール半分とかボール一個分でヒットにできなかったのかなと、、、もう藤浪を褒めるしかないのかなと。

その中でのマルチヒットの坂口選手は流石です。

逆に館山投手は微妙なコントロールがきいていなかったのか、コースをついた球はボールに。
微妙に内側に入ってしまった珠は痛打されている感じで、藤浪とは対象的なピッチングになってしまいました。

そりゃ、ゴメスには打たれますわ^^;

ただこの試合で、良かったのは、村中投手の一軍カムバック

なんでしょう、マウンドに立った時の「風格」ベテランの域の落ち着きを感じました。なにかこうふてぶてしいというか。

結局は、制球に苦しみ打たれて降板となってしまいましたが、球速も140キロを超える球を何度も投げていましたし、緩急をつけて空振りも取れていましたので、さらに自信を持って次のチャンスを生かして欲しいと感じました。

ほんと、何度も言いますが、他の若い投手よりも圧倒的な「風格」を感じたのは確かです。

村中投手!「俺が勝ち試合でマウンドに上がる!」というくらい、思い切ったピッチングを期待しています。

最後に、

今日は、山田哲人選手のボブルヘッド人形配布DAYだったため、該当するネット裏チケットのせいか、いつも幅を利かしている阪神ファンがネット裏にほとんどいなかったのと、普段外野で応援している人たちが内野に多かったのか、内外野ともに声が出ていた試合でした。

最後の阪神側の「あとひっとり」にも負けていませんでした。

負けてしまいましたが、最後は意地を見せてくれたので、最悪な試合を逃れた感じで、わりと消化不良は起こしていません。

さっ切り替えて明日また応援でチームを後押ししましょう!

あっそうそう、ムーチョにやっと1本でましたね!
よかったよかった!

では、今日はこのへんで!



AD
いいね!(28)  |  リブログ(0)

テーマ:
ルーキー原樹理投手は要所要所でボール先行していまう四球があったのが気になりましたが、シューと落ちる球のキレがよく、1年間ローテーションを守ってもらえるような期待をしてしまうピッチングで、6回を1失点と好投。

しかし、試合は一時山田哲人選手のホームランで同点に追いつき、四番畠山選手のタイムリーで今シーズン初の勝ち越しを決めたものの、その裏すぐに3番手秋吉投手が先頭打者ライト前ヒットの讀賣坂本をおいたツーランホームランをギャレットに打たれ逆転されその後もヒットを打たれ降板と8回裏にきて痛い失点と降板。

中村捕手のリードを色々言う人もいるようですが、それ以前に秋吉投手の「キレ」が無かったように感じました。そもそも要求している球がいってなかったような気がします。

秋吉投手は去年の優勝を支えてくれた投手の一人。開幕から打線が好調の讀賣打線を意識していたのかどうか定かではありませんが、「かわすピッチング」から入っていった印象を受けました。

秋吉投手の良さは、グイグイ攻めるピッチングだと思います。それによって「キレ」も出てきて、多少コースが内側に入っても痛打はされない。

今日はボール先行で、カウントが悪くなったところで内側にスーッと投げてしまうところをギャレットが見逃さなかったような印象。

秋吉投手にはもっと打ち取ってくるんだという強いイメージを持って次回マウンドに上がってもらいたいです。

中村捕手の打撃がまだ低迷していますが、まだまだ3試合終わったところ。ここは暖かく見守り結果が出るのを待つしかないし、27番を口にしているくらいですから、周りがあれこれ言わなくても彼自身が一番分かっているでしょう。

僕の場合は、何より中村捕手を脅かすくらいに二番手の捕手が出てこないことには、中村捕手の背番号27番はないと思ってる口なので、西田捕手、田中雅彦捕手、井野捕手の誰かが出てきて欲しいところ。

3連敗はしましたが、三、四番の山田哲人選手、畠山選手を軸としたほか上位打線も結果を出してきているので、次の阪神戦の神宮での初戦の藤浪をいかに攻略するかが、前半戦を巻き返す打線の鍵になる気がします。

中継ぎ抑えは言うまでもなく前述の秋吉投手、ルーキ投手、ペレス投手、そしてオンドルセク投手が如何に昨年のような後半の抑えをしてくれるか。とにかくキレと制球力で、相手打線をねじ伏せてもらいたい。それには、昨年のバーネット投手のような攻める投球が不可欠かと思います。

そうすれば原樹理投手にも「勝ち星」がついて回りさらにプロとして自信がついていき1年間の活躍を期待できるかと思います。

気になるのは、杉浦投手はどんな使い方をするのか。
以前の石山投手のような使い方になるのかな。

一軍登録された村中投手もどんな成長をしての一軍登録かを見てみたい気もします。

誰かが調子悪ければ、誰ががそれを補う。
そんなスワローズらしい野球を期待しています。

29日からの神宮では、ファンの声援の後押しでチームを勝利に導きましょう!

では、今日はこのへんで
{D9F44709-0F46-45F0-BBD9-FBC9841ECFA8}




AD
いいね!(31)  |  リブログ(0)

テーマ:
開幕2戦目は期待のエース石川投手の制球がんばれ思うようにいかず、普段なら石川投手を苦手としている讀賣打線が、打撃練習のようにガンガン打ちまくる。

もともと苦手意識がないのかクルーズには打った瞬間わかるホームランを打たれてしまい一気に5点差。

その後も古野投手も同じように打ち込まれ、さらに5点を献上。7回まで投手二人で10点を献上することに。

ただ、石川投手も古野投手も取られた得点ほどめちゃめちゃ悪かった投球内容という印象はありませんでした。

次はしっかり修正し、得点を与えない投球を期待したいですね。

攻撃では今日も満塁のチャンスで一本出ずに、回がどんどん消化され、途中までは「攻撃の時間が短い」試合でした。

何より沢山ファールを打てる。投手にしっかり投球数を消費させているのは良いと思いました。

最終回も5点差まで追い上げたし、きっと打線が繋がってくると信じています。

全く打ててない訳ではないので、ここっていう時に打てるように更に集中して打席に入ってもらいたい。

開幕2連敗もそんなに悲観していないし、監督選手もそんなに気にしてないのではないかなぁ。
スタメンや打順をいじる必要も感じていません。

今年も火ヤク庫は健在だと思います。
いや、控え選手の厚みが増した分、強力になったのでは?とさえ思います。

明日はルーキー原樹理投手が先発。

東京ドームの異様な空間に飲み込まれないよう自分のピッチングをできれば、讀賣打線はそこそこ抑えられると思いますよ。

全員が野蛮打者、いや四番打者だと思って下位打線も手を抜かないことですね。

投げれるところまで投げ切る。そんな新人らしい投球を期待しています。

打線は先制点を奪うつもりでガンガン援護してあげてください。

追伸

ビジター応援席ではチャンテ4がだいぶ揃って声も出てくるようになりましたね。
あれ、かっこよくて好きです。
明日も応援頑張りましょう!

ではこの辺で。

まけほぉー
{6BC9F93A-8343-4593-A6C0-89A92C848E76}


いいね!(23)  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
緊張感の中始まった開幕戦

完投宣言していた讀賣・菅野を燕打線は粘る打席でファールファールでどんどん球を放らして、ランナーを出しチャンスを作るものの、ここ一本というタイムリーがでなくヤキモキ

ライアンは出だしもよくしっかり抑えてくれていたのですが、4回裏に高めにスーッと入ってしまった球を「振ったら当たった」らという讀賣・長野がレフトスタンド前列に先制のホームラン

その後も好投するも燕打線はチャンスを生かせないまま後半へ

打線は水物ですから必ずしもチャンスで打てないのは、致し方ないけれども、ライアンのバント失敗は菅野を追い込みきれなかった要因の1つかもしれません。そこは本人が一番痛感していることでしょう。

1-0のビハインドまま7回裏になり、二番手で登板した秋吉投手は、勝ち越している状態で登板するのと負け越している状態で登板するのはメンタル的に予想以上の差があるのか、最初の2球は良かったものの、その後かなり制球に苦しんでいる様子が伺え、自滅こそしないものの讀賣・ギャレットに捕まり死球を与えた後、下位の讀賣・小林に痛打される。

讀賣にしてみれば小林に代打を出したかったところ、それをせずにそのまま打たせた事が讀賣にとっては吉とでて前進守備の外野、右中間を抜く二塁打で3-0とされる。

しかし、その後讀賣・マシソンから川端選手ー山田選手の連続二塁打で1点を返す!さすがです。

その後イケイケでマシソンを打ち崩したかったものの畠山選手ー雄平選手が連続でポップフライし、1点止まり。
なかなか仕留められませんでした。

スワローズはペレスが秋芳の後、死球を与えるなどもありましたが、なんとかゼロに抑え最終回。

讀賣・澤村に対し坂口選手・中村選手・代打森岡選手が凡退し、試合終了。

{DA150083-3CBF-40C5-8A70-31FB73D30DCF}

残念ながら試合は負けてしまいましたが、今年から入った坂口選手にヒットが出ていますし、川端選手はマルチ、山田選手にも雄平選手にも大引選手にも「らしい」ヒットがでました。上田選手も気迫あふれるペットスライディングで内野安打で合計8本のヒットは出ていた訳で、打線が冷え切っている訳ではないと思います。

是非、今度は「チャンス」でのつなげるヒットを期待したいです。

悔しい負け試合でしたが、いい試合を見れたという意味では満足です。

また、現地観戦していたレフトスタンドの応援も昨年よりたくさん声も出ていて、掛け声も揃っているように感じたのは僕だけでしょうか?
迫力ありましたよね。2戦目観戦する方も更に迫力有る応援で、選手・チームを後押ししましょう!


では、このへんで。



いいね!(10)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。