南極観測船「しらせ」の運用は海上自衛隊で、所属は横須賀地方隊船雪だるましかし、予算は文部科学省からって、知ってましたぁ~ニコニコ

 ちなみに、文科省用語でいえば、「南極観測船」雪海自用語で言えば、「砕氷艦」ペンギン運用は海自なので、艦長以下乗組員は海上自衛官なんですグッド!

 今、横須賀港に停泊しているようですので、ヴェルニー公園に行けばその姿を見れるかもねぇ~目

 

 暑い日が続いているので、南極ネタでちょいと涼しくと思ったのですが、ぜんぜん涼しくなりませんな叫び

 

 さて、3日の鈴木家池原ダムガイド釣行に引き続き、翌4日はバスフィッシングを始めて3ヶ月くらいになる中島さん親子をガイド釣行で池原ダムにご案内音譜

 もっとも、お父さんは、中学生以来のバスフィッシング再開なのですが、そこはブランクがあせる 

 始めて間もない5月に一度池原にきて、釣れるには釣れたらしいのですが、やっぱり右も左もさっぱりはてなマーク

 

 ということで、ガイドできっちり教えてもらいバスを手中にビックリマークの思いでお越しいただきましたグッド!

 

 ともあれ、今の状況は、雨が少ないのと、どクリアーな状態で、バスのレンジが深いビックリマークハードルアーで釣りたい気持ちは重々わかりますが、ちょっと厳しいので、深いレンジできっちり底をとる展開であせる

 

 でパー僕がまずやってもらうのは、スプリットショットリグパー比較的飛距離を稼げて、根掛かりが少なく、底を取りやすい上によく釣れるリグなんで、初心者だけでなく僕自身もマストアイテムの一つにしていますグッド!

 

 しかも、ワームを選ばないリグなんで、そいうった意味でもおすすめグッド!もっとも、ワームはなにはてなマークって聞かれたら、僕的に言えばやっぱり、Isseiスパテラニコニコになっちゃいますねニコニコ

 

 もちろんゲストさんにもスパテラにひひ3インチも4インチもいいワームですが、そこはサイズを狙いたいので、5インチからにひひ

 

 お父さんいきなり!!

 

 

 44cmのナイスサイズをグッド!

 

 もちろん味わったことのない引きグー根掛かりかと思っちゃったそうですにひひ

 

 さあビックリマーク小学3年生の息子さん基琉君も負けていられませんグー

 

 

 きっちり底を取って、ゆっくりやれば、ハイビックリマーク30後半の元気なバスクラッカー

 もちろん、スパテラ5のスプリットショットリグにひひ

 

 小バスを数尾釣って、午後一ビックリマーク

 

 

 やったぜ!!これも今まで体験したことのない引きの40アップアップ

 

 教えたこときっちりやれば、良型が食います合格もちろん、キャストも上達して、バスの食うレンジにきっちりリグを送り込めているので、より良型がグッド!

 

 最後は、ガイドの僕がやっちまいました叫び

 

 この場所はこのくらいのレンジにビックリマークと教えるつもりでキャストしたら食っちまったえっ

 

 

 50cmジャストの良型さんあせる

 

 リグは、僕一押しワームの一つ、Isseiピンクロウスティックのライトテキサスクラッカー

 

 

 ピンクロウスティック丸のみニコニコ

 

 ちなみに、タックルはパー

 

 ロッド : テールウォーク・フルレンジ S67MH

 リール : シマノ・ステラミレニアムエディション

 ライン : バリバス・ノガレス・プレミアムフィネスマスター4.5Lb.

 リグ : Isseiピンクロウスティック・ライトテキサス シンカー1.8g

 

 今回、テスト的に、S67MHでライトテキサスをやってみたのですが、ファーストテーパーで超がつくくらいの高感度アップ

 ゆえに、かなりの水深でも軽いシンカーが着底するのがわかり、リグの操作性も抜群グッド!もちろん、バスが吸い込む「コンッ」ってアタリはラインがたるんでいても手元に伝わってきますグッド!

 

 ただパーこの、S67MHは僕的な感じで言えば、H表示でもいいくらいパーもっとも、琵琶湖のウィードなどのヘビーカバー用に作られたロッドなので、バットからティップに至るパワーはものすごいのは言うまでもありませんパー

 

 池原などのリザーバーで使うなら、ラインをフロロ5~6ポンドにして、3.5~5gクラスのライトテキサスやスモラバ、感度がいいので、ライトキャロなんかがいい感じですかねにひひ

 

 今回このロッドで、初めてバスをかけましたが、50cmでも、40弱に感じるくらいあせる実はジャンプするまで、それほどでかい感覚はなかったんですあせる

 逆を言えば、でかいバスにも余裕を持って対応できるってことパー

 

 6ポンドクラスのラインだったら、ベイトフィネスでもいいんじゃね!?って思われますが、そこはやっぱりスピニングの操作性やラインの送り込み、リグの操作にちょっと違った感じが出せるので、必要なタックルだと思いますパー

 もっとも、僕は、このロッドで6ポンドを使うことはなく、4.5か5ポンドなので、やっぱりスピニングかなぁ~にひひって感じですかねにひひ

 

 この下に、S63MLというロッドがあるのですが、MLだとライトテキサスにちょいパワー不足なんで、欲を言えば、間に2アイテムくらいのロッドがほしいところにひひテールウォークさんにお願いしてみますにひひ

 

 さてさて、最後はちょいKYな感じで〆ちゃいましたが、中島さんは、いろいろと発見があったようで、いいバスフィッシングを体験していただきましたグッド!

 

 僕が言うのもなんですが、初心者でもそこそこやりこんでいる方でも、ガイド釣行を体験いただくとスキルアップはすごいものがありますグッド!発見も多いので、一度いかがですかにひひ

 

 ではではパー

AD