10mボトムで、ミドストそんな中層感のかけらもない今日この頃そろそろボックス内のジグヘッドを整理しないとなと痛感している組長です

さてさて、7月17日に引き続き、18日も横光さん、真下さん、市川さんらをガイド釣行で池原ダムにご案内

タイミングよく、九州から東海地方まで梅雨明け宣言があり、朝から雲一つないドッピーカンどこまで暑さに耐えられるかが最大の肝になりそうな予感です

ともあれ、朝一とはいえ、そろそろ日が上がってくる時間帯日が当たるとどうしても食いが悪くなる人も同じで、炎天下の中でこってりしたもの食べたくありませんものね
まあ、バスも一緒で、ちょっとでも涼しげなところを求めていくわけですよ

ということで、朝一は逆光フィッシング逆光だと、キャストするポイントの後ろに太陽があるので、比較的背景の影が遅い時間まで落ちている(要はシェード部分が大きい)のと、ボートも含めて、自分の影がキャストポイントに落ちないので、よけいなプレッシャーを与えない
というように、いい要素満載なので、夏のボートフィッシングの際はちょっと心がけてみてください

さて、今日は、どなたからかなと思っていたら、速攻

自称”2日目の男”真下さんから



いきなり43cmの良型キャッチアフターの回遊組なんで、コンディションもよろし

しかも立て続けに



30後半

いずれも、ドロップショットリグワームはドライブクローラーのオキチョビクローカラー
今朝のバスは、青系カラーがお好みのご様子

ちょい移動し、お次は横光さん



こちらも、42cmのナイスバス
リグは、カットテールのドロップショットリグ

今日は、みんなで徹底してドロップショットリグで

市川さんも



Isseiスパテラ5インチのドロップショットリグ

けど、サイズが

ここから、小バス街道まっしぐら



やっぱり小バスの反応が濃いエリアでは30を超えませぬ

アタリが遠のいていた市川さん、指をくわえていましたが

それでもあきらめることなく、スパテラのカラーを変えて、ドロップショットキャスト

とりあえず浅いけどシェードへ

むむむっ

「あれっ根掛かりや

瞬間僕は「それ根が借りちゃいますよ

瞬間ロッドが曲がりに曲がる

で、でかい

掛けた下に立木があることを思い出し、エレキで魚を外に出す

うまく立木はかわしたようなので、ゆっくり焦らずファイトしてもらい、キタ━(゚∀゚)━!



61.5cm
一発大逆転



市川さん、自己記録を8.5cmも上回るスーパービッグ池原バスをその手中に

僕自身も、ガイドゲストさんのルアーでの記録を更新

一時、手が震えて釣りにならなかったのは言うまでもありません

かくいう僕も膝が震えちゃいましたわ

市川さんこれだけにとどまらず、午後からは45アップも追加もちのろんで、Isseiスパテラ5インチ(オリーブメロンカラー)で



これも、アフター回遊組なんで、がっつりエサ食ってナイスコンディション

〆は真下さん



ジャッカル・フリックシェイク5.8のドロップショットリグを丸のみ

ドッピーカンで30℃超えのTHE・真夏な炎天下での釣行でしたが、皆さん一様に40アップもキャッチし、61.5cmのビッグバスも出て大満足の池原ダムでした

市川さんのタックルを

ロッド : エイテック・テールウォーク・フルレンジS610UL/SL
リール : シマノ・ステラ2000S
ライン : フロロカーボン3ポンド
リグ : Issei スパテラ 5インチ ドロップショットリグ

フロロの3ポンドでってよく言われますが、リールのドラグをきっちり調整しておくのと、そのラインに見合ったロッド要は、きっちりタックルバランスの取れたセッティングであれば、全く問題なし

僕も使わせていただいている、フルレンジS610UL/SLはソリッドティップで、アタリもとりやすく、掛けた後もバットパワーででかバスのトルクにも耐えられる設計なので、安心したやり取りが可能です
さらに、なんといっても、コストパフォーマンスに非常に優れているので、某有名メーカーロッド1本買うことを思えば、数本の購入が可能
スピニング、ベイト共にアイテムも増えていっているので、おすすめロッドです

使用していた、市川さんも、初めてドロップショットリグをこのロッドでやったようですが、ボトムの感覚も明確でアタリもとりやすく非常に使いやすいロッドとのこと

ガイド釣行時に手にしていただくこともできますので、その感覚を体験してみてください

ともあれ、皆様お疲れ様でしたまた来年、とは言わず、いつでもお越しくださいね

ではでは














AD