南極観測船「しらせ」の運用は海上自衛隊で、所属は横須賀地方隊船雪だるましかし、予算は文部科学省からって、知ってましたぁ~ニコニコ

 ちなみに、文科省用語でいえば、「南極観測船」雪海自用語で言えば、「砕氷艦」ペンギン運用は海自なので、艦長以下乗組員は海上自衛官なんですグッド!

 今、横須賀港に停泊しているようですので、ヴェルニー公園に行けばその姿を見れるかもねぇ~目

 

 暑い日が続いているので、南極ネタでちょいと涼しくと思ったのですが、ぜんぜん涼しくなりませんな叫び

 

 さて、3日の鈴木家池原ダムガイド釣行に引き続き、翌4日はバスフィッシングを始めて3ヶ月くらいになる中島さん親子をガイド釣行で池原ダムにご案内音譜

 もっとも、お父さんは、中学生以来のバスフィッシング再開なのですが、そこはブランクがあせる 

 始めて間もない5月に一度池原にきて、釣れるには釣れたらしいのですが、やっぱり右も左もさっぱりはてなマーク

 

 ということで、ガイドできっちり教えてもらいバスを手中にビックリマークの思いでお越しいただきましたグッド!

 

 ともあれ、今の状況は、雨が少ないのと、どクリアーな状態で、バスのレンジが深いビックリマークハードルアーで釣りたい気持ちは重々わかりますが、ちょっと厳しいので、深いレンジできっちり底をとる展開であせる

 

 でパー僕がまずやってもらうのは、スプリットショットリグパー比較的飛距離を稼げて、根掛かりが少なく、底を取りやすい上によく釣れるリグなんで、初心者だけでなく僕自身もマストアイテムの一つにしていますグッド!

 

 しかも、ワームを選ばないリグなんで、そいうった意味でもおすすめグッド!もっとも、ワームはなにはてなマークって聞かれたら、僕的に言えばやっぱり、Isseiスパテラニコニコになっちゃいますねニコニコ

 

 もちろんゲストさんにもスパテラにひひ3インチも4インチもいいワームですが、そこはサイズを狙いたいので、5インチからにひひ

 

 お父さんいきなり!!

 

 

 44cmのナイスサイズをグッド!

 

 もちろん味わったことのない引きグー根掛かりかと思っちゃったそうですにひひ

 

 さあビックリマーク小学3年生の息子さん基琉君も負けていられませんグー

 

 

 きっちり底を取って、ゆっくりやれば、ハイビックリマーク30後半の元気なバスクラッカー

 もちろん、スパテラ5のスプリットショットリグにひひ

 

 小バスを数尾釣って、午後一ビックリマーク

 

 

 やったぜ!!これも今まで体験したことのない引きの40アップアップ

 

 教えたこときっちりやれば、良型が食います合格もちろん、キャストも上達して、バスの食うレンジにきっちりリグを送り込めているので、より良型がグッド!

 

 最後は、ガイドの僕がやっちまいました叫び

 

 この場所はこのくらいのレンジにビックリマークと教えるつもりでキャストしたら食っちまったえっ

 

 

 50cmジャストの良型さんあせる

 

 リグは、僕一押しワームの一つ、Isseiピンクロウスティックのライトテキサスクラッカー

 

 

 ピンクロウスティック丸のみニコニコ

 

 ちなみに、タックルはパー

 

 ロッド : テールウォーク・フルレンジ S67MH

 リール : シマノ・ステラミレニアムエディション

 ライン : バリバス・ノガレス・プレミアムフィネスマスター4.5Lb.

 リグ : Isseiピンクロウスティック・ライトテキサス シンカー1.8g

 

 今回、テスト的に、S67MHでライトテキサスをやってみたのですが、ファーストテーパーで超がつくくらいの高感度アップ

 ゆえに、かなりの水深でも軽いシンカーが着底するのがわかり、リグの操作性も抜群グッド!もちろん、バスが吸い込む「コンッ」ってアタリはラインがたるんでいても手元に伝わってきますグッド!

 

 ただパーこの、S67MHは僕的な感じで言えば、H表示でもいいくらいパーもっとも、琵琶湖のウィードなどのヘビーカバー用に作られたロッドなので、バットからティップに至るパワーはものすごいのは言うまでもありませんパー

 

 池原などのリザーバーで使うなら、ラインをフロロ5~6ポンドにして、3.5~5gクラスのライトテキサスやスモラバ、感度がいいので、ライトキャロなんかがいい感じですかねにひひ

 

 今回このロッドで、初めてバスをかけましたが、50cmでも、40弱に感じるくらいあせる実はジャンプするまで、それほどでかい感覚はなかったんですあせる

 逆を言えば、でかいバスにも余裕を持って対応できるってことパー

 

 6ポンドクラスのラインだったら、ベイトフィネスでもいいんじゃね!?って思われますが、そこはやっぱりスピニングの操作性やラインの送り込み、リグの操作にちょっと違った感じが出せるので、必要なタックルだと思いますパー

 もっとも、僕は、このロッドで6ポンドを使うことはなく、4.5か5ポンドなので、やっぱりスピニングかなぁ~にひひって感じですかねにひひ

 

 この下に、S63MLというロッドがあるのですが、MLだとライトテキサスにちょいパワー不足なんで、欲を言えば、間に2アイテムくらいのロッドがほしいところにひひテールウォークさんにお願いしてみますにひひ

 

 さてさて、最後はちょいKYな感じで〆ちゃいましたが、中島さんは、いろいろと発見があったようで、いいバスフィッシングを体験していただきましたグッド!

 

 僕が言うのもなんですが、初心者でもそこそこやりこんでいる方でも、ガイド釣行を体験いただくとスキルアップはすごいものがありますグッド!発見も多いので、一度いかがですかにひひ

 

 ではではパー

AD

 ゼロダウンショットリグに対抗して、ゼロスプリットショットリグ!!もはや、スプリットではない気がする今日この頃えっアメリカでダウンショットリグって言っても通じませんパー

 

 ゼロダウンショットリグかジカリグかどっちにしようか悩んでいるそこのあなたビックリマークそこはどっちも同じなのでどっちでもいいかとにひひ

 

 さて、そんな中、毎年の恒例行事と化している、千葉からお越しの、鈴木家御一行様をガイド釣行にて、池原ダムにご案内音譜

 

 今朝は涼しいすがすがしい朝です晴れ

 

 

 ちなみに、鈴木家のスタートは遅めで、8時集合の準備でき次第出港するDASH!的に、9時スタートにひひ

 

 

 健ちゃん相変わらず陽気ですニコニコ

 

 いつもはこの時期とあり、表層系メインの展開でライトリグ織り交ぜてな感じなのですが、今年の池原は、まだ台風が来ないので、レンジが深いビックリマークどクリアー度も相まって深いダウン

 ってなわけで、今までやったことのないディープレンジの釣りを体験していただくことににひひ

 

 しかも、ディープをノーシンカーネイルリグでえっ

 

 正直、普通の人はきっと我慢できないかと叫びまあ、ノーシンカーリグよりはましかにひひ

 

 さて、朝一はてなマークのしょっぱなは、健雄さん兄、健一郎君のおじさんにドンッ

 

 いい感じでラインが走って、あわせるも、岬の向こう側へ走り、痛恨のラインブレイク爆弾ロッドの曲がりから、かなりでかかったかと叫び

 

 我慢して、落としてもらっていると、健雄さんにも、バイトドンッしかし、乗らずドクロ健一郎君には、はなっから、Isseiスパテンのノーシンカーやってもらうが、こちらはバイトなし叫び

 

 もっとも、小バスは狙わない的な展開なので、ごもっともといえばごもっともパー0かでかバスかの勝負なんでねグー

 結局午前中は、小さめワームのネイルリグにも数バイトのみで、ノーフィッシュ叫びとここで、健雄兄が早上がりで、午後から健雄さんと息子の健一郎君でDASH!

 

 さすがに、バイトが少ないので、Isseiグリコネのネコリグも織り交ぜて汗

 

 するとビックリマーク

 

 

 さっくりグッド!サイズはちと小さめですが、今釣行初池原バスグッド!

 

 健雄さんも、Isseiスパテラ4インチのネイルリグに変えるとビックリマーク

 

 

 ハイグッド!さっくりとグッド!

 

 ここから、ちょいサイズが上がりだし、30から上がグッド!

 

 

 ハイグッド!健ちゃんまたまた、グリコネのネコリグでグッド!ちなみに、沢村さんとこのネコリングセッターでリングにフックをセットしているので、ワームがほぼほぼ飛んでいきませんグッド!

 釣り人にやさしくメーカーに厳しいネコリングセッターお勧めですにひひ

 

 健ちゃんさらにサイズアップアップ

 

 

 もちろんサイズアップを図るべく、Isseiピンクロウスティックのライトテキサスにチェンジグッド!

 

 ネコリグも、フォールよりずる引きに反応していたので、ライトテキサスに変えたってわけでにひひ

 やっぱり、ピンクロウスティックには良型がクラッカー

 

 サイズアップ中も、小バスは数尾あせる

 

 どれどれと、僕も、ジャッカル・ナカタジグにIsseiビビビバグをセットし、キャストするとビックリマーク

 

 ゴンっパンチ!

 

 やっぱりラバージグには良型がチョキ

 ジャンプ一発バレましたが、48クラスのナイスBASSグッド!

 

 ちょい強めの釣りをすると、サイズを選べることを納得してもらい、ライトテキサスとネイルリグでにひひ

 

 はいキタードンッ

 

 

 健ちゃん今日一クラッカー

 去年は、お父さんにもっていかれっぱなしでしたが、今年はしてやったりグッド!

 

 と思っていたらえっ

 

 最後の最後にやっぱり健雄さんに持ってかれたーにひひ

 

 

 本日MAX44cmのナイスBASS合格

 

 ごごから、ポロポロ拾っていき、ふたを開ければ、良型頭に2桁釣果合格

 

 何やかんや言って、いつも釣果に恵まれ、よく釣っていただく鈴木家御一行様でしたクラッカー

 

 健ちゃん愛知で比較的近いんだから、またのお越しをにひひ

 

 ではではパー

 

AD
 ナイロン袋をビニール袋と呼ぶおっさんは、ナイロンラインもビニールラインと呼ぶ/なんか違う気がするぅ~な今日この頃リグにナイロンラインはあまりお勧めできません
 
 さて、以前から、京都の藤本さんにビワマスに来い来い!と言われ続けて何年ってなくらいなかなか行けていなかったビワマスにようやく行く機会ができたので、7月21日に何年振りかの琵琶湖に行ってきました

 事の始まりは、先日七色ダムで開催された、JB・Top50の際、ジャッカルスタッフとして来ていた、ナカジーと話していたら、今度、健ちゃんプロこと関根健太さんと藤本さんのところへビワマスを教わりに行くんだとか
 スケジュールを確認すると、レンタルの予約も入っていなかったので、これはチャンスと思い、藤本さんと健ちゃんプロに連絡すると、同行を快諾していただけたので、初ビワマスチャレンジ



 なんせ、池原ダムでノボリ(サツキマス)狙いのレイクトローリングには結構慣れていますが、琵琶湖のレイトロは初

 なぜか藤本さんと琵琶湖に繰り出すと、べた凪ばかりです



 竹生島横を通過

 ともあれ、池原でのレイトロにもフィードバックできることもたくさんあるとにらみ、勉強させていただくつもりで挑みました

 池原とのスタイルは、全く違い、基本は、ダウンリガーを使用してのトローリングとなります使用する、ルアーやドジャーにはそんなに違いはありませんが、この時期は、レッドコアのみ流すよりは、ダウンリガーのほうが効率的もっとも、狙う水深ダイレクトにルアーをプレゼンできますしね

 と言っているうちに、ファーストヒット



 ナカジーファイト中


 
 実は、ビワマスを目の当たりにするのは初めてだったりして

 まさに、パープルがかったビワマスカラー

 健ちゃんプロも



 ノボリ(サツキマス)と同じで背中に斑点と、銀ピカ
 サツキマスに比べて、スリムな印象ですね

 藤本さんのレイトロ艇は、装備的に最新鋭

 



 左右にダウンリガー2基づつと、レッドコアで流すロッドを含めて、6本出します

 

 ちなみにですが、ガイドとなる船長を除き、ゲストさん1名につき2本までしかロッドを出せないので、ゲストが2名の場合は4本までですもちろんですが、ビワマスは引き縄釣りの許可を受けたものしかできませんので、許可を受けているガイドさんにお願いしなければなりません

 さて、ウグイの猛攻と、小ビワマスがぽつぽつ釣れたところで、いいアタリが



 ナカジーさっきばらしているので、超慎重

 ナイスサイズキャッチ



 ここから地合いなのか

 忙しくなってきました



 私も良型キャッチ

 案内していただいた、藤本さんも



 ラッシュも一段落したので、小休止



 おぉ~~~船上かき氷

 いろいろとご教授いただいた橋本さんがご用意してくださいました

 しばしの至福のお時間



 健ちゃんプロご満悦

 またまた現実に戻り

 ラッシュのお時間



 もはや誰だかわからないナカジー

 ナイスなビワマスが出始めた



 藤本さんいわく、まだまだ小さいからビワマスと呼べへんぉ~

 いやいや十分でかいし

 さらに良型



 流し方やタックルをご教授してくださった橋本さん



 健ちゃんプロ、ヒラマサ持ち

 ナカジーも真似して、青物持ち



 今日一巻き上げヒットの良型ビワ



 52cmのナイスサイズ

 釣り初めに釣れたビワマスはスリム感もありましたが、後半の良型は体高があって、サツキマスやサクラマスのようなボリューム感たっぷりのいいお魚ばかり

 レイクトローリングの奥深さをさらに感じ、たいへんいい勉強になった今回の琵琶湖釣行

 案内していただいた、藤本さんタックルの説明やダウンリガーでの流し方をお教えくださった橋本さん
 ルアーのお話などいい情報交換ができた関根さんレイクトローリングを共感していい話ができたナカジー
 場所を提供してくださいったファイブオーシャンマリーナの皆様ありがとうございました

 めっちゃ面白く奥深い釣りなので、また時間を作って釣行したいと思います

 ではでは















 

AD
 10mボトムで、ミドストそんな中層感のかけらもない今日この頃そろそろボックス内のジグヘッドを整理しないとなと痛感している組長です
 
 さてさて、7月17日に引き続き、18日も横光さん、真下さん、市川さんらをガイド釣行で池原ダムにご案内
 
 タイミングよく、九州から東海地方まで梅雨明け宣言があり、朝から雲一つないドッピーカンどこまで暑さに耐えられるかが最大の肝になりそうな予感です
 
 ともあれ、朝一とはいえ、そろそろ日が上がってくる時間帯日が当たるとどうしても食いが悪くなる人も同じで、炎天下の中でこってりしたもの食べたくありませんものね
 まあ、バスも一緒で、ちょっとでも涼しげなところを求めていくわけですよ

 ということで、朝一は逆光フィッシング逆光だと、キャストするポイントの後ろに太陽があるので、比較的背景の影が遅い時間まで落ちている(要はシェード部分が大きい)のと、ボートも含めて、自分の影がキャストポイントに落ちないので、よけいなプレッシャーを与えない
 というように、いい要素満載なので、夏のボートフィッシングの際はちょっと心がけてみてください
 
 さて、今日は、どなたからかなと思っていたら、速攻
 
 自称”2日目の男”真下さんから

 
 
 いきなり43cmの良型キャッチアフターの回遊組なんで、コンディションもよろし

 しかも立て続けに

 


 
 30後半

 いずれも、ドロップショットリグワームはドライブクローラーのオキチョビクローカラー
 今朝のバスは、青系カラーがお好みのご様子

 ちょい移動し、お次は横光さん

 



 こちらも、42cmのナイスバス
 リグは、カットテールのドロップショットリグ

 今日は、みんなで徹底してドロップショットリグで

 市川さんも



 Isseiスパテラ5インチのドロップショットリグ

 けど、サイズが

 ここから、小バス街道まっしぐら



 やっぱり小バスの反応が濃いエリアでは30を超えませぬ

 アタリが遠のいていた市川さん、指をくわえていましたが

 それでもあきらめることなく、スパテラのカラーを変えて、ドロップショットキャスト

 とりあえず浅いけどシェードへ

 むむむっ

 「あれっ根掛かりや

 瞬間僕は「それ根が借りちゃいますよ

 瞬間ロッドが曲がりに曲がる

 で、でかい

 掛けた下に立木があることを思い出し、エレキで魚を外に出す

 うまく立木はかわしたようなので、ゆっくり焦らずファイトしてもらい、キタ━(゚∀゚)━!


 
 61.5cm
 一発大逆転



 市川さん、自己記録を8.5cmも上回るスーパービッグ池原バスをその手中に

 僕自身も、ガイドゲストさんのルアーでの記録を更新

 一時、手が震えて釣りにならなかったのは言うまでもありません

 かくいう僕も膝が震えちゃいましたわ

 市川さんこれだけにとどまらず、午後からは45アップも追加もちのろんで、Isseiスパテラ5インチ(オリーブメロンカラー)で



 これも、アフター回遊組なんで、がっつりエサ食ってナイスコンディション

 〆は真下さん


 
 ジャッカル・フリックシェイク5.8のドロップショットリグを丸のみ

 ドッピーカンで30℃超えのTHE・真夏な炎天下での釣行でしたが、皆さん一様に40アップもキャッチし、61.5cmのビッグバスも出て大満足の池原ダムでした

 市川さんのタックルを

 ロッド : エイテック・テールウォーク・フルレンジS610UL/SL
 リール : シマノ・ステラ2000S
 ライン : フロロカーボン3ポンド
 リグ : Issei スパテラ 5インチ ドロップショットリグ

 フロロの3ポンドでってよく言われますが、リールのドラグをきっちり調整しておくのと、そのラインに見合ったロッド要は、きっちりタックルバランスの取れたセッティングであれば、全く問題なし

 僕も使わせていただいている、フルレンジS610UL/SLはソリッドティップで、アタリもとりやすく、掛けた後もバットパワーででかバスのトルクにも耐えられる設計なので、安心したやり取りが可能です
 さらに、なんといっても、コストパフォーマンスに非常に優れているので、某有名メーカーロッド1本買うことを思えば、数本の購入が可能
 スピニング、ベイト共にアイテムも増えていっているので、おすすめロッドです

 使用していた、市川さんも、初めてドロップショットリグをこのロッドでやったようですが、ボトムの感覚も明確でアタリもとりやすく非常に使いやすいロッドとのこと

 ガイド釣行時に手にしていただくこともできますので、その感覚を体験してみてください

 ともあれ、皆様お疲れ様でしたまた来年、とは言わず、いつでもお越しくださいね

 ではでは













 
 インデペンデンスデイみたいなぁ~って話になってたら、見てきた友人にすべてを話され、ガッカリ感がハンパない今日この頃
 池原ダムはその昔、隠れUFOスポットだったとかスポットじゃなかったとか

 みなさんUFOって見たことありますか食べたことあるよってな落ちはなしで
 
 さて、7月17日は、約1年ぶりの池原釣行となる、横光さん、真下さん、市川さんをガイド釣行でご案内
 昨年は、9月の連休にお越しで、1日のみのガイド釣行でしたが、ほぼほぼ横光さんデーで、皆さん一様に釣ってはいますが、今一つ消化不良状態さて、今年の釣行はいかに
 
 ということで、1日目スタートです
 
 昨年のこともありなのか横光さん遠慮してなのかバックシートでも一番後ろで

 で、やっぱりというか、なんだか知らないけど池原のリズムに合っているのか



 1尾目は横光さんしかも、46cmのナイスバス



 まるこめTシャツは気にしないように

 ちなみに、リグはヤマセンコーノーシンカー

 でまたまた横光さん



 30後半
 前で、同じことやっても、なぜだか後ろの横光さんのリグに食う
 リズムがバッチシ合っているのかと

 こうなると、またまた横光さんデー


 40アップ追加

 ようやく、市川さんも



 こちらは、Isseiスパテラのスプリットショットリグ
 サイズはやや小さめですがなにか

 真下さんも


 真下さんはスモラバにIsseiビビビバグのトレーラーで

 横光さんも小バス天国街道へ



 でも、サイズも伴い、横光さん40アップ3尾で〆



 ま、あえて、小バス狙いに徹しなかったので、それほど数は伸びませんでしたが、40アップ3尾入れば出だし上場ではないかと

 18日は、ドッピーカン予報なので、どうなることやら

 ではでは