2016-08-22 02:55:45

蒼山ザグ著「ステージ・オブ・ザ・グラウンド」

テーマ:

ロウきゅーぶ、天使の3Pなど、

 

小学生に定評のある蒼山ザグさんの新作、

 

ステージ・オブ・ザ・グラウンド」。

 

情報公開当時は、

 

あらすじと、著者、イラストのみの公開でした。

 

当初の感想は

 

「イラストてぃんくるじゃないの?」

 

これに尽きるでしょう。

 

 

以降、情報が解禁されイラストが表示された後には、

 

確かにてぃんくる先生向けではないイラストでした。

 

 

Twitterで更に少しづつ情報が解禁されていき、

 

「どうやら小学生が出てこないらしい」

 

という、まさかの展開に落胆したものです。

 

 

発売前に予測した感想としては

 

話は面白いけど、蒼山ザグというブランドで出す必要はないのではないか。

 

ユーザーが蒼山ザグに求めている方向性は違うのではないか。

 

でした。

 

「カレー好きでもラーメン食べたくなるでしょう」と言っていましたが、

 

「カレー屋さんに入って、メニューがラーメンだったら、どんなにおいしくても落胆するでしょう」

 

 

発売前は、落胆7割、期待3割と言ったところでしょうか。

 

蓋を開けて発売後、

 

・舞台は愛知県常滑市

むっちゃ地元。昔住んでいたことがあるくらい。今は住んでないけど、割と近隣で親近感あります。

あとがきにもありますが、名古屋弁使わないのは大正解。

愛知県民って、名古屋周辺以外は「名古屋扱い」されることを嫌う人が多い印象です。

文化的にも、名古屋より距離の近い三重県の影響の方が強いです。

 

・主人公の人間性

昴(ロウきゅーぶ!)や響(天使の3P!)みたいな聖人君子タイプではないため、

感情移入しやすい。

昴や響が聖人君子タイプなのは、おそらく相手が小学生だからだろうなぁ。

 

・ヒロイン渚

尺の関係上非常にちょろい。でも可愛い。

 

不覚にも続きが読みたいと思ってしまいました。

 

 

天使の3Pに特に顕著なのが、

 

「主人公が専門すぎて何言ってるのが分からない」

 

今回も何言ってるのかよく分からない描写はあります。

 

しかし、それを言ってるのが、周りの人間だと意味合いがだいぶ変わってきます。

 

主人公が感じる、「何いってんだこいつ」という感情と同じく、

 

読み手も「何いってんだこいつ」とシンクロできるのは面白いギミックだと感じました。

 

もちろん、それを理解できる人ならば、違った感想になるんでしょうが。

 

 

読了後の感想は

 

蒼山ザグはただのロリコンではなく、運動も書けるロリコンだった。

 

でも、しれっと「幼女」の素晴らしさを語っているあたりに本質が垣間見える。

 

 

 

・・・感想なのか、これ。

 

さておき、続刊では、是非とも渚の小学生編に期待しております。

 

 

エゴサしてるみたいので、がっつり本音で書かせていただきました。

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-06 04:35:42

こどもの日なのでロウきゅーぶでも見よう

テーマ:
去年のクリスマスに発売したBlu-rayボックス。

時間があったら見ようと思っていたけど、忙しくて見る暇がなかった。

せっかくのGWなので、ゆっくり見よう。



え?もうこどもの日終わってる?

細かいことは気にしない。
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-09-24 00:00:51

KEY3連作 その3 Charlotte

テーマ:
いい加減、内容ごとにブログを分けようと、新しいの探してるんですが、

どれにしようか考えるうちにめんどくなって、挫折。

また今度頑張ろう。


さて、シリーズ最後は、

現在放映中のCharlotteです。

前情報として得ていたのはキャストだけで、

キャストだけ確認して、特にお気に入りの人がいなかったので、

急いて見ていなかったのですが、先日貯まっていた分一気に見ました。

各話感想

1話
前情報無しだったので、白柳さんヒロインと思ってました。
KEY至上もっともゲスい主人公と言われているとおり、ゲスい。
でも面白い。

高城丈士朗役、水島大宙さんは、AngelBeats!では高松役。
白柳弓役、中原麻衣さんは、CLANNADで古川渚役、AngelBeats!では初音役。
みっちゃんこと、三嶋役、たみやすともえさんは、リトルバスターズ!で直枝理樹役、棗鈴役、笹瀬川佐々美役の3役でした。

2話
やはり2話でシリアス来たか。
でもAngelBeats!と比べると良くも悪くも「すごくアニメっぽい」。
高松っぽい高城は同じ人だったのに、チャーっぽ熊耳は違う人だった。
OPで沙耶っぽい人がいるー。

有働役、織田優成さんは、リトルバスターズ!で宮沢健吾役でした。

3話
沙耶出てきた!と思ったらアホの子だった。
いや、でもそれも沙耶っぽい?
伏線っぽい挙動がいくつか・・・。

4話
恒例の野球回。
麻枝作品といったらこれがないと。
でも、ホームスチールとか、振り逃げとか専門用語は分からないです。
伏線残しての終了。

福山有史役、木村良平さんは、AngelBeats!では、日向秀樹役でキャラかぶり。

5話
そしてネタ回へ。
「悪魔のような人だ」「着やせするタイプ」等AngelBeats!ネタ多め。
そしてこれも恒例の斉藤回でした。

スカイハイ斉藤役、非ロリから微ロリ改め、緑川光さんは、
劇場版AIRで、国崎往人役。CLANNADでは、芳野祐介役。リトルバスターズでは、棗恭介役、マスク・ザ・斉藤役、時風瞬役。AngelBeats!では、フィッシュ斉藤役でした。

6話
タイトルからして、シリアス回。
歩美離脱に期待を夢が膨らむ。

7話
無事、歩美離脱。どうもあのしゃべり方好きじゃないんだよね。
そして、予想外のバイオレンス展開。
1話ではゲスいものの、小物臭が漂っていましたが、
今回は、ひどかった。
若干やり過ぎ感があるかな。

8話
タイムリープ能力の伏線が張られる。
歩美復帰しないで欲しいなぁ。

サラ・シェーン役、沢城みゆきさんは、AngelBeats!で岩沢雅美役。
Ryuya役、杉田智和さんは、リトルバスターズ!で「恭介が帰ってきたぞー」役でした。

9話
タイムリープの伏線があったので、
能力が存在することは承知してましたが、
まさか既にリープ後だったのは予想外でした。

10話
過去編からのタイムリープへ。
主人公あっけなく戻っちゃったなぁ。
友利との絆や、サラとの邂逅、友利兄の回復等々全て投げ打って、歩美を救いに戻る。
安易なタイムリープはどうかなと思いました。

11話
突如始まった鬱展開。
拷問シーンとか見てて楽しくない。
大幅評価↓↓。

暗視スコープ男役、徳本英一郎さんは、AngelBeats!では、松下護騨役でした。

12話
テログループあれで解決なん?
まぁ平和になったから良かった?
オープニングの化け物はここにかかるのか。


ざっくり振り返ってこんな感じです。

内容は確かに面白いけど、7話と11話がどうも好きになれないです。

ブルーレイ買うかどうかは13話次第ですね。


Charlotteラジオ ~友利奈緒の生徒会活動日誌~

とりあえず、1話聞いた感想。

なにこれ、クソおもろいw

突如始まるいちゃいちゃにニヤニヤが止まりませんな。


番組宣伝のネットラジオであっても、

だいたいは、放送局の放映時間差の都合上、内容にがっつりふれることはほぼ無いんですが、

これは活動日誌として、内容にしっかり触れている。

また、パーソナリティが、台詞の一つ一つから、

場面背景やキャラクターの心情等を模索していたり、ファンに限りなく近い目線で作品を見ているので、

共感度が非常に高いですね。




さて、本編も残り1話。

ブルーレイ買うかも含めて、非常に期待しております。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-09-22 01:44:53

KEY3連作 その2 AngelBeats!

テーマ:
その1は書いてて意外と盛り上がらなかったね。

でも、ここからが本番。


今回は

Angel Beats! -1st beat-

6月末に発売してましたが、先日ようやくクリアしました。

永かった・・・。


各ルート所感(クリア順)



岩沢

事前情報であった通り、残存ルートからのスタート。

唯一、かなでとの好感度をあげなくても進行できるルートでした。

都合上、5話後半~10話までまるっとカット。

音無、岩沢で影出現に対し、愛の消失で対処。

愛がなくなればリセット機能の影の出現も止まることが証明ましたね。

生前の情報は若干差異があったものの、ほぼアニメ通り。

生前のやり残したこととして、「幸せな家庭」が追加されました。

名前の漢字表記「雅美」は記憶にある限り、初出かな。

NPC化した高松とのやりとりは、今後の高松ルートへの伏線となっているのか・・・?

破局後の、主人公(音無)にいまいち共感できず、

クライマックスが盛り上がらなかったです。



松下

まさかのキャラコメのフルネーム松下護騨とロリコン設定がとして公式に。

今作で唯一、生前が具体的に明かされていないキャラだけに期待大。

Heaven's doorより生前は目が見えなかったと言うことでしたが、

生前の悔いは、それとはまた違った内容でした。

先天性の盲目と後天性の盲目。

同じ盲目であれど、感じる痛みは全く違うもの。

どちらが良いというわけではないでしょうが、

どちらも本人しか分からぬもの。

記憶の風化は、怪我ではなく、自然に起こりえるものなので、

世界の修正力でも、戻らない。

この世界の鍵がまた一つ増えましたね。

ラストに記憶を取り戻すことは、安直すぎて想定外ではあったものの、

松下の「気がつかないわけがないだろう」からのクライマックスは、

音無の努力とそれに応えようとする松下。

ひたすらに遊んだからこそ、得られた友情があってこそ成り立つものだと思うので、

エンディング後の達成感がありとても良かったです。



ユイ

生前はアニメ版で公開されており、特に新しいものは無かったですが、

主に野球シーンに大幅加筆、修正が加えられていました。

ただ単に願うだけではく、願いのためにひたすらに努力。

そうして結果を得て、生前の悔いをはらす。

アニメ版よりこっちの方が好きですね。

唐突な「結婚してやんよ!」に、そこまでの過程が付き、

これがホントのユイENDというような仕上がりでした。

ユイルートに入る前のシナリオでユイに「お兄ちゃん」と呼ばせる選択肢を

「まさかこれは、伏線になるんじゃないか」と思いながら選択。

予想通り、ユイに「お兄ちゃん」呼ばわりされることで、

音無の記憶が呼び覚まされることに。

直井の催眠術よりこっちの展開の方が好きです。

結局名字は明かされないまま。


その他

日向:生前の野球へ「逃げ」てた頃の話が追加。また、4話のセカンドフライは
捕っても消えないことが発覚。

ひさ子:まさかの生前の話が出てきた。Heaven's doorより、バンドのメンバーが拳銃で自殺していたことまでしか、明かされていなかったが、それが詳細に語られる。
終わり方を見る限り、ひさ子シナリオの伏線となる模様。


Next Beats

本編11話後半のシナリオ再現。

松下健在で、音無のメンバーへの説得が新規に書き下ろされた。

展開はアニメ版と異なるものの、世界の謎がまた一つ明かされた。

そしてまさかの、ここでオープニング。(エンディング3回以上見ないと見えないオープニングって・・・)


総評

事前情報にもあったとおり、選択肢多すぎ!

各ルートクリアまでは自力でやりまたが、

レコードコンプリートは到底無理。

攻略サイトの力を借りました。

使用したサイト

もはや、ギャルゲーの攻略の分量じゃない。

今回で11話まで完了したので、

2nd以降は、個別ルートのみになるのかな。

それだと分量少なすぎない?


今後に期待大のシナリオ

椎名:
戦国時代からのタイムスリップ(?)。コードネームC7。
時間の概念が無いとはいえ、なぜ一人だけこの時代にいるのか。
謎が多い人物。

遊佐:
ゆさりん!ゆさりん!(違)。
Heaven's doorで大幅に伏線だけ残していった人物。
極度の男嫌い。
AngelPlayerによって、本来の人格(感情)を沈められている?
故の「私に感情なんて無い」に繋がるのか。
ゆりが手を握ることで、感情が抑え込まれた(?)のを確認できていることから、
脈がない=半死の状態キープしてるのかなーとか妄想がつきない。
トランシーバーを自前で持っていたことも、伏線になっているのか。

大山、野田、TK:
松下に続き、キャラコメ設定は反映されるのか!?



さて、残った松下(痩)シナリオ進めよう。
コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-09-21 01:15:54

KEY3連作 その1 リトルバスターズ! EX

テーマ:
仕事も落ち着き、たまりにたまった積みシリーズを消化する日々。

最近読んだ、プレイした、見た、作品にKEYシリーズが多くあったので

それらについて、感想でも書こうかなと。

1回目:リトルバスターズ!
2回目:AngelBeats!
3回目:Charlotte

を予定しています。


1回目のリトルバスターズ!からは

リトルバスターズ! EX The 4コマのお話。


連載開始から約9年。

ついにシリーズ完結。

第一巻2ページ目で5分くらいずっと爆笑していた記憶があります。

内容的には3巻の続き、佳奈多編の後半で半分シリアスに始まり、

中盤は恒例の女装理樹や毬子妄想など通常営業。

ラストの、鈴と理樹のそれぞれの成長を描いて終わり。


この作品の終了で

リトルバスターズ!というシリーズが公式で終了したと言うこと。

アニメやラジオが終わっても長らく続いていましたが、

ついに完結を迎えました。

感慨深いやら、悲しいやら。



いい加減アニメ版EXみないとなー。

沙耶編だけは速攻見たけど、

それ以外はばっちり積んでます。

コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-05-12 00:49:07

てぃんくるのサイン会行ってきました

テーマ:
GWに大須にててぃんくる版画展とサイン会&トークショーが開催されていました。

てぃんくると言えば、ロウきゅーぶ!と天使の3P!の原画でおなじみ。

大須も割と近場なのでいくしかない!と思って参加してきました。

全く関係無いですが、ゲーム版ロウきゅーぶ!の原画、「夢寐ありす」さんは、

てぃんくるのアシスタントだったんだね。初めて知った。

ちなみに、てぃんくるはグループ名で、

元々5人いたらしいですが、現在では、はるかぜせつなさんのみ所属しているそうです。

なので実質は、はるかぜせつなさんのトークショー&サイン会ということですね。



しかし、版画ってのはすごいね。

初めて見たけど、ポスターとかタペストリーとかとは格が違う。

まずは値段。

一個40万とか、50万とか平気でするのな。

一番安いのですら30万以上はしてた。


でも、クオリティもそれに見合うくらい高く、

ポスターでも見られるドットなんてものはもちろんなく、

色が重ねられているから、ライトを当てると、下の色が浮き出てくる。

しかも、ポスターとかとは違って色がはげないんだってさ。

ちなみに、ポスターでライト当てると光が反射するだけですよ。

てぃんくるの細部の書き込みやこだわりも相まって、

フィギュアなんかよりよっぽど立体感や質感があるね。


いやーすごかった。

最初ライトを当てた姿を見たときは感動ものでしたよ。

あまりの感動に思わず買っちゃったよ。


さて、本題のサイン会&トークショー。

コミケとか行ったことないから生で見るのは初めて。

前情報として知っていた事は





それだけでした。




トークショー終了後の印象は


ロリコン


天然


引きこもり


あとロリコン




ロリータに対する愛情はさすがの一言でした。


そして肝心のサイン。

こだわり派のてぃんくるさんは、

サイン会でサイン用の色紙を用意するのではなく、





色紙を自作するところから始めるらしいですよ。

聞いたときはびっくりした。

さすがですわ。









そして、いただいたサインはこちら。


ローザ

色紙のキャラクターはおなじみのキャラクター。

名前はローザって言うらしい。名前あったんだ、初めて知った。

相方の黒髪の娘はブルーシエロって言われてたけど、

本当の名前なんだろうね。



サイン部分の拡大。

サイン

うん、相変わらず読めない。


また家に男のサインが増えていったとさ。

コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-02-08 01:33:55

サービス終了のお知らせ

テーマ:

サービス終了

4月にロウきゅーぶソーシャルがサービス終了だってさ。




「ようやく」かって言うのが正直な感想。

TOPページに飾られているお知らせは2013年12月のものだったり

昔は月1~2程度行われていた使い回しのイベントも最近では数ヶ月に一度。

そのイベントですらイベント名が昔のままのメッセージを延々表示していたり

そもそも新規カードすらまともに出てない。

末期というには、末期ゲーに失礼なレベルでまともに運営が行われていない状態。


ぶっちゃけよくここまで持ったなぁって感じ。

ロウきゅーぶに異常な愛情を持ってる人間ですら、

この有様なんだから、一般ユーザーはとうの昔に消え去っていたでしょう。

まぁ熱をいれてやってたのは最初の一ヶ月くらい(パケット代10万↑)で

残りは割と暇つぶし程度にたしなむ感じでしたが。



最後くらいはガチャ無料とかやらないかなぁ。

やる気皆無の運営だからやらないだろうなぁ。


コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-10-03 01:05:52

さくさく感想リベンジ!

テーマ:
なんかアメブロに記事消されたよ!
(2014/10/04追記:消された理由は次記事で)


やばそうなところ消して改訂版!!




発売日に買った

恋がさくころ桜どき

3ヶ月かかってようやくおわたので、感想戦。

時間も経ってるのでネタバレ気にせずガンガンいきまする。


あ、ちなみに攻略順です。








こなみ
エロゲでの実妹解禁からいつの間にか約10年。
割と「実妹?だから何?」的な作品が多い中、
真面目に近親○姦と向き合っていくシナリオ。
「幸せになって欲しい。だからこそ、絶対に認めない」義母
認めさせようとする自称「恋の妖精」。
そして感動のエンディングへ・・・。


夕莉
夕莉可愛い。
イチャイチャしてたら気づいたら、エンディングだったパターン。
途中別れた気がしたけど、変わらずイチャイチャしてた気がする。
ボリュームは結構合った気がする。
あと、夕莉可愛い。


美桜
てへりんちょ☆
中の人は好きだけど、シナリオ微妙。
終盤の、訳も分からず暴走するヒロインって一番嫌いなタイプ。
道中では、むっつりスケベの代名詞とも言える能力を遺憾なく発揮し、
男性恐怖症を克服していくお話(違う?)
ギャグキャラとしては優秀だけど、ヒロイン向きじゃないよね。
しかし男性恐怖症とBL好きってだいたいセットよね。
ぱっと思いつくだけで3人くらい出てくる。


エレオノーラ
解答編。
共通ルートで出た杏の謎が分岐後にサクッと解明される。
死神なのは、オープニングムービーで実質ネタ晴らししてるし良いのか。
比較的イチャイチャしてるだけで終わった気がする。
ラストは勝手に暴走するヒロインとなり、評価マイナス。
キャラクターとしては、ユカイで好きなんだけどな。


ティナ
うん。
クリアするのに3ヶ月もかかった要因。
爽編で終わらせておけば、まだいい話だったーで終わったのに、
完全に最後蛇足でしたね。


さくらじ+ほめらじ特別版CD
本編。
この組み合わせは何度聞いても面白い。
姫には是非、風音様から風音オネーサマにりんごたん的に呼称変えて欲しいと思う今日この頃。




総評
個性的で魅力に溢れるヒロイン達を



シナリオで殺す



そんなイメージ。


シナリオでもこなみのラスト、爽編など、流れとしては良い部分もあるし、

夕莉は可愛いし、

「恋愛禁止」の張り紙をはがす場面はどのシナリオでも面白かった。



でもやっぱりキャラクターの個性が出し切れていないし、

文章にも無駄が多く、テンポが悪いことが多い。


こなみの将棋好きは終盤で思い出したように出てくる。

夕莉は進んで風紀乱すようになる。

美桜の男性恐怖症はむっつりスケベで上書きされる。

杏、エレの葛藤は一瞬で消え去る。


強烈な個性揃いだけに非常に残念。

ファンディスクに期待(してもいい)かな?




とりあえず夕莉ルートもっかいやろ。
コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-08-25 01:53:51

井ノ上奈々と井ノ上奈々が同一人物なのに気づいた

テーマ:
久々に書く記事がこんなんでいいのか、甚だ疑問ではあるものの、

あまりにも衝撃的だったからしょうがない。





音泉のラジオの中でも特に異彩を放っているのが

「井ノ上奈々の2~3次元同好会」

アニメキャラのイラストや、声優の宣材写真がラジオの画像として表示されて居る中、

一つだけアイドルチックにピース?しているラジオですね。

ラジオ自体は聞いたことはないけれど、音泉のスペシャルCDで昔ちょっと聞いたことがあったはず。

こんな番組あったのは知ってた。



ほめらじ、さくらじリスナーの自分が持ってた

井ノ上奈々のイメージは、後輩の面倒をよく見る先輩的なイメージ。



「ショタとコスプレを愛する人と」と「面倒見の良い落ち着いたお姉さん」的なイメージの差

同じ名前なのに、イメージが圧倒的に違いすぎたため、同一人物だと今まで全く気づかなかった。



先日、音泉を覗いた際に「井ノ上奈々の2~3次元同好会」を見て、

「ん?井ノ上奈々?井ノ上奈々・・・え?」

と思ってラジオをぽちっ。


・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・


「井ノ上奈々だ!」



非常にしょうもない内容だけど、

今年一番と言っても過言では無いほどの衝撃だったのでしたよ。


コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-05-08 00:51:05

EX4話の感想と今後の予定

テーマ:
リトバスEX4話の感想文でも書いてみる。

ネタバレ含みます。





大方の予想通り、原作組としては尺が足りてないよね。

1話2話あたりは割とゆったり進んでいたけれども、

RPG部分は大幅カット。

ループ部分に関しては、回想シーン。

ガトリング砲が出てこなかったのは非常に惜しい。

それでもSaya's Songが全てを持って行くよね。

曲だけで泣けるよね。ずるいよね。

それでも、流すシーンが原作で麻枝准が最後までこだわった場所ではなく。

普通にエンディングとして流れていたのが残念。



さて、次回は「佐々美、猫になる」。

どうしよう、買おうかな?

正直目的は達した。

期待も出来ない。



さて今後の予定。


5/17
「リトルバスターズ!R Vol.6」発売記念 櫻井浩美サイン会
(長野県松本市)
確定。
はるるん初のサイン会ですよ。

5/24
FINAL FANTASY XIV: Full Active Time Event in NAGOYA
当たれば参加。
枠が200ということで倍率高いって聞いた。

6/14
『リトルバスターズ!~Refrain~&EX』イベント
当たったどー。
はるるんに会いに行きましょ。
で、「市川市文化会館 大ホール」ってどこ?東京?


もし行く人いればよろしゅうに。


コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。