詩は有声の絵、絵画は無声の詩

吟遊詩人オンディーヌのブログ http://ondinu0eau.com/



テーマ:

といっても、使うのは表紙の部分だけで、

中身は詩集になります。

本当はもっとちゃんとこだわって作って

クリスマスに間に合わせたかったのですが

あまりに多忙で疲れきって体力的に厳しかったので

それは来年に回すことにしました。

でも何もないのもさびしいので、

これを使ってちょっと薄めの本になりますが

ポエムを愛する女子が好みそうな

お洒落な装丁の詩集を作りたいと思います。

ちなみにほぼ前編新しい詩になる予定です

(ツイッターのを推敲したやつを載せるのだ)

できたらまた告知しますので、

そのときはよろしくおねがいします☆


 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

制作費10億円をかけた本場イタリアでのオールロケの

超豪華なロミオとジュリエット観ました。

原作に忠実とあって、ヴェローナをはじめとするイタリアも、

ジュリエット役もロミオ役も何もかも美しい。。


若い二人の恋は悲劇的かつ喜劇的でもあり、

とても情熱的で、恋とはこういうものだ、これこそが恋なんだ

そう思わせてくれる愛憎物語です。

こんな美しいロミオとジュリエットは初めて観ました。

DVD買いたい。。


ところで、今年は原作者である英国の文豪シェイクスピアの

生誕400年にあたるそうで、イギリスでは

年明けからさっそく盛り上がっているそうです。

各地でイベントも開かれているそうなので、

今年はイギリス旅行に行きたいな~




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日はアイリッシュハープを聴いて来ました。

小鳥が囁くような美しい音色でした。

面白かったのは、色々奏者の方が説明してくれる中で、

中世の時代、アイリッシュハープに関わりのあった人の中で

一番位の高い人はバードと言われる作詞作曲家である詩人

(ちなみに詩人は演奏等はしません)、次にハープ奏者、

そして一番収入が少ないのは朗唱家。だそうで、

詩人のわたくし、地味~に喜びました。笑

でも詩人から吟遊詩人に肩書き変えちゃったから

あんまり喜んでもしょうがないか。。

といっても、実際の活動をみても、私も演奏はしません。

練習はたまにするけど、演奏はできない。。

なのになぜ吟遊詩人なのか、

それは奏者は各地を転々とするからで、私は物心付く前からの

ものすごい放浪癖で今も旅行好き&移動好きだから。笑

おそらく、過去世はお姫様などではなく、

各地を点々とする職業だったのだろうと、それだったら

詩人よりも吟遊詩人の方が近かろう、と、それゆえでした。


それにしても、アイリッシュな調べは本当に懐かしく感じます。

遠い祖先や魂のルーツは、きっときっと、

あの地方にあったに違いないと思います。

音楽以外でも、例えば食べ物ならスコーンが好きだし、

作るのも得意で自分の作るスコーンが美味しいと思ってる。笑

あと、ショートブレッドも好き。ガレットも好き。

(ガレットとは、バターたっぷりのさくさくしたクッキーです)

あと、ガレットつながりでガレット・デ・ロワも好き。

(こちらはアーモンドクリームの入ったパイ菓子です)

どちらもフランスのブルターニュのお菓子です。

フランスのブルターニュは、ケルトゆかりの地として知られています。

だから自分の魂はアイルランドとかスコットランドとか、

ブルターニュにルーツを持っているのだろうと思いました。


でもそう謳うからには、色々知識も増やさないと真実味に欠けるので、笑

これからも少しずつケルトの吟遊詩人というものを勉強してゆこうと

アイリッシュハープの調べに耳を傾けながら、そう胸に誓いましたとさ。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。