6月14日、職場の老健を会場に「寄居町介護支援専門員連絡会」による研修会が行われました。

地域の介護支援専門員の方々に老健でのリハビリを知っていただく絶好の機会だと思い、職場で実践しているリハビリについてお話しをさせて頂きました。




老健は地域の中での「リハビリテーション施設」という役割を担っています。その役割は、全老健によると、「集中的な維持期リハビリテーション」とされています。




集中的な維持期リハビリテーション?

私が理学療法士の養成校時代に習ってきたリハビリは、集中的に関わるべきは「回復期」とされていました。でも、今は違います。「維持期リハビリテーション」で集中的に行うときとは、どんなときでしょうか。

①病院・施設から自宅に帰られたばかりの頃、数か月間。ご自宅での環境での生活が軌道に乗るまでの期間です。ご自宅の環境をセラピストが実際に見に行って、通所リハビリでの実施内容を決めていきます。そんな中で例えば、歩行練習は病院でしっかりやってきたけど、「立ち上がり動作に不安がある」といような課題がでてきたりします。当施設では、「リハビリマネジメント加算Ⅱ」を算定することを基本としており、医師を含めたリハビリテーション会議を定期的に開催して、利用者さんの在宅生活で必要なリハビリを具体的にしていきます。

②今までの自宅での生活動作が困難になってきたとき。例えば、杖歩行が不安定になってきたというケースで、歩行器を導入するため入所生活で慣らしていって安全に移動できる方法を獲得して、再び自宅へ帰られるというケースも想定できます。当施設は、繰り返し入所を使って頂いて、在宅生活を継続していただく「行きつけの老健」を目指しています。

③馴染みのデイサービスがあるが、骨折などで入院し生活動作のレベルがダウンして在宅へ帰ってきたようなケース。まだ回復が見込める場合においては、数か月で卒業することを想定して通所リハビリを利用していただく方法もあります。当施設では、「生活行為向上リハビリテーション実施加算」の要件を満たす研修を修了したセラピストがいます。

研修会のなかでは、実際に私が最近関わった事例をできるだけ紹介してお話をさせていただきました。

参加していただいた方はケアマネの方々を中心に40名以上。これだけ多くの方々が同じ地域で関わっているということを強く感じました。利用者を通じて私たちの実際の仕事ぶりを知っているケアマネさんたちです。これだけのお話をさせていただいた以上、これから更に期待に応える働きをしていかなければなりませんね。

ありがとうございました。
AD
6月6日、姿勢治療家・仲野孝明さんの「サハラマラソン報告会」に参加してきました。

仲野孝明さんは、今年のサハラマラソンに出場され、見事完走を果たされました。今回はその報告会ということで、たくさんの写真を見せていただきながらリアルな体験談を聞けました。




サハラマラソンは世界一過酷なマラソン大会といわれ、7日間で257キロを走ります。コースはほぼ全てが砂漠で、自分の食料や衣類、寝袋など必要なものは自分で背負って走ります。10キロもの荷物を背負っていると、最初は歩くので精いっぱいで走れなかったそうです。

砂漠では気温が夜は5度まで下がり、昼間は50度まで達します。この気温差にも耐えて、体調を保っていかなければなりません。水は支給されるそうですが、じっとしていても水を消費してしまうようななかで、毎日フルマラソンしているような状態です。

仲野先生は、アスリートではなく治療家として日頃は臨床で患者さんを診る仕事をしています。練習時間もたっぷりとれるわけではない中での挑戦。それが凄いと思うし、参加されると聞いたときから、ワクワクさせられました。

仲野先生の言葉の中で心に残っているのは、
「本当に人生に大切なものは少ない」
「できると思えばできる」

サハラマラソンから帰ってきたら、身の回りのものを大量に断捨離されたそうです。
装備品を厳選に厳選を重ね、更に現地でも捨て、最低限のもので賄う。走っているなかで、感謝に溢れ、家族やスタッフを大事に思えたと語っておられました。

エントリー代金だけで50万円、航空代や装備品などを加えれば数百万円の費用が掛かります。仕事も2週間は休むことになります。そこに挑戦できる人たちは、そういったこともクリアしてこられた方々です。それも凄いことだと思います。

仲野孝明さんのブログ。サハラマラソンについても書かれています。
http://ameblo.jp/nakanoth/


仲野孝明さんの新刊「一生疲れない姿勢のつくり方」。わかりやすく健康の基本が学べます。

一生「疲れない」姿勢のつくり方 (じっぴコンパクト文庫)/実業之日本社

¥691
Amazon.co.jp



ポッドキャストも始められました。ラジオで姿勢について学べます。

「仲野孝明【姿勢が変わると、人生が変わる。】ラジオ」で検索



生でお話を伺えて、すごく楽しかったし、元気がでました。
あらためて、仲野先生の著書を読みなおします。


ありがとうございました。
AD

パパの育児を学ぶ

テーマ:
6月4日、地元の児童館で行われた「パパのための育児講座」に参加してきました。

妻を家に残し、息子とふたりでこのような場に参加するのは初めてのことです。
どうしたら良いかわからない感じで、かなり居心地の悪さも感じました。

まずはひとりひとり自己紹介をして、5、6人の子供たちとお父さんと一緒に遊ぶという内容でした。
新聞紙をビリビリと破いて、それに大きい段ボールで風を送って巻き散らす遊び。
これに我が息子は大受けで、ケラケラ声を出して笑っていました。
児童館に来ると、家ではできないような遊びができて楽しそう。



絵本の読み聞かせもありました。先生の読み聞かせはさすがに上手で、子供たちの反応がバンバンある。
そのあと、先生に促されて私がみんなの前で読んで見せることに。
頑張りましたが、受けはイマイチでした・・・

使った本はこれ。子供たちに受ける鉄板の本だそうです。

だるまさんが/ブロンズ新社

¥918
Amazon.co.jp


先生から話しかけてくれたお陰で、普段の息子の児童館での様子も聞けました。先生は、パパ同士の交流を促してくれたのですが、挨拶程度で終わってしまいました。

不完全燃焼のわりに、1時間半でドッと疲れた感じでした。

私がこの日に敢えて休みを入れてここに参加したのは、私自身が子育てに積極的に関わっていきたい思いが強いから。絵本の読み聞かせについても学びたかったし。

子育てをしているから経験出来ること。そのひとつが子供を通して地域に関われることだと思います。私はまだ小さな一歩を踏み出したところですが、継続していきたいです。
私の仕事である高齢者のリハビリや介護予防では、盛んに「地域での役割」、「活動と参加」、「コミュニティの育成」などと言われています。それは自分自身の日常では出来ているのか?まずは、自分が体現しないと!とも思います。




「パパの極意」の著者である安藤哲也さんは著書の中で、「父親モデルは自分でつくるしかない」と語り、「仕事も育児も楽しんでいる親の姿を子供たちに見せる」ことを実践されてきています。そういう父親はかっこいいと思います。

育児は単に子供と遊ぶだけではなく、家の中での家事にも主体的に関わっていくことになります。この日の講座の中で、「どうですか?仕事に行っていたほうが楽じゃないですか?」と先生が言っていました。そういう面も確かにあります。

家で洗濯物たたみや食器洗いに追われていると、「こんなことばかりやっていてよいのだろうか?」という焦りのような気持ちもでてきます。

5人の子育てをした政治学者広岡守穂さんは、著書「男だって子育て」の中で、
家事は心をたがやす仕事である。洗濯でも料理でも掃除でも皿洗いでも、家事をしていると心がくつろぐ。単純な手仕事をくり返す身体のリズム、そして家族にたいする奉仕としての勤労。家事はささくれだった神経をなだめてくれる。
と語って、私の未熟さを教えてくれます。

私の育児や家事、地域での活動はまだまだこれからですが、楽しんでいきます。
AD