鈴木美穂ですっ。

日常のちょっとしたことから大きなことまで
書いていきたいと思いま~す!!

       CDファーストアルバム 『Be for afterヘッドフォン

           

            音楽 発売中 きらきら!!

         コチラ から通販にて購入できますおんぷ

              youtube にて CM公開中


               $鈴木美穂ですっ。


               

    はーと mero.jp  にて 全曲 着うたフル配信決定!!



     はーとMySpace  (http://jp.myspace.com/suzukimiho )にて


                音譜全曲 試聴可能です音譜

 

                    (期間限定かも・・・)


                  ぜひぜひ 聞いてくださいニコニコ





       マイク ライヴイベント等の出演依頼マイク

    教会ウェディングソング制作のご相談は
          
mihosing@gmail.com まで

         メールにてご連絡くださいメール


           お待ちしておりますっ❤




テーマ:

先日、久しぶりにライヴにお邪魔しましたマイク

 

 

大和邦久さんライヴ

@大塚welcomeback

 

 

大和さんのライヴは

何度も何度もお邪魔させて頂いておりますが

 

あまりご本人と

たくさんお話しをした事はありません。

 

ですが、私は大和さんに

そして大和さんバンドに方々に

 

とても救われてきたと

思っています。

 

 

リハにも何度か

お邪魔させて頂いていた頃が

ありました。

 

 

まだ 復帰する前、

復帰したいと思いながらも

自分では動けない中

 

それでも音楽に

関わっていたいと思っていた頃、

 

 

美穂バンドでもお世話になっている

パパゴンさんが

「観においでよ」と言ってくださり

 

 

リハをスタジオの隅っこの方で

ずーーーっと聞かせて頂いたり

 

本番も見せて頂いたり。

 

 

皆さん、本当に温かくて親切で、

音楽やバンドやアンサンブルみたいなものって

やっぱりいいなぁ~って

 

自分の中の気持ちを

繋いでくださる機会を

 

そっと

与えて頂いたように思えています。

 

 

大和さんも たくさんお話しはしないですが

でも 優しく声を掛けてくださったりして

 

 

今回もライヴを観に言った時も

ライヴハウスの隅で見ていた私に

声を掛けてくださり

 

「元気?やってる?

  今度一緒にやろうよ」

 

なんて言ってくださる

心優しい方で

 

大和さんの歌声の

透き通るまっすぐな感じは

 

こんな人柄が

表れているんだろうなって

とても感じます。

 

 

今回もやっぱり思うのは

 

 

音楽を継続していくのは

人柄であり

 

 

歌声を作っているのは

人柄なんだなぁ~ってことでした。

 

 

まっすぐな気持ちっていうのは

幾つになっても貫けるもので

 

 

そんなまっすぐな気持ちを

表現できるよう

 

 

人としても 女性としても

もっと磨きをかけていきたい。

 

 

改めて そんな風に思わせてくれる

ライヴでした。

 

 

 

歌いたいなぁ~。

 

 

はぁ~~…

ライヴやりたい。

 

 

 

頑張るぞ!!




{72E6EA97-8634-484F-91E0-65B65FBCC5FD}




今回も呼んで頂いた
パパゴンさんこと
鈴木英俊さん🎸✨



いつも本当に
ありがとうございます😊

 

 

 

チャオ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

東京の桜は ついに開花しましたが桜

まだまだ寒い日々が続いております風

 

 

昨日なんて帰り道

あまりの寒さに

「寒いっ!寒いっ!」とブツブツ言いながら

 

ちょっとした怒りを覚え

競歩並みの速さで歩き

帰ってきました汗

 

 

 

ここのところ、お仕事が詰まっていて

昨年11月のライヴを終えてから

「音沙汰なし」状態が続いておりますが

 

 

ライヴはもちろん、

やろうと思っているけれど

 

 

その前にやりたい事があって

チマチマとチャレンジしています。

 

 

 

やりたい事っていうのは

 

 

“歌”の見直し。

 

 

 

今でこそ、歌唱指導をしたり

ボイトレをしたりしていますが

 

 

 

過去にこれまで

ちゃんとした“ボイトレ”とかを

受けたことがありません。

 

 

専門学校にも通っていないし

 

 

本当に“我流”です。

 

 

 

今はもうそこを隠すことも

誤魔化すこともしませんが

 

 

 

昔はそれが何より、劣等感で。

 

 

 

年を重ねれば重ねるほど

周りで音楽を続けているのは

ほとんどの人が

学校に行っていたり

指導を受けていたり。

 

 

自分には専門的な知識もなく

「人より劣っている」と思って

人とは違う時間を過ごしてきたことを

恥ずかしいと思っていました。

 

 

 

だけど、だからこそ、

色んなことを調べたり、本を読んだり、

工夫をしたり、試行錯誤をしたり、

 

 

自分で見つけた“方法”を使って

歌ってきましたが

 

 

 

最近、本を読んでいたり

記事を読んでいたりする中で

書かれていることを

音楽に置き換えた時

 

 

「あぁ…

 私、これだけはやってきたな」ってことに

気付きました。

 

 

 

それは

 

 

 

歌を歌ってきた「時間」です。

 

 

 

 

私が育った家は、1階が居酒屋で

2階が住居になっていました。

 

 

 

当時、店にはカラオケがあったので

朝だろうが夜中だろうが

カラオケを歌える環境がありました。

 

 

 

そして、部屋にいても

カラオケはなくても

CDを流して 本気で歌っても

苦情が来ることなんてなかった。

 

 

 

だから、

 

 

学校に行く前に歌う。

 

 

学校から帰ってきて部屋で歌う。

 

 

店の営業が終わって

母が寝付いてから歌う。

 

 

 

それは「いつでも練習できる」という

環境があったからでもありますが

 

 

その環境の中での工夫が

徐々に必要になっても

 

 

その工夫を楽しみながら

歌っていたので

 

 

歌った時間だけは

たぶん、自信を持って重ねてきた、と

思っています。

 

 

 

 

 

「10,000時間の法則」っていうのを

よく聞きますが

 

 

それは多分、

この年になれば越えていて

 

 

今の私が歌に関して求めており

 

 

さらに、

私が何事をするにも興味があるのは

 

 

 

 

「その先にあるもの」。

 

 

 

 

 

その先、というのは

“其の”であり、

もっと噛み砕くと

“それ”という 何かをさしているわけで

 

 

何かの次にあるもの、

 

何かの先にあるもの、みたいな

 

 

何かを乗り越えなければ

 

 

見えない、わからない、

到達できないものを指している言葉で

 

 

 

なんてロマンのある言葉だろうと

昔から思っていました。

 

 

もちろん 今でも同じように

思っています。

 

 

 

この言葉を聞くと

胸がぎゅっとするくらい

焦がれる言葉なんですが

 

 

 

 

 

…話を元に戻すと(笑)

 

 

 

出来てるからいいや、でもなく

そこには必ず衰えがあって

 

 

 

「現状維持は衰えである」ってことも

踏まえた上で

 

 

 

もう一度 自分の歌を分析して

細かいところを突いてみたい。

 

 

 

そんな風に思ったのです。

 

 

 

 

そこで今は、

ほぼ、毎日、

歌を歌っています。

 

 

 

 

ある曲を聞いて

 

 

「この曲を完全に歌えるようになったら

 自分の歌と向き合えるな」

 

 

と思ったので

 

 

これに取り組んでいます。

 

 

 

5日くらいやった所で

人前で歌えるくらいにまで

自分の中では形になったなぁ、という

感じになって

 

 

もちろん歌っている以外で

聞く曲は

この曲ばっかりで

 

 

歌以外のオケの中での

音の分析みたいなのも

同時に気付けばしていたりしていました。

 

 

自分でたまに、

よくもこう、飽きずに

ヘビーローテーションしているな、と

思う時があるんですが

 

 

 

聞きたいって時はほんと、

そればっっっかり聞いてしまいます(笑)

 

 

 

 

その後は

細かな部分の追及。

 

 

これは今もまだ

やってる最中。

 

 

 

 

もちろん、歌えない日もあります。

 

 

 

でも、

継続ってのは、

毎日やること、ではないんです。

 

 

 

ずっと、

ずっと続けることが継続であって

 

 

続けることで見つけられる

楽しみや喜びを

大切にしながら

 

 

自分のものにしていく、ってこと。

 

 

だから、出来ない日を悔やむより

次に出来る時には こうしよう!とか

考えながら

ひとつひとつ 重ねていくことが

大事。

 

 

 

そしてこれを始めてから

当然、変化が見えてきます。

 

 

 

 

歌ってほんとに裏切らない。

 

 

 

私にとっては

歌ほど 裏切らないものはありません。

 

 

 

やり方が間違っていた時の

ダメっぷりも含め(笑)

 

 

練習や訓練が

結果になって出てきてくれるのが

私にとっては歌なのです。

 

 

 

 

そしてやっぱり私は

 

 

 

 

歌が好きだし

 

 

 

誰も聞いていなくても

 

発表する場が 今 無くても

 

 

 

歌えることが

私のバランスを整えてくれていると

 

 

 

とても強く 感じます。

 

 

 

 

人に教えることであっても

 

歌詞を表現することであっても

 

 

 

やっぱり私の基本は歌であり

 

 

 

 

その歌が私を作る

礎になっているのを感じながら

 

 

 

またライヴで皆さんに逢えるのを

楽しみに

 

 

そして、そんな私を見せられるよう

チマチマしたいと思いますてへ

 

 

 

それでは。

 

 



 

 

チャオ

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

久しぶりのブログpencil*


 

書きたい事っていうのは

書きたい!と思った時に書けないと

 

 

もう次に書ける時には

自分の中では古くなってしまって

 

 

読む方にとってはNewの記事であっても

自分の中で新鮮味がなくなって

勢いもなくなってしまうから

 

 

「つまらん」となり

更新せずに消してしまう…

 

ってことが最近多くて

すみませんぼちいさん ペコリ

 

 

 

それとね、

なんか最近、

ブログもそうだけど

SNSで『写真なし』のものって

少なくなった気がしないですか?

 

 

写真が無いと

UPしちゃいけないっていうか、

 

「え?言葉だけ?」みたいな

空気感というか…

 

 

そんなことを勝手に思ってしまうのも

更新に躊躇してしまう要因だと

思うのですが

 

 

 

やっぱ書かにゃ。

 

 

書きたいな、と思うのです。

 

 

読んでくださる方には

本当にありがとうしかないんです。

 

 

更新していないのに

アクセスしてくださってる方にも

同じように ありがとうしかない。

 

 

 

だからせめて

生きてますって伝えなきゃね(笑)

 

 

 

 

生きてますわははきらきら!!

 

 

 

 

母の膝の手術から

1年が経ちました。

 

 

やっと、一緒に

お墓参りに行くことができました。

 

 

 

だけど、普段電車など乗らない母。

 

 

駅には歩道橋や坂、

歩きづらい道も多くて

 

 

元気になったといえども

歩くにはやっぱり大変なんだな…と

改めて思わされました。

 

 

 

それでも天気が良く

気持ちいい小春日和に

孫と一緒にお墓参りに行き

 

 

今回はお彼岸というのもあって

先祖代々のお墓の場所なども

教えてくれました。

 

 

 

そしてお寺までの道すがら

『六地蔵』がある別のお寺があるんですが

 

 

昔、私が母からその地蔵を通じて

教えてもらった“初七日”の意味を

「お母さん、話してあげて」と振り

同じように話をしてくれる場面を

作る事もできました。

 

 

そんな ちょっとした会話の中の

一場面が

とても印象に残る言葉に

なったりするのが

おばあちゃんとの会話だったりするのを

 

私は知っています。

 

 

普段一緒にいるからこそ

母の話がなかなか

残らない姪っ子たちに

 

 

少しでも残る場面と言葉を

感じさせたいと思いました。

 

 

母の足が元気になって

それでもまだ、全快ではない部分があるのは

 

 

手術をした本人にしか

わからない。

 

 

「元気よ」と言いながら

何となく怠かったり、疼いたり、

どことなく不調な感じを

持っているであろう母に

 

 

無理しないでほしいと思うし

 

 

まだまだ、もっと時間をかけて

ゆっくり回復していくから

大丈夫だよ、と言ってあげたい。

 

 

また一緒に行こうね。

 

 

早くあったかくなるといいね。

 

 

{7361A0A6-CB37-450D-83E8-7F9D86FF258C}

{3DEBF25A-4377-4020-8EF0-9A873B81916C}

{05C6CF32-0FA5-4FB4-9BE2-62258BF3EC70}

 

 

チャオ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
夜な夜なの更新



とても久しぶり





先日、とある新曲のデモを
聞かせてもらう機会があって




その曲はまだ制作途中で
1コーラスしか出来てなかったんだ



だけどその時点で歌い手さんは



今ひとつ、入り込めないような
雰囲気を持っていたの





私は図々しいと思いながらも




その歌をその場で覚えて



「一度、歌わせてくれませんか?」と
お願いをして



歌わせてもらいました



それを簡単に録音して



聞いてもらったんだけど




それを聞いた歌い手さんは





「すごく良いです
と言った後、




「この曲、
   好きになってきました


と言ってくれました。





デモは2つ用意されていて




1つはメロがシンセで
入っているもの




もう1つは




ボカロ(ボーカロイド)
でした





今まで 仮歌のお仕事も
たくさんやらせて頂いたけど




ボカロが出てきた時は



『もう仮歌も
   要らなくなるのかなぁ。。』



『歌い手なんて
   要らなくなるのかなぁ。。』って




心の何処かで思っていて




今の時代、
『どんな歌い手になりたいの?』
という質問に



ボカロの名前を挙げる人が
いるらしいけど




それでもやっぱり
歌ってものだけは



声ってものだけは



生身の人間に敵うものはないと




信じている私。





ボカロが入ったデモを聞き
その曲に入り込めなかったのは




その曲の、


そのメロディを、




ボカロさんでは




歌いきれていなかったからだと、


表現しきれていなかったからだと、



思いました





歌詞を自分で書いて歌うのと




歌だけを歌うのとでは



これもまたちょっと違うけど、




歌だけ歌う時に必要なのは




そのメロディと歌詞の持つ力を




最大限に引き出す力なんだと
思っています。




それを踏まえて
どう調理をするか、



どんな方法を使って
表現するか、




それを探して、見つけて、
バチッとハマった時、




「いいね」って思える形に出来て、




『あぁ…



   “歌”って最高に面白い』と




思える瞬間が






たまらなく好きです








その曲の良さを引き出すための
表現方法の引き出しは




たくさんあるに越したことはなく、




これからも
もっともっと



その“素材”を



集めていきたいと思います






ひとつの楽曲の良さを



まず、一人、



歌い手であるその方に



伝える事が出来て




良かったな。。





ステキな曲になりますように、




心から願いつつ…





おやすみなさい








いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は自宅のスタジオで
“声Rec”をしていました



歌、ではなくて“声”。




ナレーションやセリフを
デモテープのように作る
“声Rec”。




初めてではあったけれど
新鮮だったし



難しさやRecのコツみたいなものがや
緊張感あって
良い経験になりました✨





ちなみに私はディレクションと
アドバイスをする側で



録られた側ではありません





12月にあった舞台
『スマイルマーメイド』の
影ナレ(場内案内)を
急遽やったりしましたが




私は声を大にして言いたい。。






歌と喋りは別モノです





私がナレーションが出来るのは
昔、モーターショーや
ビジネスショー等の
イベントコンパニオンや
ナレーターを仕事としていた事があって




事務所でちゃんと教えて頂いた中で
身に付けたスキルであり




歌が歌えるから出来る訳でも
俳優の養成所に居たからでも
ありません




喋りにも色々あって
展示会用、ナレーター用、
MC用、影ナレ用、
ナレーション用…など



様々な現場に合わせた変化を
どう使い分けて表現するか



それを訓練してきたから
出来る事であり



仕事にしてこれたのです





だから同じように



女優だから



声優だから、と




その人達が必ずしも出来る訳でも
無いはずなんです




もちろん器用な人が多かったり
声の良さや声の演技力があって
出来る人も多いと思います





しかし、、、





誰もが出来るモノとは
違うんです。






その価値をちゃんと
伝えなければなぁ〜と
思う昨今、





そこをアドバイスする側に
初めて立ったことで





より、



そのスキルの重要性を
感じる事が出来ました





自分がそのスキルを使う様な現場は
さすがにもう
なかなか無いですが、、




“喋り”という
大きな枠で考えた時、




私が教えられたノウハウを
伝えていかなきゃと思ったし





改めてインプットも
更新していかなきゃな、とも
思いました。





新鮮な“声Rec”。





無事に終了して
よかったでした〜〜







頑張って👍
応援していくから📣















いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。