八戸工業大学の情報を,窓から階上岳が見える部屋にいる一教員がお送りします

鈴木 寛と申します.役職が何であれ,ここに書かれていることは私の個人的な見解です.

NEW !
テーマ:

10月8日(土)・9日(日)に秋のオープンキャンパスが学園祭と同時に開催されます.
詳しくはこちら
http://www.hi-tech.ac.jp/0901outline/hit-oc

このオープンキャンパスでは,「特待生選考試験対策講座」も行います.


先日のAO入試でエントリー者と話していて,特待生試験のことが話題になりました.
そこで,今回へのオープンキャンパスへの参加を勧めておきました.

 


学業特待生は,一般入試(前期),センター利用入試(前期・中期)のいずれかを受験された人が対象者.
では推薦入学試験やAO入学試験を受験した人はどうすればいいかというと,一般入試(前期)を受験することになります.
センター利用入試(前期・中期)でもOKです.
ただし,この試験では受験料はかかりません.
また,運悪くこの試験で点数が悪くても,合格が取り消されることはありません.

 


工学部の一般入試(前期)の試験科目は以下のとおり.

◆ 数学(必須)
   数学Ⅰ・数学Ⅱ    

 

◆ 理科(次のうちから一つを選択)
 ①物理基礎・物理
 ②化学基礎・化学
 ③生物基礎・生物
 ④「物理基礎」,「化学基礎」,「生物基礎」の中から2科目を選択

 

◆ 国語または英語
   国語総合(古文、漢文を除く)
   コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ

 


ここまで書いて気が付いた.
特待生選考試験対策講座とは書いてあるけれど,今回の対策講座が一般入試対策であることを.
それはさておき,前年度の一般入試(前期)の問題は請求者にお送りしているから,予めその問題を解いておいて講座に参加するのがベター.
何事も,準備が重要です.

 

 

 

 

 

 

秋のオープンキャンパスチラシの裏側には,タイムスケジュールも書いてあります.

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「It's about1600℃ iron ball On Ice.」なる動画を発見.
1600℃近くに熱したとされる鉄球を氷の上に落とすという実験です.

 

 

 

 

 

鉄球が氷のどの辺りで止まるかを見積もるのも機械系学科出身者のお仕事.
これに近い内容を講義の中で教えているようです.
今回の内容は中学校の理科で教わったような気がしますけど.

 


ネットを探しても物性定数がよくわからない.
ページごとに値が少しづつ異なるし,単位系が統一されていないし.

 


 密度:7870 kg/m^3
 比熱:460 J/(kg・K)

 


 密度:1000 kg/m^3
 氷の密度:917 kg/m^3
 氷の融解熱:335000 J/kg
 比熱:4217 J/(kg・K)
 蒸発熱:2250000 J/kg


物性定数は温度によって変化します.
あくまで,大体の見当をつけることが目的だから,これを使って計算します.

 


鉄球の半径を0.02 m(=2㎝)とすると,体積は3.35E-05 m^3(=33.5cc)だから,質量は0.264 kg.
1600℃はオーバー.
これでは鉄が解けてしまう.
赤い鉄球の温度を1500℃として,0℃までの温度差が1500K.

<追記>

温度差は800Kくらいしかないとの指摘を受けました.

この後は,出てきた数値を半分くらいにしてください.

 

このとき,鉄球から奪われる熱量は182000J.


0℃の水1kgを100℃にするのに必要な熱量は421700J.
0℃の氷1㎏を蒸発させるのに必要な熱量は3006700J.
182000J分冷やすには0.0605kg(=60.5g)だから,66.0ccの氷があればいい.
鉄球の体積の約倍ですね.

 


動画を見ると水は蒸発あまりしていないようだから,解けた氷の体積はもっと大きい.
水の蒸発がなければ,240.5gで262ccだから,鉄球の8倍の体積が必要.
こちらの方が合ってますね.

 

 

 

 

 

そういえば,学生時代の講義プリントにこんなグラフが載ってたっけ.

膜沸騰はあの領域!

初めて気が付いた.

講義中に何を聞いていたんでしょうね.

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

八戸経済新聞によりますと,「八戸のまちおこし団体「八戸せんべい汁研究所」(八戸市北白山台2)が現在、B-1グルメの祭典「B-1グランプリ」で着用する「八戸」デザインのTシャツを公募している。」そうです.


応募締め切りは10月10日で,八戸市内の八食センター(河原木),三春屋(十三日町),はっち(三日町),BeFM(八日町)にも応募箱が設置されているそうです.
オリジナル記事はこちら
http://hachinohe.keizai.biz/headline/381/


本学学生にも,ぜひこの企画に応募してほしいと思い,この記事で紹介しています.


切り口も難しいし,デザインも大変.
クライアントの要求をどうくみ取るかにも頭をひねる.
デザイン案が採用されるには,ハードルが高そうです.

 


さてT-シャツです.
私はT-シャツに書かれている文字は着る人の主張だと考えています.
たとえばこんな風に.

 

 

 


デザインの気に入ったからT-シャツを着る?
邪道だ.

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

9月24日(土)にはAO入学試験第2クールの面談日です.
今回は係になっていて,エントリーシートを予めチェックして面談に臨みます.

 


今回は大学への質問事項には資格に関することが多い.
建築系なら一級建築士,土木系なら施工管理士,電気系なら電検三種,バイオ環境なら環境計量士,情報系なら応用情報技術者かな.

 

一級建築士,施工管理士,電検三種,環境計量士ともに,施設の建設・維持に関係する資格.
これらの資格を持っている人がいないと施設の建設・維持ができません.

これに対して,応用情報技術者は持っている人の情報系の知識の高さを示すだけで,持っていなくても業務はできます.

 


では機械系では?
OBの中には,放射線やボイラーに関する資格に挑戦し,取得している人もいるけれど,施設の維持に関係する資格.
機械系OBの多くの人が必要な資格ではありません.

 

工業製品には安全性や互換性というある種の資格が必要です.
しかし,それを設計,製造する人たちに資格は必要ありません.

 

「機械系の資格は?」と尋ねられると困ってしまう.
質問者に,「将来の進路は?」と質問して,その答えに応じて回答することになります.

 

 

 

 

個人的には,機械設計技術者試験が良いと思っています.

機械工学に関して全般的に勉強しなくてはいけませんから.

 

材料力学の問題に関しては,ときどき捻り出したような問題が出題されて,出題者の気持ちはわかるけどと思うこともあります.

でも,技術士1次試験の材料力学の問題より,実務にそくした荷重の設定で,本学学生向き.

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本学軟式野球部の第37回東日本大学軟式野球選手権大会への出場が決定しました.
同大会には奥羽地区から2校出場できます.
同大会の予選準決勝が9月22日(木)に行われ,弘前大学を8対5で破り,2位以内が確定.
久方ぶりの本大会への出場を決めたわけです.

 

おめでとうございます.

 


メンバー表を見ると,3番ピッチャー,4番ファースト,5番キャッチャーが私の学科の学生らしい.
野球をやっている学生は「野球やってます」という風貌で,実は,この中の一人を硬式野球部所属と度々間違えています.
「俺,軟式野球部です.」と何回言われたことか.

 

 

さてさて,東日本大学軟式野球選手権大会は11月13日(日)~18日(金)に以下の六球場で開催されます.

 

・さいたま市営大宮球場
・さいたま市岩槻川通公園球場
・春日部庄和球場
・岩槻城址公園野球場
・さいたま市営浦和球場
・春日部牛島球場

 

大宮と浦和は現在さいたま市なのですね.

 

 

 

 

開催球場の一つの大宮球場です.
戦前からある球場ですが,改築されて立派です.
準決勝,決勝はこの球場で開催されます.

奥羽地区第2代表の初戦もこの球場を使います.

 

 

 

 

現在の公認球?
表面のディンプルが昔のゴルフボールの親分のような形と異なります.
真直ぐに飛ぶようになったとのことです.


軟式野球も変わってるんだ.
へー!
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。