予算委員会では、採決の条件の一つに、分科会の開催が求められています。

分科会は合計8つ、各分科会で省庁ごとの所管事項が審議されます。

第八分科会は、国土交通省の予算・政策を審議します。

全国に820万戸ある空き家ですが、今後人口・世帯数の減少でさらに増える恐れがあります。その空き家の流通拡大や、中古住宅が年月を経ても価値が落ちず、需要がある住宅の建設推進、また、日本の指標の大半が一家族4人構成をベースにして物事を考え続けている現状を変えない限り、少子化は止められない、そのためにも間取りの多い優良な住宅を供給するよう誘導すべきではないかと指摘しました。