スズキ建築設計ファミリーのブログ

スタッフ全員の日頃の出来事など


テーマ:
マンションにお住まいの方は、玄関の鍵一つで、気軽に生活でき、庭の手入れや草取りもしなくて、楽です。と、マンション派の人たちは言います。

今回、当事務所にマンションのリフォームをご依頼された方も、前述したように、年取ったら、鍵一個で楽ということで、中古のマンションを購入し、ご夫婦で住むことにしました。

戸建て住宅に、お住まいしてきたことが永いご主人は、私どもの事務所にたびたび来て、「オレは歳とったら、木の内装の家に住みたいんだナー。」と、つねづね言っていましたが、今回、マンションを購入したので、リビング、ダイニングと寝室は、木の臭いのする良い空気を吸いたいと言うことで、リフォームを依頼されました。

もちろん、中古のマンションは、販売業者は、オールビニルクロスで、見かけをキレイにするため、クロスの張替という、リフォーム工事はしてあります。

しかし、それが防カビ剤入のクロス用接着剤で、環境ホルモンと言われる可塑剤の入ったビニルクロスで、内壁、天井が包まれるのです。

まるで、巨大なビニル袋をかぶって生活していると同じことなのです。

日本の大半の人たちは、これが普通と思っているから怖いのです。

何が怖いって、調湿能力がない建材で造るため、壁表面に結露が発生し、黒カビが発生し、カビをえさにするダニも発生し浮遊し、塩化ビニル壁紙や建材からは、環境ホルモンと言われる可塑剤が、室内に揮発し、室内空気を汚染し、生殖へ悪影響を静かに与えていくのです。

*マンションで、ビニルクロスに黒カビが発生している部屋の一例。
(今回リフォームしたマンションではありません。)
マンションの黒カビ



マンションなどの壁に発生しているカビ菌は、ぜんそく、湿疹、皮膚病、体調異常などの原因と大きな関係があります。

よく、国が認めている建材で、フォースター(F☆☆☆☆)基準の建材を使っているので、大丈夫と言いますが、それはホルムアルデヒド(ホルマリンはホルムアルデヒドの40%の水溶液)だけを、コントロールしているだけです。

この辺のところは、機会がありましたら、ブログにアップします。

話を戻して、コンクリートで、ビニールクロスで、内装された室内空間では,生活したくないと言う、施主の希望を叶えるべく、リフォームの実例をご紹介します。

リフォーム前は、もちろん、塩化ビニール壁紙で,包み込まれた、白い空間です。

この部屋で、調湿機能のある建材は,何一つ使われておりません。

自然を感じるものは,何もありません。

さて、どんな空間かというと、

Before
リビング全景

Before・リビング

このような、塩化ビニルクロスで包まれた空間では、サウナスーツを着て,生活しているようなものです。

また、塩化ビニルクロスから、環境ホルモンの可塑剤が,長期にわたって、空気汚染をしているのです。

可塑剤の怖さは、50メートルプールに,目薬一滴の濃度で、人体に影響があるのです。
その影響は、生殖異常や、奇形の問題です。
疑わしき建材や素材は出来るだけ排除するという姿勢が必要です。


After
リビング全景

After・全景


産地の明確な国産材の杉板 厚さ12㎜ の無垢板を、床高12センチメートルの高さまで、横張りで、張っています。

塗装は、トルエンやキシレン、その他の化学物質のことがあるので、石油由来の塗料は使用せず、ドイツ、アウロ社の自然塗料を、杉板の表面に塗装をしています。

杉板によく石油化学系のニスや、ウレタン系の塗料を塗装する方がおりますが、木部の表面に塗膜を作る塗料を塗ってしまうと、木材の持つ調湿機能が、塗膜のため調湿機能が失われてしまうのです。

ドイツのアウロの自然塗料は、石油化学物質をまったく使用しないで、自然由来の素材だけで、作られており、もちろん、人体だけでなく、自然環境にも負担がかからない塗料で、木材の表面に、塗膜を作らない含浸性塗料なので、木材の吸湿機能を損ないません。



After
ダイニング・リビング

ダイニング・キッチン

国産材の杉の無垢板を張る場合は、杉の胴縁を下地材として、取り付けた上で、椋の杉板を施工します。
下地を取り付けないで、杉板を張ることは出来ません。

一般的に、マンションの場合は、少しグレードの高いマンションでも、中質繊維板(MDFと呼ばれています)に、木目を印刷したシートを表面張った幅木か、ソフト幅木と言われる塩ビ幅木が使用されますが、私どもは基本的に、国産材の杉やヒノキの無垢材の幅木です。

このように、国産材の杉などの木材を張ることで、健康や環境、また、廃棄するときは、自然に還る循環型資材を使い、住まいの室内環境にも貢献しますが、住まい手の方も、これらの木材を見て、日本の自然や山を思うことが出来れば最高ですね。。


Before
寝室
寝室・クローゼット

寝室は、私たちの人生の3分の一を過ごす空間です。

その空間が、呼吸しない建材で、石油化学物質の塩化ビニルクロスのような空間で、過ごさなければならないとなったらどうでしょう。

寝室はリラックス出来、緊張をほぐし、休息し、平穏さを求める空間です。

照明も、まぶしすぎて、明るすぎても以下ません。

色温度の高い白色蛍光灯は、リラックスするのには向いていません。
また、目に直接はいるグレアもよくありません。

今回のリフォームでは、リビング、寝室、ローカの照明も、ヒノキの間伐材の台形集成材を活用した、オリジナルのLEDの間接照明器具を取り付けました。




After
寝室

寝室

寝室に使用される木材は、心の安定と身体のリラクゼーションを造だし素材です。
木材の持つ、自然の木目は、1/fの揺らぎと同じように、心を落ち着かせます。

また、木材の持つ調湿機能は、室内を乾燥しすぎたり、湿度が高い時には、その機能を発揮し、さらには、木造校舎の調査でも,情緒が案手するというのです。(*1)

また、人とマウスは異なりますが、コンクリートの飼育ケージと木製桧ゲージでの生存率を実験した結果、コンクリートのゲージでの,生存率は極端に悪いのです。(*1)

コンクリート製ゲージに床材料で改善を行った場合、杉>ひのき>クッションフロアー>とそうごうばん>コンクリート>アルミとなって、杉やヒノキが居住性が良いことが良いことが言えているようです。

国産材の杉板からは、木材の香りのαーピネンなどのテルペン化合物を放出します。

よく皆さんが、「木の臭いがスルーよ。」と言う,木の臭いです。

実は、αーピネンを揮散させた部屋で、睡眠を取ると、臭いのない部屋の場合に比べ、疲労の軽減を意味するフリッカー値の減少と、疲労に対する自覚症状訴え率の減少が監察されることが報告されているのです。(*2)
翌日の作業時のミスも減少するというのです。

これらは、樹木のにおいが、ストレスを解きほぐし、くつろぎをもたらすのです。

このように、寝室に、杉板などの森林資源の木材で、温も理の眠りの空間は、現代のストレス社会で頑張っている人たちにぴったりです。


After
照明
ヒノキ間接照明

寝室の照明は、少し暗めの感じが良く、10~30ルクス(*3)程度です。
ベッドに入ったときに、直接光りが入らない輝度の低い間接型照明が良いのです。
間接照明の灯具は、ヒノキに間伐材の集成材で、長さ3.6m、LED内蔵の、バランスタイプの照明をオリジナルで作製し設置しました。


最後に、この2室の国産材のリフォームで、どれだけの国産材を使用し、国産材の需要拡大に貢献し、日本の山に、貢献し、CO2・二酸化炭素の削減等に貢献したのでしょうか。
都会に、何立方の国産材の森を、CO2・二酸化炭素を固定したのか。

*柱材・下地用木材等      0.571 m3
*リビング・ダイニング・杉板  0.413 m3
*寝室 ヒノキ羽目板      0.113 m3
*寝室 杉板          0.263 m3
*照明器具用ヒノキ台形集成材  0.027 m3
*合計             1.387 m3 → 約1.40 m3

と、なります。

この約1.40m3の国産材を使った、CO2削減・環境浄化・貢献度

木材の絶乾比重 0.4 の木材重さ。

国産木材総使用量×絶乾比重 555 ㎏ 0.55 トン

木材の炭素量 木材の組成→炭素(C)約50% 酸素(O2)約44% 水素約6%

絶乾比重時の重量×炭素割合 277 ㎏ 0.28 トン

炭素に同化された二酸化炭素(CO2) の量

炭素(C)1モル=12、酸素(O2)1モル=16とした時、

二酸化炭素(CO2)の質量は12+16×2=44

炭素とC02の質量比は、12:44  

∴12㌘の炭素は、44㌘のCO2が同化(合成反応)してできている

277 ㎏の炭素(C)は、1,017㎏の二酸化炭素(CO2)から作られた

CO2が含まれる空気の体積

空気の組成→窒素(N2)78.05% 酸素(O2)20.95% 二酸化炭素(CO2)0.03% その他 0.97%

1気圧の空気1㎥中に、二酸化炭素(CO2)は約0.6㌘含まれる

1,695,222 立方㍍の空気から、つくられたことになります。

※1【モル】…モルは0.012㎏の炭素12中に存在する原子に等しい数の構成要素を含む系の物質の量である。
(炭素12とは炭素の同位体で原子量12のもの)

東京ドーム何個分の空気の浄化?

【※東京ドームの空気の容量= 1,240,000 ㎥】 なので、1.4 個分のに相当する。

国産材を、伐採して、木材として、利用したなら、植林することで、資源が成長し、空気を浄化し、都会のコンクリートの中に、CO2・二酸化炭素を固定化し、都会に森を造り、そこに生活する人を健康にするのです。

コンクリートマンションの内装に、国産材をどんどん使っていきましょう。

マンションの内装に、国産材を使用したリフォームをするには、経験やノウハウが大事です。

もちろん、当事務所に、お任せください。


参考文献
*1:木材は、環境と健康を守る。有馬孝禮 編著 産調出版
*2:無限に広がるフィトンチッドの効用 森林総合研究所森林化学科長 矢田貝光克
*3:ルクス(Lx)照度の単位で、単位面積当りの光りの量(光束)のこと。その場所の明るさを現わす。


株式会社スズキ建築設計事務所
取締役相談役 鈴木 明

©copyright

株式会社スズキ建築設計事務所のURL: http://www.suzuki-naturaldesign.com/

株式会社スズキ建築設計事務所のブログ: http://ameblo.jp/suzuki-naturaldesign/
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

スズキ建築設計ファミリーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。