スズキ建築設計ファミリーのブログ

スタッフ全員の日頃の出来事など


テーマ:
◆現在の私たちの住宅は。

私たちは、1988年から、「木の住まいを創る会」を主宰し、国産材で、健康な住まいを創ろうという趣旨で、産地直送方式による住まいづくりや、健康な住まいの啓蒙活動、セミナーなどを主に活動してして来ました。

その当時も、「現在の住まいづくりが、特に、経済性、コスト、効率、工事期間等が最優先され、それをかなえるために、その居住空間で生活する家族に安全で、安心な建材が使用されず、その上、私たち人間にはもちろん、気球環境にも負担の大きい,石油化学建材をはじめ、農薬漬けや添加建材が大手を振って使用されているのが、現実です。と、書きましたが、それから,27年経過していますが、もっと、簡単で、簡易で施工技術も低くても施工できる塩化ビニール建材が、普及し、職人不足も手伝って、ますます、石油化学建材が普及してきているようです。

石油化学建材のすべてをダメだと、否定してるわけではないのです。

住まいは、私たちの夢、幸福、願いが込められ,そして、そこで、愛する家族が生活するのです。

住まいは、「第三の皮膚」(パラセルサス・1493~1541・ドイツ・医師、自然研究家)とたとえられます。

第一の皮膚は、もちろん、私たち自身の皮膚であり、第二の皮膚は、洋服・衣類です。
私たちの皮膚は、生きる機能として、不可欠な、「保護」、「保温」、「呼吸」、「蒸発」、「調節」、「伝達」という、重要な役目をしていますが、「第三の皮膚」としての、「住まい」も皮膚組織と同様の機能が求められています。

しかし、日本の住宅の約99%は、呼吸のしない、ビニルクロス=ビニル壁紙=塩化ビニル建材で、覆われています。

住まいからは、国産材の木材、内装材、自然素材などの、コストが高く、手間と時間が掛かる建材は、どんどん市場から一掃され、それに代わり、床材も合板に天然薄単板を貼った複合フローリングは良い方で、基材の部分も接着剤で木粉固めたハードボードに木目を印刷した塩ビシートや、オレフェンシートを貼付けたフローリング、内壁、天井は、ビニルクロス(ビニル壁紙)、内装ドア材は、もちろん、MDF(中質繊維板)と言われるものの表面に、塩化ビニル又はオレフェンシートを貼付けたドア枠、ドア材です。

サッシの窓廻りは、非常にローコストの場合は、ビニルクロスで、四方を巻き込み仕上げで、チョットグレードアップすると、サッシ下枠のみMDF建材でと言うようになります。
床と内壁の境目に設置する、幅木も、職人でなくても施工できる塩化ビニル製や幅木を設けないような内装もあるようです。

まさに、室内空間は、石油化学建材の代表である、塩化ビニルで、床、内壁、天井と覆われているのです。

塩化ビニル漬けの内装

日本の住宅産業は、供給する方のハウスメーカーをはじめ、分譲業者、建築業者、工務店まで,この方式で、供給している業者が大半で、また、ユーザーである一般ユーザーもそれが一般的と思っていることが、不思議です。

塩化ビニルは、国際ガン研究機関(IARC)のグループ1に指定されている発ガン物質の素材なのです。
日本人の大半は、その中で、生活していても,それが,一般的で有り、常識と思っていることが、恐ろしいと思っています。

そんな中、アレルギーやぜんそく、アトピー性皮膚炎等、様々なアレルギー疾患や病気に悩まされている人がますます増加している傾向にあるほか、流産率、奇形率が高くなり、私たち家族だけでなく、我々の子孫にまで影響をあたえているのです。

シックハウス対策法(平成15年(2003年)7月1日施行)が出来て、シロアリ駆除剤のクロルピリホスなどの強い毒性が有る一部の農薬は使用禁止になり、室内のVOC(揮発性有機化合物(Volatile Organic Compounds)の略称)のホルムアルデヒドやトルエン、,キシレンなどの規制がされましたが、建材に使用されるユリア樹脂製の接着剤に含まれ、これらから発生するホルムアルデヒドの量に応じて、ランク付けしたのですが、多くの建材メーカーは、より良い接着剤を使用するのではなく、ホルムアルデヒドキャッチャー剤(ホルムキャッチャー剤)を,混入して、一時的にや、緩やかに室内に放散するように対策しているようです。

そのため、ホルムキャッチャー剤の劣化と共に、新築時は、室内のVOC濃度が,低かったのが、数年したら、濃度が高くなってきたと言うことも多く、測定会社などへの依頼もあるようです。

シックハウス対策法の最高ランクの、F☆☆☆☆(ファオースター)と言いますが、このことが、より複雑にしています。

一般的に、市場に流通しているのがこの建材が、大半で有り、「国で指定した、最高等級の建材を使用しています。」という言葉が、一人歩きをして、一般ユーザーは、「最高建材だって。」と,本当に思っているのかなあ~。

最高等級と言っても、ホルムアルデヒドの放出量が、少ないと言うことだけで、その他のことについても,最高というわけではないのですが、勘違いしてしまっているのです。



株式会社スズキ建築設計事務所
取締役相談役 鈴木 明
©copyright

株式会社スズキ建築設計事務所のURL: http://www.suzuki-naturaldesign.com/

株式会社スズキ建築設計事務所のブログ: http://ameblo.jp/suzuki-naturaldesign/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

スズキ建築設計ファミリーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。