「法人ソリューション事業部」 開設しました。

 

スズキアパレルは、お客様の問題解決を通じて社会に貢献します

 

ファッション産業、アパレル業界は 戦後の日本経済をリードしてきましたが、現在は海外との連携や流通改革を通じてたいへん厳しい環境にあります。   スズキアパレルは1987年 当初アパレルメーカーとして創業、30年にわたり積み上げた実績から、流通在庫、不良在庫を処理するソリューションビジネスを展開しお客様の要望に応えてまいりました。 蓄積したノウハウを活かして衣料品全般、生地、雑貨など、あらゆる在庫問題の解消について、最適な在庫処分方法をご提案し、時代の要望に対応させていただきます。 
 これからも時代の流れを適切に取り入れ、皆様にご満足をお届けし、流行や流通環境の変化にも即応する流通ソリューションアドバイザーとして、新しい時代を切り開きます。皆様と共に、より信頼されるビジネスパートナーとして、しっかりと歩んでまいります。         


何卒よろしくお願い申し上げます。

新サイト⇒  http://アパレル在庫買取.jp/

 

  

   スズキアパレル代表 鈴木道男

 

 

 

 

 

 

 

AD

 

法人・企業のみなさまのご要望が多く、

このたび「法人ソリューション事業部」を開設させていただきました。

法人ソリューション事業部は

衣料品・雑貨・生地原反 すべて買います
全量一括 現金で買い取り致します

スズキアパレル 法人ソリューション事業部は、 流通在庫品・不良在庫となりました商品の現金買取をさせていただきます。衣料品全般、生地原反、雑貨など、御社で販売にお困りの商品、処分品などございましたらお気軽にお知らせくださいませ。
弊社はメーカー、商社、工場、倉庫関連、大量処分、あらゆる商品買い取りに実績をあげております。
御社のブランドイメージをまもり、御社販路に重ならずに、処分方法・販売先・地域の限定・海外処分なども対応させていただきます。 在庫処分・買取は、ぜひ弊社におまかせください。

 

本日 11月1日より運用開始しています。

企業法人の皆様からの、ご利用をお待ちしています。

 

新サイトはコチラです。

スズキアパレル 法人ソリューション事業部

 

         

 

http://アパレル在庫買取.jp/

 

AD

  

SPRING & SUMMER 2017 ファッションエキシビジョンナイト が 2017年3月3日 

「阪急メンズ館 大阪」で開催されました。

オープニングは、クラシックやジャズ、80年代懐かしのステ―ジ・・

会場内は たいへんな盛り上がり !!  各フロアの店舗は 最新モデルの紹介展示、いろいろなプレゼン、参加者とスタッフのみなさんの熱気を感じました。

 

 

 

続くファッションショー 最新コレクション紹介 ファッションコンテスト、トークショーも・・ 

企画、演出はとてもよく練られていて、コンパクトに楽しませていただきました。

 

    

ついでに登場させていただきました・・

 

いつもはシーズン期末の在庫買取、売れ残りなどの対応をしていますので、アパレルの流れは一番最後の最後尾に位置しています。

でも今日のイベントでは、メンズアパレル最先端の上流に触れることができました。

 

弊社の在庫処分、Fashion TOPからTAIL 経験豊かに なんでも対応します。

ぜひ声をかけてください。お待ちしています。

 

 

詳しくは ⇒ http://www.suzuki-ap.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

 

Canadian New Year’s Party & Welcome Party 2017

先日 2月9日、関西日加協会(CJSK:事務局 大阪商工会議所国際部)、 関西カナダビジネスアソシエーション(KCBA)主催で、カナダ領事館からラサール新領事を迎える、新年祝賀会・歓迎会が大阪市内のホテルで開催されました。

(開会に先立ち フルート、ハープ生演奏による両国国歌斉唱がありました。)

 

 

 前カナダ大使の Macenzie Clugston さんも来られて、日本とカナダの関係者の交流を楽しみました。パーティー会場には、多くの若手の経営者や、新しいビジネスモデルを模索する関係者も参加、未来の熱気がありました。

 私は 1987年以来 社会人のラグビーで Vancouver Victoriaのチームと親善試合を通じて交流していました。台湾台北のチームと一緒に遠征したこともありますが、景気停滞の影響なのか 最近は 日本から遠征するチーム、またカナダから来日するチームもほんとうに少なくなりました。

日本は観光産業、インバウンドビジネスにも力を入れていますので、エアカナダの関西空港-バンクーバー直行便再開を機会に、スポーツ民間交流が再び盛んになることを期待しています。

もちろん私たちのビジネスにも、期待が膨らみます。

 

スズキアパレル貿易部門

詳しくは⇒ http://www.suzuki-trade.com/japan/

 

 

http://www.suzuki-ap.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

   

生地の在庫処分 ご依頼が増えています。 

その背景として 日本国内の縫製工場、生地商社、アパレル企業の撤退、廃業、縮小が続いていて、その受け皿の生地問屋が廃業、倒産でなくなっているからです。

東京の横山町、日本橋 人形町、日暮里・・、さらに大阪も船場あたりも 買取業者さんの廃業が続き いまではシャッター通りになっています。 

 

ある程度の原反数量があれば、弊社 スズキアパレルで対応することができます。 

天然繊維 綿素材 プリント生地、ウール系、それぞれの特性や内容に応じたノウハウを蓄積しています。

 

  

輸出向けの案件も、海外からのバイヤーが日本から中国、韓国やほかの地域へシフトして 引き合いがたいへん少なくなっています。

アパレルと連動している在庫処分の生地原反、これからも発生し続けます。

行き場のない生地原反、資源を活かして 再利用する方法を新たに開発するチャンスです。

スズキアパレル生地部門は、生地原反 大量処分に対応させていただきます。

 

詳しくは・・ スズキアパレルへ

 

http://www.suzuki-ap.jp/