みつばちのうた*

日本に生まれた奇跡に感謝します*
私達に労働の幸いと日々の糧と生きる術をお与え下さい*
神ながらの道を迷わず歩めます様に*

当ブログは複数の有志で管理しています


テーマ:
 人格障害は治りません◆





http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2003021117138←元記事

(韓国の)20歳の男性の45%が対人関係障害の可能性
FEBRUARY 10, 2003 22:22 by 李成柱 (stein33@donga.com)

この数値は、米国やヨーロッパなど先進国の平均11~18%に比べて、2.5~4倍に達する。
研究チームによると、人格障害は自分の性格に問題があることに気づきにくく、家庭や社会生活、対人関係に支障があり、周りの人々を苦しめるという特徴がある。また、自分の問題を他人や社会のせいにし、極端な反応を示す。

そのため、各種の犯罪や社会的葛藤を引き起こす原因になりやすく、早急に対策を立てなければならないが、社会的な認識程度が低く、適切な診断と治療が行われていない。

柳教授は、このように潜在人格障害者の比率が高いことについて、「社会的価値観が混乱している中、家庭教育の不在が『人格未成熟の成人』を量産している」と説明した。

研究チームは、今回の調査で、12種類に分けて人格障害の有無を測定した結果、1種類以上の人格障害があると疑われる人が71.2%に達した、と発表した。

具体的には、自分にこだわり過ぎて対人関係が円満でない「強迫性(49.4%)」、合理的な問題解決や人との係わりを避ける「回避性(34.7%)」、わがままで些細なことにも必要以上に反応し気まぐれな「ヒステリー性(25.6%)」、絶えずに他人を疑う「偏執性(22.6%)」の順で多かった。

権教授は、「各国の社会文化的背景によって人格障害が疑われる基準点が異なるため、それを考慮して、基準点を30点から35点と40点にそれぞれ高めて分析した場合にも、32.7%、22.8%となった」「それでも、他国より人格障害可能性の比率がずっと高い」と述べた。

延世(ヨンセ)大学心理学科の李勲求(イ・フング)教授は、「設問の内容が普遍妥当であるため、韓国社会の特殊性によって人格障害可能性の比率が高く表れたという可能性は低い」とし、「韓国社会の精神的健康について関心を持つきっかけにすべきだ」と指摘した。

今回の研究結果は、国内学術誌「精神病理」と米国の学術誌「精神医学と臨床神経科学」に掲載される予定だ。


-----------------------------------------------------
以上







こわ~・・・
支那も民族的に精神障害者多いけど、属国韓国も・・・ってことは北朝鮮も?

近代史を見ると白人も精神疾患多いよね。
抗精神薬が大量消費されてるし・・・恐ろしい。
抗精神薬のせいで精神病者(抗精神薬の薬物中毒)が増えている事実もあるし・・・恐ろしい。

そして、現代日本。
アメリカからどんどん新しい精神疾患の種類が発表されて、
それが自動的に日本に入り込んで承認され、
単なる怠け者まで「病人扱い」され、
保険料として税金がつぎ込まれている・・・恐ろしい。

まあ、病院は病気を治すよりも、患者を薬漬けにして多額の薬代を延々払ってくれる方が色々儲かるからね。
保険料も稼げるし・・・。

調べると、抗精神薬ってネットなどで転売する人が居るんですね~。(もちろん違法!)
だから、仮病で薬を大量に手に入れる人が居るとか。
ヤフオクとかね。
ヤフーは反日企業だから、犯罪者が良く利用してるね。
しかも、警察が捜査協力依頼しても全部断ってるらしいね。
さすが、孫馬鹿義の朝鮮反日企業だね。
きもちわる!




それはさておき・・・
人格障害者の増加は、世界的に起きている現象。

精神科医に聞きましたが、数ヶ月経っても治らない精神疾患はうつではなく「人格障害」だよ~、だって。
で、人格障害は治らないそうです。
上記の人々は「人格障害」ですね・・・。

うつはストレスやミネラル不足・栄養不足などで神経伝達物質が上手く作用しなくなる為、発症します。
つまり、脳に必要な栄養素や酸素、血液が急速に不足し、脳が誤作動を起こしうつになる。
だから、一時的に投薬して必要な成分や栄養・酸素を補う事で治ります。
医師に言わせると、本当のうつ病患者はほっといても数ヶ月で治るそうです。

「本当のうつ病患者」とわざわざ言う事は、「嘘つきのうつ病患者」も居るんでしょうね~・・・。




逆に、うつが治らないからと言って抗精神薬を半年以上飲み続けると・・・薬物中毒(薬物依存症)になりますよ~。
もし、薬が無いと不安に感じるようなら、薬物依存症です。

薬物ではなくても、サプリ依存症とかアルコール依存症とかニコチン依存症とかカフェイン依存症とか・・・。
精神的な依存症となると、買い物依存症、ネット依存症、ギャンブル依存症、過食症、拒食症・・・。

人は誰しも大なり小なり何かしら依存傾向がありますが、それを自分でコントロール出来なくなると「病気・病的」となり、精神を蝕まれる事になります。

常に自分を客観的に観察し、自分で心身の危険信号をキャッチできるようになれば、心身のバランスを取れるようになります。
医師に頼るだけだと、食い物にされてしまいますよ~。






それに反して、DNAや脳機能自体に問題があるのが人格障害。
だから、薬を投与して症状はある程度改善するかも知れませんが、・・・治りません。

残念!






2012/06/29:記事作成
2013/12/25:エレベーターに突っ込む動画追加




AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード