頼母子会で馬刺

皆さん、こんにちは!本日はこの時間に更新します。
大分県臼杵市唐人町、陶山歯科医院院長の陶山直昭です。


先週末に熊本へ行った際…大分へ戻るバスに乗るまでに
少し時間があったので、商店街をブラブラ歩いてみました。
何か土産でも買おうと、目に付いた土産物屋に入りまして、
いろいろと物色していたんですが、その店の奥の方には
小さな食堂がありまして、お酒も飲めるみたいなんです。

真っ昼間でしたが…たまには良かろうと、席にすわりまして
注文した生ビールを飲みながら、つまみは何にしようかなと
メニュー表を見ると「馬刺フェア」をやっているようで…
せっかくだからと、馬刺の盛り合わせをオーダーしたんです。

待つこと数分…こんもりと皿に盛られた馬刺が登場しました。

一人で食べるには、ちょっと量が多いかな…と思いましたが
冷たいビールを飲み、生姜を乗せて専用のタレに浸しまして
口の中に一切れ放り込むと…これが実に美味しいんです!
よし、これを土産にしよう!…と即行で決断いたしまして、
それなりの値段でしたが、5つほど馬肉塊を購入しました。

帰宅してカミさんに切ってもらい、自宅で食べてみました。
息子:ナオヒロ「えっ!?…これって、馬の生肉なの?」
最初は驚いていたようですが、恐る恐る一口食べたところ
「これは旨いっ!」と絶賛し、バカスカと食べていました。
おそらく半分以上は…彼の胃の中に納まったと思われます。

自宅で2塊、消費したので…残りは3塊でございますが…
ちょうど一昨日は、月に一度の港町頼母子会だったので、
何時もいろいろとお世話になっている、地域の皆様方にも
この馬刺を是非とも食べていただこうと、持参しました。

陶山歯科医院・徒然日記-熊本の馬刺

少しばかり遅れて、港町コミュニティセンターに行って、
冷凍でカチカチになった馬肉の塊を、解凍いたしまして
松本尚文君に華麗なる包丁捌きで、切っていただきました。
10人ぐらいの人数で分け合ったので、1人分の量は…
あまり多くはなかったかもしれませんが、皆でワイワイと
馬刺を摘みながら、お酒を飲むのは実に格別なもんです。

調べてみたところ…馬肉は、栄養価がとても高いそうで、
食べても太りにくく、低アレルギー食品なんだそうです。
牛肉や豚肉よりも3倍のカルシウムを含み、鉄分も豊富で
ビタミンペプチドリノレン酸も実に多いみたいで、
食肉のチャンピオンと、言われているようでございます。

馬刺を食べて、元気になったはずの私ではありますが…
一昨日は疲れが溜まっていたのか、そんなにたくさん
飲んでいなかったにも関わらず、早々と酔いが回り…
センターの畳にゴロリと横になったら、何時の間にか
そのまま眠っておりました…でも気分良かったですね。

今月の後半には、バス旅行も計画されているようで、
今年の年末も、港町面々と飲む機会は多そうです。
AD