小学校英語と子供たち

小学校英語の現場、苦手な子へのアプローチ、英語のコツなどを書いていきます。


テーマ:

 こんにちは、Jshine英語講師の美紀です。

 

 とうとう、小学校英語、最後の授業が終わりました・・・・。

なんだか生徒たちは、

私が泣くのを待っていたかのような、そんな空気でした。

優しい担任の先生でしたので、生徒たちの手紙をファイルにして

渡してくれました。

これで泣かないわけないっす・・・・。(/ω\)

 

 泣きながら読みましたが、

生徒たちからの手紙は非常に収穫多いものでした。

これが分かったことは、私の大いなる進歩だと、先生に感謝しました。

 

 私、自分が夢中すぎて、生徒たちが英語苦手を忘れてしまったことに、

気づかなかったのです☆

 

 クラスの雰囲気がすごくよくて、みんな意欲的だと評判になってたそうで、

言われてみると、雰囲気は、、、悪くなかった笑。

 

 英語苦手という意識は、子供たちにすれば、

英語が「つかみにくい、遠すぎる存在」であるからのようです。

 

 また、スピーチの際、アクセントを彼らに細かく指導したことが、

彼らの自信に繋がったのは感動でした。

アクセントを意識することで、

変化した、と本人が気づいてくれたようです。

 

 はぁ~もう、書ききれないくらいのことが起きた1年。

 

 幸せなのは、この私なんですよね。

 

 日本の教育スタイルが大嫌いだった思いが、こうして燃料となって

支えてくれているのも不思議なものです。

 

 来年度に活かすポイントをまとめてみます。

1.まず、ローマ字と英語は違うことを認識してもらう。

2.アクセントがあることを知ってもらう。

3.フォニクスのルール活用。

4.英語は単語ごとに離して書く。大文字小文字の区別。

5.丁寧な英語、Please の大切さ。

6.優しい言葉をかけられたら「Thank you」など返すハートのちから。

7.Sへの注意。(細かくみていければ、中学英語でも役立ちます)

8.日本語でも英語でも美しい言葉を見つける感性。

 

 ざっとこのあたりが基礎となります。

あとは、時事的な英語をいれていき、なるほどね~と思ってもらうことが

私の大好きなところです。

 

 また、ハートなんだよ、という非常に伝えにくい部分ですが。

 

 英語ができなくても、ここがきちんとできている生徒さんは数名

いました。

卒業していく彼らに、それぞれメッセージカードを書きましたが、

そこに紹介した文が、

「I am happy for you.」

いいことがあった相手にさらりとこれを言えたらいいですね、と。

 

 これを伝えることが、ハートの英語を伝えていくことに

なるかな、、、、、、と思っています。

 

 1学期のころ、おどおどしたり、大きな声をだせなかったり、

「私、英語苦手~」と言ってた生徒たちが、みんな一つになって、

いい顔して取り組んでくれた、ビフォアフター。

その姿がまた私の今後を照らしてくれると思います。

 

 病みつきになります!

ああ、どうか、2020年以降も、Jshineとして関われますように。。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。