まっちゃウツ ~ついに動き出す“双極性障害”の人の話~

新たな地へ足を踏み入れ、新たな出会いを楽しみながら生活していきたいと思います。


テーマ:
最初の主治医になって2週間後2回目の診察です。
 

前回はお久しぶりでテンションが高かったですが、今回は落ち着いていました。

前回からどうだったかと聞かれ、連休で仕事もしておらず、特に話すべきこともないような気がしたので、「特に変わりはないです」と答えました。
3番目の主治医ならそれで終了でしたが、最初の主治医はそこですかさず「それは良い意味で?悪い意味で?」と聞いてきました。
もちろん、悪くはないです。
“いい感じ”が続いています。

そこで切り返されるとは思わなかったので驚いて戸惑いました。
3番目の主治医もそれなりに長いから、私もそのやりとりに慣れてしまっていたのだなぁと思いましたね。
最初の主治医に、私と3番目の主治医のやり取りが見えたかもしれません。
こうして見ると、本当に最低限のやりとりでやってきたのだなぁと思います。
最低限もいっているか怪しい。


睡眠の記録と日記も見てもらいました。
睡眠はズレ気味で、連休中はガタガタ。
なぜかと聞かれて「飲み会が続いて…」と答えました。
毎日飲み会の週があったのです。

ほとんどアルコールは飲んでいないのですが、飲んだ日もありました。
そこでもすかさず、「お酒を飲んだとき、睡眠薬は飲んでる?」と聞かれ、曖昧に答えました。
…正直、飲んでいたので、先生からは飲んだときは薬は飲まないようにと言われました。
今度からは気を付けます…。


日記に関しては本当に変わったようで、「言い方は悪いかもしれないけど、平和な悩みになったよね」と言われました。

先生が診ていた頃は多分、仕事の悩み、文句、それに伴う自己嫌悪からのブラックな思考の羅列だったのだと思います。
今でもたまにありますが、軽めのはず。

この変化は、今の職場に変わってからです。
前とは全く違います。

私の前の職場(と状態)を知っている人と話すと、今がどれだけ恵まれていて、精神も落ち着いているのかを再認識できます。


 = = =


こうして書くと、よく話しているなと思います。
私が話をする気があるというのは大きいものの、質問のされ方が違う。

今までは本当に薬をもらいに行っているだけだったなぁと思いました。

精神科の主治医は(腕と)患者との相性が大事だとつくづく思いました。


では、また。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)

まっちゃさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。