数秘術家 阿部としみのブログ★ 数秘サロンTSUKIYOMI(ツキヨミ)

数秘術家 阿部としみの日々の気づきと数秘術で読み解く毎日のメッセージを綴っています。


テーマ:


私、一見優しそうに見えるそうです(笑)

いやいやホントは激しいのですよ、なんせあの数がありますからヒミツ爆  笑(笑)

しかし、基本的に優しいとは思います。

セッションでもあまり厳しい言葉を投げつけたりしないと思います。

なぜなら、その方の自由意志を尊重しますから。




こうしたほうがいい、と自分の思う正解の道に導くことは実はとんでもないことだったりします。




セラピーやヒーリング、占いなど人的支援をなさる方、

私も含めて肝に銘じておかなければならないところであります。



でもわからない方も多いように思います。

みなさん、基本とてもお優しいのだと思うのです。

人の苦しみをなんとかしてさしあげたい、癒してさしあげたい、

そう心から思われて、よかれと思ってアドバイスをします。




ただ、そのアドバイスがクライアントさんの魂の学びに介入してしまうことになる可能性についてどれだけの人が畏れに感じ、細心の注意を払っているのだろうかと思います。




そして
自分自身の底力といいますか、問題を必ず乗り越えられるという絶対的な信頼がないと、なかなかクライアントさんの力を信頼することができない
と、十数年の経験上わかりました。


彼らの、いやもっと言えばその方たちの魂の意図を尊重できるかどうかということにもつながるのです。



私はそのようなセッションをこころがけているため、あまり断定的な物言いはいたしませんし、自分ではソフトに表現するのを好んでいます。




ところが、

たまに、ほんとに稀に、私がえらく厳しく言うときが何度かありました。

そういうときは自分でも驚くのですが(笑)、私のちっぽけな感情がそうさせているわけではなく、なんというのでしょうか、内側からそうさせられてるかのように、自分でもあれれという感じで低く大きな声ではっきり物を言うときがあります。


まさに豹変(笑)
 


おおこわ!こんな感じでっせ。



それはどんなときかと言うと、


クライアントさんが自分自身をいじめていることに気がついていないときです。




意識的にも無意識的にも自分のことを粗末にしている。

直面しなければならないことから逃げている。

そのくせ誰かのせいにしていたり、

状況を嘆いていたり、

不安材料だけを熱心に拾い集めてくる。

執着だけは放さない。

そして変わろうとしない。


いったいどこを見ているの!



いじめたいならいじめてもいいのです。

変わりたくないなら変わりたくないでいいのです。

それで学ぶことがあれば。

しかしもう身も心もズタボロなのに、それすら気づかずにいるときは、

声を大にしてそのことを指摘いたします。


いつまでそうなさるのですかと。


誰がそうしているのですかと。


あなたをそこから引き上げられることができるのはあなたしかいないと。




実は私、子育て中はOBB(鬼ババア)と
子どもたちから恐れられておりました(笑)
結構ド迫力で怒鳴りますσ(^_^;)
あ、夫くんにもですが(笑)


ひぃ~ん、怒られちゃったと思う方(稀ですよ、稀!)
それは私の愛の鞭であるとご理解くださいませ。



冗談抜きに、自分をいじめるのはよろしくありませんよ。

自分の内なる神性をもないがしろにすることになりますから。


私もあなたもダメダメなところもありながら、光の存在だって忘れないでいましょうね。

 

 

 

 


数秘サロンTSUKIYOMI
点数秘セッション、各講座やワークショップ、開運屋号鑑定など
  セッションメニュー
点
NEW2月のサロンスケジュール
点数秘のお話を月に1、2回お届け中
  無料メルマガ登録

 






 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

阿部としみ@数秘術家さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります