2007-04-23 15:04:15

中村俊輔、賞賛すべきはそのメンタリティー キルマーノック×セルティック

テーマ:海外日本人選手

4月22日
キルマーノック 1-2 セルティック


4月22日、中村俊輔選手の所属するセルティックの
スコティッシュプレミアリーグ06/07シーズンの優勝が決まりました。
セルティックにとっては41回目、中村選手にとっては2季連続の優勝となりました。
しかもこの優勝は、1-1で迎えた後半ロスタイムに
中村選手がFKで決勝点を決めるという劇的なものだっただけに、
アウェーに乗り込んできた8000人のセルティックサポーター、チームスタッフ、チームメイト、
そして中村選手本人も、もの凄い喜びようでした。
あの中村選手がユニフォームを脱いで観客席にダイブしてましたからね。
見てるこっちまで嬉しくなってしまいました。


しかし近年の中村選手は本当に凄いですね。
もちろん内容的には満足できない試合もありますし、克服しなければならない課題も多いと思います。
(パスに拘りすぎている、ボールを受けに下がりすぎてしまう、動き直しが遅いetc…)
でも今回の試合のように、決めなければならない場面で結果を出す事が目に見えて増えているのも事実。
今季、中村選手はチャンピオンズリーグを含めて11ゴールを決めていますが、
そのうち同点ゴールが4決勝ゴールが4
CL第1節のマンU戦で逆転を許した直後の同点FK、
同じく第5節のグループリーグ突破を決めたマンU戦の決勝FK、
そして今回の優勝を決めたロスタイムの決勝FKと、
見てる人全ての記憶に残るようなシチュエーションでゴールを決めています。
もちろんそれを決めてしまう技術も凄いのですが、
重要な場面で期待に応えられるプレーをできるようになったメンタリティー

こそ賞賛されて然るべきだと思います。



中村選手は、この試合の後に行われたスコットランド・プロサッカー選手協会による年間表彰式において、
欧州リーグでは日本人初となる年間最優秀選手にも選ばれ
(これはスコティッシュプレミアリーグ所属選手の投票によって選出される)、
昨年12月26日のダンディー・ユナイテッド戦で決めた芸術的なループシュートが

年間ベストゴールにも選ばれるなど
昨日一日でさまざまな快挙を成し遂げました。
恐らく中村選手にとって2007年4月22日は忘れられない日となったでしょうし、
それは中村選手を応援している人達(私も含め)にとってもそうなったと思います。
失意のドイツW杯後、それをバネにして上を目指し、日本サッカー界に良いニュースを運び続け、
W杯の疲れもある中、セルティックでただ一人リーグ戦全試合先発出場を果たしている中村選手
まだシーズンは続きますが、心の底からお疲れ様でしたと言いたいです。
他のリーグへ移籍するとか、Jリーグに復帰するとか、セルティックに残留するとか
いろいろな噂が出ていますが、どんな形になろうともこれからも今まで通り、

日本のサッカーファンを楽しませ続けて欲しいですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

sutton029さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。