「英語」コンプレックスを克服して、自信をつけちゃうブログ

「ずるい英語」=「捨てる英語」を使いこなせば英語は話せる!
長年の英語コンプレックスにサヨナラして、自信を取り戻そう☆


テーマ:
人生は、
「持ち点100」で、
間違えると、
1点ずつ点数を減らされていく。

全てのものごとに対して、
この感覚が強くありました。

小さい頃から。

そして、
この感覚で生きていると、
とても苦しかったような
記憶があります。

「間違えちゃいけない」
「正解は何なんだろう・・・」
「誰か教えて」
「とりあえず、正解だけわかればいいや。」

そんな感覚に陥る毎日では、
なにも「生み出される」ことはなく。

自分で、自分の人生を
コントロールしている感じ
全くありませんでした。

だって、
他人がもう
「正解」
は持っているのだし。

それを
「聞き出す」
ことだけが
正解につながるのだし。

自分の中には、なにもない。

それが前提でした。

そして、今。
この本を読んで
ものすごい可能性にジンジンしています。


「自分の言葉」で人を動かす
あなたの言葉に 吸引力 説得力 影響力が宿る
(文響社)木暮太一著


(以下、引用)
*****
日本の教育は、「与えられた問題に対して、正解を出すための教育」です。

学校では常に”正解”を出すことが求めらえてきました。

その結果、自分の意見や考えという正解がないものに対しても、
「正しい答え」を言わなければいけないと認識しているのです。
(122ページ)
*****


そう、どこかで、
「人が動く」言葉 にも
「正解」があって、


それを知らない私が、
勉強不足なんだと
どこかで信じてしまっている。


だから、
なにも言えなくなってしまう。


そういう自分も随分と長い間いたし、
「英語」という分野だけど、
「この感覚」が理由で
苦しんでいる生徒さんと
たくさん接してきました。


そんな彼らに
「英語」を教えるときに伝えるのは、
実は「正解」ではなくて・・・




「視点」




「その視点」を持っているだけで
英語が話せるようになって
しまったりするのです。

だから、
「知識」じゃなくて
「視点」に重きを
置いてきました。


それが!
「人を動かす言葉」に必要なものと
一緒だったなんて~!

なんだか共通点が多すぎて、
ワクワクしてしまいます・・・



*****
”借り物”の「レンタル言葉」を脱却し、
「自分と血のつながった言葉で話す」経験をくり返すことで、
自分の存在を今よりも肯定できるようになり、
自信までついてくるのです。
その自信は、あなたを一生ささえてくれるものになるでしょう。
(はじめに)
*****

同じだ・・・
英語を使いこなすようになっていく生徒さんとの
共通点を感じます。


自分の言葉をつむぐ過程で、
確実に芽生えてくるもの。

それが、






「自信」




英語と同じ共通点が、
こんなところにあるなんて!


「自分のことば」に自信がない人。
全く人に響いていない気がする人。
なにを話していいのか、わからない人。



ぜひぜひ、読んでみてください。

あなたの心に、
自信が灯りますように・・・


「自分の言葉」で人を動かす
あなたの言葉に 吸引力 説得力 影響力が宿る
(文響社)木暮太一著




青木ゆか、メールマガジンの登録はこちら
↓↓↓
☆☆☆

*なんでも英語で言えちゃうセミナー*
なんでも英語で言えちゃう初級セミナー(平日夜2時間)
  →詳細は、こちら 

なんでも英語で言えちゃう1日講座(10時15分~16時45分)
  →詳細は、こちら



「捨てる英語メソッド」
学びたい方は、こちら

↓↓↓
「なんでも英語で言えちゃう本」
(日本経済新聞出版社)
たちまち5刷!


ずるいえいご

(日本経済新聞出版社)
5万部突破!


青木ゆか
➖メディア実績➖


これまでの常識を覆す

ペラペラへの道を歩んでみてください


英語への自信を自分への自信につなげて、輝く人を作ることが、私のミッションです



読者登録してね


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)