ネムイ時の解消法

テーマ:
今日は日曜日、


今週、きつかった、頑張ったということで、


自分に、プチご褒美をあげた。




お金のかかることはやめて、


スーパー安近短で行くことにした。



これを満たすのは、


今まで、読みたかったが、読めなくて、


気になっていた本、




これを、


静かな部屋で読むことである。




その読みたい本、


3冊を、脇において、



これだけは、絶対読むゾーと思って、


意気込んでみたが・・・・・




本は確かに開いたのに、


間もなくZZZ・・・


ウツラ、ウツラ、全く進まない。


ZZZ・・・




少し眠たいのかな、


日ごろの寝不足が祟ったのかなあ。




たるんだ自分!?


酔眼の千鳥足読みと、なっていたのである。




まずい、セッカクのご褒美タイム、


漫然と、目的のない本を読むより、




先ず、目的を、必要なもの1つに絞って、


短時間でも集中して読みこんだ方が、


身にもつくし、記憶にも、はっきりと残る。




そのことから、おもむろに、


ストップウォッチを取り出して、


33分間だけ集中して、


一生懸命、読んでみた。




このたるんだ頭も、


33分間の終わりに向かって、


次第にハッキリしてきて、



この方法は、自分にはケッコウ合っていた。


とても良い方法だ。




人間が集中できるのは33分ぐらいが


最良らしい。




会社など゙で、必要なアイデアを出したり、


たくさんアイデアを出すための


ブレインダンプ法、


その中からを良いアイデアを引き出す


ブレインストーミング法など、




ほとんどの集中する制限時間が


33分間である。


大事なのは学習をする密度である。




どれくらいの時間、


自分にとって効率的に勉強できたかどうか。


それが、効果を分けるのではないかと思う。




でも、次の33分間がの前に、


3分のコーヒーブレイク!


そして、次の33分間が


自分を鍛えてくれるのだ。



AD