重賞レースのワイド予想

ワイド馬券で勝負します
重賞レースはデータに絞って記事にします
調教内容で推奨

有料配信に興味ある方は
こちらに連絡下さい
sutarion2015@gmail.com


テーマ:
チャンピオンズ Cの回顧です

1着サウンドトゥルー
ロスのない競馬ができたのが
一番の勝因 ですね。3~4コーナー
でもインピッタリを通っていたし
外へ持ち出したのは直線だけ。
アウォーディーが先に抜け出した
ことで、進路も開いてくれた。
今回はうまくいったけど、毎回
この馬に合った競馬ができるとは
限らない。 特にこの馬は追い込み
脚質だけに前にいる馬、他馬の動き
次第では外を回らされる羽目に
なりかねないから。これからも
展開が向くかどうかだけです。

2着 アウォーディーは、
1コーナーで外へ逃げていたし
向正面に入ってからも走るのを
やめようとしていたように、
相変わらず気の悪さを出していた。
直線で内のアスカノロマンを交わす
タイミン グも完璧。武豊がうまく
乗っていたんだけど、1頭になると
気を抜く癖がある馬だから
離れたところからサウンドトゥルー
に来られたらどうしようもないよ。
併せ馬の形になっていればまた
やる気になって、もうひと伸び
できていたかもしれない。
最後まで集中して走れれば
中央のGIも勝てると思います。

3着アスカノロマンは、
道中は自分の競馬に持ち込めたん
だけど、テンにムキになったぶん
最後の最後で苦しくなってのゴール
先行勢には厳しい流れだっただけに
これだけ粘れれば上等。
ペースが速かろうが遅かろうが
小細工なしで素直な競馬をした方が
いい馬なのかも。


今年のチャンピオンズCは、
今後に向けての指針がハッキリした
レースだったと思います。
注目すべきはゴ ールドドリーム、
コパノリッキーという人気上位馬が
揃って大敗に終わったこと。

ゴールドアリュール産駒が揃って
大敗したということです。
特にコパノリッキーはこれで
3年連続の大敗。このレースに全く
適性がないことがハッキリしました。
同時に、フェブラリーSで走る
ゴールドアリュール産駒が、
このレースと適性がズレている
ということも。
東京ダ1600で行われるフェブラリーS
では、どちらかというとスピード
や瞬発力といった、やや芝っぽい
要素が問われるところ、
このチャンピ オンズCでは
1800~2000前後の中距離ダートの
適性、すなわちある程度のスタミナ
とパワーが必要になってくると
考えられます。

フェブラリーSを連覇した
コパノリッキーを筆頭として
ゴールドアリュール産駒が能力を
発揮しきれないのでしょう。
『スタミナとパワー』
来年以降のこのレースでは、
そんなポイントを頭に置いて
予想した方が良さそうです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

sutarion1014さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。