2010-10-18 00:55:02

エネルギー供給系 ~有酸素系~

テーマ:スポーツ科学
ATP再合成するためのエネルギー供給システムの3つ目です!!!






1つ目は、、ATP-PCr系・・・




2つ目は、解糖系・・・




そして、最後の3つ目は 有酸素系 といいます!!!











有酸素系を簡単にいうと、



筋細胞のミトコンドリア内で、



酸素を用いてATPを再合成するエネルギー供給システムです!!!







また、3つあるエネルギー供給系の中で・・・



この有酸素系だけが脂肪をエネルギー源の一つとして利用します!!!









この経路を簡単に表すと・・・



$土居進のTraining Report-101018energy1





脂肪やグリコーゲンが分解されていき、



アセチルCoAとなって、ミトコンドリアの中に入ります!







ミトコンドリアには、いわゆるATPを再合成する工場があります!!!





その工場が、TCA回路電子伝達系です!!!










アセチルCoAは、TCA回路を経て電子伝達系に行き、



その過程の中でATPが再合成されていきます!!!






特に、電子伝達系の最後に必ず酸素が必要になります!



よって、このエネルギー供給システムを有酸素系と呼びます!








有酸素系が3つのエネルギー供給系の中で最も多くのATPを再合成します!!!










ちなみに、なぜ脂肪を燃焼するために



ランニングなどの有酸素運動を長時間することが



勧められているかというと・・・







脂肪を燃焼するシステムはこの有酸素系だけであり、


脂肪が分解されて、ミトコンドリアでATPが再合成されるまで


とても時間がかかるからです!!!












【参考文献】


・勝田茂 編著:入門運動生理学,8-9,杏林書院,1997.

・社団法人日本体育学会 監修:最新スポーツ科学事典,93,平凡社,2006.
PR

コメント

[コメントをする]

1 ■(´∀`)

勉強になります!
いつもありがとうございますm(_ _)m!

コメント投稿

[PR]気になるキーワード