先週の金曜日、3日。

双葉町の方々が避難生活をされている加須 旧騎西高校へ

ECOMONO商品をお届けに行ってきました。


永井機械鋳造×ECOMONO どっちも日記。


お届けしたものは、


トイレや下駄箱など臭いの気になる場所に

使用していただく置き型タイプの消臭・調質剤×20個(約1万円分)。

小さなお子さんや、高齢の方など年齢層の幅が広いことを考え

陶器ではなく割れないカゴタイプを選びました。その中でもダークな

色合いではなく、ナチュラルでかわいらしい、ちょっとでも温かみが

感じられるようなものにしました。


②ローズ・ミント・ラベンダー・ジャスミンのポプリと香玉、そして

人工ゼオライトを加えたサシェ 各香り×15個 計60個(約2万円分)

これは、私が香りのリラックス・リフレッシュ作用というものを意識

しているからかもしれませんが、キャンドルやアロマオイルは使え

なくてもポプリの香りで少しでも張りつめた気分を解放していただき

たいと思い用意しました。タオルや洋服を入れておくケースや枕の下、

もしくは置き型タイプの詰め替え用としてもお使いいただけるように

しておきました。


永井機械鋳造×ECOMONO どっちも日記。


③そして、今回の1番の目的がゼオシート。

当社の人工ゼオライトを不織布に印刷した消臭・調湿シートです。

これは老人ホームや病院のベッドの下に敷いていただくことを目的

として商品化したものです。敷き布団とシーツの間にこのシートを

挟んでいただくだけで、ジメジメとした布団の感触やニオイを吸湿、

消臭します。小さなお子様やお年寄りの方に使っていただくために

こちらを120枚(約12万円分)用意しました。


永井機械鋳造×ECOMONO どっちも日記。


震災からもうすぐ3ケ月です。

日々のニュースでは笑顔が戻ってきたと報道されていますが

私はあまりそれを信じ過ぎてはいけないと思っています。

被災地に残った方々は、日々瓦礫が片付いていく様子や自衛隊の

方々の協力を目にして、「動き=前進」を感じることができると思いま

すが、遠く離れた場所に避難しそこで暮らす方々は、「現状維持」の

まま、焦りや不安などが募り、また違う思いを抱えているのでないかと

想像しています。



永井機械鋳造×ECOMONO どっちも日記。


今回の支援物資の目的は、慣れない体育館での避難所暮らし、

プライバシーの問題など、ストレス要因が絶えない中、「ニオイ」に

関するストレスを軽減するためのご協力でした。


加須市役所に初めてお電話をし、担当の方とお話をした際

室内の消臭や空気感についてどんな対策をされているのか

尋ねたところ、窓を開けておこなう換気のみとのことでしたので

是非、当社の消臭・調質剤を使っていただいきたいと願い出たのです。


ですが、実際商品をお届けに伺ったときたときにちょっと温度差を

感じました。もう少し喜んでいただけたり、皆さんの生活環境のお話を

伺えて、使用方法を詳しくお話しできるのかと思っていたのですが、

正直言って少し悲しいくらい事務的でした。お渡しすると、

「はい、どうもありがとうございました!」「さようならの雰囲気・・・

私の想像とはかけ離れていて、(私の考えが甘いのかもしれませんが)

ちょっと戸惑いました。


とはいえ、何よりも避難所で使用された方々が少しでも、空気感の

変化に気が付かれてさっぱりしたね、ニオイそういえばなくなったね、

なんていう言葉が聞けたら嬉しいです。


頑張ろう、日本!!

AD

コメント(4)