寿司ねっとUSA

サンフランシスコでの
”日々の暮らし”や ”一人ごと”を綴っています
早いもので8年目に入りました


テーマ:

日本の震災発生以来、4月25日の最初のリスト・バンドが手に入ってから一人一人に手渡し始めて300人くらいになった。まだまだ数は少ないが心ある方々が共感してくださり、その輪は段々と広がりを見せている。

今回は3回目のパッケージが届いた。 リスト・バンドも毎回進化している。 今回は赤白のベースに

青文字でWe Pray for JAPAN と入っている。 これは星条旗の赤白青のシンボルを象徴しました。


震災後しばらくは、義捐金や募金目当てのものが多いが、 これからは日本の再復興に向けて

「頑張れ日本」という意識で、これからも一本ずつ大切に配っていこうと思う。 半年1年後を目指してどれだけの人に我われの意識を配る事ができるか、これからが本番である。

ブログを見た方で、手に入れたい方があれば是非ご連絡ください。 出来る限り送るように努めます。

最後に私の活動に共感してくださり、いろいろ援助支援して頂いている千葉のアルペン・ケンさんや

多くの支援者の方々に心から御礼をいたします。 これからもどうぞ宜しくお願いします。

寿司ねっとUSA



3月11日の大地震から早2ヶ月が過ぎようとしている。 月日の経過と共に段々風化してしまうのが

災害にあった地域、人々への意識である。

日本人は私を含めて、良い事も悪い事も直ぐ忘れてしまう特性を持っているのではないだろうか?

忘れた方が良い場合もあるが、決して忘れてはならない教訓もあるはずである。

今後地震、津波の被害の事は時の経過と共に段々人々の意識の中から薄らいで行くことだろう。


しかしこの大災害から立ち直り、復興させて行く中で本当に大変な時期、試練が待っているのはこれからだろう。

地震、津波の本当の被害はこれからだと思う。

震災による電力低下、経済の低迷、国際競争力の低下、国の借金は増える一方で暫く明るい見通しの見えない

日本である。 震災の被害は一部地域に限らず、日本全土を覆う事になって行くだろう。


このような環境に日本が置かれているにも関わらず、政府やマスコミの対応を見ていると危機感など殆ど見受けられない。一般の人々もこの震災は一部地域で起きた災難としか認識できないでいる。

経済の停滞や雇用の停滞、国の財政面での危機は近い将来、一般市民の生活にも直接的にあるいは間接的に影響してくるのは必至だ。


この震災を我われ一人一人が日本の国難として真摯に向き合わなくてはならないだろう。

そして皆で力を合わせてこの状況を打破して行かなければならない。

日本の未来を信じて!



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

Kazさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。