いつか日本のテレビで、紹介していた中国の無人のコンビニ、あっ!これだ、日本が、いかにコンビニ文化と言えども、斬新なアイデアは、中国らしい、テレビでは、支払わないで帰ろうとするとドアが開かない仕組みちなってるはずです。
{D5994A52-F082-459F-92BE-81EDF7B498B5}


ちょっと、買って見る勇気は、ありませんでしたが、5〜6坪の中に商品が、あってガラス張りなので外からよくみえます。

中国では支払いは殆どが携帯の電子マネーです、細かい支払いから、約10万円くらいまでどこでも支払いができます。

日本はまだ、現金を、持ち歩かなくては支払いが出来ないところは沢山あります。

人が沢山いるここ中国でもこうした無人化が進んでいるのですから、これからAIの時代に人間のやれる事はだんだん無くなっていくのでしょうか?

これからこうした無人販売は、物によっては広まっていくのだろうと思います。
2日目の朝は、早朝ランニングから始まりました。
{096C1015-86EB-493D-AF07-554D611CF9E2}

気温23度、どんよりと空は曇りで、いつ雨が落ちてきてもいいような天気です。

6時少し前に起きて、着替えてケータイ、100元(一元=16.5円)だけ持って(何かあった時の為)ホテルの外に出ました。

いつも広州市でここの付近に宿泊しますから、少しは、土地勘は、あります。ホテルの前の川沿いは、公園もあって私のお気に入りの場所です。

散歩、ランニング太極拳や踊り、体操などなど見ることができます。

きょうは、ちょっと足を運んで昨日の夜の繁華街の中程を、上がった公園に行ってみました。

中山公園 と書いてありました、詳しくはわかりませんが、広東省中山市が、建国の父である孫文の故郷でもあることで記念に作られ公園だとおもいます。
{B68F8712-2BFF-4C95-BEAB-53794C88D752}

{3576AACC-1FF9-4090-A278-DFB170E8137D}


階段を、駆け上がると、バスケットコート、一周1kmのランニングコース、トレーニング遊具などがあって、朝早くから散歩やガチランニングなどを楽しんでいる人が多かったです。

中国も同じ様に健康には、注意している様ですね。

また、いつものホテル川沿いに、戻りゆったりと流れる水を見ながら気持ちのいい汗を流すことが出来ました。約1時間のランニングを終え、シャワーを、浴びてさあ!朝のミーティングを兼ねた朝食(飲茶)、そして我々の、重要な仕入先が待つ台山市養殖場へと車を走らせる予定です。
中国は、経済大国でもあり発展途上国?の二面性があります。貧富の差が激しいのも日本とは違うところです。では、環境は?と申しますと、

北京のPM2.5の深刻な問題が、日本でも報じられてますが、私も北京に行った時200m先の視界がぼんやり霞んでいた事を目の当たりにした事を記憶してます。まさに中国の、社会問題となっているのは間違いありません。

そこで、今回の話題は、市内にあったEVの充電機があったのも初めてみまて、車社会の現状を書いてみました。
{172A2FDB-1AE2-4CFA-90D4-BEDDEF756144}


行動を、共にしている現地の人に質問すると、ガソリンと電気のハイブリッドカーを今開発していくよりもすぐに上手く行かないし、時間もかかるので、いずれは電気自動車の社会になるとすれば、合理的に環境に優しい電気自動車に一気に変えてしまいたいと国は思っているようです。だから政策として新たにガソリン車を買うとナンバーを取るのは難しいが、電気自動車のナンバー登録はすぐ出来るそうです。

また、日本でもあった、エコカー減税の様なものを導入して、補助金も出しているそうです。

いいか悪いか、一党共産党の社会ですから、直ぐに法律はかわります。

日本も、いい部分においてはなんでも反対ではなく時代の流れは早いので身のない論争ばかりやってないで、、、❗️やっと決まった事でも時間がかかり過ぎて、既に古い法律になってしまうのではないのでしょか?

国会も空転しているようで、これもいいか悪いかそろそろ前に進んで欲しいと思う次第です。日本はある意味今、国会で議論してることはをみると中国の人からいや世界から平和な国にみえるようですよ。

技術革新はやはり国力です、日本人の技術は、素晴らしいと外国からは認められてるのは事実です。是非リーダーとして引っ張って行ってもらいたいと思います。