BONTAの社長BLOG 

www.surprisenet.jp


テーマ:

最近、

 

人口減少

労働生産人口

有効求人倍率の事ばかり考えてます。

 

 

 

 

知っての通り

福井県の有効求人倍率は全国2位・・・

 

 

 

平成29年2月度
NO, 都道府県 倍率
  全国 1.43
1 東京 2.04
2 福井 1.89
3 石川 1.80
4 岡山 1.74
5 愛知 1.72
6 富山 1.70
6 広島 1.70
8 岐阜 1.69
9 香川 1.66
10 群馬 1.60
11 島根 1.54
12 長野 1.51
12 鳥取 1.51
14 宮城 1.48
15 熊本 1.47
16 福島 1.45
16 京都 1.45
16 大阪 1.45
19 三重 1.44
19 山口 1.44
21 静岡 1.42
21 愛媛 1.42
23 山形 1.41
23 新潟 1.41
25 福岡 1.39
26 岩手 1.37
27 徳島 1.36
28 茨城 1.34
29 宮崎 1.33
30 大分 1.31
31 栃木 1.28
31 山梨 1.28
33 秋田 1.25
34 兵庫 1.22
34 奈良 1.22
36 滋賀 1.21
36 和歌山 1.21
38 青森 1.20
38 千葉 1.20
40 佐賀 1.17
41 高知 1.16
42 埼玉 1.15
43 長崎 1.14
44 北海道 1.13
45 鹿児島 1.10
46 神奈川 1.07
47 沖縄 1.02

 

 直近4月末の調査ではたった2ヶ月で0.5ポイントも増えて1.94倍に深化。

 

 

 

 

 

 

 

 

1年後には東京の2.04倍は越えてくることは間違いなさそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この1位と2位で圧倒的に違うところは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京は人口増加中・

福井は人口減少中って事なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人口数は経済の根本で、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福井県民がお客さんのウチは全然楽観視できないんです(超不安)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからは、日々確実にお客さん・働いてくれる人の確立が減る。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って事は、二乗の法則が働いて4倍大変って事になると予想しています。

 

 

 

 

 

 

 

 今、僕が大きく感じているのは出生率低下からの若者激減でアルバイト確保が年々難しくなっている。

 

 

 

 

 

ウチは社員とアルバイトの比率が3:7(社員:アルバイト)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルバイトをしてくれる子の9割は学生(専門学生・大学生・短大生)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その福井県内の学生数は約9500人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実に少ない、、、少なすぎる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに全国生徒数上位はこんな感じ

 

1位 日本大 66956人

2位 早稲田大 42783人

3位 立命館大 32301人

4位 近畿大 31586人

5位 明治大 30426人

6位 東洋大 29100人

7位 東海大 29008人

 
 
 
 
 
福井で1番は
192位 福井大学 4087人

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ちなみにウチでアルバイトしてる学生アルバイト約70名~100名

(これて福井県内の学生全体の0.8%って考えるとなんか凄い感じがする)

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな福井県は全国に先立って極限の求人倍率と戦う県になります。(福井から県外大学行って卒業し福井に戻って就職するは3人に1人)

 

 

 

 

 

 

ここでしっかり戦略を練り、新たなビジネスモデルを構築し生き残こり事業を成功すれば、大きく全国から注目されるのではないか?

 

 

 

 

 

 

 

「過疎県での企業の生き残りのすべとは!」っみたいな感じでw

 

 

 

 

 

 

 

特に離職率・求人倍率が高い飲食業で生き残れば、

 

 

 

 

 

 

 

 

必ず注目されプラスに働き従業員を幸せに出来るのではないかと日々考え戦略を練っています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

福井医療大学にて学食(食堂)を委託運営しているのですが、

 

 

 

 

 

 

 

実は隣にくっついている売店も運営しております。

 

 

 

 

 

 

 

そこではホリタ文具さんに協力してもらい【HORITAミニ】やお菓子・カップラーメン・アイスなどを販売しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

実は飲食業なので、全く分からない業種の売店運営はしたくなかったのですが、食堂とニコイチって事で運営して見たら、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思いのほか売れる、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも食堂っと同じ売上って・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

学生は頭つかうからか?若いからなのか?

アイスやチョコが超売れる。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

って事でボンタグループでアルバイトしてくれてる医療大学生は今日から売店の全商品、社割で

 

 

 

アルバイト辞めるまで購入出来ます。

 

 

 

 

 

 

ボンタでアルバイトしてくれてる優位性を、思いっきり同級生にみせつけてやってくださいw

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

6月1日から

 

 

 

 

 

 

 

 

酒類の販売価格が統一(大体)されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月1日以降

スーパードライ350mlの缶ビールを購入しようとして

 

ドラックストアに行っても

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スーパーに行っても

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンビニに行っても

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

amazonに行っても

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街の酒屋さんに行っても販売価格は同じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

酒類の店頭販売に特化した「やまや」とか一体これからどうするんだろう?

わざわざ値段同じビールを広い店内のやまやに行くのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

価格同じなら、どこにでもあって便利で入りやすいコンビニ行って買うでしょ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

やまや・スーパー・ドラックストアは酒類だけポイントカード20倍とかで回避するのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それしか対策ないような気がする・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、上記と同じく卸し(BtoB)の卸し価格も同じになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きい飲食店は酒屋からお酒を大量購入しスケールメリットを活かし安く仕入れを出来ていましたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月1日以降これが出来なくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんだけ買っても安くなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

資本主義社会で競争を無くしたら終わります。

衰退していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今のところ、6月1日以降、混乱を避ける為か、めんどくさい抜け道のリベートでのバックを作り、仕入れ金額はさほど上がらないように金融庁は気を使ってくれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、今後は規制が強くなることは間違いなく、リベートへの根拠づけが厳しくなり段々と店頭販売価格の標準化していく事は間違いないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後を簡単に予想してみると、

 

 

 

 

 

 

 

 

スーパーやドラックストアは酒類の販売はポイントカードで価格をカバーし何とかやりぬく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンドユーザーがお酒を唯一安く買える(飲める)、激安で酒類を販売している飲食店は人気が出る!

 

 

 

 

 

 

 

しかし、リベートへ規制が出た瞬間に安売りが絶対に出来なくなり衰退。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポイントカードが唯一の生き残りの手段

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポイントカードにも消費者の欲求を満たす限界があり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビットコインの様な仮想通貨(ウェブマネー)がポイントカードの役割になり仮想通貨が更に当たり前(身近)になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、飲酒へのハードルは高くなる一方になり、気軽にお酒を飲む事が減り若者の酒離れは加速・・・・

 

 

 

 

 

社内での飲みにケーションは更難しく、ジェネレーションギャップは拡大し年配さんたちはストレスMAX(でもストレス発散出来る酒類は高い)

 

 

 

 

 

 

 

 

って書いてて不安材料ですぎて書くのここまでにしておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。