タイトルは、某ボクシング漫画の名古屋のカウンター使いのものです。

えぇ、しかし待っていましたね、これを。

少なくても5年以上。

 

とうとう偏頭痛が消えました。

20年以上続いたと思いますけれどね。

特にここ5年は半端な頭痛じゃありませんでした。

残るは緊張性頭痛ですけれど、これもかなり緩和されました。

 

結局、主犯と言いますか、残った原因はやっぱり治療中の歯でした。

今の歯医者さんの前に通っていた歯医者が、なんと根の治療に失敗していました。

根の先端に、ファイルと言われる歯髄を除去するための金属道具が、ちぎれて残っていた!

根の曲がり方が凄かったからだろう、と説明されましたが、その後にもう一度ファイルを突っ込んだらしく、そのせいで根の横壁に穴をあけて、そこからばい菌が拡がった。

「3DCTがないと分からなかったと思います」

だそうですが、全ての歯科医に導入を義務付けるか、じゃなければ分担制にするとかして欲しいですね。

結局、銀歯の時も電磁波除去とOリングテストが全然できなくて、それが出来る歯科医に診てもらっていました(銀歯は終わってませんが)。

全ての歯科医院に、電磁波施設と3DCTとマイクロスコープと高濃度次亜鉛水の設置を徹底できないなら、分担制におし!

 

まぁ、歯の根っこが砕けていましたので・・・

抜歯することになりました。

抗生剤と塩化亜鉛による炎症焼きをしたところ、ずっと消えなかった偏頭痛が遂に消えた・・・

左目の視界が広がって、明るさも2段階位明るくなりました。

電磁波とpm2.5等から来るアレルギー症状も、40~60%位低減されました。

 

後は、白内障の症状ですけれど。

白内障とは、目がかすんだり、視力が落ちたり、かゆくなったり。

水晶体が濁るのが原因のようですが。

要するに、近くに炎症があって、熱で水晶体のタンパク質が変化してしまうのが原因のようです。

今回その炎症を除去しましたので、タンパク質の変化は無くなります。

問題は治るか?ですが、こればっかりは経過を見てみる必要があります。

グルタチオンを投入しているので、炎症が消えた以上は治り始める、と思うんですけれど。

 

もう一つ待望の葉酸。

Folic AcidではなくてFolateの方です。

遂に届きましたので、早速グルタチオンと併せてみました。

身体があったまってきまして、肩こりが驚くほど軽減されました。

明らかに、血流が全然違って、頭の霧が晴れてきました。

体感で、30%は減りましたね。

 

メチレーション回路は3つの回路で構成されていますが、取りあえずまだ様子見は必要ですけれど、3つとも正常に動き始めたようです。

問題なければ、クエン酸も投入してクエン酸回路も回します。

 

しかし、多分小学生か中学生頃から、やっぱり人とはだいぶ違う環境と言いますか、脳の状態だったと思いますね。

上咽頭炎は中学生の頃にはなっていて、頭がロックされる=頭に霧がかかっていました。

社会人に成ってから、24歳位には既に首の左側に謎の電撃が走っていました。

つまり、銀歯と今回の歯髄炎の問題は、相当古い問題だったかもしれません。

うつ病だ、躁うつ病だ、などと散々言われましたが(高メチレーションと言う事は、ある意味正しいかもしれませんが)、主犯は歯だったようですねぇ。

ついでに喘息というか肺炎と言うか、それらしい症状も消え始めましたし、鼻炎も消え始めました。

 

これはシステム屋だから思うのですけれど、基本的には人体とは適切な栄養を適切な量補充すれば、適切に動くと思っています。

そして異物(銀歯、電磁波、眼鏡、ペースメーカー、骨折時のボルト、pm2.5、花粉など)を減らせば、副腎、肝臓、腎臓、小腸の負担が減ると思っています。

人体はシステムだからです。

 

長年私の身体は諸々の病状に悩まされてましたが、特に頭痛と眼精疲労と鼻炎が酷かったです。

結局、下記の病状になるだと思いますけれど、病院に行っても多分治らないのだと思います。

1.頭痛(偏頭痛と緊張性頭痛)

2.眼精疲労

3.鼻炎

4.喘息 or 肺炎

5.上咽頭炎

6.重金属汚染

7.歯髄炎

8.自律神経失調

9.腸カンジダ

10.リーキーガット

11.副腎 + 肝臓 + 腎臓 機能低下

 

起点となったのは6と7なのですが、2018年4月現在ではまだ90%以上の歯科医が対応できないと思います。

対応というより、分かることすらできない筈です。

更に、上記の1~10を

6 & 7 → 9, 10, 11  → 3, 5 → 1, 2, 4

と追える医師は殆どいないと思います。

Google先生に聞いてみても、そう言う事が出来ていると思われる病院は、全て保険対象外です。

 

私は東洋医学の

・脾 → 肺 → 腎 → 肝 → 心

・氣、血、水

・陰、陽

・虚、欠、滞

から入りましたが、これを西洋医学的に当てはめるところがかなり苦労しました。

今は自分の体の中で、どこかどうなっていて、結果的にこう言う症状なので、どれどれの栄養素を補充 or 削って、どこの病院でどこを見てもらえばよいか?がある程度組み立てられるようになりました。

1年位かかってますねぇ。

それに、多分一生かけて向上していかないといけないんでしょうね。

 

時に、今日はWW3(第三次世界大戦)について書こうかと思ったのです。

今世界中がWW3について報道中です。

何しろ、米国の大統領がロシアの大統領に向かって

「これからミサイルを撃ち込んでやるから待っていろ」

「全て撃墜してやる」

とやっているんですから、米ロ正面衝突に成るのか?

とシリアにアンカーを派遣して、連日連夜特集組んでます。

 

まぁ、もう撃ってしまったんですけれど、これでトランプ大統領にとって最後の障害がプーチン大統領だとはっきりした訳です。

何しろ、習近平は既に完全降伏してしまったので、今トランプ大統領にたてつくのは米国内(笑)以外では、プーチン大統領のみ、と。

しかし、プーチン大統領を説得できてしまう人物が一人だけいて、なんとそれが安倍首相な訳です。

何故なら、G7でロシアに経済制裁を課していないのは、日本だけ。

日本が制裁に加わると、ロシアは真面目に終わりです。

中国は既に降伏していますので・・・

その日米首脳が会談を行う訳ですので、これはとんでもないことなのです。

ついでに、トランプ大統領は何故か安倍首相の言う事には耳を傾けます。

中間選挙の前に、北朝鮮にしろシリアにしろTPPにしろ、成果が欲しいところですので、この会談はとても重要なわけで、世界中が注目しているのはそう言う訳です。

 

と言うことで、きっとテレビや新聞でも日米首脳会談特集とか、シリア爆撃特集などがされていて、間違っても「モリカケ」ではない、筈と。

思うのですが・・・

ここ最近、「モリカケ」と「イラク日報」問題で、内閣府と財務省と防衛省が機能不全になってますよね。

もって、どういう意図を持って騒ぎ立てているのか、犯人の正体も含めて明白な気はするんですけれど・・・

取りあえず散文的にー2

テーマ:

歯髄炎に関して、耳鼻咽喉科の医師に相談したところ、ジスロマックを処方してもらいました。

本日で三日目なのですが、それなりに効き目が出てきました。

ラジオやニュースを聞きながら、普通にプログラミングの勉強とかもできるようになっています。

外に出ると眼がアレルギー反応を起こして、シバシバする時があるのですが、どうも電線に反応している模様。

電磁波過敏の症状が出ているようで、小腸の悪玉菌が増えているのが原因?

 

歯髄炎から来る脳へのダメージが酷い時は、正直小腸の環境とか考えてる余裕がありません。

インスタントラーメンとかレトルトカレーとか、冷凍食品に頼ってしまうし、薬すら飲めなくなります。

薬を飲み始めたり、野菜とか切り始める時は、歯髄炎からのダメージが減っている時ですねぇ。

AWS上に新しい環境を作って、プログラミングの勉強を再開しているんですが、自宅のマシンがあまりにも貧弱でちょっと辛すぎる。

CPUはi7の最新版に、メモリは32GBに、SDDは750GB位にしたいです。

予算を溜めなくては・・・

 

明日いよいよ歯髄炎を治しに行く(治る筈!)のですが、本当これが最後にして欲しいですね。

頭痛が消えて、電車の中で目があけていられるようになりたいものです。

で、昨日の続きのようなものを。

 

1.米中貿易戦争による不況

→もう決着つきました。二日間戦争でしたね。

2.米北戦争?

→シリアで爆撃?石油の値段が上がり続けてます。

3.官僚の問題

→完了

4.ITレベルを向上中?

5.副収入を増やし中?

 

1.米中貿易戦争による不況

→中国は4/11(水)に全面降伏しました。2日間戦争?トランプ大統領のtweetから数えると、1カ月位でしょうか?

 →米国からの輸入拡大、自動車関税引き下げ、知的財産権の保護

  →支那大陸から海賊版の製品が消えるイメージがどうしても想像できませんが、戦争自体は終了

   →習皇帝の権威失墜による三国志開幕が早まる気がします

 

2.米北戦争?

→毒ガスだけは使ってはいけない、使うとミサイルをぶちこむとトランプ大統領が宣言

 →シリア軍とみせかけてロシアが使った模様で、トランプ大統領が「これからスマート(賢い)なミサイルを打ち込むので待っていろ」と

  →原油価格の上昇が止まりません。ガソリン代は私は関係ないけれど、電気代は上がりそうです・・・

 

3.官僚の問題

→モリカケとかもう止めてほしい

 →「首相案件」とは当時「構造改革特区」とか何とか特区のことを「首相案件」と呼んでいたらしい

  →そもそも関連法律に「首相が先頭に立って行う」という趣旨が書かれているらしいので、違法なことはなにもない

   →第一賄賂を貰ったとか指示を出したとか、証拠が何もない。普通証拠をつかんでから追求します

    →賄賂を貰っていたらアウトですが、指示を出しても不法ではない

     →そんなことより、防衛とか貿易とか土砂崩れとか景気対策とか、さっさとやって欲しい

 

4.ITレベルを向上中?

→次の職場のための予習ではあるけれど、自分用のAWS環境を整えたのは、1mmほどの前進

 →結構linuxコマンドを忘れていたのは、歯髄炎の所為にしよう・・・

 

5.副収入を増やし中?

→ガンプラの素組が増えつつある

 →歯髄炎のため素組で精一杯

  →最もスマートなザクである「MS06-F2」の資料を見て、諸々形状変更の妄想はする

   →なんでも「HOBBY JAPAN」の長谷川氏作例とやらが究極の見本らしいが、はるか昔の話で資料がない・・・

    →個人的には「GUNDAM WEAPONS」の「伊世谷氏 ノイエン・ビッター少々専用機」が究極のF2と思われる

 

えー、後は音楽を聴き始めたり、小説を読み始めたり、し始めました。

今読んでいるのは「水滸伝」ですが、宋江と史進だけは覚えてました。

読んだのは中学生の頃だった気がします・・・

 

今はかなりの高メチレーション状態なので、不眠がちょっと辛いですね。

歯髄炎とって、葉酸摂ったら、何とか中立に戻って欲しいです。

取りあえず散文的に

テーマ:

えー、そろそろ財政的にやばいので、働き始めるのですけれど。

いかんせん、歯髄炎が治まらない限り、中々頭が廻りません。

ので、最近思っていることを散文的に書いてみます。

自分の頭をある程度まとめてみるためにも・・・

本来は政治経済ブログの方に書くんですけれど・・・

 

私の趣味の一つに、政治・経済がありますけれど、これは人生に直結するものでもあるので、それ故?かもしれません。

で、今年は結構大きな動きがありそうなので、諸々備えようと。。。

ざっくり思っている大きな動きは下記の通りです。

 

1.米中貿易戦争による不況

→収入・貯蓄を増やしましょう

2.米北戦争?

3.財務省問題による減税?

 

1.米中貿易戦争による不況

 1)米国の親中派のエリート達は、中国が経済発展すると民主化が進んで、米国のようになると考えていた

 →完全に否定されて、習近平皇帝が誕生し、完全独裁国家になりました

  →皇帝とは、総書記の任期を撤廃して事実上、共産党王朝の皇帝となったことを指します

   →普通に考えると、皇帝誕生は中国の富国強兵化が完了したことを指すように思われるが、支那大陸の場合はむしろ王朝の危機を指す

    →つまり、そろそろ易姓革命が起こって、現在版三国志が開幕される

     →習近平が霊帝で、共産党政治局常務委員が十常侍、5大軍閥が董卓、袁紹、袁術、劉表、劉延と言ったところか

 2)米国の親中派のエリート達は失脚し、今は対中強硬派がメインになりつつある

 3)米中経済戦争はWTOを完全に無視して始まってしまったので、泥仕合になるが、初めから中国に勝ち目はない

 4)日本は米中と言う巨大市場が縮小するので、大打撃を受けるので、G20等で交渉の場を設けたりするはずだったが、モリカケ問題でそれどころではない

 5)鉄鋼関連で米国が制裁を科したのは、FTAを結んでいない国々で、日本にも交渉しろ、と来ているが、モリカケ問題でそれどころではない

 6)どう考えでも景気は悪化するので、減り続けている可処分所得はさらに減る筈

 7)なので収入・貯蓄を増やしましょう。私の場合はIT関連は特殊技能なので、そちらに関しては現状維持か上昇する。健康さえ問題なくなれば、上昇に転じるので、後は副収入を増やそう。

 8)ついでに言うと、モリカケ国会の破壊力は凄い。数字で実感するのは、来年以降と思われるが。。。

 

2.米北戦争?

 1)トランプ大統領は人事を刷新して、対北強硬派と言うより対中強硬派を入れている

 2)ボルトン大統領補佐官が誕生した瞬間に、金正恩は「千年の敵」中国に、全てのプライドを捨てて泣きついた

 3)米国はシリアから軍を撤退させる。米軍は昔「2正面」作成を実施していたが、今は「1.5(1.2では?と思う)正面作戦」であり、シリアから撤退すると、残る1正面が朝鮮半島に成る可能性がとても高い

 →米国にとって問題なのは、在韓米軍と家族であり、家族が引き揚げ始めると北が戦争を察して暴発してしまうので今のところ困っている

  →米国は中露を信用していないが、露が金一族の亡命を受け入れ、中が北朝鮮を支配する、と言う裏取引はできている、と言う話はある

   →韓国はどこからも信用されていない

    →構図としては日米対北になっている。トランプ大統領は北と会談する前に、安倍首相にだけは会う

     →しかしここでもモリカケ問題がかなり足を引っ張っている。安倍首相はこの問題に割くべき時間をモリカケに取られている

      →日本では本来シェルターを設置し、避難訓練がされるべきであるが、そんな話はさっぱり聞かないし、原発付近に迎撃用ミサイルが設置されていることを願うが、されているだろうか?

 4)この問題には私には対処不可。精々在宅勤務とかにできれば、安全と思われるところに引っ越してリモート勤務で回避する、位か。しかし、どこが安全なのかが分からない・・・

 

3.財務省問題による減税?

 1)例えば復興増税。復興事業(復興事業とは具体的にどういう内容?定義は明確なのか?)は殆ど終了し、公務員や国会議員は払っていないのに、国民は払い続けている。企業も払っていない、と言う話もある・・・

 2)消費税を8%にしたおかげで景気は劇的に悪化した

 3)政府の財政収支均衡化とやらを目指して、政府の支出は殆ど増えていない。毎年40兆円ほど?不足している計算。

 4)これらの背景には統計的な数字がこれこれなので、と言うのが財務省の主張だった。しかしながら、文章書き換え問題で、そもそもその資料は信用できるのか?というかなり根本の問題が問われるようになってしまった。

 →因みに、2018年01月現在辺りで、「国の借金」と言われている政府の借金は、日銀が長期保有で400兆円近くもっているため、その分を差し引く必要がある。

  →何故なら日銀は政府の連結子会社なので、決算をする際には、400兆円(短期も入れると500兆円?)分を相殺している。親会社の負債と子会社の資産なので、連結だと相殺される。

   →ポール・クルーグマン氏や高橋洋一氏などは、日銀保有分の国債はチャラにするべき、と主張している。チャラにしてもまったく問題ない

 5)今回の文章書き換え問題で財務省の問題点は浮き彫りになったので、これを機にきちんと改革して、ついでに減税も実施して(不況の時に減税するのは普通です)欲しい。

 

取りあえず、歯髄炎を治して、収入・貯蓄を増やして、安全なところに退避する(物資とかも溜める)、か。

2018年の最大の問題は、米国発の自動車サブプライム・ローン・ショックだと思ってました。

もう延滞率が危機的水準を超えてますが、米国で自動車が使えなくなったら、経済活動はどうなる?が疑問で、「きっとUberがなんとかするんだろう」と思って、Uber株を買おうと思ったら、そもそも上場していない、と言う落ちがありましたが。

Uberがあっても、それなりに経済的打撃があって、日本の輸出も減るのでやっぱり不景気になるか、と思ってました。

まさか米中経済戦争が勃発するとは。

 

と言う事で、私は歯髄炎を治して、システム屋として技術力をさらに磨きつつ、リモート勤務を目指しながら副収入(取りあえずガンプラ製作から!)を増やしますが、皆様も何らかの対策を・・・

と言うのは釈迦に説法ですね。。。

あぁ、一日も早く歯髄炎が治りますように。

これが治らないと、一歩も進めない・・・

未だ治らざる奥歯・・・

テーマ:

先週の金曜日辺りから、左上の奥歯の奥?が再び痛み出しました。

ズキン、ズキン型の痛みです。

これ、痛いのも問題なのですが、それ以上に眼にアレルギー反応が出るのが辛い。

例えば、痛みが酷い状態で電車に乗りますと、私は眼を開ける事が出来ません。

電車内の空気は、かなり色々微小物質が含まれているようです。

しかしながら、歯科医に通院して、治療後に載る電車内では、眼を開けていられます。

 

要するに、歯髄炎と言う訳です。

しかし、もう何度目か分かりませんが、私の言い分は「だって今その歯を治療しているんでしょう!」です。

一番初めは、少なくても二軒の歯医者に診てもらって、発見すらできませんでした。

二回目は、痛いと言っているのに診てすらもらえませんでした。

三回目は、治療を実施はしてくれましたが、三本ある神経の内、一本しか治療してくれませんでした。

四回目は、三本の内二本を治療してくれましたが、残りの一本に実は問題があった!です。

ぶっちゃけ、好い加減にしろ!と言いたいです。

初めに撮ったCTスキャンを見ると、その一本はかなり厳しく曲がっている根でした。

で、三回目に治療した歯医者は、何とカーブの途中で根の側壁に穴をあけてしまっていました。

カーブがきつすぎたのかもしれませんが、勿論理由にはなりません。

根の最深部は全く手つかずの状態で、そこに雑菌が溜まって膿んでいると思われます。

少なくても、炎症は凄いですので。

 

まぁ、何と言いますか、マイクロスコープの普及率が2018年4月現在、何%かは知りませんが、いくら何でもあんまりです。

問題は、これ歯痛とかではすまされない、と言うところでして、何しろ脳と眼と鼻のすぐ近くに炎症ができてしまっています。

当然、脳と眼と鼻にかなりの影響を及ぼしてしまっています。

かつばい菌が歯の根から血液に入ってしまっていますので、全身に散ってしまったばい菌を殺すために白血球がデスマーチを実施中です。

これはアレルギー反応として、血液検査に出ています。

前に書いたかもしれませんが、アルツハイマーやパーキンソン病もこのばい菌と言うか、真菌類が原因らしい、と2018年現在では言われています。

そう言う症状は確かに出ていますので、グルタチオンを投入している訳ですが、根源である歯髄炎が消えない限り、穴の開いた桶に水を注いでいるようなものです。

 

後、残りの栄養素は葉酸なのですが、初めに投入したネイチャーメイド製の葉酸、Folic Acidはやはり駄目でした。

漢字で葉酸と書くものには実は二種類あって、「Folic Acid」と「Folate」です。

「Folic Acid」は体内に入ると、栄養素と酵素を使って「Folate」に変換され、これが実際に血液を通して供給されます。

問題は、「Folic Acid」 + 栄養素 + 酵素 = 「Folate」の変換がしにくい体質の人で、私は正しくこれのようです。

原因は栄養素と酵素が不足しているからでしょうけれど。。。

 

と言う事で、「Folate」到着までの数日間は、お手上げです。

と言うより、歯の治療が終わるまでかも知れません。

両方が来てから、また更新すると思います。

 

ところで、DAZNに加入してF1を見ているのですが、やはり良いですねぇ。

野球とかサッカーも見れるのですが、私はさっぱり分からないので見てません。

欧州サッカーは面白い、と良く奨められるので、治ったら検討するかもしれません。

 

今週行われたのはバーレーンGPで、結果はフェラーリが優勝、2位、3位がメルセデスでした。

最後の数週は1秒以内で1、2位が争っていましたが、あれはボッタス(2位のメルセデスの人)が勝つべきでした。

ベッテル(1位のフェラーリの人)はソフトタイヤで36周走り、ボッタスはミディアムタイヤで32周程度だったと思います。

つまり、最後の10周位かけてベッテルを揺さぶるだけで、ベッテルはタイヤが駄目になるので勝てた訳です。

実際、ベッテルは最後の数周はタイヤが完全に死んでいた、と言ってます。

素人が勝手に思うだけですが、ボッタスはもう今シーズンチャンピオン争いは出来ないと思います。

 

4位にトロロッソ・ホンダが入ったのは驚きでした。

トロロッソは、元々ジェームズ・キーと言う天才デザイナーが居て、開幕数戦はかなり活躍します。

4位は出来過ぎですが、今回はレッドブル二台とフェラーリ一台が脱落したので、実質7位ですけれど、トップチーム以外の最高と言う事に成ります。

これは本当にすごい。

逆に、ホンダと変な因縁になってしまったマクラーレンは予選はQ2で最下位、決勝では7,8位とかなり遅かったですね。

散々ホンダのことを悪く言っておいて、「俺たちのシャシーは凄い」と言っておきながら、この結果ですから、流石に反省するでしょう。

因みに、私はマクラーレンファンですので、ホンダのことは良くは思っていません。

但し、マクラーレンも結構酷いと思ってます。

 

今回、トップ3チーム、と言ってもフェラーリ一台とメルセデス二台しか残りませんでしたが、に周回遅れにされなかったのは、たったの三台。

マクラーレンは、少なくても周回遅れにはされないようにしてほしいです。

と言うか、今年が終わるまでにはトップ3チームから20秒以内でゴールして欲しいですね・・・

本日は、AQIが100を超える程度の時間に、外を歩いてきました。

http://aqicn.org/here/

上記は大気汚染度を数値化して、表示してくれます。

AQIが90を超えると、私は眼がかゆくなる、頭が重い、等がでてきます。

 

体感的に、症状は半減したようです。

たった一日で、と言うのは流石に変だと思いますが、バランスが改善されたものと認識します。

今月は中旬まで自宅に居ますが、掃除や洗濯、料理までやり始めましたし、サプリもしっかり飲み始めました。

プログラミングの方も再開し始めました。

尤も、まだ機械学習のロジックなどは頭に入ってきませんけれど・・・

今はSpringにMyBatisを入れて、MySQLのデータを取得するところの復習です。

参考書のソースコードは今一で、自動生成でDaoやEntityを作る、あるいはmodelやpersistenceのpackage構成などの箇所がすっぽり抜けています。

 

で、再度耳鼻科に行って頭の中の炎症を焼いてもらいました。

たまたま患者さんが殆どいなかった(いつも1時間半は待つのに!)ので、先生から多少お話を伺えました。

混んでいる時は、3時間位ぶっ通しで患者さんを診ていると、凄い疲労が溜まる。

これを気を付けないといけないのだよね、と。

 

えー、私はPCを一日最低でも12時間は見てますね。

しかも、結構ぶっ通しで。

キャパオーバーの上に連続しすぎで、眼精疲労は当然か。

かつ、ヘッドフォン使用なので、耳もダメージを受けてるんですね、きっと。

 

職業がシステム屋ですので、どうしてもPCは見ないといけませんし。

ニュースの類も全部PCから仕入れます。

ついでにdaznに加入して、F1も見るようになりました。

息抜きは、huluかd-videoで海外ドラマを見る、と・・・

眼と耳は毎日拷問ですな・・・

ちょっと眼と耳の休憩方法を考えないといけません。

どうしても、何かを読んで(あるいは聴いて)いないと発狂してしまうので、眼と耳を休めるのが大変難しい・・・

 

今日は2回ほど、昼と夕方に寝落ちしてしまって、今はちっとも眠れなかったので、どうしよう、というところです。

もうちょっと頭がはっきりすると、ガンプラが弄れるようになります。

この靄がかっている頭は、多分リーキーガットと腸カンジダが原因だと思いますので、このまま治療を続行。

今週は就活やら、他の財政周りの手当やら、諸々気を使う事が多かったので、以降はお休みか。

 

丁度週末にF1バーレーンGPがあるので、それを楽しみにしておきます。

私が見て居た時は、ナイト・レースは無かったので、非常に楽しみです。

尤も、走る前から殆ど結果が分かって居る、ってのも昔はなかったですねぇ。

今はテスト禁止なので、シーズン開幕以降にチーム間の力量がそこまで変わることはありません。

 

A.トップチーム

メルセデスAMG、スクーデリア・フェラーリ、アストンマーティン・レッドブル

 

B.中団Aチーム

ハース、ルノー・スポール、マクラレーン

 

C.中団Bチーム

サハラ・フォース・インディア、ウィリアムズ・マルティーニ、レッドブル・トロ・ロッソ

 

D.最下位

アルファロメオ・ザウバー

 

予選の順位も上記の通りで、決勝の結果は多少シャッフルはされますが、A~D間の間で入れ替わりは、余程特殊な条件がないとありません。

前回のオーストラリアでは、マクラーレンがレッドブルを一台うち破りましたが、2秒速くても抜けないコースだからです。

ついでに、今年のマシンにはヘィローと言われる、恐ろしく不恰好なガードがつけられています。

あれは本当に醜い・・・

しかし、マシンとしては史上最速である上に、ウィングとかバージボードやサスペンションレイアウトも、前に診ていた2000年とは比較に成らないほど複雑に進化していて、見ていて大変刺激を受けます。

エンジン音は・・・まぁ、エコな時代ですから仕方がないのか・・・

V10エンジンの音が懐かしいですねぇ・・・

でも、アストンマーティンとかアルファロメオとか、こう言う名前がでてくるのも復古的で良いですね。