ベルズ

テーマ:
アナログゲームの紹介シリーズ、今日はベルズです。
磁石がついている棒を持って、たくさんある鈴(ベル)を選び、磁力でくっつけて取るゲームです。

Bellz A Positively Magnetic Game 磁気ゲーム [並行輸入品]/Wiggles 3D

¥価格不明
Amazon.co.jp

棒についている磁石の磁力がかなり強いので、取るつもりがなかったものまで吸い寄せてしまうことがよく起こり、思わぬ事態に盛り上がるようです。
このゲームでは、取りたい鈴を決めて、それを見ながら手に持つ棒で取りにいく動作から、目と手の協応運動の練習ができるそうです。

ゲームのルールなどは下記のリンクをご参照ください。

すごろくや
ゲーム紹介 ベルズ


オルオルハウスかすみ
2月24日アナログゲーム療育レポ♪


:Written by Imaoka














AD
アメリカのテネシー州にあるテーマ・パークドリーウッドは、園内に発達障がいなどの子どもたちが静かに休むことができる専用の部屋を作っています。

これはアメリカでも珍しい取り組みですが、当事者とその家族に好評のようです。

その部屋には、ひとりで落ち着けるテントがあったり、くつろぐためのソファが置いてあります。

テーマ・パークで遊ぶというのは楽しい非日常ですが、それは時によって自閉症や発達障がいのお子さんのストレスになったりひどい興奮をもたらしたりするかもしれません。思いがけないことに出会ってパニックになることも考えられます。
そんな時にはこの部屋をカームダウン・エリアとして訪れ、しばらくの間部屋で過ごすことで、また楽しい遊びを再開することができるのです。
親御さんやごきょうだいにとって、この部屋があることで助かるとの声が聞かれています。

日本国内のテーマ・パークには障がいのあるお子さん達が楽しめる日を決めるという対応が行われている場合があります。
しかし、このような部屋がもしあれば、日程は自由に決めて遊びにくることができますね。

たーとるうぃず
「落ち着ける部屋」がある米テーマパーク


:Written by Imaoka











AD

カタン

テーマ:
カタン スタンダード版/ジーピー

¥4,104
Amazon.co.jp

アナログゲームの紹介シリーズ、今回はカタンです。
このゲームはかなり人気のある面白いゲームのようです。
日本公式サイトがあります。

日本カタン協会公式ホームページ

資源を使って家や道を作るゲームで、対象年齢は10歳からです。
ざっくりどのようなゲームかというのは、下記のページでご覧ください。

すごろくや
ゲーム紹介:カタンの開拓者


ゲームでのプレイを通して家や道を作るのですが、舞台になるのは島なので、資源が限られています。
資源を使ったり得るために、他のゲーム参加者と交渉をすることになっています。
ここが、このゲームの肝で、療育という面でも注目されるポイントです。
このゲームを療育の場で取り入れた事例は、下記をご参照ください。

知的・発達障害のあるお子さんに「カタン」で療育したケース

:Written by Imaoka












AD