集中連載「発達障害と生きる」

テーマ:
雑誌「AERA」に集中連載「発達障害と生きる」が掲載されています。5回連載の予定です。
内容がネットで公開されていますので、ご紹介します。

現在は2回目までが掲載されています。

AERA 集中連載「発達障害と生きる」
理解が追いつかない「発達障害」と生きる 医師も親も迷っている


AERA 集中連載「発達障害と生きる」
支援学級・学校へ押し出される発達障害の子たち


AERA5/30号/朝日新聞出版

¥価格不明
Amazon.co.jp

:Written by Imaoka







AD

天職を探すサポーター

キャリアコンサルタントとして活躍する梅田幸子氏は、企業からの依頼で面接に立ち会ったり、就職活動をしている人の相談に乗ったりという仕事をされています。
その時々で、企業側の立場になったり、就活する人の側に立ったりと、どちらの考え方にもよく通じ、ひとりでも多くの人がよりよい職場に巡り合えるようにサポートされています。

最近のブログで、発達障がい者の就職・転職のサポートについて書かれていますのでご紹介します。
長くキャリア・コンサルタントとして活動されていますが、かなり早くから発達障がいの方の相談を受けてこられた経験を持ってられるそうです。
著書もありますので、併せてご紹介します。

あなたの天職がわかる 最強の自己分析/KADOKAWA/中経出版

¥1,404
Amazon.co.jp

『天職』で輝こう!
■発達障がい者のキャリア(就職・転職)


:Written by Imaoka






AD
就労支援移行サービスを提供しているウィングルは、ホームページで「職場での合理的配慮ガイドブック」を公開しています。

「合理的配慮とは(誰もが働きやすい職場に向けて)」と題されたページで、合理的配慮の説明、どのように配慮をするべきかの手順や、配慮の例が掲載されています。
そのページの一番下に、
・職場での合理的配慮ガイドブック
・合理的配慮相互検討資料

の2点がダウンロードできるようになっています。

検討資料は、配慮を求めるための話し合いの記録が書ける書式です。
このようなものを用いて、働くためには何が必要か、一度ではうまくいかず何度も話し合いをしていくかもしれませんので、議事録としてこうした書式で残していくことも大事なことかもしれません。

就労移行支援事業所ウィングル
合理的配慮とは(誰もが働きやすい職場に向けて)


:Written by Imaoka















AD