ファスティングマイスター 川口美樹の「視点」

健康のプロフェッショナルがお届けする、目からウロコの健康情報が満載です。


テーマ:
B層

そんな言葉を聞いたことがありますか?

B層

<B層とは?>
2005年、小泉内閣の進める郵政民営化政策に関する宣伝企画の立案を内閣府から受注した広告会社「スリード」が、小泉政権の主な支持基盤として想定した概念である。

スリードの企画書では国民を「構造改革に肯定的か否か」を横軸、「IQ軸(EQ、ITQを含む独自の概念とされる)」を縦軸として分類し、「IQ」が比較的低くかつ構造改革に中立ないし肯定的な層を「B層」とした。

B層には、「主婦と子供を中心した層、シルバー層」を含み、「具体的なことはわからないが、小泉総理のキャラクターを支持する層、内閣閣僚を何となく支持する層」を指すとされる


上記の企画書がネット等を通じて公に流布されたため、資料中に使用された「IQ」という知能指数を示す語や露骨なマーケティング戦略が物議を醸すところとなり、国会でも取り上げられた。

引用 - Wikipedia

簡単に言うと、当時の小泉政権は郵政民営化を実現させるために、

「具体的なことはわからないけど、小泉総理のキャラクターを支持する」人たちに向けて、自民党をぶっ壊すとわかりやすいメッセージだけ刷り込ませて 支持を強めていった、ということです。


このB層の人たちの特徴としては

自分の意見を持たず、
マスメディアなどの情報に操作されやすい人たち


ということがあげられるそうですが、

僕はこの単語を初めて聞いた時、
過去の自分を思い出しました。


マイスターになる前の僕


僕はファスティングマイスターになる前まで
完全にこのB層だったと自覚しています。


もうまさに、自分の意見を持たず、
マスメディアなどの情報の操作されやすい人、でした。


肌荒れにすごく悩んでいた頃、

インターネットで調べた情報を元に皮膚科を決め、
1回の治療に2万円することに何の疑問も持たず、

ニキビに”良さそう”な洗顔料を使っていました。


お医者さんが進めてくれた60mlで5000円もする化粧水を買っていました。



その結果ニキビはほとんど治らなかったわけですが

今考えると、いわゆる専門家、の人のいうことを真に受け

いかに自分が「勉強したつもり」になっていたのだと思います。。。


マイスターになってから当時を振り返ると背筋が凍る思いがします。



当事者の話を聞くことの重要性



話変わって、

以前「公益社団法人助けあいジャパン」という、
福島県の復興事業をやらている財団法人の方にお話を伺う機会があって


今の福島県の状況を聞いてみたのですが、

「いま福島県の人たちが、当事者ではない僕たちに最も望んでいることって何ですか?」

と聞くと、その方は

忘れないことと、何度も足を運ぶこと


とおっしゃっていました。


この時僕は、
「あぁ、またB層だったなと思った」わけです。


僕は復興に関しては、いろんな著名人のTwitterやブログなどを読んで
とにかく経済を潤すことが、僕らが優先すべきことだと思っていたのですが、


現地の人は

忘れないで欲しい

ということを一番に思っていることに衝撃を受けました。



そういう面で言えば、

それこそインターネット上などで
原発再稼働反対のデモをしていた人たちは

自分たちが被災地の声を「代弁している」と信じていたとすれば、
それは思い込みにすぎなかったことを認めなくてはいけないと思います。


被災地の人たちが望んでいることは、

「私たちの代わりに原発再稼働反対を叫ぶこと」ではないからなんです。


”具体的なことはよくわからないけど、こどもの未来を守るために、デモに参加する”



この、具体的なことはよくわからない、状態のまま何かを主張することの危うさは

誰しもが気をつけなくてはいけないことだと思います。


それは、物事の本質を見逃すことになるかもしれないのです。


やはり、当事者でない人に直接聞かないことには、話が始まらないんですね。



これから先の未来、ありとあらゆる場所で

情報を得る機会がどんどん増えてきます。


その中で何がもっとも大事な情報なのか?

それを見極めることができなければ、

情報格差はより一層広まっていくばかりでしょう。


その見極める力、つまり一次情報を取りに行く、という「情報力」こそ問われるスキルなのではないでしょうか??
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
あなたはどんな規準で化粧品を選んでいますか?
値段?効きめ?好きなモデルさんが使っているから?

いろんな規準があると思いますが、
知っておくといい目ききのポイントをお伝えします。

ポイント1:動物実験をしていない

EUでは、全ての化粧品において2013年3月から動物実験をした原材料を用いた化粧品の「販売禁止」が決まっています。 過去に何度も「代わりの方法が見つからない」という理由でこの期限が延びてきましたが、世界の流れは動物実験全廃に動いています。

資生堂もヨーロッパ市場での規制を受けて、動物実験をしないというプレスリリースを出しました

photo:01
世界の流れは全廃なのに、いまだに動物実験をしているということは、それに見合うコストが調達できない、という資金的な面もありますが、

そもそも動物実験をする必要のある原材料を使っている(安全なものはそもそも動物実験しなくてもいい)ということですので、

そういった会社の製品は選ばない方が無難です。

ちなみに、じゃあどう安全性の試験をするのかというと、細胞から培養された人間の肌を使います。 当然ですよね、人間に使うものなのだから人間の肌で試したらいいのに、わざわざほかの動物をつかう理由はないですよね?(^ ^)

ヨーロッパでは動物愛護の観点からも、化粧品以外でも動物実験の廃止を求める声が強くなっています。


また「自社では動物実験をしていません」とうたっている会社でも、原材料を他社から仕入れている場合、その原材料を作っている会社が動物実験をしている可能性があるので、調べる時は原材料の会社までたどる必要があります。


真摯な会社なら電話やメールで意外とすんなり対応してくれます。

結構多いのが「やってないけど、代わりの方法が見つかってないものに関しては例外」というよく分からないスタンスの会社です。

していない会社は自信を持ってしていないといい切ります。なぜならそれが今の日本では売りになるからです。でもいずれ当たり前の基準になっていくでしょうね。


そういった問い合わせへの対応でも、「信用できるかどうか?」を見ることができます。


ポイント2:第三者機関にテストされている


最近はどの会社も製品の効果はもちろん、安全性をうたっています。


「保存料、合成着色料 無添加」 などの表示は増えてきてますよね。
結論から言うと、無添加イコール安全ではありません

そもそも無添加というのは、およその定義は、日本の厚生労働省が20年も前に定めた「アトピーなどの疾患を引き起こすような危険性のある成分」約100種類の成分をいれてません、という事です。


けれど、この無添加に法的拘束力はないようで、いまとなってはただの広告文句になっている様です。 科学の進歩がこれだけ進んでいるにもかかわらず、国の安全性の基準は20年前のものなんですね。

個人的には「保存料を一切使っていません」という化粧品は逆にどうやって保存を効かせるのか分からないので怖いですね(゜д゜;)


化粧品の安全性に関しては、とにかくたくさんの成分があり、安全性の意見も専門家で別れている状態なので、個人の判断では到底真相を掴めそうにありません。


ここで重要になってくるのが、安全性の基準について、
誰かに見張られているというのがポイントになります。


自社で安全性をチェックするだけではなく、誰か利害関係のない、第三者にチェックしてもらい、ここのは安全だよねと認定されているか?

が重要なファクターとなってきます。

自社の中に諮問委員会などを設けている会社はありますが、それではあまり意味がありません。

安全、安全っていうけど、本当なのかい?っていう質問にその会社じゃないほかの誰かがYESを出してくれるところはかなり信用できるのではないかと思います。

ポイント3:口コミを活用しよう


いまでは@コスメなどのレヴューをみて、
商品選びの基準にする機会も増えてきたように思います。

でも実際に使ってみた人のコメントを見ると、
「使用感がいい」や「匂いが好き」などのコメントが多いので、それが安全かどうかの判断はつきにくいです。

それよりも、お知り合いで「明らかに肌が改善した」という体験を持ってる人に何を使ったのかを直接聞いてみるのが良いと思います。
 
 
そういう人には、(僕もそうですが)選び方のこだわりがあり、
けっしてブランドネームや、値段、見た目のデザインだけでは決めていません。

その人が「なぜそこの会社または製品を選んだのか」を聞いてみると、いろんなストーリーがあり、それが納得できるものであれば、試してみる価値があります。

それで使ってみて、「確かに!」と思えればそれはあなたに合った化粧品である、ということがいえるのではないでしょうか?


それくらいの労力はかけよう

化粧品などの日用品は、あなたが生きていく限り一生使い続けるものです。 年をとっても歯を磨くし、シャンプーをすると思います。一生付き合っていくものです。

これは極端な例えかもしれませんが、
恋人やパートナーを選ぶ感覚くらい真剣になってもOKです。


結婚相手を選ぶ時はかなり慎重に選びますよね?
photo:02
結婚相手は信用できるかどうかで決めませんか?

あなたの選ぶ製品も一緒なんですね。
自分が一生付き合っていくものだから、時間をかけてじっくり選ぶだけの価値があります。

これは食品も同じで、あなたの体は普段取り入れているもので出来てくるので、
あなたの目があなたの健康を決めてしまうのです。

結婚相手で人が変わってしまう人もいるでしょう?(^ ^)


安いから、という曖昧な基準で買うのは、
合コンで知り合った人が「なんか素敵そうだったから」結婚相手にする、くらいもったいないことです。

その人の背景や、性格、友好関係、いいところも悪いところもひっくるめて、「付き合っていける」と判断できない限り結婚すべきではないのと一緒で、

企業のストーリーやコンセプト、従業員の質や対応、第三者の意見などによって化粧品を選ぶこともとても重要なことです。



これを機にあなたの買い物を見直してみませんか?
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

薬のイラスト

クスリの定義

最近テレビなどでも、家庭の医学を勉強する機会が増えてきましたね。 先日も、クスリの飲み方を正しく理解しましょう、という趣旨の番組を見ました。

そうなんです。

クスリは「正しく飲まないと危険」なモノ
なんですね。

その大前提が抜けてしまうと、「飲めば、病気が治る治」と間違った受け取り方をしているしている人が多くなってしまいます。

そもそも、クスリとは

1、副作用が発生するリスクのある、
2、用法用量を守らないと危険な、
3、石油を成分とすることで、
4、安価生産による差益と特許料を利益とし、
5、病気を治さずに症状を緩和させる

ものだというのが消費者の正しい定義です(これは医者や薬剤師でも頷きます)。

4番は意外と意識していませんが、主語が患者ではなく製薬会社であることが気になります(ちなみにクスリの特許はほとんど外資がおさえていて、その株主や役員には政治家がたくさんいます。)

クスリは病気を治さない

頭痛


例えば、ロキソニンやバファリンなどの頭痛薬は
脳内の神経を一時的に麻痺させ、痛みを感じなくさせる効果があります。

麻痺しているうちに人間の自然治癒力によって頭痛は治り、そのころ効き目が切れます。 これを「クスリで病気が治った」と人は錯覚するのですが、治したのはクスリではなく「あなた(の免疫なり細胞)」である事をぜひ知って欲しいです。

ですから、痛みの原因を追求しないとまた頭痛が起こるのです。
クスリで頭痛の元が取れるなら、再発はしないはずなんです。

「なぜ痛いのか?」
を追求しないと根本的な解決にはならないんですね。

そしてクスリには副作用があるので、継続的に服用すべきものではありません。

クスリを否定しているのではありません。クスリは症状を抑えるために必要ですし、病気によってはなくてはならないものです。

ただ、それに頼りすぎてしまうのも違います。クスリにはリスクが伴います。だから、出来るだけお世話にならないのがBestです。

「病気になったら病院に行けばいいや」ではなく、「なるべく病気にならないためにどうしたらいいか?」という姿勢が大事なんですね。



病気にならないためには、クスリを正しく使うのではなく、正しく理解するところからはじめてみてはいかがでしょうか?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。