国内最高の人気を誇るモータースポーツ、
SUPER GTのシリーズ第5戦は26日、
宮城県・スポーツランドSUGO決勝レースが行われましたメラメラ
1周は約3.7キロで全81周のレースですビックリマーク
“魔物”ドクロが住んでいると言われるSUGOですが、
やはりレースは波乱の連続でしたえっ



GT500クラスでは昨年の覇者である
本山、トレルイエ組のMOTUL AUTECH GT-R
1時間59分33秒479今季第3戦以来の優勝を飾ったクラッカー
今季2勝目キラキラ


前日の予選で4位につけたMOTULだったが
この日の朝のフリー走行でまさかの違反走行パンチ!
これによりスターティンググリッドを2番手降格される
ペナルティー
を受けてしまった。


しかし6番手からジワジワ追いあげると、
レース中に降り出した雨雨が止み、路面が回復(乾く)しだしたら
一気にペースアップDASH!65週目に前走車を抜いてトップに浮上アップ
その後は後続を引き離し、21秒の大差をつけてゴールした。


2位にはクート、平手組のDUNLOP SARD SC430
3位には道上、小暮組のROCKSTAR 童夢 NSXが続いた。


GT300クラスでは2番手スタートの
HANKOOK ポルシェが逆転で第2戦の鈴鹿以来の優勝クラッカー
今季2勝目を挙げたキラキラ


NSX勢が苦戦すると言われた今回のレースだが
蓋を開けてみればNSX勢は3位、4位、6位と善戦合格
逆にポールからスタートだったHASEMI GT-R
さらに上位からスタートだったKONDO GT-R
雨の影響でタイヤ選択を誤り下位に沈んでしまったダウン
やはり何が起きるかわからない。


次回は8月22日、23日で鈴鹿800キロが行われる。
ほぼ一日耐久レースなだけに、楽しみである音譜


それでは、また音譜音譜

AD

今日からSUPER GT 第5戦SUGO戦
宮城県柴田郡のスポーツランドSUGOで行われました。
25日は公式予選、26日は決勝レースが始まりますメラメラメラメラ



GT500クラスでは
HASEMI TOMICA GT-R
見事PP(ポールポジション)をゲットビックリマークグッド!
第4戦のセパンでの勢いを継続させた格好だ。


続いて2位にはENEOS SC430
3位にはKRAFT SC430勢が占めた。
両車ともここまで不完全燃焼が続いており、うっぷんを晴らした。


4位、5位には好調をキープする
HIS ADVAN KONDO GT-R
PETRONAS TOM’S SC430
両車とも70キロ超えのウエイトハンデながらも
さすがに上位に食い込んだキラキラ

今回のレースで苦戦が予想されるNSX勢の最高位は
ROCKSTAR 童夢 NSXで8位だった雨


GT300クラスでは
HANKOOK ポルシェが見事PPをゲットビックリマークグッド!
2位にはダイシン・アドバン・フェラーリ
3位には80キロ超えのウェイトハンデだったARTA ガライヤ

4位にはポイントランキングを争う
ウェッズスポーツIS350
5位にはセパンで大逆転勝利キラキラを挙げた紫電が入った。


GT500クラスでは上位にウェイトが軽い車が集まり
比較的新鮮な顔ぶれとなった音譜
ENEOS SCKRAFT SCの両SC車は
ここまで不完全燃焼のレースが続いているだけに、
明日のレースが気になるところ。


4位、5位にはポイントランキングを争う両車。
そして毎年SUGOでは苦戦を強いられるNSX勢は
やはり予想通り、公式予選でも大苦戦ショック!
明日も苦戦が予想される。


だがSUGOには“魔物”が住んでいるとも言われ
毎年荒れるレースとなることが多い。
明日の決勝レースは目が離せなくなりそう。


それでは、また音譜音譜

AD

6月20日、21日はSUPER GTの第4戦
「SUPER GT インターナショナルシリーズ マレーシア」
が開催されましたアップ
今回も気候に負けない、熱いバトルが繰り広げられましたメラメラ


KENの日記-第4戦

SUPER GT 第4戦



20日に行われた予選。
そこで強烈な印象を与えたのは、日産のGT-R勢だった。
本山、トレルイエ組の1号車
「MOTUL AUTECH GT-R」
PP(ポールポジション)をゲットグッド!


2番手には3号車の
「HASEMI TOMIKA EBBRO GT-R」
食い込んだ。
今回のレースからはGT-R勢に搭載された
新兵器のエアコン雪の結晶が早速効果をあげる結果となった。


21日の決勝、いきなりトラブルは起きた雷
PPからスタートの1号車がなんと
ミッショントラブルピットスタートとなる波乱。
事実上3号車が先頭でレースが開始される。


先頭を走る3号車を激しく追い立てるのは
18号車の「ROCKSTAR 童夢 NSX」だ。
しかし3号車は2秒のマージン(リード)を保ちながら
周回を消化していく。


30週目に3号車がピットイン。ここでドライバーを安田にスイッチ。
18号車も道上にドライバーをスイッチするが
直後に12号車「IMPUL カルソニック GT-R」
追突されてスピン、これで一気に順位を落としてしまうしょぼん


代わって3号車を追う事になったのは
8号車「ARTA NSX」と17号車「KEIHIN NSX」
しかし2台が激しく争えば争うはどメラメラ
先を走る3号車が遠のいていくばかりショック!



結局3号車は20秒近いマージンを稼ぐことに成功し、余裕の優勝クラッカー
2位は17号車、3位は8号車とNSX勢が続いた。

3号車のロニー・クインタレッリは通算2勝目キラキラ
GT500クラス初年度の安田は嬉しい初勝利を挙げたキラキラ


一方GT300クラスでは大波乱台風
20日にウェイトハンデに関する車両規定違反
予選タイム末梢となり、決勝は最後尾からスタートとなった
加藤、吉本組の2号車「APPLE・Shiden」
決勝レースで先行車を次々と抜いて見せ
終わってみれば大逆転勝利!!クラッカー素晴らしい走りを見せたキラキラ


次戦の第5戦「SUGO GT 300キロ」
7月25日、26日にスポーツランドSUGOで行われる。
SUGOは毎年荒れるレースとなるだけに来月も楽しみである音譜


それでは、また音譜音譜

AD

国内で最高の人気を誇るモータースポーツビックリマーク
スーパーGTのシリーズ第3戦が
5月3日に予選、4日に決勝レースが
静岡県の富士スピードウェイ1周約4.5キロ)で
行われましたメラメラ


シリーズで2番目に長い400キロレース(コース88周)
やや耐久色の強い今回のレースは
前回、前々回と不本意なレースが続いた
昨年王者キラキラが見事に復活を果たしました。



3日の予選、GT500クラスで
ポールポジション(先頭)をゲットしたのは
昨年の覇者の本山哲ブノワ・トレルイエ組の
「MOTUL AUTECH GTーR」
1分34秒622(平均時速173キロ)で2戦連続ゲットグッド!


2位には好調の脇坂寿一アンドレ・ロッテラー組の
「PETRONAS TOM’S SC430」
3位にはラルフ・ファーマン伊沢拓也組の
「ARTA NSX」が食い込んだ。
3メーカーが上位3つを占め、混戦を予想させた。


富士スピードウェイといえば
世界的にも長いメインストレート(約1.5キロ)だ。
だからスピード勝負になってくる。
重量ハンデが重い車は、このコースは不利になってきそう。



5月4日、ついに決勝レースが始まったメラメラ
シリーズ2番目に長い400キロレースは
序盤から息詰まる攻防となった。


1回目のピット作業で1位を快走していた
「MOTUL GT-R」はここで背後につけていた
「TOM’S SC430」まさかの逆転を食らう
しかしピタリと背後につけ、2車の息詰まる攻防が展開する。


動いたのは2回目のピット作業。
ここで2位に落ちた「MOTUL GT-R」
2度目のピット作業では27秒と1回目よりも
10秒早く作業を済ませ、ここで「TOM’S SC430」
再逆転したビックリマーク


1位を奪われた「TOM’S SC430」
最後の最後まで「MOTUL GT-R」の背後まで
追い上げるが、あと一歩及ばず。
わずか0.219秒差ビックリマーク「MOTUL GT-R」が逃げ切った。


2位は前回同様「TOM’S SC430」
3位は「ARTA NSX」が入り、
3メーカーが上位3つに入る結果となった。


日産GT-R勢は今季早くも2勝目キラキラキラキラ
ホームコースだったトヨタのレクサスSC勢は
「ZENT SC430」ウエイトが重く消沈してしまった。
しかし「TOM’S SC430」が2位に入り
なんとか面目を保った格好だ。


一方、ホンダのNSX勢にはなかなか風が吹いてこない
次回6月20日~21日に行われる
第4戦は苦手にしているマレーシアでのレース。
次回も苦戦が強いられそうだけに、
NSXは苦しい戦いを余議なくされそうである。


それでは、また音譜音譜

4月18日、19日に
三重県の鈴鹿サーキットで開催された
スーパーGT第2戦、19日に決勝戦が行われました音譜
僕の当初の予想は、予選でポールポジション(先頭)を
ゲットした「MOTUL AUTECH GT-R」ビックリマーク
だと思っていましたが、レースの終盤に思わぬ波乱が・・・くもり



4月19日に行われた決勝レース。
第2戦の舞台となった三重県鈴鹿サーキット
大規模な改修が行われた後の初の4輪開催レースキラキラとなった。
記念すべきレースだが、ピットでは
改修によりコースの半分ほどの路面が新しくなるなど
情報収集に追われた。


レースの前半を引っ張ったのがポールポジションスタートの
「MOTUL AUTECH GT-R」だ。
2位に4秒ほどのマージンを築き、独走態勢DASH!

それを「ZENT CERUMO SC430」
「PETRONAS TOM’S SC430」
勝利に飢えているメラメラレクサスSC勢、さらには
「IMPUL カルソニック GT-R」が追う展開となり
前半戦が終わる。


ここまで大きなトラブルなく、あまりに淡々としたレースだったが
終盤に思わぬ波乱が待ち受けていた雷
ピット作業で6位に後退した「ZENT SC430」が猛追DASH!DASH!
さらにトップ「MOTUL GT-R」がラスト10周ほどで
まさかのスローダウンダウンダウン原因はタイヤの摩耗か。


2位につけていた「TOM’S SC430」
「ZENT SC430」のレクサス2台が
1位「MOTUL GT-R」をあっさりかわした。
勢いに乗る「ZENT SC430」はそのまま
「TOM’S SC430」もかわして1位をゲットグッド!


その後コース終盤のセクター、シケインのい入口で
3台が絡む多重クラッシュが発生注意爆弾
残り2周だったが、レースが一時中断。
セーフティカーが入り、そのままの順位でレースが終わった。


第1戦の岡山では苦しい戦いを強いられたレクサスSC
「ZENT SC430」「TOM’S SC430」
2台のレクサスが1位、2位を独占クラッカークラッカー
3位は「IMPUL GT-R」となった。


NSX勢はウエイトハンデが重く、意気消沈ダウンダウン
特に終盤ジワジワ追い上げてきた「ARTA NSX」
シケイン入口で起きた多重クラッシュに巻き込まれるなど
運がなかったショック!
鈴鹿サーキットはNSXのホームコースだが、
やはりNSXは鈴鹿で勝てない。


次戦は5月3日、4日富士スピードウェイで第3戦が行われる。
以前好調キープのGT-Rの独壇場となるか!?
それともレクサスSC、NSXの逆襲があるのか!?
早くも楽しみでしかたがない音譜


それでは、また音譜音譜

国内で最高の人気ラブラブを誇るモータースポーツ、
スーパーGTシリーズの今季第2戦の予選が18日、
三重県の鈴鹿サーキットで行われました。
今年から新装キラキラになった鈴鹿サーキットの記念すべき1戦の予選は
激しいメラメラタイムアタックバトルが繰り広げられましたメラメラ


今日は18日に行われた予選結果と
決勝戦の展望を個人的に書いていきたいと思いますメモ



4月18日、三重県の鈴鹿サーキット1周約5.8キロ)で
スーパーGT第2戦の予選(タイムアタック)が行われた。
この予選の結果で、19日の決勝戦のスタートポジションが決まる


そのタイムアタックでポールポジション(先頭)をゲットグッド!したのが
昨年の覇者、本山哲ブノワ・トレルイエ組の
「MOTUL AUTECH GT-R」
1分53秒487平均時速約184キロ)のタイムを叩きだした。


2位は立川裕路リチャード・ライアン組の
「ZENT CERUMO SC430」
3位はロニー・クインタレッリ安田裕信組の
「HASEMI TOMICA EBBRO GT-R」となった。


一方、300クラスでは木下みつひろ景山正美組の
ポルシェ911GT32分3秒836平均時速約169キロ)で
見事ポールポジションをゲットしたグッド!
決勝レースは19日の午後2時から52週で行われるメラメラ



第1戦を観る限り、日産GT-R勢ホンダのNSX勢は好調をキープアップ
特に第1戦で2位と3位をゲットした
「ROCKSTAR 童夢NSX」「ARTA NSX」
安定した走行をしており、今回も優勝争いに絡んでくる可能性は十分。


一方、第1戦で期待を裏切った雷のがトヨタのレクサスSC勢だった。
昨シーズン序盤から新型「SC430」の開発を続けてきたが
第1戦では立川ライアン組の「ZENT CERUMO SC430」
ポールポジションでスタートしながら
タイヤ選択を誤り、6位に入るのがやっとだった。


KENの日記-第1戦

岡山で行われた第1戦はヘビーレインによる対決雨雨
500クラスで唯一横浜タイヤを装着していた
近藤レーシングがぶっちぎりで優勝しましたクラッカークラッカー


が、レースは始まってみないと分からない。というのも
鈴鹿サーキットNSXのホームコースだが
実は相性の悪いサーキットで、優勝したのは02年までさかのぼる。
しかも第2戦からはウェイトハンデ制が導入され
「童夢NSX」30キロハンデ「ARTA NSX」18キロハンデ
と大きなハンデを背負うことになり、苦しくなるかもしれない。


一方、ノーウェイトなのが
ポールポジションからスタートする「MOTUL GT-R」
3位からスタートする「HASEMI GT-R」、さらには
脇坂寿一アンドレ・ロッテラー組の
「PETRONAS TOM’S SC430」などなど。


このまま行くとポールポジションの本山ライアン組が有利か。
はたまたレクサスSC勢の逆襲メラメラがあるのかはてなマーク
運命の決勝戦は19日に行われる。


それでは、また音譜音譜音譜

桜になりましたビックリマークニコニコアップ
桜と言えばプロ野球が開幕する嬉しいシーズン音譜
開幕と言えば、もう1つあります。
そうですビックリマークモータースポーツファンにはたまらない
『SUPER GT』の開幕です!!アップ


『SUPER GT』の09年シーズンの第1戦
「OKAYAMA GT 300キロ RACE」メラメラ
3月21日、22日に岡山国際サーキットで開催されました。
決勝レースはヘビーレインによる悪天候大荒れのレースでしたが
GT500クラスの優勝は、近藤真彦監督率いる
KONDO RACING国内で初優勝を飾りましたキラキラキラキラ
ちなみに300クラスの優勝は
「ウェッズスポーツIS350」ですキラキラキラキラ


KENの日記-第1戦

ヘビーレインという悪天候の中、行われた決勝レース
一番先頭の車は38号車「ZENT CERUMO SC430」
3月22日、岡山国際サーキットで



3月21日に行われた予選では、
38号車「ZENT CERUMO SC430」
立川祐路が素晴らしい早さを見せ、見事開幕ポールをゲットした。


しかし決勝レース、誤算は悪天候だった雨雨
セーフティーカーが2周ペースランをするほどの路面状況。
これで38号車の計算が完全に狂った。
後続の35号車「KRAFT SC430」
24号車「HIS ADVAN KONDO GT-R」らに
次々とパスされていく。


そんな悪条件の中でも、24号車は抜群の速さを見せるキラキラ
24号車はGT500で唯一の横浜ゴムのレインタイヤをチョイス。
これがジャストが決まった音譜


トップに躍り出ると、2位以下の追撃を許さない。
約20周を消化したところで、2位と10秒ほどのマージン(リード)
を築き、そのまま快走して51周目(全82周)でピットイン
この時点で2位とは1分20秒以上の差があった。


このピットインでドライバーを
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラから荒聖治にスイッチ。
荒は2位との差を見ながらペースを計算。
最終的には20秒差まで縮まったものの、余裕でゴールクラッカークラッカー
24号車「HIS ADVAN KONDO GT-R」
嬉しい国内初優勝を果たしたクラッカークラッカー(マレーシアでは2勝)
ちなみにGT-Rは昨年から引き続き5連勝をマークしたキラキラ


以下2位は18号車「ROCKSTAR 童夢 NSX」
3位「ARTA NSX」
苦戦が予想されたホンダのNSX勢だったが
エントリー5台が全て8位以内にランクイン、ポイントを獲得した。


一方、トヨタのレクサスSC43038号車の6位が最高
「今年の主役」として注目されていたが
ノーハンデ、ノーウェイトの開幕戦で思わぬ苦戦を強いられた
今後はレクサス勢がどのように巻き返すか注目だ目


次回のスーパーGTは
「KEIHIN SUZUKA 2&4 RACE」
鈴鹿サーキット4月18日は予選レース
19日に決勝レースが行われる。


それでは、また音譜音譜


今、国内で最も人気のあるモータースポーツ車と言えば
「スーパーGTシリーズ」が挙げられます。
そんな僕も車は大好きラブラブですし、もし機会があれば
09年度は生で観戦したいなあ、と思っていますニコニコ
そんなスーパーGTも、世界的な不況で苦しい状況に置かれていますが
なんと救世主キラキラが現る!?!?


ロックバンド「X JAPAN」のリーダーである
YOSHIKIさんが、11日、国内人気モータースポーツ
「スーパーGTシリーズ」“参戦”することを表明しました。
レーシングメーカーの童夢と
「TEAM YOSHIKI&童夢プロジェクト」を立ち上げることを
都内で発表しましたビックリマーク


KENの日記-YOSHIKIさん

都内でスーパーGTシリーズの“参戦”することを表明する
YOSHIKIさん



世界的不況の影響で、猛烈な逆風が吹く中
YOSHIKIさんは危機的な状況注意に陥った
日本のモータースポーツに救いの手を差し伸べた。


名門チーム、童夢とタッグを組む
「TEAM YOSHIKI&童夢プロジェクト」の発表会見で
自身がプロデューサーを務める米国のスポーツドリンク
「ROCK ST☆R」チームのメーンスポンサーに付けることを発表。
その額、なんと5000万円は下らないというから驚きだ。


この話は、かねてから親交があった林みのる社長から持ちかけられ
「音楽はギリギリのところでやっているが、
レースもギリギリなところが好き」とタッグに応じたという。
「今回、話を受けた童夢も、子どもの頃から
スーパーカーのメーカーとして知っていた
だからタイアップすることにしたんです。」と話した。


米国発の金融危機注意に端を発した景気の悪化を受けて
日本の自動車産業は、強烈な逆風の真っ只中だ。
昨年12月には、ホンダが自動車レース最高峰のF1から撤退を表明。
さらにスズキとスバルが世界ラリー選手権(WRC)から撤退
さらに三菱自動車もダカール・ラリーから撤退を表明した。


だからこその参戦だったのだ。
YOSHIKIさんは力強く
「やるからには勝たなければならない」と発言。
4月19日に鈴鹿サーキットで決勝を迎える
第2戦を手始めに、スケジュールに空きがあれば可能な限り
出向いて応援することも表明した。


チームのドライバーは昨年に続き
道上龍選手(35)と小暮卓史選手(28)が務める。
道上選手「勝ちますビックリマークと意気込めば
小暮選手も「YOSHIKIさんと一緒に戦えて光栄です。
昨年、一昨年と取り逃した王座を今季こそ取りにいきますビックリマーク」と
力強く語った。



僕も大好きなスーパーGTシリーズ
今年はテレビだけでなく、初めてサーキットに行って
生の興奮を味わいたいなあ、と思います。
一昨年はホンダNSX、昨年は日産のGT-R圧勝でしたが
今年はどこの車が勝つのでしょうかはてなマーク


それでは、また音譜音譜