粘りに粘りましたが、竜敗戦―ダウン
クライマックスシリーズ第2ステージ。
第3戦は粘りに粘って同点としましたが、勝ち越せず痛恨ドローガーン
第4戦以降は1つも負けることが許されない中日。
しかし最後の最後に力尽き
2008年のシーズンを終えることとなりましたしょぼんダウン



第4戦試合経過・・・
中日の先発のチェンが、序盤は好投。
今季から磨きをかけたキレのある直球を主体に
巨人打線を力でねじ伏せるメラメラ
序盤は巨人打線に出塁すらさせないという状況だった。


しかしそれが一変したのが4回裏。
安打と小笠原には死球ドクロを与え、無死2塁1塁。
ここでラミレス、イ・スンヨプは打ち取ったが
谷に逆球で入った甘い直球を左中間に運ばれ先制。0-1。
さらに続く坂本の初球。中途半端な高さに入った
甘い直球を左前へのタイムリー。0-2とされる。


しかし6回表、2死からCS絶好調アップの4番・ウッズ
高橋尚の直球を完ぺきに叩くと、打球は左翼席のさらに上の
看板を直撃する特大のソロ本塁打
で1-2とすると


8回表には1死3塁1塁から再びウッズ
外角の球をうまくとらえると、打球は右方向へ痛烈なライナー
しかしこれが右犠飛となり2-2。惜しい当たりだった。


折角同点となったのだが、もったいないのが直後の8回裏。
高橋がラミレスに2ランを浴び万事休すしょぼん
中日は最後に力尽き2-6で終戦。巨人は日本S進出。



今季はレギュラーシーズン3位で終えCSに挑んだ。
文字通り挑戦者として、である。
阪神を激戦メラメラを制し、再び巨人と対戦することになった。
だが今季目の当たりにした課題を、このシリーズでも
まざまざと見せつけられた格好だ。
今季の課題を修正して、来季に挑んでほしいと思う。


しかし3位でありながら、この時期まで
熱い気持ちメラメラで野球を楽しめたことに非常に満足している。
まず選手たちにお疲れ様アップと言いたい。
そしてありがとうございました、と。


それでは、また音譜音譜

AD

セ・リーグのクライマックスシリーズ第2ステージ第3戦。
23日の第2戦は中日の投手陣が大炎上メラメラで2-11の完敗パンチ!
これでアドバンテージを含め中日1勝2敗となってしまいました。
今日勝って2勝2敗のタイに持ち込むかキラキラ
それとも負けて1勝3敗と崖っぷちになるか雷
本当に大きな試合で、果たして!?!?



試合経過・・・
中日の先発はエースの川上
今季のCSはここまで2試合登板し、いずれも無失点と好投。
今日も気迫満点メラメラのピッチングだった。


昨日屈辱の4本塁打を喫した強力クリーンアップに
川上は直球とフォーク主体のピッチングで
空振り三振の山を築く。
だが3回裏、8番・鶴岡に3球目に投じた直球がやや真ん中へ。
打球はバックスクリーンに飛び込むソロ本塁打となり0-1と先制される。


だが中日も負けていなかった。
4回表、四球をきっかけに1死1塁とすると
和田が外角の球を見事にはじき返し、右翼席への第1号逆転本塁打
これで2-1とすると
井端右翼線二塁打で2死2塁として
谷繁右中間へタイムリー二塁打を放ち3-1とする。


川上はその後も気迫のピッチングメラメラで巨人打線を封じていたが
6回裏、連打で無死3塁2塁とされると
脇谷に遊撃へのタイムリー内野安打を許し3-2。
さらにその後、まさかの重盗叫びを決められ無死3塁2塁。
ここで一気に流れが巨人に傾いた。


小笠原、ラミレスを懸命に打ち取るが
最後はイ・スンヨプに外角のフォークを左中間席に運ばれる3ラン
これで3-5、流れには逆らえず力尽きた。


一挙に敗色濃厚ムードが漂うが、ここからチームの底力を見たメラメラ
川上の後を継いだ清水昭高橋浅尾らが
懸命に巨人を無失点で抑え、反撃ムードを作り上げると


8回表に2死からウッズが真ん中の直球を
豪快に右翼席に運ぶ第2号ソロ本塁打で4-5とすると
土壇場の9回表には死球などで1死2塁とすると
谷繁右中間へ同点タイムリー二塁打を放ち5-5。
中日は粘りに粘って同点アップ試合は延長戦へ。


レギュラーシーズン3位の中日にとって、引き分けは負けに等しい
5-5の延長12回表。ここで勝ち越せないと、崖っぷちに立たされる
先頭の荒木中安を放って出塁するも
森野ウッズが凡退して2死2塁。和田敬遠四球で2死2塁1塁。
打席には英智。だが4球目のフォークに空振り三振ダウン


中日は結局5-5の引き分けに終わったダウン
対戦成績はこれで1勝2敗1引き分け
中日はここから3連勝するか2勝1引き分けするしかない。
とうとう崖っぷちに立たされた。
もう勝つしかないビックリマーク明日こそ勝ってくれ!!


本塁打 和田1号②、ウッズ2号


それでは、またビックリマーク

AD

22日からCSの第2ステージが始まり
第1戦は中日が4-3と接戦を制しましたニコニコアップ
これでアドバンテージを含め1勝1敗のタイに。
本当の戦いメラメラは今日から始まるのです!!!!



試合経過・・・
中日は1回表、簡単に2死をとられるが
森野が高めのカットボールを豪快に打ち返すと
右翼席中段にまで運ぶCS第3号ソロ本塁打
中日が今日も先制し、1-0。


中日の先発は大方の予想を外し、朝倉が登板。
今季は苦しみ3勝4敗期待を大きく裏切った
今日の結果次第では、天国を見るか地獄ドクロを見るか分かれるだろう。

首脳陣が期待を込めて送ったであろう朝倉、だがその期待を裏切った。


直後の1回裏、先頭の亀井に安打を許すと
警戒しなければならない小笠原には中途半端の高さの球。
見逃されるはずもなく強振され、右翼席に入る逆転本塁打、1-2。


2回裏にも真ん中から高めの球をいずれも安打され1死満塁。
ここで迎えるは再び小笠原。
4球目のフォークがスッと真ん中へ。
打球は無情にも右翼席の入る満塁弾。1-6。
朝倉2回6失点試合をぶち壊した雷だけでなく
シリーズの流れをも、そして自ら背信投球で周囲の期待を裏切ってしまったパンチ!


これで完全に劣性になった。
3回表に平田中堅右へソロ本塁打を放って2-4とするが
朝倉の後を継いだ小笠原2本塁打で3失点
山井も8回裏に2失点し、トドメを刺された。
中日は2-11で完敗した。


折角、昨夜は接戦をもぎ取り勝利。今日も森野本塁打で先制したのに
朝倉の投球がすべてをぶち壊してしまった
2回で6失点ではもう試合の流れは決まった。


今日は最も警戒しなければならないクリーンアップ3人に
いずれも本塁打されている。
クリーンアップに打たれては勝てない、それが改めて分かった。
今後の反省材料である。
仕切り直して、明日また期待する。


それでは、また雷

AD

今日からプロ野球セ・リーグでも
クライマックスシリーズ(CS)第2ステージが始まりました。
我らが中日ドラゴンズは阪神を破り、勢いがありますDASH!
方や巨人も昨年は中日に屈辱の3連敗を喫していますから
そうとうな覚悟メラメラでくるでしょう。
両チーム大事な初戦を取ったのは、果たして!?!?



試合経過・・・
プレーボール直後から試合は動いた。
巨人先発は、中日が苦手とするグライシンガー。
1回表、先頭のイ・ビョンギュ
3球目、外角直球をバットに合わせると
打球は左中間席最前列に入る第1号先頭打者本塁打
1-0と中日が先制。


さらに2死となって、4番のウッズ
好調アップの4番は6球目、甘く入って来た直球を逃さなかった。
軽く合わせた打球は右翼席中段まで運ぶ第3号ソロ本塁打
この回2本の本塁打爆弾で2-0と先制する。


中日の先発は山本昌
だが初回、先頭の鈴木に死球ドクロを与えると、そこから2死3塁のピンチ。
4番・ラミレスも内角直球で詰まらせたが
中前にポトリと落ちるタイムリーで2-1。


4回裏には2死から谷。カウント0-2から
ストライクを取りに行った球が真ん中に入った。
打球は左翼席まで運ばれるソロ本塁打で2-2とされてしまう。
だがここはベテラン。後続は断ち巨人に勝ち越しを許さない


5回表、先頭のイ・ビョンギュ右安敵失策
さらにウッズの遊ゴロが野選となり(荒木好走塁!!
1死満塁の大チャンス。
打席の和田は冷静にボール球を見極め押し出し四球
3-2と勝ち越す。


だがその裏、山本昌が木村に同点タイムリーを浴び3-3。
試合はそのまま膠着状態に。


8回裏、ラミレスの安打2四球で1死満塁の大ピンチ。
打席には代打・高橋由、マウンドには左殺しの小林
5球目、外角のスライダーを高橋由が引っかけた。
打球を前進守備をしていた井端好捕アップ
さらに自ら二塁を踏みそのまま一塁送球アウト併殺アップ
この井端スーパープレーキラキラキラキラも飛び出し、

このピンチを無失点で切り抜ける。


9回表、次は中日の番だった。
森野四球で出塁すると和田中安でつなぎ2死3塁1塁。
打席にはチャンスで2度倒れている中村紀
7球目、フォークをとらえた打球は中前に抜ける決勝タイムリービックリマーク
中村紀一塁上でガッツポーズグッド!守護神クルーンを沈めた。


クルーン撃ち!!

7球目の141キロのフォークを中前に運ぶタイムリーを放つ
中村紀選手


9回裏は万全の岩瀬が3者凡退で切りゲームセット!!アップ
中日は大事な大事な初戦に勝ち1勝1敗のタイにした。
両チーム大事に思っていた初戦に勝てたのは大きい。
特にこの息詰まる接戦を制したのも、である。


明日は左の小笠原か、それともサプライズの山井か。
先発投手に注目が集まるが目とりあえず強力の巨人打線に屈せず
試合を作ってほしいと思う。


勝ち投手 小林 1勝
セーブ 岩瀬 1セーブ
本塁打 イ・ビョンギュ1号①、ウッズ1号


それでは、また音譜音譜音譜

セ・リーグのクライマックスシリーズ。
第2戦はチェン投手が初回に4失点ダウンして後手に回ると
2点差に迫った6回から登板した中田投手
2暴投を含む3失点で試合をぶち壊しパンチ!3-7の完敗でしたしょぼん
1勝1敗のタイで迎えた第3戦。
引き分けも許されない中日、とにかく勝つしかありませんメラメラ



試合経過・・・
第2ステージを見越してか、今日の先発は吉見だった。
今季は序盤で『サンデー吉見』で大ブレイク。
中盤で苦しむも終盤で盛り返し、見事10勝をあげたキラキラ


1回裏、先頭の赤星に粘られて左安を許すと
盗塁と二ゴロの間に1死3塁と先制のピンチを許す。
ここから阪神の脅威雷のクリーンアップとの対戦。


まず新井には2球目のスライダーを
中途半端に打ってくれて遊ゴロ、赤星は本塁へ行けず。
続く金本には外角フォークを泳がせて遊飛
吉見はこのピンチを無失点で切り抜けた。


2回裏には先頭の鳥谷が二塁手へ強烈なゴロ。
荒木がうまく捕り、送球したがこれが悪送球に。
だがカバーが早く、飛び出していた鳥谷を冷静にアウト
このプレーには助かった。


この2回を堺に吉見の調子がグングン上がっていくアップアップ
MAX148キロの直球とスライダー、フォークなど
多彩な変化球で阪神打線を凡打の山を築かせる。
途中、自らの失策味方の失策がありながらも
後続を冷静に断つ。これぞ吉見のピッチングだ。


しかし打線は阪神先発の岩田に大苦戦ダウン
序盤の1、2、3回は先頭打者を出すものの
2併殺でチャンスをつぶすむかっまるで昨日のビデオを観ているかのよう。


その後は出塁すらできず、スコアボードには0が並ぶ。

両チーム0行進で迎えた9回表。中日が動いた。
好投の吉見に代わって、代打は立浪落合監督は勝負に出た。
その立浪中安を放ってその期待に応えると
荒木が犠打して1死2塁。さらに暴投で3塁まで進む。
ここで期待の3番・森野だったが高めの直球に完全に力負けして二飛。


ここで打席には4番・ウッズ
3球ボールの後、空振りとファールでフルカウント。
6球目、ややシュート回転してきた高めの球を叩いた。
打った瞬間、確信した。
阪神ファンの悲鳴がこだまする中、打球は左中間席に入る
CS第2号の2点本塁打
で2-0。
まさに値千金キラキラキラキラの本塁打だったアップ


CS第2号の決勝弾

「打った瞬間、入ると思った。」
値千金の2点本塁打キラキラキラキラを放つウッズ選手


9回裏は守護神の岩瀬が登場。
阪神クリーンアップを3者凡退で切りゲームセット!!!!アップ
中日は2勝1敗見事CS第2ステージ進出決定!!アップ
次は22日、東京ドームで巨人と対決する。


それにしても吉見はナイスピッチングだった合格
阪神のまずい攻めもあったが、8回を無失点
指揮官、そしてファンの期待によくこの場面で応えてくれたと思うニコニコ
そしてウッズ。これぞ4番の仕事だった合格合格
やはり中日の4番はウッズだ。
次の相性の良い東京ドームでも本塁打を期待していたいドンッドンッ


勝ち投手 吉見 1勝
セーブ 岩瀬 2セーブ
本塁打 ウッズ2号


それでは、また音譜音譜音譜

18日から始まったセ・リーグのクライマックスシリーズ第1戦。
第1戦は川上投手熱投メラメラがあり阪神を完封アップアップ
打っては3番・4番が揃って打点を挙げるなど
落合監督の采配がピタリと当たりました音譜
今日勝てば第2ステージ進出なりますが、果たして!?!?



試合経過・・・
中日は先発が山本昌かと思われていたが、チェンだった。
今季はプロ初勝利を含む7勝を挙げ
大きく飛躍をした年アップでもあった。


だが初回、2安打で1死2塁1塁とされると
金本に中前タイムリーを浴び0-1と先制される。
さらに続くは中日に相性のいい鳥谷。
2球目、真ん中に入った直球を右翼席まで運ばれる3ラン
最も警戒しなければならない打者に浴びた一発。不用意だった。


初回に失った4点。それはチームに重くのしかかった
2回表に井端左前タイムリー
6回には森野2試合連続のソロ本塁打で2-4と2点もぎとるが
苦手の阪神先発・下柳を攻めきれない。


森野本塁打で2-4と2点差に迫った直後の6回裏。
リリーフした中田が試合をぶち壊した爆弾
先頭の鳥谷にいきなり本塁打されると
その後は2暴投がいずれも失点に絡み、この回3失点。
中日は3-7で完敗した。


1試合目と全く異なり、2試合目は完全に阪神のペース。
それもそのはず、最も警戒しなければならない
クリーンアップの金本、鳥谷に打たれたのだから。
特に鳥谷に対しては不用意な投球が多すぎるドンッ
シーズン何度も見てきた光景を再び見せられて腹が立つ。
明日は今日の反省を生かして投球してもらいたい。


打線は単発で3点止まり。チャンスに3併殺ドンッでは繋がらない。
だが芯でとらえていた打球は多いので
今日はしょうがないと諦めるしかない。
問題は明日。死ぬ気で勝ちを拾ってほしい


それでは、また音譜