昨日、チャイナを9-1で下し
見事決勝進出を決めた中日ドラゴンズ
その決勝の相手は、予選で唯一負けた
韓国・SKとの対決です。
相手SKも勢いがありますが、中日が1つ上でした!!


試合経過・・・
決勝であたるのは、予選で唯一負けた韓国のSK
予選は無傷の3連勝、勢いがある。


中日の先発は山井
しかし序盤はコントロールに苦しんだ
先頭打者に四球を与えると、盗塁されいきなりピンチに。
さらに四球で走者をためると
イ・ジンヨンには右前タイムリー
パク・ジェホンには左前タイムリーを浴び
いきなり2失点、0-2と苦しい展開となる。


しかしその直後の2回表。
2死から、今大会絶好調井上
外角直球を左翼席中段へ第3号ソロ本塁打を放ち
1-2と1点返す。


徐々にリズムを取り戻してきた山井
生命線であるスライダーを低めに集め
韓国・SK打線を封じる。


1-2で迎えた5回表。
1死から谷繁死球で出塁すると
続く中村公右前にテキサスヒットを放ち1死2塁1塁。
すると藤井中堅フェンス直撃のタイムリー二塁打を放ち
2-2の同点とする。
さらに1死3塁2塁から
荒木三ゴロの間に勝ち越しに成功、3-2と逆転する。


これで勢いに乗った打線は6回表、
中村紀四球で無死1塁とすると
が外角直球をうまく叩くと、打球は
左翼席に入る第1号2点本塁打、これで5-2とする。
中日に流れが傾いたと思ったが・・・。


直後の6回裏、中盤にかけて好投を続けていた山井だったが
先頭の要注意打者キム・ジェヒョンに内角スライダーを
ライナーで右翼席まで運ばれ5-3。
しかし山井の失点はこれだけ。
7回を投げ好調SK打線を3失点に抑える好投を見せた。


しかし誤算は2番手で登板した岡本だった。
8回裏、簡単に2死まで取ったが
その後四球を出し、2死1塁。
さらに今日タイムリーを放っているイ・ジンヨンには
1-3とカウントを悪くした5球目だった。
高めに入ったスライダーを右翼席上段の看板に当たる
特大の2点本塁打を被弾した。これで5-5の同点。
シーズン何度観てきた光景か・・・。


しかし粘る中日打線は土壇場の9回表。
四球と犠打などで2死2塁として、打席には井端
1-2からの4球目、変化球をはじき返すと
打球は大歓声に乗って中前に抜けるタイムリー
これで6-5となり、再び中日がリードする。


9回裏は守護神・岩瀬が登場。
プレッシャーがかかる中、打者3人をきっちりととり
ゲームセット!!!
この瞬間、中日は初のアジア・チャンピオンになった。
落合監督4回宙を舞った。


アジアチャンピオン!

振り返ってみると、どれも苦しい試合ばかり。
しかし中日の粘りは凄かった。
ウッズ福留英智という主力がいない中で
よく勝ち抜いてこれたと思う。
そして今季最終戦、勝利で飾れたことに感謝したい。
本当におめでとうございます!!!


それでは、また♪

AD

昨日のアジアシリーズで中日は
台湾代表・台湾統一に4-2に辛勝しました。
そして今日は決勝進出が懸かるチャイナ戦
絶対に落とせない試合で、
中日がらしい試合運びで快勝しました!!


試合経過・・・
格下のチャイナとの対戦。
しかし序盤は重苦しく苦戦した。
チャイナ先発は、中日に在籍経験のあるル・チェンガン。
130キロ台の直球と変化球を
コーナーに丁寧に突かれ、中日打線は出塁すらできない


一方の中日先発は小笠原
立ち上がりコントロールが悪かった
先頭打者に四球、次打者に安打や盗塁などを許し
いきなり無死3塁2塁の大ピンチ。
4番ジィアには右犠飛を打たれ0-1と先制を許す。
しかし後続は抑え、なんとか1失点でしのぐ。


その後は内外角のコントロールが徐々に安定
格下チャイナ打線を“技”で抑えこんでいく。


だが深刻だったのは打線だ。
チャイナ先発のル・チェンガンに完全に抑え込まれ
なんと4回まで無安打
だがこの嫌な流れを救ったのは、選手会長だった。


0-1と1点ビハインドで迎えた5回裏、
1死から打席には井上
高めのストレートを完璧に打ち返すと
打球はライナーで右翼席に突き刺さる大会第2号ソロ本塁打
1-1の同点とすると


6回裏、1死から今度は荒木だった。
内角直球を思い切り引っ張ると打球は
右翼ポール際に飛び込む第1号ソロ本塁打。2-1と勝ち越すと
続く井端死球、そして森野右安
ここで井端が一気に3塁へ、しかし
右翼からの返球が逸れる間にさらに井端が生還し3-1。


そして7回裏、溜まっていたフラストレーションが一気に爆発
1死から中村公左翼線二塁打で出塁すると
代打・立浪右前タイムリーを放ち4-1。
さらに続く藤井左翼線にタイムリー二塁打を放ち5-1。
藤井盗塁して1死3塁とすると
荒木左前タイムリー、これで6-1。


さらに荒木盗塁して1死2塁とすると
井端二塁へタイムリー内野安打を放ち7-1。
敵失策などもあり1死2塁1塁とすると
中村紀中前タイムリー、8-1
最後は新井遊撃へタイムリー内野安打で9-1。
この回6得点して試合を決めた。


中日先発の小笠原は7回を投げ
被安打3、失点1と先発投手の仕事を十分にこなすと
その後は鈴木高橋と継投して9-1で
中日は大差でチャイナを圧倒した。
2本塁打など長打があれば、盗塁などの走塁や
タイムリーなど好材料が次々と出た。
決勝は初戦で3-6で敗れた韓国・SK。
中日のリベンジに期待したい!


勝ち投手 小笠原 1勝0敗
本塁打 井上2号①、荒木1号


それでは、また♪

AD

11月8日から
プロ野球のアジアシリーズが始まりました。
日本、韓国、台湾、中国の4か国から
それぞれの代表するクラブチーム
チャンピオン目指して戦う大会です。


今年の日本代表は、もちろん我ら中日ドラゴンズ

ですが昨日は韓国代表のSK
まさかの3-6の敗戦2失策という
らしくないプレーが最後まで響きました。
決勝に行くためにはもう負けられません。
今日は台湾代表の台湾統一との試合です!


試合経過・・・
4番ウッズを欠く竜打線。
今日は4番中村が一塁で先発出場した。


中日の先発は朝倉
1回裏、先頭打者にいきなり安打を浴びるが
4番のガオ・グオチンを伝家の宝刀・シュート
三ゴロ併殺打、ピンチをしのぐ。


しかし落とし穴は2回裏。
先頭打者を不運な内野安打で出塁させると
7番のグオ・ダイチィに高めの変化球を
右翼線へのタイムリー二塁打を浴び1-0と先制される。

しかしその後は復調
右打者への内角シュートは健在で
台湾打線を内野ゴロの山を築く。


しかし打線は台湾先発のパン・ウエイルンを
なかなか攻略できなかったが
3回表、1死1塁から1塁走者藤井盗塁に成功し
これで1死2塁とすると
荒木遊失策で出塁、これで1死3塁1塁とすると
井端二ゴロの間に1-1の同点にする。


さらに5回表には、1死から谷繁死球
藤井三失策荒木左安で1死満塁とすると
また井端が今度は左犠飛を放って1-2と勝ち越す。


そして中日らしい野球が見れたのは7回表だった。
2死から荒木中安すると、すかさず盗塁で2死2塁。
続く井端二塁への内野安打、さらにその間に
荒木好走塁本塁を陥れ1-3とする。


中盤からは毎回走者を背負う
苦しいピッチングを続けていた朝倉だったが
要所は抑え、なんとか1失点で踏ん張る。
だが7回裏、先頭打者に安打を浴びここで交代した。


代わったのは久本。しかし安打を浴び
1死2塁1塁として、今度は平井にスイッチ。
3番の強打者ブリトーを変化球で遊飛にしとめたが
4番のガオ・グオチンには右前タイムリーを浴び
2-3と1点差に迫られる。


だが8回裏に登板した岡本
3者凡退の好リリーフを見せ流れを引き寄せると
9回表、中村公中安谷繁の犠打で1死2塁。
ここで代打・立浪四球を選び1死2塁1塁。
さらに荒木右安を放って1死満塁。
打席にはここまで2打点井端
外角直球をきっちり中犠飛にして2-4。
ダメ押し点をして試合を決めた。


9回裏は岩瀬がきっちりと締めてゲームセット!
中日は辛勝ながらも2-4で台湾を下し
アジアシリーズ初勝利!!
井端全得点に絡む活躍を見せた。
明日の中国戦にも気を緩むことなく
中日らしい戦い方で勝ってほしい。


勝ち投手 朝倉 1勝0敗
セーブ 岩瀬 0勝0敗1S


それでは、また♪

AD