観ている方も、やっている方も苦しい試合でした汗
世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチが
26日、東京・ディファ有明で行われ
フライ級王者・内藤大助選手(34)は
中国人挑戦者・熊朝忠選手(26)と対戦しましたメラメラメラメラ
内藤選手が、本当に本当に苦戦しましたショック!


KENの日記-5

内藤選手(左)の右フックが挑戦者・熊選手の顔面をとらえる



「畜生」



試合終了後、内藤はつぶやいた。
見事5度目の防衛キラキラ自身の持つ国内最年長記録(34歳3か月)キラキラ
を更新したものの、内藤に笑みはなかった。
「すいませんでした。」内藤は会場で頭を下げた。


本当に辛くも勝利した試合だった。
序盤はジャブで距離を作ってフックを当てる内藤ペース
しかし3回から前にでてきた
強烈な右フックドンッ内藤をとらえ始めると

6回には離れ際に、強烈な右フック内藤はダウンを喫した


しかし辛くも足を使ってこのラウンドをしのぐと
終盤はジャブ右アッパーボディ
多彩な攻撃に足を絡め、ポイントを稼ぐことに成功した。


対する強烈な右フックドンッ内藤を襲ったが
終盤は内藤の多彩な攻撃に、
次第に手数が少なくなり主導権を握れなかった。


辛くも逃げ切った試合。
6回のダウンを喫したシーン敗北という文字が
頭の中をよぎりましたが、さすが王者でした。
足を使ってなんとかラウンドをしのぐことができました。
負けなかったのも、日々の鍛練の結果だと思います。
次回のファイトに期待しています。


それでは、また音譜音譜

AD

5月26日、WBC世界フライ級タイトルマッチ
中国・上海で行われます。
フライ級のチャンピオン・内藤大助選手は14日、
格闘家の山本“KID”徳郁選手合同練習を行いました。



今月の26日、中国の上海内藤大助5度目の防衛戦が行われるメラメラ
相手の中国人選手は本国でも無名に近い選手
同級14位だが、なんか不気味な相手だ。
しかし内藤に油断も隙もない。


実は26日、内藤上海で防衛戦メラメラ
一方、山本“KID”徳郁横浜で復帰戦を行うことにメラメラ
TBSが二元中継を行うようだテレビ
合同練習はそれも含まれていたようだ。

内藤は「お互い競技は違うけど、こういうイベントはいいと思う。
プロなんだし、注目される目ことはいい事ですね。
と話した。


神の子キラキラと称される山本とスパーリングを行い
「彼はハートドキドキの強い選手、見習いですね。」と刺激を受けた様子キラキラ
敵地でのブーイングは覚悟している
悪く考えないようにしている。ブーイングも面白いと思うように
試合をやります。でもホームの選手の方が緊張するだろうね。」
と強い気持ちでリングに上がることを決意した。


試合はこれまでとは打って変わり、超攻撃的戦法ドンッをとるようだ。
これまでの防衛戦では変則的なスタイルで相手を幻惑してきたが
今回は敵地ということでKOを狙いにいく!!
パワーには自信があるから、足を止めて打ち合ってみたい
友好ムードだけど、試合には絶対負けませんビックリマーク


早くも楽しみ音譜な防衛戦です。
これまでとは戦うスタイルを変えるようですが、果たして!?!?
相手のデータがあまりないだけに、若干不気味ではありますが
必ずV5キラキラを達成してくれると思いますビックリマークアップ


それでは、また音譜音譜

AD

K-1のワールドマックス福岡大会が
21日、マリンメッセ福岡で開催されましたビックリマーク
この大会の注目は、なんと言っても
今年限りで引退を表明した魔裟斗選手(30)と
次期K-1のエース、HIROYA選手(17)が対戦する
エキシビジョンマッチです!!メラメラ



年内での引退を表明した魔裟斗が、彼が認める“後継者”こと
HIROYAとエキシビジョンで対戦した。
魔裟斗は自らの拳で、後継者の肉体に志を刻み込んだ


試合では本気になって挑むHIROYAのパンチを
軽いフットワークでかわしたかと思うと
踏み込んでの強打など、高校生のHIROYAを攻め立てた。


KENの日記-エキシビジョンマッチ

魔裟斗選手(右)の右アッパーがHIROYA選手の顔面を捕らえる


試合終了後、HIROYAから花束ブーケ1を贈られた魔裟斗
「けっこう打っちゃったけど大丈夫はてなマーク
格闘家は拳で会話するから。分かるよねはてなマーク」と笑顔で話した。


一方、魔裟斗に試合を終始余裕に展開されたHIROYA
ずっと余裕の表情だったのが悔しい
今の頑張りじゃあK-1を背負うこともできないし
魔裟斗さんのような存在にもなれない。」と唇を噛む。


だがMAXの未来は、この17歳が背負うことになる。
「ずっと魔裟斗さん、魔裟斗さんって言っているのも
子どものままでダメ。自分が一番になれるように努力しないと。」


魔裟斗がその能力を認めたHIROYA
HIROYA魔裟斗の背中を追い求め、ずっと練習してきた。
だがこの瞬間、魔裟斗から“卒業”することになる。
K-1の将来は、この17歳にかかっているビックリマーク


それでは、また音譜音譜

AD

2試合とも手に汗握るあせる素晴らしい試合でしたアップ
世界ボクシング評議会(WBC)バンダム級タイトルマッチ
12回戦が神戸で行われました。
日本のエース長谷川穂積選手(28)が、
同世界初挑戦の同級1位ブシ・マリンガ選手(29)と対戦。
1回2分37秒でTKO勝利キラキラキラキラを挙げ、
国内の世界王者として歴代3位タイとなる8連続防衛を達成しましたキラキラ


一方、同日にWBC世界フェザー級タイトルマッチ
東京・後楽園ホールで行われ
日本の粟生隆寛選手(24)が、
王者オスカー・ラリオス選手(32)に挑戦。
大差の判定で下し、見事新チャンピオンキラキラになりました!!クラッカー


KENの日記-新チャンピオン!

粟生選手(右)の右カウンター
王者ラリオス選手の顔面をとらえる。



08年10月16日、世界初挑戦した粟生
相手は今回対戦するラリオスだった。
ラウンド4、粟生右カウンターラリオスにクリーンヒットしダウン
ここまでは良かったが、ここで仕留めきれなかった。
時間だけが経過し、中盤から終盤にかけて
ラリオスに逆襲雷され、結局1-2の判定で負けた


そのリターンマッチとなった今回。
粟生は序盤から右ジャブカウンターで王者に圧力をかける。
中盤から、王者が接近戦を挑んできたが
粟生は動じることなく、ここでも回転が速いパンチ手数で圧倒。
得意のカウンターもことごとく決まり、点数に大差がついていた。


最終12ラウンド。王者が猛攻をしかけてきたところに
カウンターを決め、これで“ダメ押し”のダウンを奪った。
試合終了後には、ラリオス粟生左腕を抱えあげ勝利を称えるほど
ジャッジは最大12点差をつける完全勝利だったクラッカークラッカー


悲願の世界王者になった粟生。試合後はリング上で号泣。
あそこまでいったら倒したかった。
それをお客さんも望んでいたと思う。詰めがもう1つですね。
ベルトは重いです。でもめちゃくちゃかっこいい
ベルトを取るのは1人では無理。お父さん、お母さん、ありがとう。」
進化を続ける若き24歳の今後に目が離せない。



一方、神戸ではバンダム級の世界タイトルマッチが行われていた。
まさに圧巻、それ以外の言葉が見つからない。

わずか157秒。電光石火のKO劇ビックリマーク
今回のテーマは「アグレッシブ」としていた長谷川穂積
そのテーマを有言実行し、強い長谷川を見せ付けた。


開始ゴングから76秒。
強烈な左ストレートのカウンター
挑戦者マリンガの顔面にクリーンヒット、これで最初のダウン
挑戦者マリンガはリングの中央から、
ニュートラルコーナーまで吹き飛ばされた一撃だった。
「何でダウンしたのか分からなかった。ボーンと入った。」


さらに試合再開後、左フックで相手をふらつかせると
その後は怒涛の攻撃左右のパンチ再びダウンを奪う。
そしてその46秒後、強烈な左フックを完ぺきに当てダウン
審判がTKOを宣言し、長谷川の勝利が決まったクラッカークラッカー
長谷川8度目の防衛に成功キラキラ3戦連続KO勝利となったキラキラ


KENの日記-KO

強烈な左フックで3度目のダウンを奪った長谷川穂積選手(右)
これが決定打となり、TKO勝利となりましたキラキラ


試合前は不安材料もあった。
相手のマリンガは、長谷川が苦手とするサウスポースタイル
さらに19センチのリーチ差強烈な左右のアッパーが武器。


苦戦が予想されたが、結果は1ラウンド2分37秒でTKO
相手に何もさせず、完全勝利を収めた。本当に強かった。
「もう少し長いラウンドで、どれだけ体が動くか試したかった。
早く終わってしまって、皆さますいません。」
長谷川
進化を続ける王者に、敵はいない。



粟生選手、長谷川選手ともにおめでとうございましたキラキラキラキラ
TVで試合を観戦しましたが
2人とも本当に強く、素晴らしい試合でしたニコニコ
次回も、勝利できるよう頑張ってほしいですビックリマークアップ


それでは、また音譜音譜

日本相撲協会は2日、東京の両国国技館で理事会を開き
大麻取締法違反容疑で逮捕された十両の
若麒麟真一容疑者(本名は鈴川真一)(25)を
解雇する処分を決定しましたパンチ!
師匠の尾車親方は委員から2階級降格の平年寄になりました。
相撲界を揺るがす大麻問題、処分が軽すぎるむかっという声もあり
波紋は広がるばかりです台風


KENの日記-若麒麟容疑者

大麻取締法違反で逮捕された十両の若麒麟容疑者



2日、日本相撲協会は大麻取締法違反で逮捕された
若麒麟容疑者解雇する処分を下した。
解雇は史上9人目で、大麻関係では
元若ノ鵬元露鵬元白露山に続き4人目となった。


理事会では退職金にあたる養老金の支払いがない
除名処分
も検討されたが、武蔵川理事長

「まだ25歳と若く、第二の人生を考えると
除名まではかわいそう
だ。」と述べ
満場一致で解雇処分になったと説明した。
尾車親方委員から平年寄に降格処分となり、これも過去に準じるもの。


しかし協会幹部には処分はなし。
特に今回は再発防止を防げなかった“連帯責任”
避けられないと見られていたが、武蔵川理事長
そういう話は出なかった。二度とこういうことを起こさないよう
責任を果たしていきたい。」と話すにとどまった。


若麒麟容疑者は事務所で大麻を所持していたところを逮捕された。
調べに対し、同容疑者は
「吸引した大麻は六本木の路上で外国人から買った。」とし
「大麻を吸ったのは逮捕当日の1月30日と
前日の29日の2回だけ。事務所以外では吸ったことがない。」としているが・・・。


1度でも2度でも犯罪は犯罪。そこは自覚しなければならない。
特に今回は、日本人ということで裏切られた感が強い。
除名というもっと厳しい処分でも良かったのではないかと個人的には思う。


相撲協会、さらには親方たちに再発は防止できなかったのか。
夏の抜き打ち検査では、怪しい診断が出ていたそうだ。
それを見抜けなかった協会、親方にも責任があるし
彼らにも(特に協会幹部にも処分が下されるべきだったと思う。
もう次はない。
ファンから、そして国民から厳しい視線を浴びることになりそうだ。


それでは、またメラメラ

先週の日曜日の大相撲。
優勝決定戦で宿敵の白鵬を破って優勝キラキラを果たし
引退危機注意を吹き飛ばしたDASH!横綱・朝青龍
NHK総合テレビの瞬間最高視聴率が36.7%を記録し
周囲の関心の高さを改めて感じさせました。
しかしその朝青龍に、待ったビックリマークパー


KENの日記-ガッツポーズする朝青竜

ライバル白鵬を破り、土俵上でガッツポーズする朝青龍



それまでの周囲の心配を吹き飛ばしたDASH!朝青龍の優勝キラキラキラキラ
「大きな長いトンネルを抜けて、綺麗な青空富士山が見えた感じ。」
とやっとスランプから脱出できたことを、朝青龍は素直に喜んだ。
しかし朝青龍の優勝に、波紋が広がっている台風


問題視されているのは、優勝決定戦で白鵬を破って優勝を決めた瞬間
土俵上で2度も両手を高く掲げ、これ見よがしに
ガッツポーズを作った場面だ。


26日限りで任期切れとなり、退任となった海老沢委員長
品格という面でああいうものはいかがなものか、
理事長もあまり例を見ないことなので
私の方から注意する、ということだった。」と辛口コメント。


これを受け、朝青龍は31日に会見を開き
土俵上でガッツポーズをしたことについて
反省している久しぶりの優勝で、気持ちが出すぎてしまった
ケガの影響で、場所前は優勝するなんて思っていなかったし
嬉しさを抑えることができなかった。」と反省していた。
朝青龍はこの日の朝、師匠の高砂親方から注意注意を受けたという。


僕はこのニュースに疑問を抱きます。
久しぶりの優勝で朝青龍も嬉しくてガッツポーズをしたに違いありません。
このどこか悪いのか、僕にはよく分かりません。


スポーツでガッツポーズはつきもの。
それは時に美しいものであり、人々に感動を与えます
そんなガッツポーズを前例がないから、というよく分からない理由で
注意されてしまったら、たまったものではないと思います。
皆さんはどう思いましたかはてなマーク


それでは、また音譜音譜

ものすごい試合でしたビックリマークビックリマーク
『ボウリング革命☆Pリーグ』の第17戦の
準決勝第2試合が放送されました。
準決勝第2試合は森プロ酒井プロ、そして
ナショナルチームの大石選手が対戦しました。
試合は最後の最後までもつれる、大会一の好ゲームラブラブとなりました。



第17戦準決勝第2試合・・・
ここまで参戦6回の内、3回優勝キラキラしている大石選手
Pリーグ史上初の連覇を目指す彼女を
森、酒井の両プロが止められるかがこの試合の見ものだ。


序盤は完全に横一線。3者ともスペア、ストライクとスタート。
序盤にダッシュを成功させたのは酒井プロだった。
第3フレームから5連続ストライクを決め、試合の主導権を握る。


ダッシュに成功した酒井プロ
森プロ、そしてなかなかストライクを続けられない大石選手が追う。
だがやはり後半に仕掛けてきたのは“田町の女王”だった。


後半、ストライクが奪えず苦しむ森、酒井両プロに対し
大石選手は第8フレームから4連続ストライク
トップの酒井プロ237で終え、大石選手のスコアは
10フレーム3投目の時点で228
この最後の投球でストライクならば、大逆転勝利アップを収める。


注目の1投。しかし無情にも10番ピンが残り237
これで酒井プロ同スコアとなり、試合はPリーグ史上初キラキラ
1ショットプレーオフでの決着となった。
これは両者が1投ずつ投げ、より多くピンを倒した方が勝利となるもの。


先行は大石選手。ここで見事にストライクを奪い、
酒井プロにプレッシャーをかけた。
後攻の酒井プロはやや厚めにあたってしまい9本。
Pリーグ史上ナンバー1キラキラといっても過言ではない好ゲームをものにした
大石選手が決勝進出決定キラキラ4戦連続決勝進出はPリーグ記録キラキラ


これで決勝戦の顔ぶれは松永プロ大石選手、そして
ワイルドカードで上がって来た姫路プロの3名となった。
松永プロは準決勝で10連続ストライク&288ビックリマークという
驚異的なスコアビックリマークPリーグ記録を更新し、絶好調アップである。
姫路プロ松永プロの驚異的なスコアの前に敗れたものの
9連続ストライク&279で、こちらも驚異的なスコア。


唯一のアマチュアの大石選手は、この絶好調の強豪プロに挑む。
対する大石選手は、この17戦の今までの2試合は
ともに接戦をものにして勝ち上がってきた
果たしてPリーグ史上初の連覇ははてなマーク
期待が膨らむばかりである。


それでは、また音譜音譜

さて、本日は2008年の大晦日に行われた
大晦日「Dynamite!!」の試合経過を書いていこうと思いますメモ
毎年、好試合が行われますが
今回も波乱の展開台風で、どの試合も息詰まる好試合でしたアップ



バダ・ハリ×アリスター・オーフレイム戦・・・
K-1GP決勝で、相手のレミー・ボンヤスキーの顔を踏みつけ
反則負けという暴挙を犯したパンチ!ことで記憶に新しいバダ・ハリ
その彼がDynamite!!に緊急参戦した。
彼の相手は、かつてDREAMのリングで総合格闘技を侮辱した
ハリに対し、気合い十分メラメラアリスター・オーフレイムだ。


第1ラウンド。
ガードを上げてジャブ、右ローキックと攻めるハリに対し
アリスターは巨漢を生かし左アッパー、右ローで
ハリをコーナーに追い詰めると、ガードの間から
強烈なパンチでハリを吹き飛ばす。


明らかなダメージが見てとれたハリに、アリスターは怒涛の攻撃メラメラ
左フック左ひざ蹴り左フック
ハリの顔面をとらえダウンを奪うと、
再開後は左右のフックを振りまわすハリに対し
アリスターカウンターの左フック、この一撃でハリ
床の大の字に沈み、アリスターのKO勝ちが決定した。


K-1GP決勝の反則負けから約1ヶ月半。
バダ・ハリ本人の強い希望と周りの後押しもあり
早期復帰となったが、1ラウンドで砕け散った
まだ精神的にも身体的にもベストではないと見てとれた。
09年は完全復活の年になるかはてなマーク



武蔵×ゲガール・ムサシ戦・・・
もう武蔵は限界なのかはてなマークあまりに哀れなその敗戦ショック!
会場からは限界なのでははてなマークという空気が充満した。
武蔵が、まさかの1ラウンド3ダウンでKO負けだ。


“ムサシ”対決となったこの一戦。
相手は武蔵より6キロも軽い08年DREAMミドル級王者
ゲガール・ムサシ
負けたら改名か!?背水の陣で挑んだ一戦のはずだった。


第1ラウンド。
ムサシ強烈なパンチを浴びて、立て続けに2度ダウンを喫した武蔵
再開となった後も反撃できないまま
ロープを背負った状態で連打を浴び、1ラウンドで3ダウンを喫し
これでKO負けが確定した。


KENの日記-もう限界?

ゲガール・ムサシの攻撃を浴びる武蔵(左)


結局、何もさせてもらえないままの敗戦ダウン
これで08年6月から白星なしの3連敗となってしまった。
引退の危機注意にさらされた36歳の武蔵
初歩的なミスをするなんて、長年やってきた自分の技術がダメ。
本当に情けないです。」と厳しい表情。
09年も厳しい道のり、そして引退覚悟で挑むことになる。


それでは、また音譜音譜

なんともすごい試合!!これぞボクシングです!!
世界ボクシング評議会WBCフライ級タイトルマッチ12回戦が
23日、東京の両国国技館で行われました。
フライ級の王者キラキラ内藤大助選手4度目の防衛をかけ
同級13位の山口真吾選手(29)と闘いました。
試合は序盤から乱打戦ドンッという好試合となりましたアップ



試合は序盤から両者が打ち合う乱打戦となった。
そこで光ったキラキラのが、王者・内藤大助的確なパンチだった。
変則的なモーションフック山口を翻弄した。


1ラウンドで内藤左右のフック山口の顔面をとらえると
3ラウンド目も左右のフックが効果的に入った。
しかし挑戦者・山口も打ち合いで負けていなかった。
2ラウンド目に山口右ストレートが入ると
4ラウンド目はコンビネーションと連打内藤をとらえた。


しかし第5ラウンド、内藤強烈な右フック
山口の顔面をとらえると、徐々に試合は内藤ペースに。
7ラウンドでは内藤右ストレート山口がよろめくシーンも。


KENの日記-4度目防衛!!

挑戦者・山口選手(左)を攻める内藤大助選手(右)


試合は後半に入ったが、スタミナには自信がある両者は打ち合いをやめない。
しかし8ラウンド終了時のオープンスコアでは
3人の審判中3人内藤を支持しており、試合は内藤有利に運んでいた。

だが内藤は守りに入らなかった。とにかく攻め続ける。
第9ラウンドで内藤左フックが顔面にクリーンヒットすると
第11ラウンドだった。


内藤鋭い左フック山口の顔面をとらえると
山口の動きが一瞬止まった。その一瞬を逃さなかった。

立て続けに右フック右ストレートダウンを奪うと
その後は怒涛の攻撃ドンッ
最後はレフェリーが間に入り、内藤TKO勝利が決定!!クラッカー


内藤4度目の防衛に成功クラッカークラッカー
さらに自身が持つ国内最年長防衛記録を34歳3か月で更新したアップ


一方の挑戦者・山口は善戦したが、あと一歩届かず。
3月には世界ボクシング協会WBA)フライ級王者の
坂田健史と闘い、ダウンを奪ったものの判定負け。
それ以来の世界挑戦だったが、最後は内藤が上回った。



今日の試合、勝った内藤選手はもちろんですが
敗れた山口選手にも、あっぱれの拍手をあげたいですアップ
最後まで内藤選手のパンチをもらいながらも
果敢に前に出るその姿は、心に残るものがありました。
でもやっぱり内藤選手は強かったですね。まさにあっぱれですアップ


「いやあ~、相変わらずダメですね~。
勝ったから嬉しい、でも反省すべき点はいっぱいあります。
山口君に研究されていたのでしょう、やらせてもらえなかった。
今日の課題は、有利だ有利だと言われる中
その通りの試合をやろうと思っていたのですが、まあ勝ててよかったです。」
内藤選手は試合後、このように語っていました。
おめでとうございますクラッカークラッカークラッカー


それでは、また音譜音譜

17日、東京都内で12月6日(土)に横浜アリーナで行われた
『K-1 ワールドグランプリ08 ファイナル』メラメラに関して
K-1の谷川貞治イベントプロデューサーが会見しました。
その会見内容は、今大会の決勝戦で史上初の反則負けをしたむかっ
バダ・ハリ選手の今後の処分に関するものでした。


KENの日記-角田レフェリー

レフェリーの制止を聞かず、相手のレミー・ボンヤスキー選手
頭を踏みつけるという暴挙に出たバダ・ハリ選手(右)
左はバダ・ハリ選手を止める角田レフェリー



12月6日に行われた『K-1 ワールドGP08 ファイナル』メラメラ
決勝トーナメントでは1戦、1戦が息詰まる好試合の連続で
集まった観客を沸かせていた。
そして決勝戦は3度目の優勝を狙うレミー・ボンヤスキー
世代交代『変革』をテーマに戦ってきたバダ・ハリになった。


しかし事件はラウンド2で起きた。
スリップで転倒したレミー・ボンヤスキーに対し、バダ・ハリ
レフェリーの制止も聞かず、顔を踏みつけるという暴挙に出た。
これによりレフェリーはレッドカードを掲示。
08年の決勝戦は、まさかの失格負けで勝負が決まってしまった。


バダ・ハリの処分について、谷川代表がコメントした。
処分については、ルール―ブックに則り3つの処分が下されたと発表。
① ファイトマネーの全額没収
② 失格負けのため準優勝の資格、賞金も没収
③ バダ・ハリが所持しているヘビー級のベルトを剥奪


今後のバダ・ハリについては
「大みそかや来年の3月大会に出場させることは、考えていません。
ハリ自身の反省と周りの状況を見て、判断します。
これを機に、ハリには精神的にもっと強くなってもらって
社会奉仕やボランティアをやったりと、一から出直してほしいと思います。」


一方、処分を受けたバダ・ハリはコメントを出した。
「今回、K-1の決勝戦という世界中が注目する試合で
反則をしてしまったことに対し、また応援してくれたファンに対し
失望させてしまったことを謝罪します

あの行為でK-1ワールドGPのチャンピオンという称号、賞金、
ファイトマネーを失ってしまい、私自身もショックを受けています。


今回の処分には従います。しかし、反省の気持ち
謝罪の気持ち戦うことでしか伝えられません
自分がルールの中で闘えるということを証明したいです。
そしてレミーに対しても、リング上で文句のない決着をつけたいです。」


チャンピオンベルトも剥奪され、文字通り一からのスタート
しかし今回の事を十二分に反省
精神的に強くなったら、誰もが認めるチャンピオンになれると思います。
今回の“事件”は残念でしたが
強くなって、また帰ってきてほしいと思います。


それでは、また音譜音譜