5月21日木曜日は新たな歴史を作る日に
なるかもしれません。
明日から僕個人的には大反対「裁判員制度」が始まります。
今日はその「裁判員制度」の多くある課題の1つ、
和歌山の毒カレー事件について書いていきます。



結局、最後の最後まで決定的な証拠は出なかった
被告は犯人なのかはてなマークそれとも無罪なのかはてなマーク
決定打が出ないまま、私たち裁判員は答えを出さねばならない


平成10年、和歌山市のある公園で夏祭りが行われていた。
しかし楽しいはずのその夏祭りは一転戦慄の場となる。


夏祭りに出されていたカレーを食べた人が
次々に異変を訴え、病院に運ばれた。
その結果、4人が死亡、63人が急性ヒ素中毒となり
現在もその後遺症に悩まされている人がいる。


捜査線上に浮かんだのが、近所に住む林真須美被告(現47)。
殺人などの罪に問われ、逮捕
1審、2審で死刑判決が下され、今年4月に
最高裁は上告を棄却、事実上林被告の死刑が確定した。
これは18日のこと。


2審の判決訂正申し立てで、弁護側
「カレーに混入されたヒ素と同じ特徴のヒ素が
被告の自宅などから発見されたとする鑑定は、
信用性に欠け不審な挙動をしていたとする目撃証言は人違い
と主張し、事実誤認があるのではと主張した。


だが最高裁判所第3小法廷は申し立てを棄却した。
その理由として
「判決の内容に誤りのあることを発見しない。」とした。



しかし決定的な証拠がなく、死刑判決が確定した。
明日から始まる「裁判員制度」の課題である今回の判決。
私たち裁判員はこのような複雑な事件も担当しなければならない。
この制度を素人である私たちに出来るか、続けられるか、
そして人を裁くことができるのか、私は疑問に思わざるおえない。


それでは、また音譜


AD

これも不況の影響でしょうかはてなマーク
リクルートは、大学生の就職志望企業ランキング
『就職ブランド調査2009』の結果を先週発表しました。
そこで「働きたい企業」の総合ランキング1位は
昨年4位だったJR東海、2位は昨年9位だったJR東日本
JRの1、2位独占となりました。


一方、不況の影響をもろに受けてしまった
トヨタ自動車ソニーシャープなどの製造業は
昨年から大きく順位を落としていますダウン



アンケートの結果は男女の総合ランキング。
1位はJR東海(昨年4位)、2位はJR東日本(昨年9位)
3位は全日本空輸(ANA)
上位3つはともに不況の影響をあまり受けない社会インフラ関連となった。


第4位以降は、みずほフィナンシャルグループ
三菱UFJ信託銀行三菱東京UFJ銀行と銀行が続く¥
さらに20位以内には東京海上日動火災保険(7位)などの損害保険会社や
明治製菓(16位)など食品系の企業が目立った。


これらの企業に共通するのが“安定性”というキーワードだ。
リクルートの広報部はこう話す。
「インフラや金融、生活必需品を扱う企業は
学生に『不景気でもなくならない』と思われているようです。」


順位を上げたアップ企業があれば、順位を落としたダウン企業もある。
不況の影響もろに受けた製造業は、順位を大きく下げているダウン
02年まで5年連続1位だったソニーは29位(昨年8位)、
シャープが55位(昨年14位)、キャノン77位(昨年20位)、
トヨタ自動車96位(昨年6位)など。
調査期間に業績悪化報道があった企業は順位を大きく下げました。」
とリクルート広報部は分析する。


昨年から問題となった派遣社員の大量解雇内定取り消しなど
多くのニュースを聞いて、この結果が出たのではないでしょうか。
特に内定取り消しは、就職活動を行う学生にとって
一番怖いことですので、“安定性”という言葉が出てきても
不思議ではないような気がします。
しかし若い人が働きたくても働けないというのは
社会的に良くないことです。政治家の皆さん、どうにかしてくださいビックリマーク


それでは、また音譜

AD

2008年も残すことあと30分余りになりました時計あせる
こんばんわ、当ブログ管理者のKENですニコニコ


2008年は様々な事がありました。
北京五輪の感動場面があればアップ
米国発の金融危機で、日本までも大不況に突入した今日。
ニュースで毎日のように
派遣切りや赤字、倒産といった暗いニュースを聞きますダウン
来年の2009年は、少しでも明るいニュースが増える
そんな1年になればいいかなと思います。


個人的には2008年はソフトダーツと出会った1年でありました。
5月から本格的に始め、11月の静岡・沼津大会に出場するため
10月は練習漬けもしました。
大会の結果は決勝トーナメントに進出し
準々決勝敗退でしたが、かなり手応えがありました。


来年はもっと磨きをかけてキラキラキラキラ
3月の名古屋大会を目指して頑張っていきたいと思います。
ブログの方も更新していくので、また応援よろしくお願いします音譜
皆さま、良い年が来ますように・・・。


それでは、また音譜音譜

AD

今年もあっという間に夏休みヒマワリが終わってしまいましたしょぼん
僕は夏生まれ晴れの影響もあってか、暑い夏が大好きですラブラブ
さて、今年の夏休み中に公開した映画といえば
「崖の上のポニョ」が有名ですが、一方ハリウッドの映画は・・・汗
ハリウッド映画の不振は深刻ですドクロ



今年の夏休みヒマワリに公開した映画で一番大ヒットしたのが
ジブリの「崖の上のポニョ」
当初は「崖の上のポニョ」一人勝ち状態だったが
後半になってようやく「ハンコック」「20世紀少年」
の2作品が映画市場を盛り上げてくれた。


この夏に公開して興行収入30億円を突破した(しそうな)映画は6本。
「崖の上のポニョ」「花より男子」「ポケットモンスター」
「20世紀少年」
と邦画が4本なのに対して、
洋画は「インディ・ジョーンズ」「ハンコック」のわずか2本。
“邦高洋低”の夏になってしまった。


特に洋画、ハリウッド映画の不振は思ったよりも深刻。
ここでその理由を例を挙げて書いていきたいと思う。


例えば夏休み序盤で公開された「スピード・レーサー」
全米では不発に終わり、案の定日本でも不人気ダウンで早期で打ち切られた。
それなら話は分かるのだが、問題は次の場合。
「カンフー・パンダ」「セックス・アンド・ザ・シティ」
「ダークナイト」
のように全米で興行収入1億ドル突破
大ヒット作が日本では興業収入10億円台と低迷ダウンしてしまった映画が
あまりにも多いということだ。


さらにそれに追い打ちをかける事件が。
「ハリーポッター」の続編が、なんと公開延期になってしまったのだ。
当初は09年のお正月映画として待機していたが、
スタジオ側が「夏休みの方が、より利益が上がるから。」
という理由で09年の夏休みになってしまった。


ハリーポッター

公開が延期となった「ハリーポッターと謎のプリンス」


この拝金主義、ファンにはどう思うだろうか。
せっかく楽しみにしていたファンは、雷を差されたところだろう。


近年、ハリウッド作品にはリメイクや続編もの
さらにVFXを多様した高度でありながら単調な作品ばかりが多い。
逆にあまりお金をかけないインディース作品がヒットするという
皮肉な現象も起きている。
そして今回の「ハリポタ」のような製作側の拝金主義・・・


近年、低迷を続けるハリウッド映画
その根底はこのようなところにあると思う。
崖っぷちに追い込まれた、この感覚が作り手になければ
良い作品ができるはずもない。
1人のハリウッド映画ファンとして、そう思わずにはいられない。


それでは、また音譜

8月24日に北京五輪が無事閉幕しました。
今回の五輪でも感動興奮、そして失望
たくさんの楽しみを味わうことができて満足です。
ですが1つだけ気になったことがあったので
今日はそれを書いていきたいと思います。
それは“中国人観客のマナー”についてであります。



今回の五輪で、開催国の中国は金メダルをはじめ
メダルラッシュで、世界一のメダルを獲得した。
メダル大国、しかしその裏にはメダル大国でたって
『スポーツ大国』になれない皮肉な現実があった。


それは中国人観客のマナー

それが一番現れたのは女子のバドミントン。
8月12日、女子のバドミントンの準々決勝で日本のエース的存在の
“オグシオ”こと小椋久美子選手潮田玲子選手のペアが登場した。
対戦相手は世界ランク3位で第2シードと呼ばれる
中国のペアだった。
オグシオはこの相手に歯が立たず、0-2と敗戦した。
相手は強かった。だがそれ以上の脅威が観客席にいた


オグシオ

ストレートで負けて肩を落とすオグシオこと
小椋久美子選手潮田玲子選手ペア


「シャーッ!!シャーッ!!」
中国人選手がスマッシュを打つたびに
中国人応援団から敵を威嚇するような声援が起こる。
この「シャーッ!!」を漢字にあてると「殺!!殺!!」
つまり彼らはオグシオに向けて
「殺せ!!殺せ!!」の大合唱を向けていたのだ。


試合後、この事を聞くと潮田選手
「とても怖いです。」と身を震わせた。相方の小椋選手
「最後は完全に飲み込まれてしまいました
この4年間バトミントンをたくさんの人に観てもらいたくて
一生懸命やってきました。
相手への対策もしっかりとしてきたのですが・・・。」とうつむいた。


「殺せ!!」の伏線はあった。
この試合の前に行われていた女子ダブルス準々決勝で
日本の末綱選手前田選手のペアが
世界ランク1位の中国人ペアを下す大金星を挙げていた。
その報復だろう。中国人応援団がオグシオに大ブーイングをしたのだ。


バトミントンだけではない。
バレーボールの試合でも日本人選手がサーブを打つと
会場からは大ブーイングが起きた。
射撃の競技でも中国人と対戦する相手が的に向かって集中している時
わざとガヤガヤと雑音を立て
集中力を欠かせるようにしていた。


五輪は無事に終わった。中国はメダル総数でもトップ
だがその一方で観客のマナーは最悪
相手選手に対して「殺せ!!殺せ!!」は聞いたことがない。
これはスポーツマンシップに反する。
それが五輪で出たことはとても悲しいことである。


それでは、またドンッ

北京五輪で4位に終わってしまった野球の日本代表
今日24日、選手と首脳陣らが帰国し
星野仙一監督らが千葉県成田市内のホテルで記者会見を開きました。



今回の北京五輪を最後に、野球が五輪の正式競技から外れる
そこで星野監督は当初から金メダルを公言していた。
だが終わってみればメダルなしの4位
オールプロで構成されたチームとしては初のメダルなし
という屈辱
が待っていた。


「野球ファン、日本のスポーツファンの方々に申し訳ないです。」
星野監督は会見で深々と頭を下げた。
「初戦(キューバ戦)でストライクゾーンというものに
不信感
を持ってしまいました。故障者が続出してしまったことは、
ベストに持って行けなかった私の責任です。」
と敗因の責任を背負った。


だが今思えば人選に疑問視が残る。例えば投手がいい例。
先発要員が7人抑えが3人中継ぎ専門の投手が
星野ジャパンには1人もいなかった
ことだ。
大野投手コーチはこう話す。
「先発と抑えの割り当てを間違えてしまったというのはある。
リリーフ専門の投手がいればよかった。


そして川上成瀬など、普段は先発投手が不慣れな中継ぎに回り
3位決定戦ではついに川上が炎上した。
さらにエースのダルビッシュが不調になると
先発投手の間でも大混乱になったそうだ。


ストライクゾーンについても調整不足を露呈している。
7月に入って代表を発表。そこから突貫工事のごとく
調整をしたが、あまりにも遅すぎた。
そしてそのツケは調整不足となって現れてきたように思う。
選手に不調が重なったのも、偶然ではあるまい。


来年はWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)が開催される。
前回は優勝国の日本。
その名に恥じない戦いをしてほしいと思う。
今回の敗戦、悔しさを糧として頑張れるか。
日本の野球ファンを失望させないためにも、今度は頑張ってほしい。


それでは、また音譜

投打に精彩を欠き続ける中日ドラゴンズ
今日も敗退でこれで4連敗
早くも自力優勝も消滅してしまいました・・・。



シーズン折り返し地点で
中日が早くも崖っぷちに立たされた。
波に乗り切れないチーム、元気がないチーム
2位のチームだというのに
最下位のチームのように精彩を欠き続ける


今日も小池左前タイムリー
同じく小池併殺の間の1点と2点を先制しながらも
あと一押しができない打線。


先発の佐藤充は球威、コントロールともに欠き
毎回のように得点圏に走者を置くリズムの悪い投球
その佐藤充が4回途中に1点を奪われ交代すると

8回裏には名手荒木痛恨のタイムリー失策
最後は小林サヨナラ打を浴びた



まるで消化試合かのような元気のないチーム
を入れたくなってくる。
投手陣のリズムの悪さが打線に感染し
最後は守備をも狂わせる
完全に悪循環の泥沼にはまってしまった。


ケガ人が戦列復帰してきたが、起爆剤にはならず。
誰1人として必死さが伝わってこない。
阪神独走を前に、もう諦めたかのような感じを受けてしまう。


だがファンは応援してくれている
そのファンに応える野球を、勝つ野球を魅せてほしい。
それがプロとしての仕事ではないか。


それでは、またドンッ

中日ドラゴンズ
4日からナゴヤドームで3位巨人との3連戦を行っていた。
甲子園で屈辱の3連敗を喫した中日にとって
今や2位の座も危うくなっている。
3位巨人との差は1.5ゲーム差。


4日はエース川上力投に打線も応え4-2で勝利。
だが波に乗り切れないチームの状態が顔を覗かす。
5日は先発・小笠原が1回に4失点
直後に味方が2点を奪い、流れを引き寄せたが
その直後、さらに小笠原2失点を喫し試合は早々と決まった。



1勝1敗で迎えた6日の試合。序盤は中日が主導権を握る。
4回裏、ウッズ左安敵失策などで2死2塁1塁とチャンスを得ると
谷繁左越えに2点タイムリー二塁打を放って2-0と先制。


5回裏には、今日スタメンに抜擢された
2番・小池移籍後初本塁打を
バックスクリーンに運ぶ今季第1号ソロ本塁打

3-0とリードを広げる。


先発のチェンは伸びのある直球とキレのある変化球を武器に
奪三振の山を築いていく。
5回が終わって3安打7奪三振。
勝利は早々と見えた、かのようにみえた。


だがそれが暗転したのは6回表。
チェンがラミレスに本塁打を浴び3-1で突如交代。
6回裏をあっさりと3者凡退で退けられた後の7回表。
この回からは吉見が登板した。


2死まで簡単にこぎつけたが
坂本の中安で突如、我を失うと清水の安打
高橋のタイムリー、さらに岩舘にストレートの四球を与えると
小笠原には満塁弾を浴び勝負は決まった。
中日は3-7で敗退した。



まるで流れは必然のようだった。
悪夢の7回表、2死から坂本に安打を浴び
吉見の投球はガラリと変わった
まるで別人のように投げ急いぎ制球と球の力を欠いた


そして岩舘へのストレートの四球
4球すべてが明らかなボール球、この時点で
次打者・小笠原の勝負は決していたのだろう。

今日の敗北で3位巨人との差は0.5となった。


相変わらず投打の噛み合わせが悪い
4日は折角エース川上の力投で、流れを引き寄せたのに
残念ながらチームの起爆剤とはならなかった。

それは3連敗で敗退した甲子園の姿と重なる。


落合監督は前に言った。
「お前ら、もっと泥臭くプレーしろっ!!」
危機感を持って1つ1つのプレーに集中しないと
優勝どころかCS進出まで危うい

チームが、個々が泥臭くプレーに徹し勝利にどん欲になれるか。

選手の反骨心にかかっている。


それでは、また

プロ野球マツダオールスターゲームが今年も開催されます!!
年2回の球宴、楽しみではありますが―ドンッ汗



今年のプロ野球セ・パのオールスター
7月31日に京セラドームで、
翌8月1日は横浜スタジアムで開催される。


オールスターの運営委員会は30日、前日までで締め切った
ファン投票の最終中間発表を行った。

セ・リーグでは毎年恒例の阪神7部門でトップに立った。
一方パ・リーグでも日本ハム7部門でトップ


セは先発投手は岩田、中継ぎ部門は久保田、抑えは藤川と
阪神投手陣が独占状態
他、一塁手では新井がセの最多得票の23万8374票を集めた。
横浜からは仁志、村田らがトップを獲得。
ヤクルトからは青木がトップを獲得している。
広島と皮肉な事に巨人はトップの部門はなかった。


一方のパ。
先発ダルビッシュ、中継ぎは武田久、抑えはマイケル中村と
こちらも日本ハム投手陣独占状態
さらに日本ハム4番の稲葉が
外野手1位を両リーグ通じて最多となる26万7455票を獲得した。


だがこれはあくまで中間発表。
今後は、はがきの未集計分などを含めた最終結果
選手間投票の結果は7日に、出場選手は14日に発表される。



僕はかれこれ10年間中日ドラゴンズを応援してきている。
もちろんオールスターは毎年楽しみにしていたが
最近は全く観なくなった面白いと感じないからである。


確かに人気のある選手が選ばれることは当たり前だが
ある球団の選手ばかりにそれが偏ると、どうも見る気が失せる
オールスターなのだから、もっと色々な選手が出場してくれたら
いいのにな
、と個人的には思う。
これから監督推薦などでまた選手が選ばれるとは思うが
やはり中心となるのはファンから選ばれた選手なのだから。


あと個人的には真剣プレーを望む。
お祭り気分なのはファンであって選手はお祭り気分にならないでほしい
真剣で、1球1球緊張感があって目が離せない
そんな試合を観たいのだが、最近のオールスターはそういうふうには見えない。
個人的にはより魅力あるオールスターにするためには
やはりそういう改革も必要ではないかな、と思う。


それでは、また音譜

今日は今季の中日
交流戦を振り返ってみたいと思います目目
思えば苦しい戦いショック!ダウンが続きましたが
結果的には5割クラッカーこれはプラス合格ととっていいでしょうニコニコ



今月の23日に交流戦のすべての日程が終了した。
4年連続でパ・リーグの勝ち越しが決まり
ソフトバンクが初優勝したのだった。


一方の中日苦戦を強いられつつも
終わってみれば12勝12敗の5割
まさに地力が試された期間でもあった。


苦戦の原因は何かはてなマークこれに尽きる。ケガ人の続出だ。
中堅・森野、右翼のイ・ビョンギュ、捕手・谷繁
そして終盤には絶対的な遊撃手・井端も戦線を離れた。
ポッカリと空いたセンターライン
落合監督試行錯誤を繰り返した。


主力が抜けた事で若手を起用したが
これがあまり機能しなかった
藤井平田森岡英智と次々と起用してみせたが
期待には応えられない。
打線は深刻な得点力不足に悩まされた。


打線が湿ると、それは投手陣に伝染する。
1点も与えられない!!という危機感にも似た気持ちから
必要以上に体に力が入ってしまい
結果的に打たれてしまう。投打がかみ合わなくなった。
一時はウッズ3番4番和田を入れた時期も。


だが終盤、横浜から小池を獲得したことにより
打線と守備が安定、ロッテに2連勝した。
だがこれだけケガ人を出しながらも5割で乗り切れたことは
評価に値するのではないか。


27日からはリーグ戦が再開する。
交流戦の最終で見せた5連勝を見る限り
安定した戦いができそうだ。


だが懸念材料としては
2連戦だった交流戦から6連戦のリーグ戦となる。
先発投手陣の整備を怠らずにしてほしい。
さらに7月は首位・阪神3カード組まれている。
中日の正念場はこことなりそうだ。
完全優勝を目指すなら、乗り切るしかない。


それでは、また音譜音譜