覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕状が出され
8日、都内の警視庁施設に出頭してきた
女優の酒井法子容疑者(38)。
最初は否認する供述をしていましたが、
徐々に容疑を認める供述をしていることが分かりました。



警視庁の調べによると、
酒井容疑者は彼女の夫・高相祐一容疑者(41)が逮捕され、
東京都港区南青山にある酒井容疑者の自宅を捜索した時、
あぶった跡がある微量の覚せい剤吸引用ストローが、
化粧用ポーチに入っているのが見つかった。


吸引用ストローに付着しただ液をDNA検査したところ
酒井容疑者のDNAと一致したという。
この化粧用ポーチは隠されたわけではなく、
捜査員がすぐに発見できる場所にあったことから
酒井容疑者日常的に覚せい剤を使用していたと推測できる。


夫の高相祐一容疑者
「(見つかったものは)自分のものではない
妻も覚せい剤をやっていた。」と供述しているという。


酒井容疑者逮捕のニュースを受け、同容疑者が所属する
「サンミュージック」で9日、相沢正久社長が記者会見した。
酒井容疑者への今後の対応について
「捜査状況を待つしかないが、社会に与えた影響は大きく
解雇という処分を取らざるを得ない部分もある。」と述べ
今後、起訴され有罪判決が出た場合は解雇を含めた
厳しい処分にを検討することを明かした。



どうやら酒井容疑者は、夫の高相祐一容疑者と結婚してから
覚せい剤に手を染めたようだ。
人生最大の幸せが、まさか
人生の転落劇の始まりだったのは皮肉な話である。
いずれにせよ、社会に与えた影響はとても大きいため
厳しい処分になることを願いたい。


それでは、また音譜

AD