6月20日、21日はSUPER GTの第4戦
「SUPER GT インターナショナルシリーズ マレーシア」
が開催されましたアップ
今回も気候に負けない、熱いバトルが繰り広げられましたメラメラ


KENの日記-第4戦

SUPER GT 第4戦



20日に行われた予選。
そこで強烈な印象を与えたのは、日産のGT-R勢だった。
本山、トレルイエ組の1号車
「MOTUL AUTECH GT-R」
PP(ポールポジション)をゲットグッド!


2番手には3号車の
「HASEMI TOMIKA EBBRO GT-R」
食い込んだ。
今回のレースからはGT-R勢に搭載された
新兵器のエアコン雪の結晶が早速効果をあげる結果となった。


21日の決勝、いきなりトラブルは起きた雷
PPからスタートの1号車がなんと
ミッショントラブルピットスタートとなる波乱。
事実上3号車が先頭でレースが開始される。


先頭を走る3号車を激しく追い立てるのは
18号車の「ROCKSTAR 童夢 NSX」だ。
しかし3号車は2秒のマージン(リード)を保ちながら
周回を消化していく。


30週目に3号車がピットイン。ここでドライバーを安田にスイッチ。
18号車も道上にドライバーをスイッチするが
直後に12号車「IMPUL カルソニック GT-R」
追突されてスピン、これで一気に順位を落としてしまうしょぼん


代わって3号車を追う事になったのは
8号車「ARTA NSX」と17号車「KEIHIN NSX」
しかし2台が激しく争えば争うはどメラメラ
先を走る3号車が遠のいていくばかりショック!



結局3号車は20秒近いマージンを稼ぐことに成功し、余裕の優勝クラッカー
2位は17号車、3位は8号車とNSX勢が続いた。

3号車のロニー・クインタレッリは通算2勝目キラキラ
GT500クラス初年度の安田は嬉しい初勝利を挙げたキラキラ


一方GT300クラスでは大波乱台風
20日にウェイトハンデに関する車両規定違反
予選タイム末梢となり、決勝は最後尾からスタートとなった
加藤、吉本組の2号車「APPLE・Shiden」
決勝レースで先行車を次々と抜いて見せ
終わってみれば大逆転勝利!!クラッカー素晴らしい走りを見せたキラキラ


次戦の第5戦「SUGO GT 300キロ」
7月25日、26日にスポーツランドSUGOで行われる。
SUGOは毎年荒れるレースとなるだけに来月も楽しみである音譜


それでは、また音譜音譜

AD