食の不安再びです。
アメリカ疾病対策センターCDC)は29日、
テキサス州で豚インフルエンザ(新型インフルエンザ)の感染で
1歳11か月の幼児が死亡していたことが明らかとなりました。
メキシコ以外の国で初の死者となってしまいました。


今後も2次、3次感染と広がる可能性もあります。
しかしグローバル化の影響で人の出入りが激しいため
なかなか食い止めるのは難しいでしょう。
CDC当局は
感染封じ込めは極めて困難。状況がさらに悪化することに
備えなければなりません。」と懸念しています。



メキシコ以外の国で初の死者となった今回のケース。
死亡したのは1歳11か月のメキシコ人幼児
治療のため渡米していたという。


だが詳しい感染経路などは分かっていない。
CDCのベッサー所長代行
「今後さらに重症者や死者が出ることが予想されます。」
と注意を促す。


米国内では新たにインディアナ州で1人の感染者が発見され
ニューヨーク州、カリフォルニア州など
計6州で66人の感染者が確認された。
グローバル化の影響で、今後大都市を中心
感染が広がるのは避けられそうにない。


国内で初めて死者が確認されたことで
アメリカ政府はワクチン生産など予防対策を早急に進める方針。


オバマ大統領は28日、ワクチン開発
抗ウイルス薬の調達など豚インフルエンザ対策に
15億ドルの補正予算を求めた。
しかし今後も感染者が増えることが懸念され、
より一層の予算が必要となりそう。



ちなみに世界での感染確認例は29日時点で
100人を突破し、計121人
ドイツで3人オーストリアで1人と徐々に広がり
計9カ国で感染者が確認された。
メキシコでは感染が疑われる死者数が159人に増え
感染の疑いがある患者数が2498人となった。


これを受けてWHO世界保健機関)は豚インフルエンザの
世界的大流行(パンデミック)ドクロに備える
警戒レベルを「フェーズ4」に引き上げました。
「フェーズ4」とは大流行する可能性があるという意味だそう。
パンデミックにならないためにも、世界各国での対策
そして世界をあげての対策が必要になりそうです。


それでは、また音譜

AD

21年間続いたABCラジオの深夜番組
『誠のサイキック青年団』不適切な発言をしたとして
芸能活動の無期限謹慎処分を受けていた
タレントの北野誠さん(50)。


そんな北野さんは28日、大阪市内のホテルで記者会見。
「事実に基づかない発言をし、深くお詫びを申し上げます。」
と改めて謝罪しました。
北野さんの発言が、芸能界の「ドン」逆燐に触れた雷ドクロ
という説も飛び交っていますが、これで落ち着くでしょうかはてなマーク


KENの日記-kittano

涙ながらに記者会見する北野誠さん
しかし記者会見で不適切発言の内容を明かしませんでした。



21年間続いたABCラジオの長寿番組
『誠のサイキック青年団』(3月をもって終了)の
番組内や関連イベントでの不適切発言
今回の騒動の原因とも言われている。
しかし会見でそれが明かされるかと思われたが
「蒸し返すことになるので、容赦して下さい。」と真相は闇に。


北野さんは4月27日のラジオ放送を終えて
計5本のレギュラー番組への出演をすべて終了したとコメント。


北野さんは
毒舌家というレッテルに自分自身が縛られていた。
今回の謹慎を重く受け止めもう一度自分を見つめ直したいです。」
と述べた。だが質問が家族に及ぶと思わず涙をぬぐった


またあらゆる週刊誌が、今回の騒動に噛みついている。
それら週刊誌では、音楽の業界団体などからの要請で
謹慎が決まった
、と報道されていることについて
同席した松竹芸能の安倍社長
北野誠と松竹芸能が協議して謹慎を決めた。自主的判断です。」
とコメントしている。


不適切発言など詳しいことは分かりませんが
どのような発言にせよ、まず反省し
二度とこのようなことがないように、
そして早く芸能界に戻ってきてほしいですね。


それでは、また音譜音譜

AD

4月18日、19日に
三重県の鈴鹿サーキットで開催された
スーパーGT第2戦、19日に決勝戦が行われました音譜
僕の当初の予想は、予選でポールポジション(先頭)を
ゲットした「MOTUL AUTECH GT-R」ビックリマーク
だと思っていましたが、レースの終盤に思わぬ波乱が・・・くもり



4月19日に行われた決勝レース。
第2戦の舞台となった三重県鈴鹿サーキット
大規模な改修が行われた後の初の4輪開催レースキラキラとなった。
記念すべきレースだが、ピットでは
改修によりコースの半分ほどの路面が新しくなるなど
情報収集に追われた。


レースの前半を引っ張ったのがポールポジションスタートの
「MOTUL AUTECH GT-R」だ。
2位に4秒ほどのマージンを築き、独走態勢DASH!

それを「ZENT CERUMO SC430」
「PETRONAS TOM’S SC430」
勝利に飢えているメラメラレクサスSC勢、さらには
「IMPUL カルソニック GT-R」が追う展開となり
前半戦が終わる。


ここまで大きなトラブルなく、あまりに淡々としたレースだったが
終盤に思わぬ波乱が待ち受けていた雷
ピット作業で6位に後退した「ZENT SC430」が猛追DASH!DASH!
さらにトップ「MOTUL GT-R」がラスト10周ほどで
まさかのスローダウンダウンダウン原因はタイヤの摩耗か。


2位につけていた「TOM’S SC430」
「ZENT SC430」のレクサス2台が
1位「MOTUL GT-R」をあっさりかわした。
勢いに乗る「ZENT SC430」はそのまま
「TOM’S SC430」もかわして1位をゲットグッド!


その後コース終盤のセクター、シケインのい入口で
3台が絡む多重クラッシュが発生注意爆弾
残り2周だったが、レースが一時中断。
セーフティカーが入り、そのままの順位でレースが終わった。


第1戦の岡山では苦しい戦いを強いられたレクサスSC
「ZENT SC430」「TOM’S SC430」
2台のレクサスが1位、2位を独占クラッカークラッカー
3位は「IMPUL GT-R」となった。


NSX勢はウエイトハンデが重く、意気消沈ダウンダウン
特に終盤ジワジワ追い上げてきた「ARTA NSX」
シケイン入口で起きた多重クラッシュに巻き込まれるなど
運がなかったショック!
鈴鹿サーキットはNSXのホームコースだが、
やはりNSXは鈴鹿で勝てない。


次戦は5月3日、4日富士スピードウェイで第3戦が行われる。
以前好調キープのGT-Rの独壇場となるか!?
それともレクサスSC、NSXの逆襲があるのか!?
早くも楽しみでしかたがない音譜


それでは、また音譜音譜

AD

中日ドラゴンズは24日から
東京ドームに移り、巨人3連戦に挑んでいますメラメラ
24日は代打・立浪選手今季1号本塁打でチームが息を吹き返し
3-2で逆転勝ちを収めましたキラキラアップ
しかし25日は和田選手200号本塁打キラキラを放ちましたが
抑えの岩瀬投手サヨナラ3ランを被弾し、まさかの敗戦ガーンダウン


接戦続きで1勝1敗のタイで迎えた第3戦。果たして―



試合経過・・・
中日の鮮やかな速攻が光ったキラキラ
巨人先発・グライシンガーの立ち上がりを攻めた。
1回表、井端中安で出塁すると
森野が9球粘った末に左翼フェンス直撃のタイムリー二塁打を放ち
あっという間に1点を先制する。


さらに続くブランコ中前タイムリー
2死3塁2塁となった藤井左前へタイムリー
この回、合計3得点を挙げ試合の主導権を握るグー


中日先発は左腕の川井
直球は140キロ台前半だが、今日は変化球が抜群だったグッド!
チェンジアップスライダー、さらにはスローカーブ
巧みの緩い変化球を使い、巨人打線に凡打の山を築かせる。

また毎回のように走者を背負うが、
要所要所の変化球が有効で、得点を許さない。


川井の頑張りに打線がバックアップDASH!
3回表には森野左二塁打などでチャンスを作ると
和田右犠飛で4-0と加点。

6回表には連打で無死満塁とすると
荒木右前に2点タイムリーで6-0。
8回表には2死からブランコ
オビスポの高めの直球を豪快に右翼席に運ぶ
第4号ソロ本塁打
で7-0。9回にも1点を追加した。9-0。


川井5回を投げ被安打4、無失点で先発の役目を果たしたグッド!
その後は小刻みな継投で逃げ切り、9-0で完封勝利!!アップ


中日が昨夜の雪辱、そして前回のナゴヤドーム3連戦の雪辱を果たし
2勝1敗で勝ち越したアップアップ
同時に勝率5割に復帰ビックリマークここから反攻していきたいメラメラ
一方の巨人はグライシンガーが誤算、打線も淡白だった。


勝ち投手 川井 1勝
本塁打 ブランコ4号


それでは、また音譜音譜

この1週間で一番衝撃のニュースでしたえっあせる
大人気グループ・SMAPメンバーの草彅剛さん(34)が
23日未明、公園で裸になって騒いでいたということで
公然わいせつ容疑で逮捕されました。
そして24日午後、本人が反省しているということで
処分保留のまま釈放されることになりました。



24日午後9時、所属レコード会社である
ビクターエンターテイメント草彅さんは会見を行った。
顔面は青白く、俯いた表情だった。
35時間半の拘置生活で憔悴しきっていたようだ。
「たくさんお酒を飲みまして、
自分でもわけが分からなくなってしまいました。
とても反省しています。」と声を絞り出した。


逮捕当日はビール5杯焼酎を3杯飲んだ後から記憶がなく
意識が戻ったのは警察署の中
まだ酔っていて、夢か現実が分からなかった。」と話す。


会見場にはテレビカメラ15台スチールカメラ43台を含む
報道陣約300人が集まった。
海外からは草彅さんの人気が高い韓国台湾香港メディア
さらにはAP、ロイター、UPI通信社まで集まった。


SMAPに話が及ぶと、草彅さんは目にうっすら涙を浮かべた。
メンバーからは度々飲み過ぎを注意されていたそうだ。
「僕がそれをきちんと受け止めていなかった。反省しています。」
この日はメンバー4人を順番に電話で話し、体を気遣ってもらった。
『これからの事はみんなで考えればいい。大丈夫』
と優しい言葉をかけてもらいました。」と感謝した。


今後は当分の間、活動を自粛するよう。
一度の失敗は誰にでもある。
これを糧にして、さらに大きくなってほしいと願うばかりだ。


それでは、また音譜音譜

皆さん、お久しぶりですニコニコ音譜
昨日、4月23日はナゴヤドームで
中日×阪神戦を生で観戦してきましたラブラブアップ


午後3時前に名古屋駅に到着し、まずは名駅でブラブラ音譜
その後、久屋大通まで歩きそこから現地に向かいましたDASH!
チームの調子が上がってアップいたので
3連勝いけるかと思ったのですが・・・ガーンダウン



試合経過・・・
打った瞬間、それと分かる当たりだった。
大きな悲鳴に包まれて、白球が無情にも右翼席に突き刺さった。
延長12回表、阪神の鳥谷が決勝の3ランを放った。
黄色く染まった左翼席は甲子園並みに盛り上がり、対照的に
右翼席側の大半の観客はグラウンドに背を向けて家路についた


勝てる試合だった。
5回裏、森野右翼フェンス直撃のタイムリー二塁打で先制。
しかし一塁走者・井端は本塁でアウト爆弾
やや強引な走塁が、もしかしたらこのワンプレーが
試合の流れを変えたのかもしれない。


両チームともチャンスを潰す展開。
中日先発・吉見最高のピッチング7回を
被安打2、奪三振10、無失点

だが落とし穴は8回に待っていた。
先頭の代打・桧山にカウント0-2から真ん中の直球を
中堅右への同点ソロを浴び、1-1に。


これには珍しく落合監督が悔しがった。
何であそこでボールを置きにいくかな。まあしょうがない。
打った方を褒めないと。」

だが敗戦の責任を吉見1人に背負わせるわけにもいかない。


1-1の同点で迎えた9回裏。
2死から荒木井端の連打で2死3塁1塁とするも
森野がアッチソンの前に空振り三振むかっ
延長11回裏には代打・立浪左安などで2死2塁1塁としたが
再び森野が、藤川の高めの直球を空振り三振むかっむかっ
結局打線は10安打放ちながらも1点しか奪えなかった。


「それにしても一日疲れた日だな。何にも残らない日というのか。」
落合監督の言葉が全てを物語る。
延長12回の死闘の果てには、疲労しか残らなかった。



僕も延長12回まで観戦し、試合が終わったのが22時35分
いつの間にか浜松行きの終電に乗り遅れてしまいましたガーンショック!
なので23時59分、金山駅発豊橋行き(区間快速)で
豊橋まで帰り、そこからお父さんに迎えに来てもらいました車
勝てれば良かったけど・・・、本当に疲れた試合でしたあせるあせる


それでは、また音譜音譜

K-1のワールドマックス福岡大会が
21日、マリンメッセ福岡で開催されましたビックリマーク
この大会の注目は、なんと言っても
今年限りで引退を表明した魔裟斗選手(30)と
次期K-1のエース、HIROYA選手(17)が対戦する
エキシビジョンマッチです!!メラメラ



年内での引退を表明した魔裟斗が、彼が認める“後継者”こと
HIROYAとエキシビジョンで対戦した。
魔裟斗は自らの拳で、後継者の肉体に志を刻み込んだ


試合では本気になって挑むHIROYAのパンチを
軽いフットワークでかわしたかと思うと
踏み込んでの強打など、高校生のHIROYAを攻め立てた。


KENの日記-エキシビジョンマッチ

魔裟斗選手(右)の右アッパーがHIROYA選手の顔面を捕らえる


試合終了後、HIROYAから花束ブーケ1を贈られた魔裟斗
「けっこう打っちゃったけど大丈夫はてなマーク
格闘家は拳で会話するから。分かるよねはてなマーク」と笑顔で話した。


一方、魔裟斗に試合を終始余裕に展開されたHIROYA
ずっと余裕の表情だったのが悔しい
今の頑張りじゃあK-1を背負うこともできないし
魔裟斗さんのような存在にもなれない。」と唇を噛む。


だがMAXの未来は、この17歳が背負うことになる。
「ずっと魔裟斗さん、魔裟斗さんって言っているのも
子どものままでダメ。自分が一番になれるように努力しないと。」


魔裟斗がその能力を認めたHIROYA
HIROYA魔裟斗の背中を追い求め、ずっと練習してきた。
だがこの瞬間、魔裟斗から“卒業”することになる。
K-1の将来は、この17歳にかかっているビックリマーク


それでは、また音譜音譜

現在4連敗中で調子が落ち気味の中日ドラゴンダウン
今日から再び阪神、巨人との対戦ですメラメラ
首位・巨人との対戦の前に、1つでも多く勝って
波をつかみたい波中日ドラゴンズですが・・・。



試合経過・・・
中日の先発は朝倉
先週の阪神戦(甲子園)では好投し、約1年ぶりの勝利キラキラを挙げた。


1回表、先頭の赤星に初球をいきなり左安され嫌な流れくもり
さらに盗塁、右飛で3進まで許すと
鳥谷の遊ゴロの間に1点を奪われてしまう。0-1。
しかし続く絶好調・金本は遊ゴロにしとめ、この回1失点。


2回表にはメンチをスライダーで投併殺
4回表には鳥谷を直球で二ゴロ併殺、いずれも
四球で出した走者だっただけに、これには助かった。
朝倉が徐々に打たせて取る、本来のピッチングを取り戻し始める。


一方の打線は、序盤からコントロールが悪い
下柳を捕らえきれなかったが、3回裏だった。
荒木井端の連打で無死3塁1塁とチャンスを作ると
続く森野の打球は痛烈、しかし一直となり併殺ショック!
あっという間に2死3塁とチャンスはしぼみかけたが


ブランコがフルカウントまで粘って四球を選び2死3塁1塁。
続くは中日の絶好調男アップ和田
5球目、外角にスッと沈むフォークをコンパクトに振り抜くと
打球はライナーで左中間を破る逆転のタイムリー二塁打アップ
2-1と逆転に成功する。


6回表、朝倉が先頭の狩野に初球を中前に運ばれ無死1塁。
しかし続く下柳に犠打をさせず空振り三振
だが犠打と四球で2死2塁1塁と一打同点のピンチ。
ここで打席には調子を上げてきた鳥谷。
3球目、外角低めにコントロールされた球は
完全に打球を詰まらせ、二ゴロに。ピンチを脱す。


結局、朝倉8回まで投げ被安打2、1失点と素晴らしい内容キラキラ
9回は岩瀬が無失点でしのぎ、ゲームセット!!アップ
中日は連敗を4で止め、3位に浮上したアップ


今日は朝倉の投球に尽きるグッド!
8回を投げ投球数101球、被安打2、与四死球3、失点1
彼らしい打たせて取るピッチングで、見事省エネ投球だった。
最近、不調の投手陣だけあって、今日は明るいニュースだった晴れ
次回登板も十二分に期待できそうだ。


勝ち投手 朝倉 2勝
セーブ 岩瀬 3セーブ


それでは、また音譜音譜

僕は昔からアクション映画が大好きで
アクション俳優はジャッキー・チェンさんが大好きでしたラブラブ
『酔拳2』は100回は観たと思います(笑)チョキ
さてそんなジャッキー・チェンさんの発言が波紋を広げています台風


KENの日記-プロジェクトBB

今日のCGはワイヤーを駆使したアクション映画より
生身のアクション映画の方が大好きですラブラブ
写真はジャッキー・チェンさん



2008年の北京五輪では開会式と閉会式の両方に出席し
中国政府から熱くもてなされているジャッキー・チェンさん。
中国や香港、日本などアジア圏にとどまらず
ハリウッドキラキラにも進出し、今や世界を代表するトップスターとなった。


だが海南島で行われたフォーラムで事件は起きた。
新作映画『新宿インシデント』中国で上映禁止になったことを踏まえ
中国本土での検閲について質問された。
チェンさんは次のように答えたという。


「自由があるのがいいことがどうか、僕には分かりません。
でも自由が過ぎると、今の混沌とした香港
無秩序な台湾のようになってしまうと思う。」さらに


「僕はだんだん、中国が統制されるべきであると考えるようになった。
規制がなければ何でも好き放題になってしまうからね。」とコメント。
会場に集まった中国人出席者からは大きな拍手が贈られたが・・・。


一方、名前が挙がった香港台湾では怒りの声むかっが上がっている。
香港のある議員からは
彼の発言は中国の人々を侮辱している。中国人はペットではない。
人権を守る民主主義システムやルール、法整備が必要だ。」と怒り心頭むかっ
台湾の人々からも「何ふざけたこと言っているんだ!!パンチ!
と怒り心頭だった。


世界を代表するトップスターになったからこそ
1つの発言でも大きな影響を与えてしまう。
日本の政治家でも最近は失言が目立つが、本人には“失言”という
自覚があまりに薄すぎる。
大きな影響を与えるからこそ、発言は慎重にしてほしい
チェンさんの発言は、今後も波紋を広げることは必至だ。


それでは、また音譜音譜

中日ドラゴンズは現在3連敗中と不調ダウン
特に打線が先制しても、それを守りきれない
逆転負けが多いのが気になりますパンチ!
今日は本拠地でなんとしても連敗を止めるべく、
必死で食い下がりましたが・・・。



試合経過・・・
中日の先発投手は今季初登板の山井
しかし1回表、先頭打者に死球を与え
これが自らの投球、そして守りのリズムを壊すことになった。


2死になったが小笠原の中前タイムリーの間に
中堅・藤井悪送球
さらに一塁手・ブランコファンブルでピンチが広がり
ここから一挙4失点となったドンッ


だが打線が必死で食い下がる。
2回裏、2死1塁から小山右越えにタイムリー三塁打を放ち
まずは1-4と1点返すと

3回裏には2死1塁から
ブランコ左翼席に第3号2点本塁打
続く和田2者連続となる6号ソロ本塁打で4-4の同点に。


4回裏には2死2塁から荒木中前タイムリー
5-4と一時が4点差をひっくり返した。


だが投手陣が踏ん張れない。
山井が2回で降板すると、2番手のネルソンがロングリリーフ。
落とし穴は逆転した直後にあった。


5回表、簡単に2死までとったが
破滅の序曲は2死からイ・スンヨプに与えたストレートの四球パンチ!
これで走者を許すと
続く阿部が狙ってたように、初球の甘い直球を右越えにタイムリー三塁打
5-5の同点とされると
坂本に粘られながらもタイムリーを浴び、ジエンドダウン

終盤は巨人の救援陣にかわされ5-6で逆転負け。
昨年の8月以来の4連敗を喫した。


中日・落合監督の談話
意味のある、いい負けだ。
山井が今季初戦だったし、君たち報道陣が思っている負けととらえ方が違う
(対戦が一巡し)十分戦えます
あとは選手たちが、びくつかなければいい。」


この3試合に共通することがある。
それは一時は先制、または逆転し中日がリードしていたということ。

3試合とも勝てたゲームだった。
しかしいずれも巨人に逆転され、3試合とも1点差で競り負けた。
不安定な投手陣、相変わらず本塁打頼みの打線
本来の中日が目指す野球とは、かけ離れている気がする。


救いなのはまだ4月、ペナントの序盤だ。
まだチームを立て直す時間がある。
明後日からは阪神3連戦。
気持ちを切り替えて、どのような野球をやるのか見守りたい。


それでは、またメラメラ