2008年も残すことあと30分余りになりました時計あせる
こんばんわ、当ブログ管理者のKENですニコニコ


2008年は様々な事がありました。
北京五輪の感動場面があればアップ
米国発の金融危機で、日本までも大不況に突入した今日。
ニュースで毎日のように
派遣切りや赤字、倒産といった暗いニュースを聞きますダウン
来年の2009年は、少しでも明るいニュースが増える
そんな1年になればいいかなと思います。


個人的には2008年はソフトダーツと出会った1年でありました。
5月から本格的に始め、11月の静岡・沼津大会に出場するため
10月は練習漬けもしました。
大会の結果は決勝トーナメントに進出し
準々決勝敗退でしたが、かなり手応えがありました。


来年はもっと磨きをかけてキラキラキラキラ
3月の名古屋大会を目指して頑張っていきたいと思います。
ブログの方も更新していくので、また応援よろしくお願いします音譜
皆さま、良い年が来ますように・・・。


それでは、また音譜音譜

AD

巨人の二岡選手とラブホテルに入り
そのことが問題となって年内活動を謹慎していた
フリーアナウンサーの山本モナさんが年末の12月31日に、
活動謹慎が解かれることが明らかとなりました。
今日はその話題にも触れつつ、事件のもう1人の当事者
巨人・二岡選手の事も書いていこうと思いますメモ



7月20日の横浜スタジアム。
デイゲームで行われた横浜×巨人戦。
最高気温32度あせる炎天下メラメラの横浜スタジアムには
2万6134人が埋まり、今季巨人戦で初の大入りとなったアップ
その球場全体の視線目は、巨人の背番号「7」に集中した。


背番号「7」の二岡は、3月28日の開幕戦で
右ふくらはぎを肉離れして2軍で調整していた。
この日の試合は、それ以来となる1軍復帰の試合
しかし2軍調整中に山本モナフリーアナウンサーと“密会”ラブラブ
世間の白い視線パンチ!を浴びることとなってしまった。


試合は3点を追う6回1死満塁で、なんと二岡に打席が回って来た。
左翼席の巨人ファンからは大歓声、かたや
右翼席の横浜ファンから大ブーイングパンチ!が飛び交う中
原監督が現れ、球審に一言話しかけた。
そう、代打・高橋由をコールしたのだった。
その瞬間、横浜スタジアムはどよめいた。


「あそこは高橋由の方が、点数が入る確率が高いと思った。」
原監督は代打の経緯を説明。
この日は無安打、さらに4回裏の守備では失策を犯すパンチ!など
私生活同様、精彩を欠いた。
結局、代打の高橋由空振り三振で終わった。


KENの日記-二岡選手

山本モナさんとの“密会”が報じられた後日の
2軍の試合でも失策を犯し、精彩を欠いたニ岡選手


この日の午前中、謝罪会見を行った二岡
「今回報道された件で、山本さんをはじめ、関係者の方々に
ご迷惑をおかけしたことを改めておわびします
申し訳ありませんでした。」とコメント。
来季からは日本ハムに移籍し、心機一転頑張れるか。


一方の山本モナフリーアナウンサー今月31日で謹慎が解けることに。
謹慎期間中に改めて深く反省いたしました。申し訳ございませんでした。」
と直筆のファックスを報道機関に送付した。
年明け以降の仕事は、依頼をもらった時点で検討し
出来るものから始めていくという。


KENの日記-山本モナさん

2度あることは3度あるはてなマークそれとも3度目の正直!?
山本モナさん


それでは、また音譜音譜

AD

今日は今季の中日の最終戦となった
10月26日に東京ドームで行われた
クライマックスシリーズ第2ステージ、巨人の第4戦を書きます。
この試合の敗戦は、巨人との差が分かる敗戦であり
来季に課題を残した敗戦となりました。



試合経過・・・
CS第2ステージは、昨年と同じ顔合わせ。
初戦を中日勝利し、波に乗るか波と思われたが
2戦目は中日が完敗3戦目も落としダウン
巨人のアドバンテージ1勝分を含めると、中日の1勝3敗
後がなくなっての第4戦目となった。


中日の先発を任されたのは、今季飛躍を遂げたチェン
序盤は好投するも、中盤にリズムを失った。
安打死球と崩れるパターンを自ら作ると
谷に左中間タイムリー、気持ちを切り替えられなかった坂本には
中途半端な高さの球を痛烈にはじき返され左前タイムリー
0-2と2点の先制点を許す。


しかし6回表、ウッズ左翼看板を直撃する特大のソロ本塁打
反撃ののろしを上げると
8回表にも1死3塁1塁から再びウッズ
外角の球をうまくとらえたが、右翼手の正面で右犠飛に。
これは惜しい当たりだったが、2-2の同点に。


8回裏、味方が同点に追いついた直後だった。
マウンドの高橋がラミレスに2ランを浴び、これで万事休すダウン
中日は最後に力尽き2-6の敗戦、CS第2ステージは敗退したダウン


この敗戦を来季の課題として繋げなければならない。
1つは打線をつながりの悪さ
得点はウッズソロ本塁打右犠飛の2得点でタイムリーはなし。
タイムリーで繋げる、本来の中日らしい攻撃が出来るかが課題だろう。
あと盗塁や進塁打、さらには送りバントなど
足を使った攻撃をもう一度見直してほしいと思う。


投手陣の強化は先発中継ぎ陣
特に抑えの岩瀬までバトンをつなぐ役の投手の強化を図りたい。
中日には若い投手が多くいるので、来季に期待している。


それでは、また音譜音譜

AD

今日の『08年の戦いを振り返って』
中日ドラゴンズで今季最も活躍したあの人の話題アップ
そう、山本昌投手の悲願の200勝を達成した試合キラキラ
振り返ってみたいと思います。キラキラ



試合経過・・・
8月4日のナゴヤドームの巨人戦。
集まった観客の注目目は、マウンドに上がる
中日のベテラン左腕・山本昌だった。
今季7勝目をかけて、そして悲願だった200勝をかけての登板だった。


07年の成績は2勝10敗
落合監督から再三のチャンスを与えられながらも
その期待に応えることができなかった。
今季も前半は勝てなかったが、暑くなってきた途端に
気温と同時山本昌の調子も上がって来たアップアップ
ヒマワリ山本昌の季節だったアップ


しかし試合は、いきなり1回表に1点を失う
2回表も1死3塁というピンチを背負う。
だが打席の鶴岡をスライダーで空振り三振、さらに
三塁走者が飛び出しており、見事併殺に打ち取った。
このプレーで山本昌が流れに乗る波


打者の内角を突く投球、伝家の宝刀・スクリューボール
破壊力のある巨人打線を完璧に抑え込む。
3回以降は全く危なげなかった。


KENの日記-200勝達成!!!

巨人打線を相手に好投する山本昌投手


山本昌の200勝を強力に後押ししたのは、打線だった。
2回裏、デラロサ中越えソロ本塁打であっさり同点に追いつくと
3回裏には中村紀左前タイムリーで2-1と勝ち越し。
5回裏には井端左越えのソロ本塁打和田右前タイムリー
そして西村のボークで3点を奪い、5-1とダメ押し点を挙げた。


そして9回表。球場のボルテージが最高潮アップに盛り上がる中
山本昌は冷静に、巨人の中軸を三者凡退に抑えてゲームセット!!
この瞬間、プロ野球史上24人目となる200勝を達成クラッカークラッカー
その200勝を歴代最年長で達成したクラッカークラッカー


今季は200勝を達成しただけでなく、
チームトップの11勝をマークしてチームに貢献した。
そんな山本昌が12月26日に契約更改を行い
なんと2年契約、年俸1億5000万円でサインした。
43歳での複数年契約は、球団からの信頼の証し。
来季も頑張ってほしいと思う。


それでは、また音譜音譜

クリスマスイブだった昨日の24日。
元タレントの飯島愛さんが亡くなるという
ショッキングなニュースがあった一日でしたが
国会でも衝撃的な“事件”が起こりました。


野党・民主党が24日に提出した衆院解散要求決議案
なんと与党・自民党ただ一人賛成した人がいましたビックリマークえっ
その人は渡辺喜美元行政改革担当相でした。
急速な支持率低下ダウンで与党内からも麻生政権に対する風当たりは強く
今回の事件が今後、どうなっていくのでしょうかはてなマーク


与党議員でただ1人衆院解散要求決議案に賛成した
渡辺喜美行政改革担当相



その瞬間、場内が一時騒然とした。
与党からはどよめき、対する野党からは拍手が起こった。
野党・民主党が提出した衆院解散要求決議案
渡辺元行政改革相与党でただ1人賛成したのだ。
渡辺氏『造反』に気づいた麻生首相は、ただ苦笑をしただけだった。


渡辺氏造反劇は、自民党に衝撃が広がった。
他党が提出したのに乗るのはいかがなものか。
全く相談もなかった。」と突き放す意見もあれば
その気持ちは分かります。他の議員に広がるのもあるのではないか。」
と理解を示す声もある。


だが正直なところ、
麻生内閣不信任案に賛成したような結果で、
非常に重い。」と話した古賀誠選対委員長の言葉が党の気持ちを代弁する。


この造反劇に、渡辺氏除名を含めた重い処分が下る予定だったが
実際に下ったのは7項目中2番目に軽い「戒告処分」だった。
重い処分が下れば、自民党完全に悪者になりかねない。
その辺の駆け引きがあったようだ。


早期決着を図った自民党だが
麻生政権に対する不満は、自民党の中でも日に日に増すばかり。
今回の渡辺氏の行動は今後、
党の若手や中堅議員を刺激する可能性がある。
年明けの次期通常国会に向け、不安が残る形となった。


それでは、また音譜音譜

今日、12月24日はクリスマスイブ
巷は賑わっているこの日ですが、そんな幸せである日に
とてもショックで悲しいニュースが入って来ました。


元タレントの飯島愛さん(36)が24日の午後3時15分ごろ、
東京都渋谷区の自宅マンションで死亡しているのが発見されました。
警視庁渋谷署では自殺病死の2つに絞って
死因の特定を急いでいます。
あまりにも突然の出来事で、ただショックです・・・。


KENの日記-飯島愛さん

2年前に芸能界から引退した飯島愛さん
容姿はギャルっぽいですが、
挨拶などはきちんとする礼儀正しい人だったようです。
ご冥福をお祈りいたします。



調べでは、仕事関係者が飯島さんに数日前から連絡が繋がらないことを
不審に思い、自宅を訪問。
そこで飯島さんが倒れているのを発見し、119番通報した。
救急隊が駆け付けたが、既に死亡しているのが確認され、
死後数日が経っているとの情報もある。


飯島さんは昨年3月に体調不良などを理由に、
惜しまれつつも芸能界を引退
自身のブログでは近況を報告していたが、最近では
病気を苦にする書き込み精神的に病んでいる内容が目立った。

警視庁は現場の状況などから病死自殺の2つが高いとみて
今後詳しく調べる。


飯島愛さんは、テレビ東京の深夜お色気番組
『ギルガメッシュないと』の出演で人気を集めた。
その後コメンテーター、タレントと幅広く活動を始めた。
特に辛口のコメントで知られている。


テレビ以外では、自伝的小説『プラトニック・セックス』
下積み時代のAV出演整形について赤裸々に告白。
これがベストセラーの大反響、海外出版もされるほどだった。


あまりに突然のことで僕も信じられないという思いです。
コメントを書きたくても気持ちの整理がつかなくて
うまくコメントが書けません。
まずはご冥福をお祈りいたします、と言いたいです。


それでは、また

なんともすごい試合!!これぞボクシングです!!
世界ボクシング評議会WBCフライ級タイトルマッチ12回戦が
23日、東京の両国国技館で行われました。
フライ級の王者キラキラ内藤大助選手4度目の防衛をかけ
同級13位の山口真吾選手(29)と闘いました。
試合は序盤から乱打戦ドンッという好試合となりましたアップ



試合は序盤から両者が打ち合う乱打戦となった。
そこで光ったキラキラのが、王者・内藤大助的確なパンチだった。
変則的なモーションフック山口を翻弄した。


1ラウンドで内藤左右のフック山口の顔面をとらえると
3ラウンド目も左右のフックが効果的に入った。
しかし挑戦者・山口も打ち合いで負けていなかった。
2ラウンド目に山口右ストレートが入ると
4ラウンド目はコンビネーションと連打内藤をとらえた。


しかし第5ラウンド、内藤強烈な右フック
山口の顔面をとらえると、徐々に試合は内藤ペースに。
7ラウンドでは内藤右ストレート山口がよろめくシーンも。


KENの日記-4度目防衛!!

挑戦者・山口選手(左)を攻める内藤大助選手(右)


試合は後半に入ったが、スタミナには自信がある両者は打ち合いをやめない。
しかし8ラウンド終了時のオープンスコアでは
3人の審判中3人内藤を支持しており、試合は内藤有利に運んでいた。

だが内藤は守りに入らなかった。とにかく攻め続ける。
第9ラウンドで内藤左フックが顔面にクリーンヒットすると
第11ラウンドだった。


内藤鋭い左フック山口の顔面をとらえると
山口の動きが一瞬止まった。その一瞬を逃さなかった。

立て続けに右フック右ストレートダウンを奪うと
その後は怒涛の攻撃ドンッ
最後はレフェリーが間に入り、内藤TKO勝利が決定!!クラッカー


内藤4度目の防衛に成功クラッカークラッカー
さらに自身が持つ国内最年長防衛記録を34歳3か月で更新したアップ


一方の挑戦者・山口は善戦したが、あと一歩届かず。
3月には世界ボクシング協会WBA)フライ級王者の
坂田健史と闘い、ダウンを奪ったものの判定負け。
それ以来の世界挑戦だったが、最後は内藤が上回った。



今日の試合、勝った内藤選手はもちろんですが
敗れた山口選手にも、あっぱれの拍手をあげたいですアップ
最後まで内藤選手のパンチをもらいながらも
果敢に前に出るその姿は、心に残るものがありました。
でもやっぱり内藤選手は強かったですね。まさにあっぱれですアップ


「いやあ~、相変わらずダメですね~。
勝ったから嬉しい、でも反省すべき点はいっぱいあります。
山口君に研究されていたのでしょう、やらせてもらえなかった。
今日の課題は、有利だ有利だと言われる中
その通りの試合をやろうと思っていたのですが、まあ勝ててよかったです。」
内藤選手は試合後、このように語っていました。
おめでとうございますクラッカークラッカークラッカー


それでは、また音譜音譜

明日12月23日の夜は
僕が待ちに待ったボクシングの内藤大助選手
4度目の防衛戦が行われますメラメラ
今回の相手はかなり手強いようで少し心配ですが
精一杯応援していきたいと思いますビックリマーク


今日は7月30日に行われた
内藤大助選手3度目の防衛戦の試合を振り返ってみたいと思います。
内藤選手苦戦を強いられました
最後まで諦めず、見事な逆転勝ちでしたキラキラキラキラ



7月30日、世界ボクシング評議会WBC)と
世界ボクシング協会WBA)のフライ級ダブルタイトルマッチメラメラ
東京の代々木第1体育館で行われた。
なんと言っても注目は、国民的英雄の
WBC王者・内藤大助の防衛戦だったメラメラ


今回の挑戦者はWBC13位清水智信
だが内藤苦戦を強いられた
トリッキーな動きで相手を幻惑して戦内藤に対し、
清水はそれとは対極的、正攻法で真っ向から内藤に挑んできたのだ。
第4、第8ラウンド終了時に発表されるオープンスコアでは
3人の審判中、2人が挑戦者・清水を支持した。


だが劣性に立たされても、内藤は諦めなかった。
持ち味である豊富なスタミナを生かし、逆にペースが落ちてきた
清水を徐々に攻め込み始めた。


KENの日記-見事に防衛!!!

挑戦者・清水選手に対し、攻撃を仕掛ける内藤大助選手(左)


そして第10ラウンド。
内藤右フック清水の顔面を捕らえ、これでダウンを奪う
そこから怒涛の攻撃で挑戦者・清水を一気に沈めようとする。
そして2度目のダウンを奪い、これでKOビックリマーク
鮮やかな逆転勝利で、見事3度目の防衛を果たしたキラキラキラキラ



中盤までは劣性に立たされていたが
諦めず、自分に流れを引き寄せた内藤選手は立派でしたキラキラ
勝利後に観客席に向かって雄たけびをしている内藤選手の姿が
苦しかった戦いであったことを物語っていたようです。
明日の試合も頑張ってほしいものです!!


それでは、また音譜音譜

正月映画の1つカチンコとして注目目の作品が
キアヌ・リーブスさん主演の『地球が静止する日』があります。
そのPRのため、主演のリーブスさんが来日しています。


最新作『地球が静止する日』PRのため来日したキアヌ・リーブスさん。
19日には大阪市を訪れ、橋下徹府知事と会談しました。
そこで橋下知事に「映画では色々なところを破壊していますが
霞が関もぜひ壊してほしい。」とお願いするとリーブスさんは
「それは知事にお願いします。」とサラリにひひそんな場面もありました。


KENの日記-地球が静止する日

キアヌ・リーブスさん主演の最新作『地球が静止する日』



橋本府知事から何度も「霞が関を壊して」とお願いされ
思わず苦笑したキアヌ・リーブスさん。
だが実はリーブスさん、大の大阪好きラブラブ
プライベートでもお忍びで3、4回訪れているとか。
大阪をほめるのか簡単だよ。照明が綺麗キラキラという印象があるね。」
と話したほどだった。


この事に橋下知事は大感激ラブラブ!
「キアヌさんが『大阪好き』と言ってくれたら
世界中に広がり、予算5年分のPR効果がある。」と話し
リーブスさんと対面すると
「隣に並びたくないほど、カッコ良過ぎます。」とはしゃいでいた。


全米では12月12日に公開され、公開3日間の興行収入で
3100万ドル27億9000万円)だった。
海外分も含めると7000万ドル約63億円)で
8000万ドル同72億円)と言われる製作費回収はクリアしそう。
今後の儲けを伸ばすには、日本でどれだけ観客を集められるかになる。


しかし映画評論家たちは渋い顔をする。
「内容を伝えたくても試写が1回しか行われず、観られなかった人も多い。」
「米本社からプリントが届かなかった。
字幕を入れる作業にも手間取りました。」と苦労を打ち明ける。


要するに、日本では思ったように宣伝できなかったということだ。
今回のリーブスさん来日で、どれほど集客率がアップアップするのか。
今後の結果に要注目だ。


それでは、また音譜音譜

今日は、昨日に引き続き
大ヒットシリーズ『ソウ』の第5作目を書いていきますメモ
前に少し書きましたが、鑑賞後ということで目
今回はもう少し詳しく書いていこうと思いますメモ



ストーリー紹介・・・
大ヒットソリッドシチュエーション・スリラー第5弾!!
ジグソウの後継者!?そして新しく始まったゲームとは!?


ジグソウトビン・ベル)の遺体と対面し
いつの間にかゲームに参加させられていたFBI捜査官の
ストラムスコット・パターソン)は
テープの入っていた警告注意を無視し、死のトラップにはまるドクロ
だが奇跡的に生還した。


KENの日記-ソウ5

だが満身創痍だった自分に比べ、同じく死のゲームから生環した
ホフマン刑事コスタス・マンディラー)は、軽傷
しかも連続殺人事件解決の手柄を独り占めにしていた。
ストラムはホフマンが怪しいと、彼の調査を密かに行う・・・。


舞台は変わって、コンクリートの上で5人の男女が目を覚ました。
密室になった部屋の壁にはV字型の大きな刃がセットされ
5人の首にはそれぞれ首枷が装着されており
ケーブルの先はその大きな刃に繋がっていた
そして5人の5メートル程先にはガラスケースに入った
5つの鍵がぶら下がっていた。これは・・・一体!?


その時、部屋のテレビが急に作動したテレビ
「ハロー。5人が一緒になって生き残りに励んでほしい。
いつもとは“逆の方法”で脱出するんだ。」
ついに始まった死のゲームドクロ
しかし彼らは互いに疑心暗鬼になってしまい、協力できない。
1人、また1人と増える犠牲者。果たして彼らの運命は!?


解説・・・
大ヒットシリーズ『ソウ』の第5弾。
今回は主に2本柱で映画は進行していく。
まず1つ目はストラムがホフマン刑事を調査していく話。
そしてもう1つは5人の男女に与えられた死のゲームだ。


今回の死のゲームは集められた5人は
何か罪を犯したわけではないが、自己中心的強欲の持ち主の集まりだ。
ゲームのコンセプトは“5人が協力し合って”だが
彼らはなかなかそれができないのである。


監督は『ソウ2』からメガホンを取って来た
ダーレン・リン・バウズマン監督に代わり
『ソウ2』からプロダクション・デザインを担当してきた
デイビッド・ハックルが抜擢された。彼の初メジャー作品であるキラキラ


大ヒットシリーズの最新作『ソウ5』は現在公開中です。
ちなみに東宝系の映画館で観ると
もれなく最新作『ミラーズ』R-15指定版(残酷版)叫び
劇場予告が観られます、参考までにニコニコ


KENの日記-ミラーズ

こちらも公開が楽しみな新作『ミラーズ』


それでは、また音譜音譜