昨日の3月30日は
ナゴヤドームへ中日×広島戦を観戦してきましたニコニコアップ
中日は攻守ともに広島を圧倒し連勝キラキラキラキラ
このカード2勝1引き分けで終えたのはいいことですニコニコニコニコ
今日はその試合を振り返っていきたいと思いますアップ


僕は10数回ほど中日の試合は観てきたが
これほどまでに異様だったのは初めてだった。
中日私設応援団の不祥事鳴り物や旗などが一切ない
ファンの皆さんもいつものラッパの音がなく
困惑している様子が印象的だった。

ストレスを感じるほどだったのだ。


試合はそれとは正反対で中日ペースに進んでいく。
1回裏、イ・ビョンギュが敵失で出塁すると
4番ウッズが低めの変化球をとらえると
打球は中堅フェンス直撃のタイムリー二塁打
幸先よく1点を先制する。  1-0。


中日の先発は左腕・小笠原
いまいちピリッとしなかったが、我慢の投球だった。
2回表にはシーボルの左中間二塁打と四球でピンチを招くが
倉を二飛、山崎を見逃し三振にとる。


続く3回には連続四球などで2死満塁の大ピンチ。
ここで迎えるのは先ほど二塁打を浴びたシーボル。
外角に変化球を見せて、カウント0-2。
相手の打ち気を見透かしたように続いて変化球。
完全に芯を外され二飛


4、5回にもピンチを招くが抑えてここで降板。
5回を被安打4、四死球4だったが無失点
次回の登板はコントロールに気をつけたい。


打線は4回裏の2死から森野
高めの直球を完ぺきにとらえると
弾丸ライナーで右翼席に刺す第2号ソロ本塁打で2-0。


6回裏には中安イ・ビョンギュを1塁に置いて
6番中村左翼席に今季1号2点本塁打を放ち4-0。
この2点で完全にダメを押した。


6回、7回は先発要員の吉見無失点で切り抜けると
8回は中里がクリーンアップを3者凡退
9回は高橋が最後は併殺で切り抜けゲームセット!
中日は4-0で完封リレーして連勝した。


この試合で1つ、両チームの戦力差が表れたシーンがあります。
中日は5回で小笠原投手からスパっと吉見投手にスイッチ。
一方の広島は2点ビハインドの6回表。
2死2塁1塁の場面長谷川投手に代打を送れず
そのまま打席に送りこみました。
結局空振り三振でチャンスをものにできず。


左翼席の広島ファンからも大ブーイングでしたが
これが中日と広島の戦力差だったと思います。
2勝1分けでこの3連戦を終えました。
なにか今季の中日野球が少し見えたと思います。


それでは、また音譜音譜

AD

昨日のブログにも書きましたが

今からナゴヤドームに行って

中日×広島戦を観戦してきます!!キラキラキラキラ


昨日は5-3で勝ちましたアップ

もちろん今日も勝ってくれることを信じて向かいたいと思いますニコニコ

少し雨雨が心配ですが・・・ガーンダウン


さすがミスター3ラン

今日も頑張れ!!そして勝利を!!


それでは、また音譜音譜

AD

昨日3月28日から
とうとうセ・リーグも開幕を果たしましたニコニコアップ
我らが中日ドラゴンズはナゴヤドームで広島と戦い
昨日は4時間を超える熱闘を繰り広げましたが
結局2-2の引き分けとなってしまいましたしょぼん
今日、今季初勝利クラッカーをつかんだのはどっち!?合格


試合経過・・・
昨日は再三のチャンスを作りながらも
あと一本に泣かされた中日打線。
今日も広島の新外国人のルイスに
序盤は苦しめられていた。


しかし3回裏、一気に突破口を開いた。
先頭の7番森野が、得意の高めの直球を完璧に捕らえると
打球は右翼席中段に飛び込む今季1号ソロ本塁打
これで1-0と先制すると


続く谷繁左中間二塁打を放って出塁。
1死後、荒木が初球を右翼線に運ぶタイムリー二塁打。2-0。
さらに2死3塁として
イ・ビョンギュ二塁強襲のタイムリー安打も飛び出して
3-0、この回3点を奪い主導権を握ると


4回裏にはルイスのボークなどもあって無死3塁のチャンスから
森野右前にテキサスタイムリーを放ち4-0。
持ち前のつなぐ攻撃で一気にルイスを攻略した。


先発は朝倉序盤からエンジン全開
球威、コントロールとも抜群だった。
広島打線に2塁さえ踏ませない投球を続けていたが
5回に連打を浴びて1点を失う
6回には前田に甘いシュートを右翼席まで運ばれ4-3。


結局朝倉は7回途中で降板。
被安打8、奪三振6、四死球1、失点3ながらも
後半に球威、コントロールを欠いたり
送りバントを2回ミスしたりと課題も多く見つかった。


しかしその後救援した鈴木が素晴らしかった。
朝倉が残した1死3塁2塁というピンチで打席にはアレックス。
初球、内角の威力ある直球で二飛
続く栗原もフルカウントから外角直球で二ゴロ。ピンチを脱す。
今季はセットアッパーとして期待していきたい。


打線は7回裏。
1死からウッズが高めの直球を軽く振りぬくと
打球は右翼席に入る今季第1号ソロ本塁打
5-3として広島にトドメを刺した。
9回は岩瀬が登板して無事ゲームセット!


中日は開幕から2試合目で嬉しい今季初勝利
前日不発だった打線がつながり
明日にもつながりそうな勝利であった。
ちなみに明日の試合はナゴヤドームまで観にいくので
絶対勝利を!アップ期待したい。


勝ち投手 朝倉 1勝
セーブ 岩瀬 1セーブ
本塁打 森野1号①、ウッズ1号


それでは、また音譜音譜音譜

AD

僕は約10年間中日ドラゴンズの熱烈なファンですが
僕を含めドラゴンズファン
衝撃を与えるニュースが飛び込んできました。


日本のプロ野球には鳴り物などを使った
応援団が付き物である。
しかし最近ではプロ野球(応援団を含む)が
暴力団や悪質な応援団と手を組まないように
それを取り締まるプロ野球暴力団等排除対策協議会
立ち上げられた。


そしてその同協議会が、なんと
中日の私設応援団2団体に対し
暴力団と関係している疑いがあるとして
応援活動禁止を命じていたことが27日に分かった。
通達書が27日に中日球団に届いたという。


具体的な命令内容として
1団体の一部26人には排除命令
さらに別の1団体には特別応援許可を出さないことが決定。
排除命令が下された団体は、球場への入場が認められない
特別応援許可が出なかった団体は
応援団活動はできないが、球場への入場は認められるという。


プロ野球暴力団等排除対策協議会
警視庁や12球団などによって平成15年12月に発足
そして平成18年のシーズンから
暴力団の排除などを目的として
私設応援団を許可制とし
毎年、許可申請を義務付けている。


正直な感想として、まだ定かではありませんが
中日の私設応援団が暴力団と
結び付き
があったなんてショックです。
そしてセ・リーグの開幕は明日に控えています。
選手にはもちろん試合に集中してほしいですが
ファンにとって応援することも楽しみの1つです。
これからどうなってしまうのでしょうか?不安です・・・。


それでは、また

またしても信じられない事件が起こってしまいました。
やはり最近の日本はおかしいです。


25日の午後11時7分ごろ。
岡山市駅元町のJR岡山駅
列車を待っていた岡山県倉敷市在住の男性(38)が
何者かにホームから突き落とされ、
入ってきた列車にはねられたました。



男性は病院に運ばれましたが、頭などを強く打っており
約5時間後に死亡が確認されました。

本当に現代の日本は、何か信じられない事件が多くなりました。
悲しい限りです。


岡山県鉄道警察隊員はホームにいた男を現行犯逮捕
なんと男は大阪府大東市に住む少年(18)だった。
今月に大阪の府立高校を卒業したばかりだった。

学校関係者によると遅刻などもなく
非行に走ったこともなかったという。


高校や同級生の話では、少年は体格は良かったがおとなしい性格
中学校時代にはいじめを受けていたこともあった。
高校3年間で欠席は2日間しかなく
精勤賞の表彰も受けたほどだった。
「信じられない。」そんな声が漏れた。


少年は調べに対し
「人を殺せば刑務所に行けると思った。誰でもよかった。」
などと供述。さらに自宅から
果物ナイフ刃渡り約12センチ)も持っており
「誰か人を刺してやろうと思った。」とも供述しているという。


調べによると、死亡した男性が
岡山駅の山陽線下りホームに並んでいたところ、
少年が岡山発福山行きの4両普通列車が入ってくる直前、
男性の斜め後ろから押し、線路上に突き落した


先日には茨城県で8人殺傷事件があったばかりです。
それも無差別誰でもよかったという犯行。
本当に赦せない、本当に赦すことができないです。
そして今回も・・・。
命を落としていくのは真面目でまだ未来があって
毎日誠実に生きているいい人たちばかり。
本当に悲しいです。悲しい世の中になったと思います。


それでは、また

24日、ギリシャで北京五輪の採火式が行われました。
そこの現場には数多くの中国記者がいて
25日日付の中国主要各紙は「式は大成功だった」
などと大きく取り上げました。


テレビ各局も採火式の録画を繰り返し放送しています。
しかし実際の採火式は人権団体の抗議があったのですが
どちらもその話題には触れませんでした
今、五輪についてのマイナス情報が中国国民に漏れないよう
中国当局がかなり躍起になって
厳重な報道管制をしている様子が見えてきます。


中国メディアによると
ギリシャで行われた採火式を取材するために
約200人の中国人記者がアテネ入りしたという。
実際、現場の記者の過半数は中国人記者だったという。


式は途中、『国境なき記者団』の活動家が式典を妨害しようと
会場に乱入したことが
当然中国人記者たちの目にも映っていたはずだが
国営新華社通信をはじめ中国メディアは
この事件を全く報道しなかった。


中央テレビにいたっては
特別番組を組んで式典を中継していたが
その事を事前に予測していたかのように
生中継より数十秒遅らせてこれを放送。
妨害場面はカットして放送されていた。


その中でも知識人を主な読者とする
国際問題情報紙の環球時報だけが若干触れた程度
その他は「パーフェクトだ」「順調」といった表現で
式典の成功を伝えている


中国各紙は今年に入り連日のように五輪特集を記載し
雰囲気を盛り上げようといしている。
しかし「準備はいたって順調」などといった
プラス面を強調する報道が大半であり
問題点を指摘するようなマイナス面の報道はほとんどない
そうした中で中国当局は今世界各地で起こっている
五輪ボイコット運動の動きには特に敏感になっており
ほとんどこれを黙殺しているのだ。


報道というのはある一種の洗脳だと思っています。
そして今中国当局がしているのは
日本が太平洋戦争時に行っていた
情報操作に似ているような気がします。
しかしいくら情報を操作していても
いつか中国国民にこの実態が分かる日がくるでしょう。
そうなったら中国はどうなってしまうのでしょうか?


それでは、また音譜音譜

24日にナゴヤドームで
最後のOP戦の試合(ヤクルト戦)が行われました。
朝倉投手中田投手
今年も先発の中心選手となる2人揃って失点
本番を前に不安を残す形となりましたガーンダウン


OP戦の試合内容・・・
24日はOP戦の最終試合。
その試合に朝倉中田の両投手が登板した。
しかし結果は散々だった。


朝倉は悪い時の顔が出てしまった。まさに自滅
2回表、先頭のリグスを簡単に追い込んだあと四球
歯車が狂いだしたら、もう止まらない。
その後暴投、そして宮本にタイムリー二塁打
さらに暴投でもう1失点。


「低めを突こうと意識したが
投げるときの体のバランスが悪かったです。」と反省。
3回を2失点、変化球の制球に課題を残した。


4回からは中田が登板。
6回表、1点を失いさらに1死3塁2塁で打席には福地。
追い込んだが、決め球の変化球が甘く入り
これを中前に運ばれた
中田3回を3失点とこちらも課題を残した。


前日2ケタ得点した打線も、この日は沈黙
ヤクルトの新外国人リオスに
5回まで2安打に封じられる。
6回にイ・ビョンギュタイムリーで1点を返すのが精一杯だった。
試合は1-5で中日が敗れている。


これで中日はOP戦の全試合を終了しました。
成績は17試合で10勝6敗1引き分け
勝率は6割2分5厘2位
その中でも一番光っていたのは
2.03という断トツトップの防御率。(2位は2.58の西武)
今年も投手を中心とした守りの野球ができそうです。


しかし最終戦で様々な課題も見つかりました。
今週末にセ・リーグも開幕を迎えます。
1つでもその課題をクリアして
ベストの状態で開幕を迎えてほしいな、と思います。


それでは、また音譜音譜

今季から中日ドラゴンズを離れ
大リーグのシカゴ・カブスに移籍した福留孝介外野手
走攻守の三拍子揃った選手
大リーグでもかなり注目されている選手です。
しかし今はまだOP戦ですが、打率が低迷しているようで・・・ガーンダウン


完全復活!?

ナゴヤドームで本塁打を放つ福留孝介選手


22日に行われたOP戦で福留2安打を放った。
しかしここまでOP戦の成績は
打率2割2分9厘と低迷している。
本人も落ち込んでいるかと思いきや全く逆だった。


数字に関しては特に気にしていません。
とさらりと言い、特に気にしていないようす。
さらにカブスのルー・ピネラ監督
打順を決めかねていることについてきかれると
「自分のやる事は変わりません。」ときっぱり。
福留らしいコメントに、周囲の状況に惑わされず
自分のやるべきことに集中したい
という気持ちが見て取れる。


決勝点

2年前、WBCの準決勝の韓国戦。
5回に決勝の2点本塁打を放つ福留孝介選手
あの時は日本中が感動した瞬間でしたニコニコ


カブスでは福留以外にも
デレク・リー一塁手マーク・デローサ二塁手などの
スラッガーがいるが、今のところ2人とも仲良く低迷している。
ピネラ監督
「まだレギュラーシーズンは始まっていないから。」
とこちらも気にしていない様子。


中日に在籍していた時も
OP戦から4月までは結構打率とか低くても
5月くらいから調子を上げてくるタイプですから大丈夫でしょうニコニコアップ


しかし向こうの投手のムービングボールという
癖球もありますから、それにうまく対応していってほしいです。
本人の言うとおり、今は自分のやるべき事だけに
集中してほしい
と思います。


それでは、また音譜音譜

オスカー監督が突然の死です。
映画「イングリッシュ・ペイシェント」(96)で
アカデミー監督賞を受賞した
イギリス人監督のアンソニー・ミンゲラ監督
3月18日、ロンドンのチャリングクロス病院で死去したそうです。
まだ54歳という若さでした。

代理人の発表によると
ミンゲラ監督は先週、扁桃腺と頸部にできた
癌の除去手術
を受けており、手術には無事成功していた。
しかしその後起きた出血を止めることはできず
出血多量で死亡したものと思われる。


アンソニー・ミンゲラ監督
TVドラマの脚本執筆に携わった後
「愛しい人が眠るまで」(91)で長編映画監督デビュー。
96年の「イングリッシュ・ペイシェント」
アカデミー賞監督賞を始め9部門を制覇
一躍巨匠の座を手に入れた。


その巨匠の突然の死にハリウッドも衝撃を隠せない。
ミンゲラ監督と親友の俳優ケビン・スペイシーさんは
「アンソニーは偉大な映画作家の一人
彼ほどストーリーテリングを愛して多くの事を
成し遂げられた人は今までいませんでした。
彼を失ってしまい、その悲しみがふつふつと湧いてきています
アンソニーは偉大な男であり、偉大な友人でしたから。」
とコメントしている。


またしても映画界の巨匠がこの世を去りました。
新しい才能が出てくることも嬉しいことですが
やはり巨匠がいなくなると寂しいものがあります。
ご冥福をお祈りいたします。


イングリッシュ・ペイシェント (期間限定)
¥2,249


アカデミー賞9部門を制覇した
アンソニー・ミンゲラ監督の代表作
「イングリッシュ・ペイシェント」


それでは、また音譜

秋田県藤里町で起こった連続児童殺害事件
殺人と死体遺棄容疑の罪に問われた
畠山鈴香被告(35)の判決が今日の19日
秋田地裁で行われました。
検察側は死刑を求刑していましたが
藤井裁判長から下された判決は無期懲役でした。
これを受け弁護側は即日控訴するそうです。



無期懲役にした理由について
藤井裁判長はこう話した。
「これまで矯正教育を受けたことはなく更生の可能性がある
犯行の動機は身勝手と言うしかないが
死刑は躊躇せざるを得ない。」


さらに彩香さん殺害の動機については
「かわいがれない彩香さんに対する疎ましさ
父親の小言などに激しいストレスを抱いていた。」
として言うことを聞かなかった彩香さんに対し
殺意を持ったと結論付け、弁護側の主張を退けた。


豪憲君の殺害については
「とっさに豪憲君を殺意しようと決意
彩香さんの遺品をもらってもらいたいと
家に招きいれ殺害した。」とした。


終始無表情だった畠山鈴香被告だったが
閉廷直後、藤井裁判長に向かって
「ひとついいですか?」と弱々しく声を掛け
「今まで米山豪憲君のご両親に謝っていなかった。」
と謝罪を申し出た。


そして静かにサンダルを脱ぐと
傍聴席の豪憲君の両親に向かって土下座して
「大事なお子さんを奪ってしまって本当に申し訳ありませんでした。」
と述べ、頭を2度下げた。
時間にして約30秒、畠山被告を流していたという。


無期懲役という今回の判決。
2人のまだ将来がある幼い子どもの命を奪っておいて
この判決は軽すぎではないでしょうか。
ご遺族の方々も無念の気持ちでいっぱいでしょう。
この裁判は高裁に移って続きそうですが
この罪に合った刑を、真実を明らかにしてほしいと思います。


それでは、また