自分的2006年総括

テーマ:

今年2006年も、
残すところあと30分余りとなりました。
振り返れば、今年も色々なことがありました。


今パッと思い出すのが、今年の中日の優勝
阪神の猛烈な追い上げがありましたが、
それを振り切って、最後は中日らしく
延長12回を制してセ・リーグ制覇を決めました


優勝ダ!!

胴上げされる落合監督
監督の涙のインタビューも印象的でしたね。


そして10月22日
ナゴヤドームで行われた日本シリーズ第2戦
僕は奇跡的に球場で観戦することができました
結果は残念でしたが、シリーズ独特の雰囲気
熱狂的な応援を肌で感じることができて幸せでした。


そう言えば、昨年の今頃は受験勉強で忙しかったですね。
毎日毎日の塾通い、冬休みも毎日行きました。
本当に苦しかったですが、そのおかげで
今年はアルバイトに遊びに精を出せれて幸せです。


あともう1つ。
年間、映画館へは2回くらいしか行かない僕が
今年は「イーオン・フラックス」「クラッシュ」
「ワールド・トレード・センター」
「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」
5本も鑑賞してきました。
特にC・イーストウッド監督硫黄島2部作
どちらも出来が良く、戦争というものを考えさせられました


父親たちの星条旗

「父親たちの星条旗」
戦場で精神的に傷付いた兵士たちを、国は国益のために
利用しようとする様を、冷静に静かに描く
クリント・イーストウッド監督の傑作!


硫黄島からの手紙

「硫黄島からの手紙」
アメリカを最も苦しめた男として有名な栗林忠道中将
そして彼の指揮の下で祖国のため
本土にいる家族のために必死に戦う兵士の姿を描く!


皆さんも良いお年をお迎えください!
来年も、きっと素晴らしい出会いがありますように・・・。


それでは、また♪

AD

今年、最もお騒がせだったのは誰でしょう?
パリス・ヒルトンさん?ブリトニー・スピアーズさん?
リンジー・ローハンさん?
いえいえ、今年最もお騒がせだったのは
女優のシエナ・ミラーさん(25)でしょう!


シエナ・ミラーさん

俳優のジュード・ロウさんとは、くっついたり離れたり・・・
シエナ・ミラーさん


共演者喰いが絶えないシエナ・ミラーさん。
腐れ縁ジュード・ロウさんを断ち切れず
彼とは離れたりくっついたりの繰り返し。


そんな彼女が、新作「The Mysteries of Pittsburgh」
ロケ地のピッツバーグを訪れた時のこと。
ローリング・ストーンズ誌のインタビューで、彼女は
こんな所に来なきゃならない私を

哀れに思ってくれるかしら?
インディ映画とは縁を切って、もっとグラマンスな映画に出ないとね。」
と答えたり、「クソバーグ」などどけなした。


これに対し、市長が怒り心頭
「彼女の意見には、到底同意できない。」
とコメントを出し、ミラーさんはTVで謝罪
夜での撮影が多く、きちんと街を楽しむ時間がなかったと弁解。


騒動はこれだけでは終わらない。
今度は、同市にある「YOUNG’S TAVERN」
というバーで起きた。
彼女が、そこのバーを訪れると
ドアマンから身分証の掲示を求められた
すると彼女は、「私はシエナ・ミラー。
有名な女優なのよ!!」
ブチギレ
その後はお決まりの謝罪
後には、撮影で疲れていたとも付け加えたそうだ。


と言っても、身分証くらい掲示しましょうよ・・・。
ジュード・ロウさんとの腐れ縁も
来年も続く見通しで、彼女から目が離せません。


パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
アルフィー スペシャル・コレクターズ・エディション

ジュード・ロウさんと共演したシエナ・ミラーさん
「アルフィー」


それでは、また♪

AD

今年も残すとこあとわずかです。
中日が優勝できた今年、最も印象的で感動的だったのが
やはり自力で優勝を決めた試合です。
あの感動はまだ忘れられません。
(地上波でなぜ放送しないのでしょう?)
なので、今日の「思い出ゲーム」
優勝を決めた10月10日、東京ドームでの
巨人×中日戦を書いていきます。


試合経過・・・
10月10日の試合前。
中日のマジックは「1」。この日阪神は試合がないため
優勝するには、この日の巨人に勝つしかない


だが、これが優勝へ突き進むチームの強さか。
序盤の主導権は、終始中日が握っていた。
4回表、先頭の井端が四球、福留右二塁打で無死3塁2塁。
ここで主砲のウッズが、巨人先発のジャンから
右中間看板を直撃する、推定飛距離145m
特大46号3点本塁打で3点を先制。
東京ドームの6割をジャックした竜党は、
このHRで優勝を確信したに違いない。


ウッズ選手の特大弾!

特大HRを放つウッズ選手


しかし巨人も食い下がる。
3本のソロHR川上から放ち、あっという間に3-3。
しかし同点になっても勝ち越しは許さなかった。
直後の8回裏を3者凡退で切ってとり
試合はそのまま延長戦へ。


中日はセットアッパーの平井を10回裏のマウンド。
そして11回裏のマウンドには守護神岩瀬が。
絶対に負けられない試合
そして最終回の12回、奇跡が起きた。


12回表、先頭の谷繁が食らいついて右安で出塁。
1死になって荒木井端の連打で1死満塁。
巨人の守護神高橋に襲い掛かる。そして打席には福留
東京ドームの左半分からは、地響き声援
その声援に福留が応えた。
直球を素直にはじき返すと、
打球はしぶとく二遊間を破った。
福留中前タイムリーで、ついに勝ち越し!3-4。


さらに1死満塁からウッズが、
落ちるシンカーを拾うと、打球は竜党の声援に押され
左翼席へ!ウッズ第47号満塁HRで3-8。
さらに奈良原にもタイムリーが飛び出し3-9。
一気に6点を奪う、見事な攻撃中日が優勝を決めた


ウッズ選手満塁本塁打が飛び出した時
ベンチで落合監督泣いていました
「自分は泣くまいと思っていた。
でも、こいつらはすごい。そう思ったらダメだった。」
いつもはポーカーフェイスを貫いている落合監督
それが崩れ、インタビューでも感極まって泣くなど
人間味溢れる落合監督の姿が印象的でした。


優勝ダ!!

本当に今季はお疲れ様でした!!そしておめでとうございます!


それでは、また♪

AD

前回から引き続き、今日も
06年に観た「マイ・ベスト・ムービー」ランキング
独断でつけていきたいと思います。
今日は1位~5位までを書いていきます!
※あくまで06年に出会った映画です。
劇場で公開したという意味ではありません。

ジェネオン エンタテインメント
ドッグヴィル プレミアム・エディション

5位「ドッグヴィル」(R-15)
監督:ラース・フォン・トリアー
出演:ニコール・キッドマンポール・ベタニー
   クロエ・セヴィニージェームズ・カーン
ロッキー山脈の麓にある平和な村ドッグヴィル
その村は、新しい物を取り入れようとせず排他的な村
そんな村にある日、ギャングに追われた
謎の美女グレースが逃げ込んでくる
グレースが村人に奉仕する代わりにグレースをかくまうが・・・。
ラース・フォン・トリアー監督が描く、人間の心の闇
エゴを鋭く描く傑作!

エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
THE DESCENT

4位「ディセント」(Rー15)
監督:ニール・マーシャル
出演:シャウナ・マクドナルドナタリー・メンドーサ
   アレックス・リードサスキア・マルダー
冒険好き女性6人が、毎年行う冒険旅行に出かけた。
今回彼女たちが挑むのは、アパラチア山脈にある地下洞窟
最初は順調だった冒険だったが、洞窟が突然崩落
狭い洞窟内に閉じ込められた彼女たちの前に
最悪の恐怖が姿を現した・・・。
主演6人は全員女性
イギリスの鬼才ニール・マーシャル監督が放つスプラッター。

ポニーキャニオン
ミリオンダラー・ベイビー

3位「ミリオンダラー・ベイビー」(PG-12)
監督、出演:クリント・イーストウッド
出演:ヒラリー・スワンクモーガン・フリーマン
『自分を守れ』が信条の
ボクシングの老トレーナーフランキー
フランキーは、親友のスクラップとともに
小さなジムを経営していた。
そんな彼の前に、ボクサー志願の女性マギーが現れる。
最初は女性だから、という理由で相手にしなかったが
毎日毎日ジムにやってくる彼女を見て、彼は決意する。
アカデミー賞4部門を制覇した、
C・イーストウッド監督の重厚な人間ドラマ。
いたるところに伏線が張ってある脚本も素晴らしい。

東宝
クラッシュ

2位「クラッシュ」(PG-12)
監督:ポール・ハギス
出演:ドン・チードルマット・ディロンサンドラ・ブロック
   ブレンダン・フレイザーライアン・フィリップ
クリスマス間近のロサンゼルス。
ある深夜、黒人刑事のグラハムは、恋人で同僚のリアと共に
交通事故に巻き込まれてしまう
2人とも無事だったが、グラハムは
偶然事故現場の近くの脇で発見された
若者の死体に釘付けになってしまう・・・。
ポール・ハギスの初監督作品。
人種の坩堝ロサンゼルスを舞台に展開する奇跡のドラマ
アカデミー賞3部門受賞!

 
栗林 忠道, 吉田 津由子
「玉砕総指揮官」の絵手紙

1位「硫黄島からの手紙」
監督:クリント・イーストウッド
出演:渡辺謙二宮和也井原剛志加瀬亮中村獅童
日本軍が米軍に苦戦を強いられていた1945年6月。
硫黄島に1人の指揮官が上陸した。
彼の名は栗林忠道中将


硫黄島からの手紙

アメリカ留学の経験があり、アメリカを誰よりも知る男だった。
そんな彼は、塹壕堀を中止させ
島全体に巨大な地下洞窟を建設する予定を立てる。
C・イーストウッド監督が放つ硫黄島2部作第2弾
バカにした描写は一切なく、
真面目で非常に考えさせられる一本。

時折流れる静かなスコアも印象的。
製作はスティーブン・スピルバーグ


僕個人としては、やはり「硫黄島からの手紙」
今年NO.1です!!
映画を観て、こんなに感動したのは久しぶり!
映画館で観られて本当に良かったです。
改めてランキングを観ると、C・イーストウッド監督作は
中身が濃く、僕はどれも好きです
4位の「ディセント」はおもしろいですよ!


それでは、また♪

今日から2日連続で、
今年の「マイ・ベスト・ムービー」の中から
独断で精選したトップ10を書いていきたいと思います。
今日はまず6位~10位までを書いてみます。

※あくまで今年初めてみた映画です。
06年度劇場公開作ではありません。


パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
ワールド・トレード・センター スペシャル・コレクターズ・エディション

10位「ワールド・トレード・センター」
監督:オリバー・ストーン
出演:ニコラス・ケイジマイケル・ペーニャ
   マギー・ギレンホールマリア・ベロ
2001年9月11日、ニューヨークの
世界貿易センタービル(ワールド・トレード・センター)で
同時多発テロ事件が起きた。
本作では救出作業のため、ビルに行った
消防士たちを実話に基づいて描く。

ポニーキャニオン
es[エス]

9位「es エス」
監督:オリバー・ヒルシェヴィゲル
出演:モーリッツ・ブライプトロイ
   クリスティアン・ベッケル
新聞広告で集められた20人の普通の人間を、
「看守」役「囚人」役に分けて
模擬刑務所2週間生活させる。
すると彼らは、次第に恐るべき行動を取り始める・・・。
アメリカのスタンフォード大学で実際に行った
心理実験を完全映画化!

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
キャリー<特別編>

8位「キャリー」
監督:ブライアン・デ・パルマ
出演:シシー・スペイセクパイパー・ローリー
   ウィリアム・カットエイミー・アーヴィング
学校で毎日いじめられてばかりいるキャリー。
そんなある日、彼女はハンサムなトミーから
卒業パーティーに誘われる。
母親から強く反対されるが、強行で出席。
しかしそのパーティーにはクラスメートの残酷なイタズラが。
デ・パルマ監督ならではのカメラワークは必見!

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
フォーン・ブース

7位「フォーン・ブース」
監督:ジョエル・シューマカー
出演:コリン・ファレルフォレスト・ウィテカー
   ケイティ・ホームズラダ・ミッチェル
ニューヨークシティの8番目53丁目の電話ボックス。
通称『フォーン・ブース』
やり手の広告マンのスチュは、ベルが鳴り続ける
電話ボックスの電話をついつい取ってしまう

すると電話の向こうの相手から、
「この電話を切ったら殺すぞ。」と言われ・・・。
1秒たりとも目が離せないノンストップ・サスペンス!
脚本は「セルラー」のラリー・コーエン

ジェームズ・ブラッドレー, 大島 英美
父親たちの星条旗

6位「父親たちの星条旗」
監督:クリント・イーストウッド
出演:ライアン・フィリップジェシー・ブラッドフォード
   アダム・ビーチ
太平洋戦争の激戦地、硫黄島
長くつらい戦争にうんざりしてきたアメリカ国民のもとに
戦場から一枚の写真が届く。
それは擂鉢山星条旗を掲げようとする
6人の兵士が写っている写真だ。
やがてこの6人のうち3人は戦死3人は帰国して
祖国では英雄呼ばわりされるが・・・。
巨匠クリント・イーストウッド監督が放つ硫黄島第1作。


次は1位~5位までを書いていきます。
あくまでも独断ですけど・・・。


それでは、また♪

今年、優勝した中日において
先発投手の活躍が光りました。
エースの川上投手、成長著しい佐藤投手
日本シリーズでも好投した朝倉投手
そして忘れてはならないのが、
41歳のベテラン左腕山本昌投手です。
今日の「思い出ゲーム」では、山本昌投手が
ナゴヤドームでノーヒットノーランを達成した
9月16日の中日×阪神戦を書いていきたいと思います。


試合経過・・・
猛烈な勢いで首位中日を追い上げる阪神。
9月15日から、ナゴヤで首位中日と2位阪神の
首位攻防戦3連戦が始まった。
初戦は、エース川上が力投で8回まで阪神打線を零封
その象徴だったのが、4番金本を完全に封じ込めたこと。
打線もつながり、初戦は7-0で圧勝した。


そして次の日の16日。先発はベテランの山本昌だった。
阪神先発は福原。


先制したのは中日。
1回裏、1死から井端
右翼ポール際に運ぶ第6号ソロ本塁打で1-0と先制。
4回裏には、1死から福留中二塁打で出塁すると
ウッズが高めの直球を完璧に打ち返すと
打球は右翼ポール際に入る第34号2点HRで3-0。


先発は山本昌
「最初は相手の早打ちに助けられた。でも腕は振れていた。」
初球からどんどん打ってくる阪神打線を
まるであざ笑うかのように
スライダー、カーブ、伝家の宝刀スクリュー
丁寧にコースに投げ分けて、凡打の山を築く。


だが4回表、先頭の赤星の三ゴロを森野失策
バントで1死2塁とピンチになるが
シーツを力のない右飛、金本を当てただけの三邪飛でとり
これで最初で最後のピンチを脱した


その後も無安打の投球が続く
球場の雰囲気も、だんだん落ち着かなくなってきた
山本昌は言う。
「そのうち打たれるだろうと思っていました。
でも9回は本気になりました。」


9回表、先頭のスペンサーは良い当たりの中飛。
中村豊は三ゴロ。そして最後の打者赤星も三ゴロで
ゲームセット!!
その瞬間、まるで優勝が決まったかのように
ナインがマウンドに駆け寄った。


おめでとう、昌さん!

史上最年長でノーヒットノーランを達成した山本昌投手
本当におめでとうございました!!


試合後、落合監督も喜んでいました。
「こんな試合でノーヒットノーランをやるなんて、
ご褒美だろ、マサの。」
そして当の本人はこう言っています。
「素直に嬉しいけど、大事な試合で
チームが勝ったことの方が嬉しい
。」
この試合で、間違いなく中日の優勝は決定したことでしょう。


それでは、また♪

パリス・ヒルトンさんが渋谷に登場!!


NTTドコモの携帯新製品の発売イベントが
12月22日、渋谷のドコモショップで行われ
なんと世界のセレブ、パリス・ヒルトンさんが登場しました!!


セレブは大忙し!

パリス・ヒルトンさん
大の日本好きだそうで、自身のコンサートも
是非日本でやりたいそうです。


イベントはヒルトンさんの遅刻もあり(相変わらずです)
約30分遅れでスタート
まずは集まった観衆に、
東京に来ることができて嬉しいです。
メリー・クリスマス!ハッピー・ニューイヤー!!
と笑顔で挨拶した。


久しぶりに来た東京の感想を聞かれると、
東京は大好きな街なの。
ショッピングもできるし、食べ物もおいしいし、
でもクリスマスに来るのは初めてなので楽しみ!
渋谷原宿の、色々なお店に行きたいわ!
と笑顔で答えた。


そして、欲しいプレゼントは?と聞かれると
たくさんあって迷っちゃう。
言うならベンツのコンバーチブル、あとも欲しいです。」
とセレブのヒルトンさんらしい答えが返ってきた。


今後の予定は、1度マウイに戻り
ロサンゼルスへ行ってクリスマスは家族と過ごすようです。
その後はオーストラリアに行くそうで
年末もセレブはセレブで忙しいようです。


それでは、また♪

今日、12月22日は
あの大人気シリーズ「ファイナル・デスティネーション」
最新作「ファイナル・デッドコースター」
DVDが発売されました。
シリーズ3作目でこれが完結編と言われています。
今日は、この「ファイナル・デッドコースター」
書いていきたいと思います。

松竹
ファイナル・デッドコースター 通常版

ちょこっとストーリー・・・
全米大ヒットの大人気シリーズ第3弾!!
迫り来る“死神”から回避できるのか!?


女子高生のウェンディメアリー・E・ウィンステッド)は
高校の卒業イベントで遊園地に来ていた。
そこで彼女は、ジェットコースターに乗り込むが
彼女はある“夢”を見てしまう。
それは自分の乗るこのジェットコースター
大事故を起こすという予知夢


ファイナル・デッドコースター

夢から覚めたウェンディは、周囲の人にこのことを言うが
笑って信じてくれない。
だが事故は現実に起こってしまった

ジェットコースターを降り、間一髪で助かった10人の男女
難を逃れたかのように見えた彼らだったが、
彼らには想像を絶する“死の運命”が待っていた・・・。


解説・・・
全世界で大ヒットを記録したジェットコースター・ムービー!
全米では3日間で2000万ドル突破という
シリーズ最高のオープニング記録を達成した。
監督は「ファイナル・デスティネーション」を手掛けた
ジェームズ・ウォンが2作ぶりに復帰。


通常版には特典映像として
メイキングや海外予告編集などを収録している。


松竹
ファイナル・デッドコースター 選べる!死に様マルチ版

そしてこれはボーナスディスク付きの2枚組バージョン。
題して「選べる!死に様マルチ版」では
さまざまなストーリー展開を楽しめる
マルチストーリー機能劇場用映画では初めての試み
ゲーム的な操作で映画を思う通りに編集できる

他の映像特典として、
劇場予告集、TVスポット集、メイキング
「ファイナル・デッドコースター」の撮影日記を収録。


僕はこの2枚組でもう予約しました。
このシリーズのファンなので、とても楽しみです!


それでは、また♪


「粘竜」。優勝した04年の時もそうでしたが
今年も終盤で粘って逆転勝ち、という試合が多かったです。
特にシーズン終盤は、阪神の怒涛の追い上げがあり
1敗が大きな重みを持つ中で
1敗を1勝に変える試合は大きかったのです。


今日の「思い出ゲーム」として書いていくのは、
9月20日の横浜スタジアムでの横浜×中日戦です。


試合経過・・・
試合の主導権は、終始横浜が握っていた。
中日先発のマルティネスを始め、
投手陣がピリッとしない


8回終了時点で、スコアは7-4と3点ビハインド。
誰もが諦めかけていた試合
しかし最後の最後まで分からないのが野球。
勝利への執念が、ナインを再び発奮させた。


まず突破口を広げたのが、ベテランの立浪だ。
9回、先頭打者で右安を放ち出塁すると
荒木井端も連打で続き無死満塁の大チャンス。
すると福留が、右中間突破の2点タイムリー二塁打を放って
7-6とにわかに1点差。


さらに敬遠四球と、森野押し出し四球で同点。7-7。
再び無死満塁として、打席には英智
サインはスクイズだったが失敗しかも2度


無死満塁が、あっという間に2死3塁1塁。
大シャンスがあっという間にしぼんだ
しかし、ネクストのアレックスは意気込んでいた。
「(2度のスクイズ失敗があり)余計に
自分が何とかしなければ、と思いました。」


その執念が篭ったバッティングは、投手を強襲
一、二塁間を転々。
アレックスタイムリー内野安打でついに勝ち越し!7-8。
さらに立浪押し出し四球もあり7-9。
この回、怒涛の5得点で横浜に逆転勝ちした。


この日の勝ちは特に大きかったです。
阪神が負けない中、自分たちが勝って
マジックを減らしていかなければならない
わけですから。
この勝利で、優勝街道がほぼ、不動になったと言っても
過言ではないでしょう。


それでは、また♪

今季、中日ドラゴンズが優勝する条件として
昨年大失速を喫した、
交流戦での巻き返しというのがありました。
そしていざスタートするも、札幌での日ハム3連戦で
3戦連続で延長戦に入り、1勝2敗。
また昨年の二の舞か?誰もがそう思いましたが
投手陣、特に今季ブレイクした投手のおかげで
今年の交流戦は5つの貯金を作ることができました。


今日「思い出ゲーム」として書いていくのは、
5月18日ナゴヤドームでの中日×オリックス戦です。


試合経過・・・
この試合が始まる前、竜投手陣は大記録に挑もうとしていた。
3試合連続完封31イニング連続無失点
そしてチームは4連勝中
この記録、そしてチームの勢いを失速させまいとする
重圧と闘うことになったのは、
今年大ブレイクした佐藤だ。


前回の日ハム戦では、初回に手痛い3失点
序盤の立ち上がりが課題となった。
相手の先発は、ベテラン吉井。大量援護は望めない。
先取点を与えるのは、イコール敗北にほぼ繋がる。


序盤で両投手の好投で、試合は緊迫ムード
そして先にピンチを招いたのは、佐藤だった。
4回表、2本の安打で無死2塁1塁。
しかしピンチに動じなかった、あったのは攻めの気持ち
「とにかく腕を振ることだけを考えていました
全力で投げて、抑えようと思いました。」

ガルシアを内角直球3球三振
続く4番中村は、投併殺に仕留めピンチを脱する。


5回表には2死から3連打で2死満塁の大ピンチ
ここで打席には、安定感ある打撃が持ち味の村松。
しかし佐藤のキレのあるスライダー
完全にタイミングを外され、左飛。


この佐藤の力投に、打線が応えた。
6回裏、先頭森岡遊撃内野安打を放って出塁すると
佐藤が犠打して1死2塁。
そして井端が、初球の甘い直球を右中間にはじき返した。
井端右中間へのタイムリー二塁打で1-0と先制。


この1点を8回まで、
佐藤7本の安打を打たれながらも守り
最後の9回表も岩瀬零封して守った。


結局1-0でオリックスを零封し、ドラゴンズとしては
50年ぶりに4試合連続完封を達成しました。
それよりも収穫が大きかったのは、先発の佐藤投手
この試合の完封勝ちで自信が付き
球団タイ記録の5試合連続完封勝ち8連勝
川上投手に次ぐ、右の柱に成長したのです。


それでは、また♪