ついに11月3日、今年最も注目を集めた
映画「ダ・ヴィンチ・コード」のDVD
セル、レンタルが開始されます。
なので今日はこれを紹介していきましょう!


ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション ミニクリプテックス付き

ちょこっとストーリー・・・
全世界で話題沸騰!!
興行収入100億ドルを達成したサスペンス!
名画に秘められた暗号を解読せよ!


ある夜、ルーブル美術館で館長である
ジャック・ソニエール殺害されていた
そして彼の周りにはいくつもの不可解なもの
容疑者として連れてこられた
ラングドン教授トム・ハンクス)は、
館長の娘であり暗号解読官である
ソフィーオドレイ・トトゥ)に助けられる。

ダ・ヴィンチ・コード

2人はファーシュ警部ジャン・レノ)ら
フランス司法警察に追われながらも
ソニエールの残した暗号を必死に解いていくが・・・。
そこには歴史を覆す、とんでもない事実が!


解説・・・
世界的ベストセラー「ダ・ヴィンチ・コード」を映画化。
出演は「ターミナル」のトム・ハンクス
「アメリ」のオドレイ・トトゥ
「クリムゾン・リバー」のジャン・レノ
「ロード・オブ・ザ・リング」のイアン・マッケラン
超豪華なキャストだ。
監督は「アポロ」などの巨匠ロン・ハワード監督


DVDの特典映像として、
①監督の撮影初日インタビュー②ラングドンの人物像
ソフィー・ヌヴーとは?④魅力的なキャストたち
⑤魅惑的なロケーション⑥『モナ・リザ』に向き合って
⑦映画製作者の旅Ⅰ⑧映画製作者の旅Ⅱ
⑨音楽の世界⑩劇場予告集
とファンなら一度は観てみたいものばかり。


しかし映画自体は両論。
僕もまだ観ていないだけに何とも言えませんが
一度観て気に入ったら購入しようと思います。


ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
ダ・ヴィンチ・コード コンプリート・ボックス (完全初回限定生産)

こちらはディスク3まで入った特別版!!
メタル製クリプテックスラングドンのメモなどを封入。


それでは、また♪

AD

色々と更新できなくてすいません(汗)
約2日ぶりのブログ、
今日はハリウッドのネタです!


SF映画の金字塔「ターミネーター」
脚本を担当したマイケル・フェリス氏
『ターミネーター』『キャット・ウーマン』他)は
同作の新作「ターミネーター4」
アーノルド・シュワルツェネッガーさんの
出番がないことを明言しました。

ターミネーター

「ターミネーター」といったらシュワちゃんなのに・・・
写真は「ターミネーター3」


米エンターテイメント・ウィクリー誌の取材に対し
フェリス氏は、
『ターミネーター3』で彼
(シュワルツェネッガーさん)の出番は
終わったようなもの。
」と答えた。
この発言により、現在カリフォルニア州知事
シュワルツェネッガーさんのカメオ出演の可能性を
完全に否定した格好だ。


ちなみに「ターミネーター4」は
核戦争後の未来が舞台になるという。
キャストは未定。


ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
ターミネーター アルティメット・コレクション

SF映画の金字塔「ターミネーター」
低予算ながらも斬新なアイデアで大ヒットを記録!

ジェネオン エンタテインメント
ターミネーター2 エクストリーム・エディション (初回限定生産)

「ターミネーター2」
あまりに有名すぎるシリーズの続編です。


それでは、また♪

AD

竜、終戦

テーマ:

まさかこんな言葉をこんなに早く使うなんて・・・。
もうショック、ニュース観たくない。


最後まで中日の野球が出来なかった。
1、2番が機能したのは1回、
中軸は福留ソロ1本の1打点
これじゃあ勝てない。
対する日ハムはムードも思い切りも良かった。
中日はその正反対だった。
ベンチは日に日に暗くなる一方で、まるでお通夜


もう見飽きた残塁の山併殺オンパレード
投手陣は頑張っているのに、最後まで見殺した。
川上投手、最後は力尽きたという感じでしたが
この極限状態の中、よく投げてくれました。
お疲れ様でした。


これで今季のすべての日程が終わりました。

セ・リーグは制しましたが、

なんか悔しくて寂しくて・・・。
散々でしたが
中日ドラゴンズのナインの皆さま、
本当にお疲れ様でした。
そしてファンの皆さまもご苦労様、
そしてありがとうございました。
優勝時の東京ドーム、日本シリーズのナゴヤと
地鳴りのような声援は忘れません。

来年も一緒に声援を送っていきましょう!!


今日、この屈辱の日を忘れてはならない。
この日から、07年は始まっているのだから・・・。


AD

まさに題名の通り。
屈辱―それしか残らない試合。
このまま終わってしまうのか?


ザ・ゲーム・ハイライト・・・
世の中というのはこんなにも皮肉なのか。
昨日は3併殺のチグハグぶり。
今日は1併殺だが今度は残塁の山
本塁が遠い宇宙の果てより遠かった


1回表、安打と四球で2死2塁1塁とすると
立浪はフォークをうまくジャストミート。
したが打球は遊直、運がない。
2回は先頭打者が出塁するもアレックス併殺
3回は2死2塁1塁も立浪が凡退。

5回は無死2塁だが後続が凡退。


6回表は先頭ウッズ左中間二塁打
立浪が痛烈な右直、森野が四球
上田が中飛、谷繁が死球で2死満塁のチャンス。
打席には先ほど二塁打井上
5球目、高めのフォークのをジャストミート!
打球は右翼線を破ったかに見えたが
約10センチの差でファール。その後空振り三振
7回も2死満塁ながらも得点はなし。


中日先発は中田
球威はあったがコントロールが悪かった。
先頭打者を毎回出す苦しいピッチング。
結局4回を1失点で降板。
5回に石井が2点打を浴び3-0。
これで勝負が決まった。


中日は12残塁では勝てない。


もう悔しい、屈辱まみれで言葉がない。
でもこのままでは終わってほしくない。
このままだとリーグ優勝したのに
悔しさ、後悔、屈辱だけが残る。
日本一を目指していたチームが、これで終わるのか?


追伸
ラジオの解説者が日ハムのリリーフ陣が
よく踏ん張ったと言っていた。
それは違うと心から思った。


それでは、また♪

1勝1敗で迎えた第3戦。
今日から舞台を札幌ドームに移しての日本シリーズ、
日本ハム×中日の3連戦です。
両者共に大事な3戦目でしたが・・・。


ザ・ゲーム・ハイライト・・・
今、冷静に考えると
またしてもミスが最後まで響いた
1回の攻防がすべてだった。


1回表、ここまで無安打だった荒木
中安、先頭打者で出塁。
井端一邪飛荒木盗塁で1死2塁。
ここで札幌男の福留
左中間にタイムリーを放ち、幸先よく0-1と先制。


がその直後の1回裏、

波に乗りかけたチームが小さなミスで沈んだ
朝倉が先頭打者に安打を浴びると
次打者の捕犠打を谷繁野選して無死2塁1塁。
1死2塁になるつもりが大ピンチ。
朝倉足を引っ張ってしまう
それどころか彼のリズムすら狂わせてしまった
小笠原に2点打、稲葉に犠飛を浴び3-1と逆転。


1回に1点をとったが、チグハグ打線。
塁上は賑わすも本塁が遠かった。
4回表、無死1塁では
強攻策森野二併殺
皮肉にも2死から連打で2塁1塁とするが
谷繁はストライクを見逃してボール球を空振り三振
5回表にも無死1塁が、荒木遊併殺

6回表、先頭福留中二塁打で出塁。
しかしウッズ空振り三振、その後も凡退。
7回表には1死1塁とするが
井上一併殺3併殺では勝てません。


中盤で朝倉立ち直ってきただけに
初回の3失点は痛すぎた。
しかもミスのオマケ付き・・・。

8回裏に3失点し6-1と完敗した。


今日は日曜日の反省(?)からか
犠打を使わずすべて強攻策
結果論になるが、3併殺のダブルプレー祭りとなった。
もう笑えない。
シーズン通りの野球をしてほしい。
今の野球は中日野球ではない。
もう一度、冷静に自分たちを見つめ直してほしい。
あとは結果をだして勝つだけだ。
明日の奮起に期待する。それしかない。

昨日は日本シリーズを
ナゴヤドームで初観戦
してきました。
当たり前ですがシーズンとは球場の雰囲気が違うし
90~95%は竜党が占領していたと思います。
(まあホームですし)
さて、早速第2戦を振り返ってみましょう。


4:30 僕がナゴヤドーム入り
5時頃  右中間の5階外野席の自分の席に座る
6:13 試合開始


ザ・ゲーム・ハイライト・・・
中日先発は山本昌、日ハムは八木
序盤から試合が動いた。


1回表、先頭森本の安打と犠打などで2死2塁。
続く4番のセギノールの打球は痛烈な遊ゴロ
のはずが名手井端がこれをはじき
痛恨の失点(記録は遊タイムリー)で0-1と先制される。
右翼席は信じられないといった悲鳴が漏れた。


しかし直後の1回裏。
1死から先ほどミスをしてしまった井端名誉挽回
速球を思い切り振りぬくと
打球は低い弾道で左翼席に突き刺さった。
井端大会1号ソロ本塁打で1-1の同点。
球場全体が、また昨日の活気を取り戻した


4回裏には先頭の福留が、球を完璧に捕らえると
打球はライナーで右翼席に突き刺さった。
福留1号ソロ本塁打で2-1と勝ち越し!
福留大会初安打本塁打となり
球場全体がスタンディングオベーションで迎えた。
ここまでは天国にいる気分だったが・・・。


中日先発は山本昌。シリーズは4試合で0勝3敗
シリーズは未だに勝ち星がない。

初回に1点を失うが、その後はシーズン通りの投球
打って取るピッチングでリズム良し!
スライダースクリューの変化球も冴えた。
(スタンドから昌さん直球を見ると
球速は130キロそこそこなのに
ものすごく速く見えます。
打者が直球でつまらされるのがよく分かりました)


しかし徐々に中日のリズムがおかしくなってきた
歯車を狂わせたのはミス、自滅だった。
5回裏、無死2塁1塁の大チャンスを迎えるが
山本昌バントを失敗。後続も凡退。
さらに気になるのが1番荒木
真ん中の球なのに無理矢理おっつけたバッティングで、
タイミングも合っていない。
5回、7回共にチャンスで回ってきたが凡退
未だ無安打の切り込み体長、第3戦に期待。


7回裏にも無死1塁のチャンスだったが
井上バント失敗でチャンスがしぼんだ。


すると7回表、1死から捕ゴロを谷繁悪送球
さらに安打と盗塁で1死3塁2塁。
鶴岡を空振り三振で2死3塁2塁。
ここで落合監督がマウンドへ。
未だに無安打の金子勝負敬遠か?
中日サイド勝負の選択をした。裏目に出た。
金子にど真ん中の直球を中前に2点打され2-3。


さらに8回表から登板した岡本
制球難からピンチを招くと
セギノールの甘い球をバックスクリーンまで運ばれ
2-5とダメを押された。
右翼席からはブーイングが飛んでいた。


中日は7回以降、走者が出ず2-5で完敗。
負けた瞬間、球場全体から大きな溜息が漏れた。


今になって思うのは、ミスをしたら負けるということ。
野球のセオリーを痛感した試合だった。
明日から札幌に行って3連戦、頑張ってほしい。
あとナゴヤドームに行けて幸せでした。
井端選手福留選手本塁打を打った時
全く知らない周りの人とハイタッチしました。
これも球場ならではですね。
食べ物が少し高いですが・・・。(苦笑)


10:30頃 試合終了
試合が終わって外に出ると冷たい雨が降っていた。
名古屋、全国の竜党、
そして僕の気持ちを表しているかのようだった。


それでは、また♪ 

今日、僕はナゴヤドームに行ってきます!!
今日の中日先発は山本昌投手が濃厚のようです。
シーズンのようなピッチングなら大丈夫!
自分の投球に集中して頑張ってほしいです。
打線は1、2、3番に期待。昨日は不発でしたので。

おめでとう、昌さん!

それでは、行ってきます!

21日の土曜日、待ちに待った日本シリーズ
ナゴヤドームで行われました。
我らが中日ドラゴンズ
52年ぶりの日本一を目指して、まず初戦を戦います。


ザ・ゲーム・ハイライト・・・
中日先発は川上、日ハムはダルビッシュで始まった。
川上は、序盤シーズンに比べコントロールが悪すぎた
「変に緊張してしまった(苦笑)。」
と後にこう言う。


1、2回は四死球を出しピンチを招くが
何とか後続を討ち取り無失点。
生命線カットボールコントロールできず
内角直球も真ん中にいってしまう。
いつ崩れてもおかしくない状態だった。


しかし日ハム先発のダルビッシュも制球難だった。
それにつけ込んだ。
2回裏、先頭ウッズが四球を選ぶと
続く森野左中間二塁打を放って無死3塁2塁。
アレックス三振、井上敬遠で1死満塁。
ここで打席には満塁男谷繁
4球目の甘い直球をつまりながらも
打球は中前2点タイムリーとなり2-0。
貴重な先制点を叩き出す。


直後に川上2点を失い2-2とされるが
またその直後の3回裏、1死から
ウッズ森野の連打などで2死3塁2塁とする。
森野内野安打になりましたが日ハムのミスです)
ここで選手会長の井上
直球を鋭く振りぬき左前タイムリーとして3-2。
1点勝ち越しに成功する。


コントロールが悪かった川上だが
4回からは別人のような投球
4、5回を計4奪三振を奪い3者凡退。
左打者の外角カットボールシュートが有効。
特に5回は日ハムの中軸だっただけに大きかった。

エース川上投手

力投する川上投手


そして8回表、先頭の小笠原の
中前に抜けそうな打球を井端が追いつきアウト
2死1塁から新庄の三遊間の当たりを
追いつき、ジャンプしながら
2塁にスローイングでアウト!!これぞプロ!井端!
この2つのプレーで、勝利がぐっと近づく。


その直後の8回裏、四球で出た走者、
さらに日ハムの失策が絡み1死3塁とすると
アレックス左越えのタイムリー二塁打を放って
ダメ押しの4点目、4-2。これで勝負あった。


9回表は岩瀬が登板。
無難に3者凡退に抑えゲームセット!!
中日は投打ともに粘りがあってシリーズ先勝!!
堅い守備力も光った。
8回を被安打5、失点2に抑えた川上勝利投手
勝ち投手 川上 1勝0敗
セーブ 岩瀬 0勝0敗1S


さて、明日のナゴヤでの試合は僕が観戦します!!
僕も現地で熱い応援を送りますから
ドラゴンズナインの皆さま、頑張ってください!


それでは、また♪

あと30分余りで

中日×日本ハムの日本シリーズが開幕します!!

先発予想は、中日が川上投手

日ハムがダルビッシュ投手のようです。

川上投手2年前の苦い思いがあるでしょう。

そのリベンジを、マウンドでぶつけてください!

どうだっ!!

今日は任せたぞ!川上投手


打線はシーズンのように機能してくれれば大丈夫。

落合監督の言うとおり

7試合を4勝すればいいわけですから。

頂点まで、あともう少しです!


それでは、また♪



明日、待望の日本シリーズが開幕します!!
そして今日は思い出ゲームとして
4月7日の中日×巨人戦を
振り返っていきたいと思います。
最後は劇的な幕切れで、
ファンの方も心に残っている方は多いと思います。


ザ・ゲーム・ハイライト・・・
1-1で迎えた9回裏。
中日川上、巨人上原の息詰まる投手戦。
だが幕切れは、あまりにも劇的だった。


井端右安ウッズ左安アレックス三安
1死満塁の大チャンス!
そして打席には勝負強い立浪


2球目、内角高めの直球だった。
「狙っていた。」という通り、1球で仕留めた。
鋭く振り切った打球は、
打った瞬間分かる右翼席へのサヨナラ満塁弾
5X-1で中日が勝利した。

満塁弾の立浪選手

皆さんも心に残っている試合でしょう。
右翼席へサヨナラ満塁本塁打を放つ立浪選手


僕にはこの場面で、デジャブーを感じた。
04年の日本シリーズ第2戦、
1死3塁1塁のチャンス、投手松坂から
151キロの直球を右翼席へ3点HRを放っている。
この試合を観ていた時、不思議とそれが重なった。
02年の日本シリーズでは
2HR勝負強さを発揮した。
この人の活躍なしには、中日の日本一はないだろう。
是非、打って打って打ちまくってもらいたい。


それでは、また♪