今日の阪神甲子園球場での阪神戦は
3-2と1点ビハインドの9回表、2死から
井上選手藤川投手から起死回生
6号ソロ本塁打を放ち3-3、
延長12回でも決着せず、引き分けとなりました。
マジックは1つ減って「25」です。
そして今日は、またパリス・ヒルトンさんの話題です。


米国でセレブ、モデル、ブランドの製作、女優と
多方面で活躍するパリス・ヒルトンさん。
今度は音楽方面に進出し、
そのデビュー・アルバム「PARIS」の発売にあたり
8月22日、ヒルトンさんの来日記者会見
東京都内のウェスティンホテルで行われました。

「PARIS」

デビュー作「PARIS」を手に
ポーズを決めるパリス・ヒルトンさん


マイペースな行動と発言で全世界を賑わす彼女らしく
会見にも30分遅れて登場。
もちろん、特に謝罪もなく会見は始まった。
(「シンプルライフ」の仕事でもいつも遅刻しています)


「私は6歳の頃から、
歌ったりバイオリンピアノをやっていたの。
だから音楽活動は私の夢だったから、
その第一歩を踏み出すことができて嬉しいです。」
とコメント。
今後は音楽活動を優先したい、という様子。


アルバムの仕上がりについて聞かれると、
「私は他のアーティストとは違うものを作りたかったの。
正直な話、世の中には妥協した作品が数多くあるけど
私の曲は、全部私らしくて、全部素晴らしい曲よ。」
自信満々にコメントした。
なんでも、自分の歌声に自分で聞き惚れて
涙を流したとのウワサも・・・。

蝋人形の館

「蝋人形の館」での自分の演技を観たヒルトンさん
「私の演技はシャーリーズ・セロン並に素晴らしいわ!」


『世界で最も過大評価された人』というギネス項目に
ヒルトンさんが登録されたことを聞かれると、
全然気にしていません。
私はマスコミや批評家よりもファンの方が大事ですから。」
と言い、さらに
自分を信じ、夢を追いかけること、
そして自分を好きでいられることが大切よ。」
とコメントし、カメラの前でポーズをし
スキップしながら会見場を後にしたそうだ。


パリス・ヒルトン, ファット・ジョー&ジェイダキス
パリス(初回限定盤)

こちらがデビュー作「PARIS」


それでは、また♪


AD

今日は阪神甲子園球場で阪神×中日戦が行われましたが
中日は中田投手打ち込まれ、2-9の惨敗
今日の試合で分かったことは、
キラーでも負けることはあるということ
そして連勝はいつか止まるもの、この2点です。


今日は完敗。
気持ちを切り替えて明日、またガンバレ!

タイムリー安打

中堅バックスクリーンに一矢報いる21号の
ソロ本塁打
を放った福留選手
(画像は今日のものではありません)


それでは、また♪

AD

今年の残暑は、
フランス製超残酷スプラッターで乗り切ろう!?


現在公開中のフランスのスプラッター映画「ハイテンション」は、
まさにこれでもかというくらいに血しぶき全開、
ホラー映画ファンでも耐えられるかというくらい
残酷シーンオンパレードだ。
何しろ、映画評論家の水野春郎さんも
開始40分で席を立ってしまうほど
怖すぎで、とてもじゃないけどこの先観れない。」
とコメントしたほどだ。

ハイテンション

フランス製スプラッター「ハイテンション」
まさに題名の通りの“ハイテンション”ぶり


映画の舞台は、とうもろこし畑に囲まれたフランスの田舎町
主人公マリーは、試験勉強に集中できるという
友人の誘いを受け、彼女の実家を訪れる。
だがその夜、見知らぬ男がいきなり侵入し
男は親友の両親を次々と虐殺
さらに親友はその男に捕まってしまい・・・という話。


この手のホラー映画ではよくある展開だが、宣伝担当は
「オリジナル版は、鮮血もスゴいし殺し方も超残酷
何て言ったって、父も母も首が飛ぶんだから。」


問題の殺戮シーンあまりに残酷過ぎるということで
各国で公開が危ぶまれた
アメリカでは、オリジナルの残酷シーンカットして
なんとか公開されたが。
ちなみに日本は、アメリカ版で公開されている。
それでもショッキングには違いないが。


何とか親友を助けようとするマリーと男の攻防は見物。
そしてスプラッターファン必見の鮮血シーンも満載。
「一体この男は何者?」という疑問には
最後、“フランスらしさ”で答えてくれるだろう。


「ハイテンション」は東京・お台場シネマメディアージュ、
大阪・TOHOシネマズなどで絶賛上映中。
もちろんR-15指定(笑)。


ジェネオン エンタテインメント
ブレインデッド

「ロード・オブ・ザ・リング」のP・ジャクソン監督
一昔はこんな残酷な映画を撮っていたんです。
マニアの間では幻の映画でしょう。
「ブレインデッド」(廃盤)


それでは、また♪


AD

やっと竜の“夏休み”が終わりました。
4連敗でむかえた中日は、今日も横浜戦です。


試合経過・・・
なんと30イニング、タイムリーがないという低調打線
今日はその打線に奮起したいところだ。


2回裏、先頭のアレックス中安
続く井上右中間突破の二塁打で無死3塁1塁とする。
ここまでは連敗中でも見られた光景。
果たしてここから点が入るか。


だが沈黙を破ったのは谷繁だった。
山口の股間を抜く中前2点タイムリーを放ち
実にチーム32イニングのタイムリー、先制打と
貴重な一打となった。


しかし先発の佐藤ピリッとしない
3回以外はすべてにスコアリングポジションに走者を置く
苦しい投球
そして4回表、犠飛タイムリーで一気に
2点のリードを吐き出すと、
6回表には吉村にソロHRを打たれ2-3とリードを許す。


何と言っても直球のキレが悪すぎる。
疲れがきているだろうが、ここを乗り切って
次回登板に是非期待したい。
特に佐藤には、新人王の可能性が残っているわけだから。


打線は直後の6回裏。
アレックス谷繁の安打で1死3塁1塁とすると
ミスタードラゴンズ立浪が貴重な右前タイムリーを放ち
3-3の同点に追いつく。


そして7回裏、2死から
森野左安アレックス三安、死球で2死満塁とする。
打席には先制の2点打を放っている谷繁
初球だった。
打球は右翼にぐんぐん伸びると、右翼の頭上を越えた。
谷繁今日5打点目右越えの3点タイムリー二塁打
6-3と3点を勝ち越した。


この3点のリードを、平井岡本
守護神岩瀬で守りきりゲームセット!!
岡本状態が良くなってきましたね☆)


中日は連敗を4で止め、マジックは「26」
アレックス3安打谷繁3安打5打点の固め打ち。
そして何より嬉しいのが、
代打立浪同点右前タイムリーだった。
平井岡本のリリーフの働きも◎。
夏休み最後のホームゲーム勝利で飾った。
勝ち投手 平井 5勝3敗
セーブ 岩瀬 1勝2敗33セーブ


それでは、また♪

強竜打線、奮起せよ!!!

テーマ:

中日は今日もハマに破れ4連敗
ホーム13連勝がウソのような失速ぶり。
阪神が今日も負けたから、なんて言ってられない!
そろそろ自力でマジックを減らさなければなりません。


特にこの4連敗で気になるのが打線だ。
この4連敗中であげた得点は1、3、1、0
無死満塁無死3塁2塁が信じられないように得点にならない
その悲劇は今日も繰り返された。


2点をさらに失い0-3でむかえた6回裏、
1死から井端が9球粘って中安で出塁すると
福留はストレートの四球で歩いて1死2塁1塁。
しかし次のウッズがカーブを引っ掛けて
最悪の投ゴロ併殺打
ウッズはこの後、ヘルメットを叩きつけて悔しがったが
後の祭りだった。


走者は出るが、本塁が遠い
この日、ナゴヤドームは3万7千人満員御礼
その9割強竜党だったが、フラストレーションは最高潮だった。


1番荒木不振はもちろん、
大事な場面で代打として出る高橋不振が痛い。
7月の阪神戦を最後、
1ヶ月安打から遠ざかっている不振ぶり。
ウッズも日によってムラがある。


そして何より、マズイ攻めも見えてしまう。
1回裏、先頭荒木が久々に安打で出塁して無死1塁。
マウンド上はプロ初先発の三橋。
いきなりの走者で動揺も大きかったはず。
だが井端は3球目のカーブに空振り
荒木は2塁で憤死して先制機はしぼんだ。
これで三橋のリズムは戻り、快調に投球された。


まあ、今は何を言っても愚痴になってしまうそうです。
これが優勝への最後の難関でしょうか。
今は我慢、それしかないでしょう。


それでは、また♪

中日は今日も破れ3連敗
阪神も破れたためマジックは「28」まで減りましたが
そろそろ「喝!」を入れて、明日を全力でガンバレ!


ところで今、アメリカで交際中とウワサされている
俳優のスカーレット・ヨハンソンさんと
ジョシュ・ハートネットさんがついに“愛の巣”
購入したようです。

マッチポイント

スカーレット・ヨハンソンさんが出演している
「マッチポイント」


交際中とウワサされているスカーレット・ヨハンソンさんと
ジョシュ・ハートネットさんが
ニューヨークに600万ドル約7億円)の
超豪華ロフトを購入し、同棲をスタートする模様。
ちなみに購入の際、2人は寝室防音設備を希望したとのこと。


ある不動産関係者の話によると、
ヨハンソンさんがオシャレなトライベッカエリア
家を探していたようで、
彼女とその父親、ハートネットさんの3人が
物件プランを話し合う姿も目撃されていた。


共演作「ブラック・ダリア」(原題)の全米公開を控え
2人の交際はさらに進んでいきそう。
しかしハートネットさんの広報は、
2人の同棲を否定しているが・・・。


ハピネット・ピクチャーズ
パラサイト

ジョシュ・ハートネットさん初の主演作!!
実は優等生だがヤクポルノを売る不良役がピタリ!
監督は「シン・シティ」の巨匠ロバート・ロドリゲス監督

ジェネオン エンタテインメント
シン・シティ プレミアム・エディション

ジョシュ×ロドリゲス監督「シン・シティ」

ワーナー・ホーム・ビデオ
アイランド 特別版

スカーレット・ヨハンソンさん主演作
監督は「アルマゲドン」のマイケル・ベイ監督
「アイランド」


それでは、また♪

キアヌ・リーブスさんの誕生日である9月2日
サンドラ・ブロックさんと来日決定しました!


同名の韓国映画をハリウッドがリメイクした
ラブストーリー「イルマーレ」
その公開に先駆けて、主演のキアヌ・リーブスさんと
サンドラ・ブロックさんの“共演”来日が決定した模様。

リーブスさんとブロックさん

12年前の大ヒット作「スピード」で共演した
キアヌ・リーブスさんとサンドラ・ブロックさん


「イルマーレ」は、海辺の一軒家に備え付けられた
郵便受けが2年の時を隔てて存在する
男女のを描いたSFラブストーリー。
自立心旺盛な女医サンドラ・ブロックさんが、
文通相手の建築家キアヌ・リーブスさんがそれぞれ演じる。
2人の共演は、ヤン・デ・ボン監督の大ヒット作
「スピード」以来12年ぶり。


来日予定となっている9月2日は、
リーブスさんの記念すべき42回目の誕生日
「誕生日は是非日本で!」という希望で
スケジュールを組まれたのは定かではないが、
誕生日を日本で過ごすことを、本人も承知ずみ
誰でも誕生日には、友達や家族や恋人など
とても大切な人と過ごすものだが
リーブスさんはあえて仕事を選んだのだ。


現在は特定の恋人がいないリーブスさん。(ちょっと以外)
一緒に来日予定であるサンドラ・ブロックさんとは
「スピード」以来、常に連絡を取り続けている大親友だ。
しかし彼女と“恋人”という関係ではないらしい。
ただ9月2日の誕生日に、リーブスさんと側で
『ハッピー・バースデー』と言える女性であることは
間違いない。


リーブスさんとブロックさんが登場する
「イルマーレ」のジャパンプレミア
4日の六本木ヒルズのアリーナで開催され、
5日には都内のホテルで記者会見が行われる予定。


20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
スピード (2枚組 プレミアム)

キアヌ・リーブスさん×サンドラ・ブロックさん
「スピード」のコレクターズ・エディション


それでは、また♪


映画界を代表する監督・俳優の
クリント・イーストウッド監督の最新作である
硫黄島2部作「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」
予告編が、世界に先駆けて日本で先行公開されました。

硫黄島からの手紙

イーストウッド監督の最新作「硫黄島からの手紙」
撮影するイーストウッド監督(左)と渡辺謙さん


硫黄島2部作である、
「父親たちの星条旗」10月28日公開予定)と
「硫黄島からの手紙」12月9日公開予定)は、
太平洋戦争で日米が激戦を繰り広げた硫黄島の戦い
日米双方の視点からで描く、映画史上初の試みだ。


そして硫黄島の戦いを、日本の視点から描いた
「硫黄島からの手紙」は、ハリウッドメジャー映画としては
異例の日本先行公開となる。


終戦(敗戦)記念日にあたる8月15日には、大手新聞各紙に
「この2本の映画は、戦没者に対する私のトリビュートであります。
日米双方から伝えるこの2つの映画を通して、
両国が持っている、あの深く心に刻まれた時代
新たな視点で観てくれれば嬉しいです。」
というイーストウッド監督のメッセージが掲載された。
(僕がとっている中日新聞でも、掲載されていました)


イーストウッド監督の硫黄島2部作の予告編は、
8月19日から全国の松竹、東急系の500以上のスクリーンで
上映される予定。


ワーナー・ホーム・ビデオ
ミスティック・リバー

クリント・イーストウッド監督作
「ミスティック・リバー」

ポニーキャニオン
ミリオンダラー・ベイビー

04年度のアカデミー賞主要4部門受賞した
「ミリオンダラー・ベイビー」

ミリオンダラー・ベイビー


それでは、また♪

中日ドラゴンズは、今日からナゴヤドームで
東京ヤクルトとの3連戦です。
試合は劇的な幕切れで中日が勝利、
阪神が破れたためマジックは2つ減って「31」となりました。


ザ・ゲーム・ハイライト・・・
試合がにわかに動いたのは4回裏。
ウッズアレックス中安で2死3塁1塁とすると
谷繁が石井のカットボールをうまくとらえ
左前タイムリーして先制、1-0。


さらに5回裏には敵失策と四球で
再び2死3塁1塁とチャンスを作ると
森野がインコースのスライダーをとらえた。
打球は、あっという間に右翼フェンスに直撃する
右越えタイムリー
で2-0とリードを広げる。


中日先発は中田
だが調子はイマイチ球にキレがいまひとつ
それでも試合は必死で作ってくれた。
伸びがある直球で、
ヤクルト打線のバットは次々とを切っていく。
3回、5回には
共に3者連続三振に乗るかに見えたが・・・。


肝心なところで球が甘くなってしまう。
6回表には甘い直球をリグスに2点HRで同点2-2。
8回表には、ラミレスにテキサスタイムリーを打たれ
2-3とついに勝ち越しを許してしまう。


今日の中田は、8回を投げ12奪三振だったが
被安打7、四死球2、失点3
とイマイチ。
三振を取れる=調子が良い 
という方程式を崩す、典型的な投球だった。


1点を追う打線は、土壇場9回裏。
1死から敵失策と、井端の盗塁に再び敵失策が絡み
1死3塁という思わぬチャンス。
ここで福留が浅い左飛を放つ。
3走井端が、迷わず本塁に滑り込みセーフ。
福留左犠飛を放ち3-3と土壇場で同点。


延長に入り両者0行進でむかえた12回裏、
1死から福留が四球でサヨナラの走者で出塁すると
藤井初盗塁にまたまた敵失策が絡み2死3塁とすると
(ヤクルトは今日5個目の失策!
森野が敬遠四球で2死3塁2塁。
ここで打席にはアレックス
五十嵐のフォークの連投に我慢し、6球目のフォーク
左前にサヨナラタイムリーを放ち4Xー3で勝利した。


中日はホームで強い強い!13連勝!!!
土壇場の9回で追いついた、この粘りはすごい!
貯金は29マジックは「31」まで減った。
ヤクルトは5失策では勝てない。
勝ち投手 平井 4勝3敗


それでは、また♪

今日は、残暑でもスズしくなるような
ホラー映画を紹介します。
昨日観たばかりのイギリス・ホラー
「0:34 レイジ34フン」を書いていきます。


ポニーキャニオン
0:34 レイジ34フン

ストーリー紹介・・・
この映画で地下鉄利用客激減!!
地下鉄を舞台にしたイギリス発スプラッターホラー


物語の舞台は、ロンドンのチャリング・クロス駅
パーティー帰りのケイトフランカ・ポテンテ)は、
0:34分発最終電車をホームで待っていた。
しかし椅子の上でいつの間にか居眠りをしてしまい
起きた時には、周りは無人で閉じ込められてしまった


途方に暮れようとしたその時、
ホームに無人の電車がやってくる。
反射的に乗ってしまったケイト。
その電車こそ、未曾有の恐怖行きだということを
まだ彼女はしらなかった・・・。


解説・・・
本国イギリスで大ヒットした地下鉄ホラー。
この映画がきっかけで、利用客が激減したという。
地下鉄という、普段は何気なく使っているが
閉鎖的暗い雰囲気、演出は良かった。
それもそのはず、セットをほとんど使わず
実際の駅までロケしたとのこと。
主演は「ボーン・アイデンティティー」シリーズの
フランカ・ポテンテ
監督は、長編映画デビュー作となるクリストファー・スミス


ここからネタバレ
殺人鬼クレイグとの死闘を終え、
文字通りボロボロの姿でホームに座りこむケイト。
すると始発時間になり、スーツ姿の客がちらほら。
客の1人が、座るケイトの前に小銭を置くシーンが
一番最後にありました。
ここが英国的なブラックジョーク(?)で
ハリウッド映画との違いを肌で感じました。


ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
ショーン・オブ・ザ・デッド

これも英国作品「ショーン・オブ・ザ・デッド」
本家ジョージA・ロメロ大絶賛


それでは、また♪