日米で大人気の海外ドラマ「24」シーズン6
映画版「24」のだいたいの内容が明らかに!?


「24」共同制作総指揮であり、
エピソード監督も務めているジョン・カサーさんが
今後のシリーズについて語った。

24

大人気シリーズ「24」に出演している
ジャックことキーファー・サザーランドさん


アメリカでは来年の1月から放送開始となるシーズン6について
「今まではジャックキーファー・サザーランド)が
テロ攻撃を防ごうというストーリー展開だった。
でも、シーズン6すでにテロ攻撃が起きてしまってから
ストーリーを始める
というアイデアを
今は検討中なんだ。」と話した。

さらに
「『アメリカ全土で核爆弾10発も爆発してしまった
なんてシチュエーションからスタートするかも。」
とまでコメント。


さらにファン待望の「24」映画版に話が及ぶと
「僕はその第一候補だと思うよ。」
メガホンを取る可能性があることを示唆。
「映画版はTVシリーズのスタッフでやるんだ。
だからそれに関わっていない人は参加、
ましてや監督なんてしないよ。」とコメントした。


「24」映画版は、シーズン6が終了したら
クランクインする予定だ。


20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
24 -TWENTY FOUR- シーズン3 DVDコレクターズ・ボックス
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
24 -TWENTY FOUR- シーズン4 DVDコレクターズ・ボックス
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
24 -TWENTY FOUR- シーズン5 DVDコレクターズ・ボックス

「24」のコレクターズBOXです!


それでは、また♪

AD

昨日とはうって変わって接戦となった
今日の中日×巨人戦(ナゴヤドーム)。
やはり勝負を決めたのはミス
中日の“頭脳プレー”だったと思います。


試合経過・・・
今日の先発は朝倉
前半戦で8勝を挙げ、投手陣の一角を担っている。

今日も課題は立ち上がり
球威のある直球で打たせて取るピッチングをしていたが
幾分球が高かったから、4回につかまった。


4連打を含む5安打を集中され2失点
だが1死満塁のピンチで
パウエルを遊併殺でしのいだことと
内外野の鉄壁の守り5安打ながら2失点で抑えられた
これがのちに大きく響いてくる。


その裏、1死から福留が遊撃内野安打で出塁すると
ウッズが中安して1死2塁1塁。
ここでアレックス右前タイムリーを放って1-2。
続く森野二ゴロの間に同点、2-2。

アレックス選手

右前にタイムリーを放つアレックス選手


その後は朝倉とパウエルの両投手の好投が続き
試合は硬直状態に。
朝倉の唯一のピンチは7回表、
自らの暴投などで2死2塁を招いたが
清水に粘られながらも
最後は変化球で空振り三振に仕留めピンチを脱す。


するとその裏の7回裏だった。
先頭のアレックスが安打で出塁し無死1塁。


続く打者は森野。その初球、
バントの構えをしていたがバスターしてファール。
これで完全に巨人バッテリーを動揺させた。
警戒に警戒をしてくる巨人バッテリー。
際どいコースを突くが、ボール先行で1-3。
5球目の甘いカーブ森野は右安して無死3塁1塁。
この頭脳プレー(?)で完全に流れが傾いた。


1死満塁と攻め込み、代打高橋光
相手の野選失策を誘い2点追加、4-2。
これで勝負をほぼ決めた。


9回は岩瀬が登板。
3者凡退に仕留め、区切りの100セーブ達成!
回を2失点でまとめた朝倉9勝目
相手のミスにつけこむ野球が今日も出来た。
これで7連勝、対巨人戦は9連勝となった。
さらに阪神が引き分けたため
ゲーム差はさらに広がり6ゲーム差
勝ち投手 朝倉 9勝3敗
セーブ 岩瀬 1勝2敗26セーブ


それでは、また♪

AD

今日は、好調の中日打線が大爆発して快勝。
引き分けを挟んで6連勝
対巨人戦8連勝となりました。
今の中日は強いですが、これは勢いではありません
これが本当の“中日野球”なのです。


試合経過・・・
最終スコアは11-1で中日が勝利という
一見大味な試合展開だったが
元をたどれば2回の攻防がすべてだった。


2回表、中日先発はマルティネス
彼の課題は立ち上がりの悪さ、早速出てしまった。
連打と死球というかなり嫌な流れで無死満塁。
誰もがこの数分後、マルティネス火だるまを予想した。
だが―


仁志の打球は浅い右飛。
右翼手福留を考え、3塁走者は本塁に行けない
1死満塁で続く実松は
ボール球を中途半端に空振り三振
2死満塁でグローバーは遊ゴロでチェンジ。
巨人打線は、無死満塁の大チャンス
タイムリーも犠飛もゴロも出ず、無得点で終わった。


2回裏、1死から森野が安打で出塁すると
続く谷繁の投ゴロをグローバーが失策して
1死2塁1塁と傷口を広げてしまう。
すると続く英智が1塁線突破のタイムリーを放ち1-0。
相手のミスにつけ込む野球が、中日は今日もできた。


すると流れは必然的に中日へ。
3回裏には井端右翼線二塁打で無死2塁として
福留中前タイムリー
ウッズ右翼フェンス直撃のタイムリー二塁打
アレックス中安森野右前タイムリー
谷繁左前タイムリー
荒木右前に落ちる2点タイムリーなど
6連打を含む8安打を集中させ6点を奪う猛攻。


さらに4回裏には
ウッズ左中間席に第23号ソロを放てば
続くアレックスも負けじと
左翼席に飛び込む第10号ソロ本塁打を放ち9-1。
この時点で、ほぼ試合は決定した。


マルティネスはその後に調子を上げ
イの本塁打による1失点だけでしのぎ
7回を被安打5、四死球1、奪三振4、失点1だった。


打線はその後、効果的に追加点を挙げる。
6回裏にはアレックス左前タイムリーで10-1、
8回裏には井端右前タイムリーを放ち11-1。
打線は先発野手が全員安打、全員打点をあげ
17安打、11得点という猛攻を見せた。


8回からは僕が期待する長峰が登板。
2回とも走者をだすもののキレのある直球
スライダーを中心に巨人打線を零封し、試合終了!
中日は投打ともに巨人を圧倒し
このカード8連勝とした。
貯金は22、さらに2位阪神が破れたため
ゲーム差はとうとう5.5差まで広がった。
勝ち投手 マルティネス 5勝6敗
本塁打 ウッズ23号①、アレックス10号


それでは、また♪

AD

地に足がついた野球で阪神を3タテした中日。
今日からナゴヤドームで巨人3連戦です。
今日は数少ないチャンスをものにした
まさしく中日らしい野球ができました。


試合経過・・・
好調の中日打線は、巨人先発の内海に先制パンチ
1回裏、先頭の荒木中前打して出塁すると
井端がすかさず犠打を決めて1死2塁。
続く好調福留があわや本塁打かという
左翼フェンス直撃のタイムリー三塁打を放ち1-0。
さらにウッズ二ゴロの間に福留が本塁を踏み2-0。


しかしその後は内海とリリーフ投手を打てず
出塁すらできない状況が続く。


この少ないリードを、
中日先発の佐藤がきっちり守った。
引き分けを挟んで、目下7連勝中だ。
しかし今日は、森コーチが言うとおり
調子は決して良くなかった
だがそれでも粘りの投球
スライダーシュートフォークを低めに集め
直球はコーナーを突き、巨人打線は凡打を山を築く。


しかし3回表、最大の正念場がやってきた。
1死から投手の内海に安打を浴びると
小坂、高橋にも単打を浴び2死満塁
ここでむかえるはイ・スンヨプ
4球目のフォークをジャストミートされたが
運よく野手の正面でアウト!無失点で切り抜ける。


7回のピンチも抑えた佐藤
8回を投げ被安打5、四死球2、奪三振8、失点0
と十分に我々の期待に応えてくれた。


9回は岩瀬が登板。
安打1本を浴びるも後続を抑えてゲームセット!
中日は4連勝で貯金は最多の21
ゲーム差は変わらず4.5もまま。
佐藤8連勝でいまだに負けなし(スゴイ!)。
打線では4安打で2点と効率良く点を取れた。
(ちなみに巨人は6安打で0点)
勝ち投手 佐藤 8勝0敗
セーブ 岩瀬 1勝2敗25セーブ


それでは、また♪

今日の勝利は最高に嬉しいです
昨年の“竜キラー”の下柳投手をKOしたからです。
勝って貯金20、阪神と4.5ゲーム差になり
独走の気配さえ出てきましたね。


試合経過・・・
今日の先発は川上
前回の京セラドームでの阪神戦は、
ボコボコに打たれ敗戦、屈辱感さえ残った
今日はそのリベンジなるか?


1回表、2死2塁1塁から
シーツにタイムリーを浴びて0-1と先制を許す。
序盤から嫌なムードになる。


2回は3者凡退だったが
3回表、荒木ケガなどで間隔が空いて
投球のリズムが狂ったか
安打と四球で2死2塁1塁、再びピンチを招く。
ここで迎える打者は、タイムリーを打たれたシーツ。
カウント2-3からカーブにバットが空を切った。
シーツを空振り三振で討ち取り、流れに乗る。


阪神の先発は“竜キラー”の下柳だったが
今日は調子が悪かった。
それに乗じて、中日打線はまるでボディブローのように
じわじわ下柳を崩していった
2回裏、谷繁の内野安打で2死3塁とすると
荒木タイムリー内野安打を放ち同点。1-1。


3回裏には先頭のウッズ
スライダーを完璧にとらえた。
打球はまるでピンポン球のように
ライナーで左翼席に刺さる第22号ソロで2-1。


そして追加点がほしい5回裏には
森野谷繁の連打で1死3塁1塁とすると
英智がきっちり中犠飛を放ち3-1。
徐々に、マウンド上の下柳がイライラしているが分かった。


そしてトドメは福留
6回裏、1死2塁から下柳のスライダーを右翼へ。
滞空時間の長い放物線はそのまま右翼席に飛び込んだ。
福留第16号2点本塁打で5-1。
約1ヶ月ぶりの本塁打が、下柳をKOした。


この5点で阪神は完全に集中力を切らした
その象徴は6回表。(まだスコアは3-1だった)
先頭の金本は焦りの見える空振り三振
シーツはカーブに投ゴロ、バットを叩きつける。
鳥谷もカーブに完全につまり一ゴロ。
調子が万全ではない川上だったが
打線の援護を受け、6回を1失点だった。


川上の後はデニー平井鈴木高橋
豊富な中継ぎ陣を使用。
いずれの投手も無失点で抑え、そのままゲームセット!
中日は5-1で阪神に3連勝
天敵下柳をKOしたこの試合、本当に意味がある
そして50勝一番乗り!貯金も最多の20
ゲーム差を4.5に広げ、独走態勢に入った。
勝ち投手 川上 11勝2敗
本塁打 ウッズ22号①、福留16号


それでは、また♪

またまた勝利報告です!!
今日もナゴヤドームで阪神戦が行われました。
今日は1点を争う好ゲームとなりました。


試合経過・・・
今日の先発は山本昌
前回の京セラドームでの阪神戦では
6回2失点の好投を見せたが打線の援護がなく
敗戦投手になってしまった。
今日はその雪辱を晴らせるか?


しかし1回表、浜中にライナーで左翼席に運ばれ
いきなり1失点、出鼻をくじかれたかに見えたが
さすがはベテラン、気持ちを切り替えた
その後は直球と落差の大きいカーブを主体に
6回まで、阪神打線から毎回三振を奪う。


打線は福原から安打も打てなかったが、6回裏、
井端の安打とウッズの四球で1死2塁1塁とすると
アレックス中前タイムリーで同点、1-1。


しかし直後の7回表、山本昌が連打を浴びて
ピンチを招くと、町田にタイムリーを浴び1失点
だがその後の2死2塁1塁のピンチは抑え
最小失点で抑え、あとは打線だ


打線はその裏の7回裏、ついに爆発した。
高橋光の安打で1死1塁とすると
荒木右前打、これに右翼の失策も重なり2-2。
さらに四球が絡んで2塁1塁とすると
福留右前タイムリーを放ち勝ち越し、3-2。
さらにウッズ中犠飛も出て4-2。


さらに8回裏には奈良原の二塁打と犠打で1死3塁。
続く荒木スクイズを決めて5-2。
細かい中日らしい点の取り方でダメを押した。


山本昌7回2失点で降板。
その後は平井岩瀬が完璧にリレーしてゲームセット。
中日はナゴヤ決戦2連勝して
貯金を今季最多の193.5ゲーム差とした。
相手のミスにつけこむ野球
そして犠打を絡めた細かい野球が勝利した。
勝ち投手 山本昌 5勝5敗
セーブ 岩瀬 1勝2敗24セーブ


それでは、また♪

早速の勝利報告です!!!
今日から中日×阪神の3連戦がナゴヤで行われます。
前の京セラでの借りを少しでも返したいところ。
そして今日から頼もしい男
『3番福留』帰ってきました!!


試合経過・・・
中日先発は中田
阪神戦は昨年から5戦負けなしだ。


だが今日は立ち上がりからヒヤヒヤ
1、2、3回と共に先頭打者を出塁させる苦しい投球
だが中田強心臓と阪神の雑な攻めに助けられた。


1回は赤星の盗塁を谷繁刺し
2回は関本を二併殺に仕留め、
3回は無死2塁1塁のピンチを
藤本が送りバントできず一ゴロ、続く浜中を
注文どおりの二併殺に仕留め、ピンチを脱す。


打線はその裏の3回裏、井川をやっととらえた。
先頭の井端の四球と相手の失策で無死2塁とすると
お帰り!!復帰の福留
右翼線にタイムリー二塁打を放ち1-0。
さらに1死3塁1塁から森野中前タイムリーで2-0、
2死3塁1塁から英智左前タイムリーで続き3-0
中日はこの回3点をもぎ取る。


続く4回裏、荒木左翼線二塁打などで1死3塁として
またまた福留が、
今度は左翼線にタイムリー二塁打を放ち4-0。
続くウッズ右前タイムリーを放ち5-0。
福留選手は2塁から全力疾走で本塁へ。
もう足の状態は大丈夫のようです


一方の中田は、調子が良いだか悪いだか分からない
4回は、あっさり3者凡退だったが
5回は先頭打者を四球で出塁させる悪いパターン


その後2死2塁1塁となり藤本はつまった二ゴロ、
だが荒木の素早いトスでアウト(ファインプレー!
6回には鳥谷の強烈な中飛を
英智ジャンピング・キャッチファインプレー!
7回には再び藤本の三ゴロを
今度は森野ダイビングキャッチファインプレー!
バックが堅い守り中田をアシスト。


結局、今日の中田
7回を被安打6、四死球5、奪三振5、失点0だった。


打線は7回に貴重なダメ押し点を挙げた。
四球とウッズのラッキーな内野安打で無死2塁1塁。
ここでアレックス左翼線へタイムリー二塁打
さらに1死満塁から再び英智左前タイムリーを放ち
この回2点、7-0と突き放した。


中田の後は鈴木落合とリレー。
投打で圧倒、そのまま中日は7-2で快勝。
相手のミスに付け込む野球で3連戦に先勝。
ゲーム差は2.5と広がった。
今日から復帰した福留2安打2打点の活躍。
阪神は投打とも精彩を欠いて完敗。
勝ち投手 中田 4勝1敗


それでは、また♪

中日は、前半戦で81試合を消化し
47勝30敗4分で2位阪神に
1.5差つけて堂々の首位です。
明日からはその阪神との直接対決です。
大阪ドーム(京セラドーム)ではやられただけに
明日からの3連戦は、その仕返しをしたいところです。


前半戦は、投手陣の活躍で勝ち上がってきた。
防御率2.91は12球団のナンバーワン!
特に先発投手陣に若手が台頭してきたことが良い。
佐藤朝倉小笠原中田に加え
エースの川上、ベテラン山本昌マルティネスも健在。
2軍には石井山井長峰里らも控える。
後半戦は2軍の選手もうまく使って乗り切りたい。


しかしエース川上不調が少し心配だ。
昨年もこの季節から調子を落とし、
後半戦は大事で1戦で敗れた
本人も分かっているだろうが、
昨年の二の舞になってはいけない
ここが踏ん張りどころだろう。


“虎キラー”中田は心強い。
前回登板の阪神戦でも粘りのピッチング勝ち投手に。
今年もキラーぶりを発揮してくれそうだ。


問題は打線だ。
昨年のような粘りがないのは寂しい。
ここは一発、阪神投手陣を打ち砕く勢いでやってほしい。

福留もう少しで戻ってくるのが心強い。
24日では守備練習、打撃練習のフルメニューをこなした。
1日も早く合流して、起爆剤となってくれるか。


あと4番ウッズと5番のアレックス爆発にも期待。
特にアレックスは、23日のオールスターで
本塁打を含む3安打2打点の大活躍。
この活躍を是非後半戦につなげてほしい。

満塁弾の立浪選手

立浪選手は、やはりスタメンで出てほしいです。
この選手なしに優勝はありません。
(写真は巨人戦で上原から
サヨナラ満塁本塁打を放つ立浪選手

サヨナラ打のウッズ選手

ウッズ選手もここ一番の打撃は魅力。
力まずに中堅~右翼方向の打撃をしてくださいな。
(写真はサヨナラ打を放つウッズ選手


とにかく8月は優勝するのには正念場です。
特に明日からの阪神戦をしっかりと勝って
このブログで勝利報告ができるよう祈ります。


それでは、また♪

今日はスティーブン・スピルバーグ監督の最新作で
8月18日にDVDがセルされる
史実に基づく作品「ミュンヘン」を紹介しましょう!


角川エンタテインメント
ミュンヘン スペシャル・エディション

ちょこっとストーリー紹介・・・
1972年9月5日、その当時ドイツで開催されていた
ミュンヘンオリンピック
そこでイスラエル人アスリートが
11人殺害される
事件が発生。
犯人はパレスチナのゲリラ・グループ
“ブラック・セプテンバー 黒い9月”だった。

ミュンヘン

この事件に対し、イスラエル政府が下した決断は『報復』
犯人グループの暗殺チームが結成される。
その中に入った男アフナーエリック・バナ)は
他の4人と共にターゲットを抹殺していくが・・・。


解説・・・
「プライベート・ライアン」「宇宙戦争」の
巨匠スティーブン・スピルバーグ監督が放つ
衝撃のバイオレンス・サスペンス!
主演のエリック・バナが全身全霊をかけて
葛藤する工作員役を熱演した。


さらに本作は実際のニュース映像を挿入したり
前半の暗殺シーンは恐いくらいにリアル。
「プライベート・ライアン」のあの映像音響が観る者を圧倒。
時にはショッキングシーン残酷描写まで入り
迫力満点である。
後半は、命を狙われる主人公の心の葛藤が描かれる。
そしてラストは・・・。


DVDの映像特典
監督のイントロダクション、暗殺チームについて、
撮影現場での体験、インターナショナル・キャスト、
編集音響音楽について、事件の回想
時代背景が収録される予定。


現代世界でもテロ→報復が絶えません。
この作品を観て、あなたは何を感じるでしょう?


パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
プライベート・ライアン

スピルバーグ監督の傑作!「プライベート・ライアン」


それでは、また♪

今日は、あの話題の人形ブラックコメディ
「チーム☆アメリカ/ワールドポリス」を紹介します!


パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
チーム★アメリカ ワールドポリス スペシャル・コレクターズ・エディション

ストーリー紹介・・・
過激すぎで全世界が騒然!
「サウスパーク」のスタッフが贈る人形ブラックコメディ


アラブテロリスト大規模なテロ活動を計画した。
その情報をいち早くつかんだ
国際警察「チーム☆アメリカ」大量破壊兵器を回収し
見事にその作戦を食い止めた。
ゲイリー(声:トレイ・パーカー)ら彼らの活躍で
世界はまた平和を戻したかに思えた。


だが本当のテロリストの真の黒幕
アジア北朝鮮に住む、独裁者金正日だったのだ・・・!


解説・・・
あまりの過激さで公開も危ぶまれた問題作。
それもそのはず、過激アニメ「サウスパーク」
クリエイター達が再結集して本作を創り上げた。


本作は、とても人形劇とは思えない怒涛のアクション
ブラックユーモアが見どころである。
ショーン・ペンジョージ・クルーニー
スーザン・サランドンハリウッドスターが勝手に登場
(アメリカでは問題になりました 笑)
マイケル・ムーア自爆テロして死んでしまうし
人形の嘔吐シーン下ネタ残酷描写
映画ファンなら思わず笑ってしまう挿入歌、
人形同士のセックスシーンなど満載。

金正日念願のハリウッド・デビュー

さらに本作は金正日の華麗な(?)デビュー作となりました!


ストレス解消には持って来いですが
万人受けではないと思うし、1人で観たほうがいいですよ


ワーナー・ホーム・ビデオ
サウスパーク 無修正映画版

過激アニメの決定版!!「サウスパーク」


それでは、また♪