昨日は、阪神×中日戦は雨天中止に。
しかし今日は試合がありました。
6連勝中中日、今日もその勢いがありました。


試合経過・・・
中日先発の川上が、序盤で3失点する苦しい展開だったが
打線がすぐにカバーに入った。


それは3回の表、先頭荒木がエラー出塁すると
井端が中前打、立浪が粘って四球。これで無死満塁で4番のウッズへ。
前のブログで「ウッズのパワーなら、ちょこんと当てても右翼席に入る
だからジャストミートして。」
と書いたのを覚えていますか?
それを今日、ウッズは大事な1打席で実践してくれました。


井川の真ん中低めの直球を逆らわずに右翼へ。
阪神ファンの悲鳴が大きくなるなか、ボールはそれに背くかのように
右翼席に飛び込んだ!
ウッズ第31号満塁本塁打で3-4と逆転。
さらに5番福留も、カウント0-3から直球を狙い打ち!!
これも右翼席に飛び込む第20号ソロ本塁打で3-5。


さらに4回表にも、まず先頭荒木が内野安打で出塁。
井端の左前打と立浪の四球で再び無死満塁でウッズへ。
代わった橋本のチェンジアップに芯を外されたが左翼まで持っていき
犠飛になり3-6。
さらに橋本の暴投などで3-7とリードを広げる。
ちなみに今日の井端5打数4安打の大フィーバー!
成績:右前打中前打左前打右前打、遊ゴロ


しかし、川上が粘れない。
タイムリーと本塁打を浴びて5-7。6回途中で降板した。
まだまだ本来の粘りがなく、心配である。


しかし、中継ぎ陣が大奮闘!
特に“サイレントK”こと石井高橋山井がナイス・ピッチング!
山井150キロ台の直球を連発、魂の投球で追加点を許さない。


そして5-7のまま、9回裏は岩瀬が登板。
3塁手川相好プレーにも助けられて、3者凡退に。
中日はまたまた逆転、7連勝で首位とは半差になった。
勝利投手 川上11勝5敗 セーブ 岩瀬1勝1敗38セーブ
本塁打 ウッズ31号④ 福留20号
このままの勢いで、明日は奪首だ!!


それでは、また♪


AD

昨日の阪神×中日戦は雨天中止に。
楽しみにしていたのに残念です・・・。今日も微妙だし。
さて、今日は残暑も吹き飛ばす涼しいカクテル
「ブルー・ハワイ」を紹介します。


トロピカル・カクテルブームだった80年代、
この時はまだ、海外旅行もあまり盛んではなく
南国の島ハワイがすべての人の目標だった頃。
憧れの島の名前が付いていたこともあり、爆発的な人気を呼んだ。
いまでもわが国日本と、ハワイで親しまれているカクテル。


ブルー・ハワイ

材料・・・
ホワイト・ラム・・・・・・・30ml
ブルー・キュラソー・・・・・15ml
パイナップル・ジュース・・・30ml
レモン・ジュース・・・・・・15ml


作り方・・・
①ホワイト・ラム、ブルー・キュラソー、パイナップル・ジュース
レモン・ジュースをシェーカーに入れて、シェークする。
クラッシュド・アイス(氷)をいれた大型グラスに注ぐ。
③飾りに花、パイナップルオレンジレモン
マラスキーノ・チェリーを加える。(好みで)


テイスト・・・・・・甘口
アルコール度数・・・約20%

残暑には、こんな見た目にも涼しいカクテルはどうでしょうか?


それでは、また♪

AD

さて、今日から甲子園で阪神×中日首位攻防戦があります。
阪神は巨人に2連勝中、
そして我らが中日ドラゴンズは逆転、逆転で6連勝中と波に乗ってきました!
早速ですが、今日から始まる首位攻防戦
中日側のキーポイントを自分なりにまとめていきたいと思います。


投手陣

中日も阪神も、中継ぎと抑えがしっかりしているだけに
先発投手の出来がキーポイントとなりそうだ。


先発は、川上山本昌朝倉が濃厚。
初戦に予想される川上は、しばらく勝ちがない。
連敗中は、本来の粘りがなく連打を許して失点というケースが多い。
インコースの直球でぐいぐい押す、彼らしい強気の投球に期待したい。


2戦目は山本昌かな。
前回登板は、雨の中でもヤクルト相手に好投。
本来は“虎キラー”と、阪神戦はめっぽう強い彼だが、
前回登板は、序盤で大量失点KO。
今回はそのリベンジに期待したい。


3戦目の予想は朝倉
目下2連勝中と朝倉自身波に乗っている。
球威のある直球とカウントの取れるスライダー、落差のあるフォークを武器に
是非好投を期待したい。


打撃陣

最近では、派手な逆転勝ちが目立ってしまうが
打線の調子はあまり良いとはいえない。
28日の広島戦では、再三の満塁のチャンスを作りながら無得点。
落合監督も、思わず「本当なら負けゲーム」とぼやいたほど。
しかし打線の調子は変わりやすいものなので、奮起に期待したい。


中でも好調なのは1番荒木、2番井端、5番福留、7番森野だ。
特に森野は、スタメンに起用されてから打撃は上り調子
定評のある長打力を武器に、本塁打量産(ヒットでもいいけど)
を期待したい。


あとは1,2番コンビで相手投手を揺さぶる
本来の中日野球ができるか。


3番立浪、6番アレックスらが当たってくるともっと得点ができると思う。
そして4番ウッズの不振がちょっと心配だ。
最近は、アウトコースの球を強引に引っ張っての凡打が目立つ。
ウッズのパワーなら、ちょこんと当てれば右翼席にも届くのだから
シャープにジャストミートを心がけてほしい。


中日×阪神戦

前回の中日×阪神戦で井川から1点差に迫る3ランを放つアレックス
この後、中日は9得点し逆転勝ち


それでは、また♪

AD

大ヒットサスペンス・スリラー「SAW/ソウ」の続編
「SAW2」のポスターが、過激すぎるということで
アメリカ映画協会MPAA)からダメだしを食らってしまった。


配給と宣伝を手掛けるライオンズ・ゲートが作成したポスターは、
切断された2本の指で、「Ⅱ」と描いたショッキングなもの。

SAW2

これが問題になった「SAW2」のポスター


MPAAからダメだしを食らったライオンズ・ゲートは、
オフィシャルサイトから同ポスターを削除
劇場に配布した同ポスターも自主回収することを決定した。


「SAW2」は全米公開は10月28日の予定。
ちなみに日本公開は10月29日になる予定。


前作「SAW」の詳しい情報は、前のブログに書いてあります!

ソウ


それでは、また♪


さあ!竜が三度、虎の追撃体勢に入ってきました。
今日も、落とせない大事な広島戦です。
今日は、若手の力で接戦をものにしたゲームでした。
(これは29日に書きました。遅れてすいませんm(__)m)


試合経過・・・
28日の試合の先発投手は中田
前回の登板で好投を見せたが、その日も抜群の制球力だった。
毎回ランナーをだしながらも、
140キロ前半の直球と、ストライクが取れるスライダーを武器に
広島打線に本塁を踏ませない。
しかし、4回に栗原にソロを打たれて1失点
それでも後続は打ち取り、後は打線の反撃を待つのみだ。


好調な打線は、広島先発レイボーンに抑えられていたが
4回裏に突破口を開いた。
制球難のレイボーンを見透かしたかのように、先頭福留が四球。
続くアレックスは、アウトコースの直球を右前に運び無死3塁1塁。
そして打席には森野が入る。


去年のオフに、落合監督から「おい、森野。移籍先を探してやろうか?」
と問われ、秋季キャンプも積極的に取り組んだ。
そして今季は大事な年だ。今年に結果が出なかったらクビである。
先発出場の時はなおさらだ。絶対に打つ―
そう打席に入ったに違いない。


その初球、高めのボール球だったが、迷わず振りぬいた。
打球は、ぐんぐんと右中間席に伸びていき、そのまま消えた。
森野第7号3ラン本塁打で3-1。中田にはビック・プレゼントだった。


その中田は、2点のリードを丁寧に守り抜く。
8回を投げて1失点と、未来の中日エースに間違いないだろう。
昨日の成績:8回、被安打6、奪三振9、四死球1、失点1


9回からは岩瀬が登板。
3者をきっちりと抑えてゲームセット!!
中日は6連勝貯金は18。首位阪神とは1.5ゲーム差変わらず。
勝利投手 中田4勝2敗 セーブ 岩瀬1勝1敗37セーブ
本塁打 森野7号


それでは、また♪

今日も、ナゴヤドームでは中日×広島戦がありました。
今日も、中日お得意の“逆転劇”が後半に待っていました。
まるで昨日のビデオを巻き戻して観ているかのようです。


試合経過・・・
今日の中日先発は野口
しかし、全体的に不安定なピッチングで
2回に2失点、6回表には1死2塁1塁のピンチを招いて降板。
2番手からは、鈴木が登板。


その鈴木は、まず栗原を直球でつまらせて力がない二飛。
さらにフランコ直球で力がない右飛に仕留めて、このピンチを脱す。


ピンチの後には、チャンスあり!だ。
6回裏、先頭のウッズが左前打で出塁すると、
続く福留が、インコースのスライダーをライナーで左中間席へ。
福留第19号2ラン本塁打で2-2の同点に。


さらに連続四球を死球で2死満塁を再チャンス。
ここで得点圏打率4割越え井端が打席へ。
井端はこの打席の後、こう話している。


「あの場面、僕も追い込まれていたけど相手も追い込まれていた。」と。


カウントは2-3のフルカウントになった。井端は集中していた。
そして運命の6球目。それはど真ん中にやってきた甘い直球―
勝負師井端が見逃すはずがなかった。
快音と同時に、ドーム内が大歓声に包みこまれる。
打球は、多くの竜党が陣取る左翼席へ一直線!!
井端劇的第5号満塁本塁打で6-2。ついに勝ち越しに成功。


8回裏には渡邉の貴重な左前タイムリーで7-3とする。


投手陣は、鈴木の後は山井石井平井高橋とリレー。
最後は岩瀬が登板するも、広島に粘られるが、
それをかわしてゲームセット!
中日は、またまた逆転勝利で5連勝!首位とは1.5差変わらず。
勝ち投手 鈴木4勝1敗 セーブ 岩瀬1勝1敗36セーブ
本塁打 福留19号② 井端5号
ちなみに井端選手満塁本塁打は初


それでは、また♪


今日は、昨年度の傑作スリラー「SAW/ソウ」を紹介します。
ちなみにSAWの翻訳にはいくつかあって
①SEE(見る)の過去形
のこぎり 動詞ではのこぎりで切る、という意味も
③ことわざ、格言


この映画だと②の意味が適当だと思いますが。


角川エンタテインメント
SAW ソウ DTSエディション

ストーリー・・・
アダムリー・ワネル)は、古い老朽化したバス・ルームで目を覚ます。
こんなところにきた憶えはないのに・・・。
しかも足首には鎖でつながれていて、身動きがあまりとれない。
部屋の対角線上には同じようにゴードンケイリー・エルフェズ)が
さらに2人の間には、自殺死体が・・・。
わけのわからない状況に混乱する二人。
そんな中、アダムはポケットの中に「再生しろ」と書かれたテープを発見。
そしてゴードンのポケットにもテープ、そして一発の銃弾が・・・。
さっそく再生すると、男の声で
「6時までに相手を殺せ、さもなくば2人とも死ぬ」と告げられる。
やがて2人は、
2本のノコギリ、タバコ、ライター、携帯電話などを発見する・・・。


2004年のサイダンス映画祭カンヌ映画祭でも話題沸騰の
ソリッド・シチュエーション・スリラー
監督は、オーストラリア出身の若手新鋭監督ジェームズ・ワン
今作で長編映画デビューを飾ったが、見事なものだ。
低予算ながらも、100%先読みできないストーリー展開、発想が見事。
そして衝撃のラスト!あれは誰が想像できるだろうか?


興味を持った方は是非鑑賞してみてください!
ちなみに「SAW2」は今年公開予定だそうです。

ソウ

傑作スリラー「SAW」


それでは、また♪

現在3連勝と三度波に乗ってきた中日。
今日から、本拠地ナゴヤドームで広島3連戦です。


試合経過・・・
今日の先発は長身左腕マルティネス
しかし今日は、球威、コントロール共に精彩を欠き
3回を投げ終え早々と降板。
先発投手が崩れる嫌な展開だが、中継ぎ陣がその流れを止めた。


2番手の鈴木は、サイドからの変則モーション
好調広島打線をシャット・アウト!
2回を投げ、被安打1、奪三振2、四死球1、失点1
流れで徐々にリズムを作っていく。


3番手からは、“ウルトラマン”山井
安打を打たれるも併殺でしのぎ、これで完全に流れは中日に傾いた。


6回裏、黒田の前に沈黙していた打線がついにお目覚めだ。
立浪の四球、ウッズの右中間二塁打で無死3塁2塁のチャンス。
ここで勝負強い福留左前タイムリーを放ち1-3。
アレックスが四球で歩き、1死満塁で谷繁が打席へ。
ここ20打席以上、安打がなかった谷繁
来た球をとにかく安打にしようと、必死になっていた。
その願いが通じたか、右前にポトリと落ちる2点タイムリーで3-3の同点。
さらに荒木右前タイムリーで続き4-3と逆転に成功する。


7回裏、再び打線がスパーク
立浪ウッズの連打で再び無死3塁1塁とすると
またまた福留が、今度は右中間真っ二つの二塁打で5-3。
さらにアレックスが一邪飛が犠飛に(3塁走者、川相好走塁!)で6-3。
結果論になるが、この1点は大きかった。


さらに森野右前タイムリー(7-3)荒木左前タイムリー(8-3)
がそれぞれ飛び出し、6,7回で計8得点をあげた。


あとは自慢の中継ぎ陣が継投リレー。
平井、高橋とリレーして
最後は岩瀬が1点を失うも、逃げ切って勝利。スコア8-6。
中日は、粘って逆転!4連勝!!首位阪神とは1.5ゲーム差に!
勝利投手 山井2勝5敗1セーブ セーブ 岩瀬1勝1敗35セーブ


それでは、また♪

米大人気コメディー「フレンズ」で有名な
ジェニファー・アニストンさんについてこのブログで色々書いてきました。
今日も彼女の最近の出来事を書いていきたいと思います。


ジェニファー・アニストン

俳優B・ピットさんとの離婚が成立したJ・アニストンさん


ついにブラッド・ピットさんと離婚が成立


今年1月から別居していたB・ピットさんとJ・アニストンさんらの
離婚が成立した。
22日に提出された裁判所の手続きで離婚手続きが終了したのだ。
ちなみに、離婚が法的に発行するのは10月2日から


2人は、2000年7月にカリフォルニア州のリゾート地で結婚。
100万ドル(約1億1000万円)をかけた豪華な披露宴を行うなど
ハリウッドのゴールデン・カップルとして注目されたが
それから約5年で終止符が打たれた格好だ。


アニストンさん、ついに吹っ切れた?
ヴィンス・ヴォーンと共演した新作映画
「ザ・ブレイクアップ」(原題)のクランクアップを祝うため
アニストンさんが、スタッフやキャストのために
ディナークルーズを用意した
そうだ。

シカゴでの撮影終了後、
ミシガン湖での豪華ディナーに参加したアニストンさん。
かなりの上機嫌でボートに乗り込み、楽しんでいたとか。
B・ピットさんとの離婚も成立し、吹っ切れたのか?


今年から来年にかけて、アニストンさん出演の新作映画が
日本でも何本か公開予定されています。
色々な騒動がありましたが、これを乗り越えて
もっと大きな女優さんになってほしいです。


ワーナー・ホーム・ビデオ
フレンズ ― ファースト・シーズン DVD vol.2

それでは、また♪


今日は、ウィノナ・ライダーアンジェリーナ・ジョリーが出演した
僕の好きな映画「17歳のカルテ」を紹介します!

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
17歳のカルテ コレクターズ・エディション

17歳のカルテ
この作品でアカデミー賞を受賞したアンジェリーナ・ジョリー


ストーリー・・・
スザンナウィノナ・ライダー)は、アスピリン1瓶と
ウォッカ1本を飲んで病院に運ばれた。
本当は自殺するつもりではなかった。
でも、何かに怯えて何か不安だったのだ。
この現状を重く見たスザンナの両親は、彼女をクレイムア精神病院
入院させることを決める。


入院生活が始まった初日、「脱走」から帰ってきた
エキセントリックな患者リサアンジェリーナ・ジョリー)と出会うが・・・。


主演は「エイリアン4」「シザーハンズ」ウィノナ・ライダー
本作では自ら精神病院で入院していた経験を買い、製作総指揮も担当。
共演にはアンジェリーナ・ジョリークレア・デュバルといった
演技派若手俳優が脇を固める。
アンジェリーナ・ジョリーはこの作品で
アカデミー賞助演女優賞を獲得、飛躍をとげた。
監督は「アイデンティティー」のジェームズ・マンゴールド
本作で僕が感じたのは、「仲間」のありがたさ人生の苦悩・・・。
観終わった後、それらをひしひしと感じさせられたのだ。

まだ観ていない方は、是非観てほしい作品です!!


それでは、また♪