中日らしい勝ち方

テーマ:

先週、初の交流戦の勝ち越しを決めた中日。
今日からナゴヤドームで西武戦です。
西武とは日本シリーズもありますし、交流戦も3連敗中です。
果たして今日は?


試合経過は、
中日の先発投手は山本昌
前回はまさかの楽天打線につかまり敗退。
しかし今日は球にキレがあった。
130キロ前半のストレートと120キロ前半のスクリューを
有効に使い
、西武打線を手玉に取る。
3回、4回は共にランナーを3塁まで進めるが
粘りのピッチングでホームを踏ませない。


西武の先発は松坂。
前回の中日戦では、完封勝ちした。
中日打線は今日も松坂に苦戦を強いられる。
しかし、5回松坂に突如異変が・・・。
先頭の森野が四球で出塁すると
続く谷繁もスライダーを見切って四球。
投手の山本昌バントの構えをしていても、ストライクが入らず
結局ストレートの四球。
中日は無安打で満塁という絶好のチャンスをプレゼントされた。
そのチャンスを荒木が生かした。
松坂の初球のカットボールを右前に運び1-0。
井端が倒れて1死となるも
3番立浪が粘って、粘って押し出し四球。これで2-0。
しかし後続が続かずこの回は2点止まりに終わってしまう。


先発の山本昌は、7回まで投げ終え無失点で試合を作った。
しかし誤算は岡本だ。
先頭打者に四球。これはいけない。
続くバッターには中前打。そして四球。
無死満塁となったところで降板した。
結局は平井岩瀬が踏ん張ってくれたため、犠飛の1点でしのいだ(2-1)。
9回は岩瀬がランナーをだしながらも抑えてゲームセット。
中日は交流戦に入って初の連勝!!
勝ち投手は山本昌で4勝目、セーブは岩瀬で13セーブ目。


今日は久しぶりに中日の“守りの野球”ができたと思います。
投手が要所を抑えて最小失点にし、打線がそれに答える・・・
たしかにファンにとってはヒヤヒヤものの勝利ですが
勝ちは勝ち。これで貯金3。
今日の勝利は、中日に勢いが戻りつつあることを証明したのです。
勢いがない時は、こんな試合はできません。
明日も今日のような試合ができれば西武戦3連勝もできるでしょう。
もちろん僕はそれを期待しています!!!


話は変わりますが、今日で5月が終わります。
明日から6月ですね。6月もブログは毎日更新していく予定です。
読者の皆様、このブログをご覧になってくれている皆様、
来月もどうぞよろしくお願いします
m(__)m


それでは、また♪


AD

昨日事前に予約しておいた
「モンスター」のDVDが届きました!
昨日は、また借りた「フレンズ」の②(5話~8話)を観ていたので
観れませんでした。
さっそく今日観てみる事にしました!


映画が終わった後・・・
正直な話、感動はしましたが
あまりの衝撃の強さに逆に涙が出ませんでした。
こんな衝撃が強くて人生について考えさせられる映画
生まれて初めて観たと思います。
今でもアイリーンの
「私には自分の人生において選択肢がなかった。」
という言葉が耳の奥で焼きついて離れません。
それはまだ18年しか生きていない僕でも共感できるセリフでした。


個人的に最も印象的なシーンは
スケート場でアイリーンとセルビーがキスをするシーンです。
なぜかといえば、彼女が初めて人を愛した瞬間だから・・・。
ラストの電話のシーンも感動的です。
ネタバレになってしまうのであまり書けませんが
ストーリーについては前の日記を見てください!


前も書きましたが主演のシャーリーズ・セロンの演技もすごいです。
体重を10キロ増加して、メイクして醜い顔になって
「バカヤロー」などと汚いセリフを叫ぶシーンが多い。
今までの彼女を見てきた人ならば別人に見えでしょう。
それだけ彼女は、“実在の犯罪者”になりきっていたのです。
アカデミー賞を取ったのも頷けます。
共演のクリスティーナ・リッチの演技も素晴らしい。
特に最後の法廷での目”の演技は鳥肌が立ちました。
みなさんも是非「モンスター」をご覧下さい。
決して娯楽作とは言えませんが、人生について何かと
考えさせてくれる映画です。


それでは、また♪


AD

勝ち越した!!!

テーマ:

今日も福岡ヤフードームでソフトバンク×中日の試合がありました。
第1戦目は、中日が終盤に粘って逆転勝ち。
第2戦目は、ソフトバンク打線が中日先発の山井をボコボコにして
中日は2-12の大敗でした。
しかし、今日は中日本来の野球ができたと思います。


試合経過は、
今日のソフトバンク先発投手は2年ぶりに登板の田之上投手。
01年には最高勝率投手になるも昨年は右肩痛に悩まされた。
中日打線はさっそくその田之上に襲い掛かる。
1回、荒木の右前打と井端の内野安打で無死2塁、1塁。
立浪は凡打もランナーは進塁して
最近当たっているT・ウッズ左前タイムリーを放ち1-0。
しかしここからがつながらない。
福留はフォークを見逃し三振。
アレックスは中飛で1死3塁、1塁のチャンスを生かせない。


中日の先発は、新外国人のマルティネス
長身からの威力ある球を持つ左腕だ。
そのマルティネス、初回は「緊張した」と言う通り不安定な立ち上がり。
松中に3ランを打たれる始末で初回3失点。
ああ、今日もダメだと正直思ってしまった。
しかし2回からは別人のようなピッチング。
結局8回までを被安打5、奪三振7、失点3と試合を作ってくれた
次回登板も楽しみな投手である。


一方打線は元気がない。
工夫もなく簡単に打ったり、打ち上げたり。
ランナーが出てもあと1本が出ない。

しかし転機が訪れたのは6回だ。
立浪の四球、T・ウッズの中前打、福留の四球で無死満塁。
アレックスは簡単に打ち上げたが
高橋光遊撃にゴロを放って2-3。
7回にはT・ウッズのこの日2本目のタイムリーで同点。
しかし両者決め手を欠き、延長戦に突入。


延長10回、1死からアレックスが幸運な内野安打と
城島のこれまた幸運なエラーで2塁、1塁。
これを途中出場の元気者大西中前にきっちりタイムリーを放ち4-3。
10回裏は、岩瀬がヒヤヒヤながらに抑えてゲームセット。


中日は交流戦に入って初めて勝ち越した瞬間だったのだ。

交流戦に入って勝ち越せてとても嬉しく思います。
これでソフトバンク戦は3勝3敗の5分ですね。
来週からは3連敗を喫した西部。
昨年の日本シリーズの苦い経験もありますから
僕自身もリベンジに燃えています。
もちろん選手たちも同じでしょう。
必ずや3連勝で恐竜ぶりを発揮してもらいたいです。
そして更なる交流戦の巻き返しを期待しています!


それでは、また♪


AD

ああ、またこの季節が来てしまった・・・。
この暑くてジメジメした季節・・・。
この季節になると“ヤツら”が出てくるのです。
その名は―ゴキブリ!!


たぶん好きな人はいないでしょうね。僕もその1人です。
黒光りしている体、すすっと物陰に隠れる、飛んでくる・・・
ゴキブリが嫌いで嫌いでもう見たくもないです。
まあ無理ですけどね(苦笑)。
今日ついに今季第1号(ホームランみたい)ゴキブリが出てしまいました。
よくゴキブリが1匹いるとあと20~30匹いるなんて聞きます。
ということは・・・家には2、30匹ゴキブリがいる!!ということに。
想像しただけでも鳥肌が立ちそうです。


今日のゴキブリはまだ赤っぽいチビゴキブリでした。
結局は新聞紙でボコボコに叩かれ昇天してしまいました。
中日が今日も大敗して気分が悪いのに、なんでこいつが出るんじゃ~。
心配なのが周囲を見渡しても某ゴキ殺虫剤がないことです。
この殺虫剤は2、3秒ゴキブリにかけるだけで
殺せるという優れものです。
僕にとっては対ゴキ用ロケット・ランチャーみたいなものです(笑)。
また買いに行かなくてはなりませんね。


しかしたまに往生際の悪いゴキブリがいて
かけても物陰に隠れたり、中には飛んでくるやつもいます。
昨年、あるゴキブリにゴキジェットをかけたら
いきなり部屋中を飛び回りました。まるでカナブンみたいです(笑)。
その時は悲鳴を上げて部屋のドアを閉め、いったん逃げました。
今でも思い出すと鳥肌が・・・。


今年もヤツらと戦争の時が来たようです(笑)。
またその時になったら、この日記に戦闘記録として(笑)
書いていきますね。


それでは、また♪



今日、福岡ヤフー・ドームでソフトバンク×中日戦がありました。
今はどん底状態の中日。
昨日は楽天にボコボコにされてまさかの3連敗。そして5連敗中。
果たして今日は?


試合経過は、
2回表、谷繁2点2塁打で2-0。
5回表には、アレックスタイムリーが出て3点目。
しかしこの後、先発の川上に徐々に異変が・・・。
5回裏に松中に特大のソロ本塁打を浴び2点差。
6回裏にはソフトバンク打線に火をつけてしまい4失点。
さらに無死満塁でズレータを向かえた。
結果的にはこの勝負の行方が試合を決めた。

川上は動揺からかストライクが入らずノーストライク2ボール
もう火だるまになるのは時間の問題だと思った。
3球目は高めのスライダーだったがズレータが打ち損じて三ゴロ併殺打
結局この回は4失点で3-5となった。


そして8回、中日の怒涛の反撃が始まった。
2死から今季初打席の大西左越え2塁打
続く不振の荒木がバットを思い切り振って左越え2塁打、これで1点差。
井端が内野安打して、続くは勝負強い立浪
ソフトバンク守護神三瀬から1、2塁間を破るタイムリーで同点
次は4番のT・ウッズ
3球目の高めのスライダーを見逃さなかった。
打球は長い長い滞空時間のあと左翼席に飛び込む12号3ランとなった


川上はその後は立ち直り8回5失点の内容。
9回は、久しぶりに岩瀬が登板し無失点におさえてゲームセット。
中日は粘りの野球で後半戦の初戦を取ると同時に連敗を5で止めた!


久しぶりに中日の勝利でこの日記を書けたことを光栄に思います。
楽天に3連敗してどん底のチーム
しかし今日は全員野球でこのゲームを勝ったのです。
交流戦に入って苦しんでいる中日ですが
今日から後半戦ですし、パ・リーグのチームと1回戦ったわけです。
なので今日の勝利で一気に勢いはつく可能性はあります。
昨日の敗戦の後、落合監督が
「よくここまでボコボコにしてくれた。ありがとう、楽天さん」
と言ったのが印象的でしたが
どん底があれば最高の調子の時もあります。
ここから中日の怒涛の巻き返しがあることを祈ります。
それにしても今日は久しぶりに気持ちのいい1日でした。


それでは、また♪

「モンスター」

テーマ:

今週の28日土曜日に
シャーリーズ・セロン主演の「モンスター」DVDの
レンタル、セルを記念して(勝手に)昨日に引き続いて
この映画のネタで今日もいきます!
今日は、「モンスター」の気になるストーリーを少し書いていきます。


1986年のフロリダ。
アイリーン・ウォーノス(セロン)は、自殺を考えていた。
彼女は恵まれない環境に育ち、身体を売りながらも
いつか幸せになるという希望だけは失わずにいた。
しかし、それが実現しないと分かった彼女には
もう自殺ということしか頭になかった・・・。


今自分には5ドルある。
この5ドルを使い果たしたら死のう―
そう考えてバーに入ったアイリーンは
セルビー(クリスティーナ・リッチ)と出会う。
セルビーは、親から同性愛の治療にとフロリダにやってきたのだ。
「あなたは美しい。」
そうセルビーから言われ、アイリーンはセルビーを
自分を心から受け入れてくれる人物だと悟る。


「一緒にどこかで暮らそう。」
そうアイリーンは提案するが、それには金が必要だった。
アイリーンは再び“客”となる男を探し始める。
男は見つかったのだが、その男からすさまじい暴力をふるわれ、
死の寸前まで追い込まれた彼女はその男を殺してしまう・・・。


ストーリーは、かなり重い内容だと思います。
歴史上では“連続殺人犯”となっていても
背景には、いろいろなことがあったんですね。
観ていてかなり心が痛くなる映画かもしれませんが
アカデミー賞を取った映画ですし、アイリーンの本当の姿を是非見てください。


それでは、また♪



今日は、映画のネタでいきたいと思います!
5月28日に、僕が注目している映画
「モンスター」のDVDのセル、レンタルが始まります。
今週はこの「モンスター」のネタを何回か書いていく予定です。


この「モンスター」の主演はシャーリーズ・セロンさん。
この映画で堂々のアカデミー賞を受賞されました。
最近の注目株の彼女について今日は書いていきます。


シャーリーズ・セロンさんは1975年8月7日、
南アフリカの郊外でフランス人の父、ドイツ人の母の下に生まれます。
彼女は、幼い頃からバレエのレッスンを受けていて
その後NYのバレエ学校に入るため移住します。
そしてモデルの仕事をするようになりますが
膝を故障して12年間やってきたバレエを断念してしまいます。
その後は女優を目指すためにLAに移ります。


長編映画デビュー作は「トゥー・デイズ」
その後はトム・ハンクス監督のデビュー作「すべてをあなたに」に出演。
おもな作品は「ディアボロス/悪魔の扉」「サイダーハウス・ルール」
「レインディア・ゲーム」「ミニミニ大作戦」「コール」
などなど順調にキャリアを積んでいきます。
そして2003年「モンスター」で
体重を約10キロ増加、今までのイメージを払拭して熱演を見せました。
それが高い評価を受け
ついにはアカデミー主演女優賞を獲得したのです。
今後ももっと注目されていきそうな女優さんなのです。


「モンスター」では、かなりの熱演を見せているそうですので
早く観てみたいですね。
みなさんもレンタル、セルで是非観てみてくださいね!!


それでは、また♪



Mai-Tai マイ・タイ

テーマ:

今日は、「暑い日に最適!カクテル」第3弾ということで
「マイ・タイ」というカクテルを紹介します。


マイ・タイとは、南国の島タヒチの言葉で
『最高』という意味だそうです。
マイ・タイでこんなエピソードがあります。
あるバーテンダーが長い間
タヒチ人にラムをベースにしたカクテルを作ってごちそうすると
「マイ・タイ!」という言葉が返ってきて、
名が付いたという説があります。


材料は、

ホワイト・ラム・・・45ml

コアントロー・・・1tsp.

パイナップル・ジュース・・・1tsp.

オレンジ・ジュース・・・1tsp.

チェリーパイナップル・スライスなど。


作り方は、
①材料すべてをシェーカーに入れてシェークする。
②グラス(なるべく大型)に氷を入れて注ぐ。
③お好みでチェリー、パイナップル、花などを飾る。


テイストは甘口で、アルコール度数は15%です。

コアントローがなければホライト・キュラソーで代用できます。
パイナップルやオレンジ、チェリー、花を飾れば
素敵できれいで上品な一杯になるでしょう。
これぞトロピカル・カクテル!と言わせてくれる一杯です。
そう、暑い日には気分も涼しくなれるでしょう。
是非1度お試しください!これで気分もトロピカルですね!


それでは、また♪

明日からナゴヤで楽天戦!

テーマ:

今日は、久しぶり(でもない)に中日ネタでいきますね。
千葉ロッテ戦では、初戦をいい形で勝ったものの
2戦、3戦ともに守りのミスが原因で負けてしまいました。
これで交流戦に入って1度も勝ち越しカードがありません。
ついには首位陥落になってしまいました。
まあ、そこはまだ5月なので心配はしていませんが・・・。


それよりも投手がかなり心配です。

最近の負けは、投手が崩れて負けるといった試合が多いです。
その原因は2つあります。
①先発投手の駒不足
②守護神の岩瀬までリレーができない中継ぎ陣
①では簡単に言うと、計算できる投手が川上、山本昌くらいしかいないのです。
山井は期待していたのですが、ツメが甘いですね。

序盤で抑えていても、後半にコロッと別人のように変わって打たれてしまうのです。
もしかすると落合監督が思い切った起用をそろそろしてくるかもしれません。
そして、去年はあまり見られなかった中継ぎ陣の崩壊。
昨日の試合でも、中継ぎで久本と鈴木が登板しましたが
共に失点してしまいました。
一昨日の試合では、岡本が痛恨のサヨナラ暴投をする始末。
今2軍にいる右の平井、左の石井が早く戻ってくれることを願います。


打線はT・ウッズが戻ってきて上り調子。
やはり4番の存在は大きいというわけですね。
6番のアレックスが当たってくれば、もっと得点が増えると思います。


明日からナゴヤで楽天戦です。
ある意味、地元ですから勢いをつけるチャンスです。
しかし楽天には関川、山崎など元中日の選手がいますから
油断は禁物。1番磯部も当たっていて脅威です。
そこを慎重に抑えて、勝ち越してほしいです。
ガンバレ!中日ドラゴンズ!
明日は絶対テレビ観て応援しますよ~!


それでは、また♪

海外ドラマ「フレンズ」

テーマ:

昨日、某ビデオ・DVDレンタル屋で
「フレンズ ファーストシーズン①」と「TATARI」
を借りてきました。
あまりレンタルをしない派の僕。
でもたまになら、と思いレンタルしました。
レンタルは小学生の時の「スピード2」以来ですね(笑)。


僕は、映画を観るか観ないかを決めるのは
その映画のキャストでだいたい決めます。もちろん例外もありますが・・・。
この「TATARI」もそうです。
「ファイナル・デスティネーション」「デッドコースター」
に主演しているアリ・ラーターさんが出演していると聞き、さっそくレンタル!
まだ観ていませんが、どうでしょう?
もし観た方がいるなら感想をお願いします!


一方「フレンズ」は最近のお気に入りの海外ドラマ!
小学生の時から、海外コメディー・ドラマは大好きでした。
最近、スカパーのFOXチャンネルで
たまたま放送しているのを観て、一気にハマりました!
「フレンズ」は、観ると必ず元気になれるドラマですね。
「フレンズ」とは、ニューヨーク・マンハッタンに暮らす
6人の男女のおバカな生活を描いた
アメリカで大人気のシチュエーション・コメディーです。
ファーストシーズンは94年から放送されたそうです。
ちなみに、今スカパーで放送している
シーズン8では、レイチェル役のジェニファー・アニストンさんと
愛人(今は破局だとか)ブラッド・ピットさんが共演しているそうです。
スカパーのFOXチャンネルが観れる方は要チェック!!


それでは、また♪